【埋没毛】知っておくべき基礎知識。正しい治し方と予防法

【埋没毛】知っておくべき基礎知識。正しい治し方と予防法

シェアする

自己処理派の悩み「埋没毛」を知っておこう

ムダ毛の処理を自分でしている人ならば、必ずぶつかる壁が「埋没毛」です。 見た目にうっすら黒ずんで汚いだけでなく、ぷっくりと膨れ上がったり、中には膿がたまってしまったり、ひどくなると病院で切開することも。 埋没毛の原因はすべて、ムダ毛の処理方法による肌へのダメージです。 クリニックやサロンでの永久脱毛が一番いいのは分かっているけれど時間もお金もないという方のために、埋没毛を作らない方法、そしてできてしまった埋没法を治す方法をお教えします。
undefined
あかりさん
埋没毛ってほんとうに厄介よね!
中には、皮膚に埋もれている毛を毛抜きやピンセットなどで強引に掻き出している人もいるみたい。
undefined
ハルくん
それ、やりがちですけど絶対にダメですよ!次に生えてくる毛も埋没毛になってしまい、さらに大変なことになっちゃいます。
今回は、埋没毛についてちゃんと知っていきましょう♪

そもそも埋没毛ってなんなの?

埋没毛とは皮膚の中に毛が埋没している(埋まっている)状態のことです。 毛が何らかの理由で皮膚から出てこれず、皮膚の中で伸びてしまうのです。    

埋没毛とは?

埋没毛は肌が傷つくことで起きます。 主な原因はムダ毛自己処理です。 そのほかにも、転んで肌に擦り傷、切り傷ができた、という場合も埋没毛になる可能性があります。 肌が何らかの理由で傷つくことにより、肌自身が自分の肌をさらに強く守ろうと、角質を厚くします。 すると、角質が厚くなったことが原因で毛穴がふさがり、毛が皮膚から出られなくなり皮膚の中で成長してしまうのです 。 さらに、肌が傷つくことで色素沈着が起き、黒ずみなどのシミができることにも繋がります。 色素沈着の原因はメラニンです。メラニン色素が顔のシミなどの原因である事はご存知の方も多いでしょう。 シミの原因、と聞くとメラニンが悪者のように聞こえますが、太陽を浴びてもやけどもせず、肌の細胞が壊れることなく肌代謝を繰り返しているのは、メラニンが肌を守っているからなのです。 しかし、紫外線を浴びすぎてメラニンがオーバーワークになってしまうと、黒ずみが生まれてシミができます。 このメラニンは紫外線を浴びた時だけ働くわけではありません 。 肌に炎症が起きたり、傷を作った時も同じように働くのです。 これがムダ毛の自己処理による色素沈着の原因です。    

埋没毛による色素沈着の種類

肌に刺激が与えられるとメラニンが働き色素沈着が起きますが、この「肌に刺激」というのがカミソリや毛抜きによるムダ毛の処理です。 しかし厳密に言うと、カミソリと毛抜きによるムダ毛の処理では、メラニンの働き方、つまり色素沈着のでき方が違います。     ★カミソリによる色素沈着・・ ・摩擦黒皮症(まさつこくひしょう) カミソリによる色素沈着は摩擦によっておきる色素沈着です。 肘や膝などがその典型といえるでしょう。 女性の場合、下着の締め付けなどによるVラインにもおきやすい現象で、さらに男性のシェービングにも同じことが言えます。 肌は大まかに分けて3層になっており、一番外側が表皮です。
  1. 表皮
  2. 真皮
  3. 皮下組織
メラニンは通常、表皮でしか生成されず、真皮には届きません。 しかし、長年カミソリでのケアを繰り返していると、表皮に蓄積されたメラニン色素が真皮に届き、肌の奥に沈んでしまうのです。 そうなるとなかなか色素沈着は改善しにくくなってしまいます。   ★毛抜きによる色素沈着・・・炎症性色素沈着 炎症性色素沈着は、肌にできた傷や炎症にメラニンが働いて色素沈着が起きてしまうことを言います。 紫外線によるシミやニキビ跡のシミ、やけどのシミなどがこのパターンです。 摩擦による色素沈着と違い、炎症性色素沈着のメラニンは表皮だけに収まっています。 そのため肌のターンオーバー(肌代謝ともいい、新しい肌がつくられて古い肌が剥がれ落ちていく代謝のこと)をしていくうちに色素沈着もなくなっていきます。 しかし、加齢やストレス、乾燥などにより肌のターンオーバーが乱れると、色素沈着はなかなか解消されずにどんどん蓄積されていってしまうのです。
undefined
あかりさん
カミソリなどの摩擦による色素沈着は真皮まで到達しているから、消えることはないんですって(悲)
カミソリ処理の頻度を減らしたり、シェーバーに変えるなどの対策が必要ね!

埋没毛の原因は脱毛・処理法にあり

埋没毛の原因は肌にダメージが加わり、角質層が厚くなることが原因です。 肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層に分かれており、その一番外側の表皮はさらに4層に分かれています。 その4層の一番外側が角質層です。 角質層の役割は2つあります。
  • 水分・うるおいが蒸発しないように肌にフタをする
  • 雑菌侵入を防ぐバリア機能

 ムダ毛の脱毛・処理によって肌が傷つくと、フタやバリア機能が壊れます

肌は壊れたフタ・バリアを修復、また壊されないようにと、厚いフタ・バリアを作ってしまうのです。 これが角質層を厚くする原因です。 角質層が厚くなることで毛穴がふさがれ、毛が外に出られず、皮膚の中で育ってしまうのです。

角質層を厚くしてしまう処理方法

  • カミソリでの処理
  • ワックス・シート脱毛
  • 毛抜きによる処理

 上記の方法はオーソドックスなムダ毛の処理方法です。

しかし、カミソリで肌を一緒に削って肌を傷つけたり、ワックス・シートをはがすときに一緒に角質層もはがれることがあります。 また毛抜きによって毛穴の角質層が剥がれ、毛根が傷ついて炎症を起こしてしまうのです。    

脇やVIO?埋没毛ができやすい部位

カミソリで定期的にシェービングしていても、顔の頬やおでこに埋没毛ができている方は少ないでしょう。 しかし夏のプール時期など、たまにしかアンダーヘアを手入れしない方でも埋没毛ができてしまいます。 この違い、実は埋没毛になりやすい毛、なりやすい部位があるからなのです。

埋没毛になりやすい毛・部位

  • 太く・濃い毛
  • カミソリで剃った鋭利なとがった毛
  • 皮膚が柔らかい部位
  • 生えてくる毛の方向がバラバラの部位

 ★太く・濃い毛

太く、濃い毛を抜くと当然衝撃が大きく、肌が痛みます。 また、剃ってもプツプツと目立ってしまうので、深剃りしやすい傾向に。 当然肌も傷つきやすく、埋没毛ができやすくなります。     ★カミソリで剃った鋭利なとがった毛 カミソリで剃ると毛先がとがります。 すると先端が鋭利になり、皮膚に引っかかったまま成長、皮膚の中に埋もれやすくなります。     ★皮膚が柔らかい部位 皮膚が柔らかい部分は傷つきやすく、さらに角質化しやすい部分です。     ★生えてくる毛の方向がバラバラの部位 生える毛の方向がバラバラだと、脱毛しても残ってしまう毛があり、さらにまた脱毛する、逆剃りをするなど肌にダメージが加わりやすくなります。 これらの埋没毛ができやすい条件を満たしている部位、
  • 脇 
  • アンダーヘア 
  • 足(毛の濃い人)
  • ヒゲ
などが埋没毛ができやすい部位なのです。
undefined
あかりさん
私は自己処理をしていた頃、アンダーヘアと脇の埋没毛に悩まされました……(悲)あとスネ毛も剛毛だったので、脱毛シートをつかうとよくポツポツできてたのよね。

放置は危険?毛嚢炎で治療するはめに?

体毛は皮膚の中で「毛包」と呼ばれる組織に包まれており、この毛包は毛を固定したり、毛の成長する通路を維持しています。 さらに皮脂腺ともつながっており、毛穴から皮脂を分泌、滑らかな肌を維持しています。 カミソリでのムダ毛処理や、脱毛によって毛包が傷つくことがよくあります。 ムダ毛の処理後に毛穴がプツプツと赤くなっていたら、傷ついて毛嚢炎になっている証拠です。 毛嚢炎は傷ついた毛包に雑菌が付着することで起きる炎症です。 「肌を清潔にして処理をしているのに……」と思うかもしれませんが、私たちの肌には常在菌といって常に菌が存在しています。 普段は肌を守る役割をしていても、毛包が傷つくことで黄色ブドウ球菌などが突然暴れ始め、炎症が起きます。 この毛嚢炎、赤いプツプツの真ん中に膿を溜めてしまうこともあります。 顔にできた毛嚢炎はにきびにも見えるようです。 またひどくなるとその膿が固くなり、痛みや熱をもつこともあるのです。 放っておくとドンドンと炎症が広がり膿が増え、最悪病院で切開しなければならなくなってしまいます。
undefined
あかりさん
ムダ毛処理って気軽にやっているけれど、かなり怖いわよね(涙)
でも、ムダ毛を放っておくわけにもいかないし……
undefined
ハルくん
ご安心を!できてしまった埋没毛を治す方法もあるんですよ。
一緒に埋没毛の治し方を見ていきましょう!

自宅でできる!埋没毛の治し方

埋没毛は肌が傷つくことによって角質層が厚くなり、毛穴が塞がれることでできます。 つまり、厚くなった角質を除去できれば、皮膚の中に埋もれた毛が出てくるのです。 そもそも人間の肌はターンオーバーを繰り返しています。ターンオーバーとは、新しい肌が出来て古い肌が垢となって剥がれ落ちていく代謝のサイクルのこと。 角質とは肌の一番外側の部分、垢となって剥がれていく部分のことなのです。 肌のターンオーバーを促すことが、厚くなった角質を除去するポイントです。    

ピーリングで角質除去

ピーリングとは英語のpeelから来た言葉で、古くなった角質層を取り除くことです。 ピーリングをすることでくすみや肌のこわばりを取りのぞき、肌のターンオーバーを正常にします。 エステティックサロンや美容外科では当たり前のように行われている美容施術です。 ここで注意してほしいのは、ピーリングはターンオーバーを早めるのではなく「正常」にするということです。 何らかの事情で厚くなった角質も、必ずいつかは剥がれ落ちます。 しかし、加齢やストレスなどが原因となり、肌のターンオーバーが乱れ、古くなった角質層がなかなか落ちにくくなっています。 するといつまでたっても埋没毛が治らないという状況になるのです。 肌のターンオーバーを正常に戻すことで、埋没毛を上手に出すことができます。     ★ハウスオブローゼ フェイスクリアジェル(旧ポアクリアジェル) 天然由来の成分にこだわりを持って作ったスキンケアブランド、ハウスオブローゼ。 コスパがいいことでも知られているスキンケアブランドです。 ピーリングは肌の角質層をはがす作業では肌に優しい成分が入っていることが絶対で、その点ハウスオブローゼなら安心して使うことができるでしょう。 フェイスクリアジェルは洗い流すタイプのピーリングジェルで、特殊なポリマーが優しく角質層をオフし、水に強くたれにくいと評判なので、お風呂場でも楽に使えます。 さらに、着色料、香料、鉱物油は不使用、ゲンノショウコエキスやシャクヤクエキスなどを配合し、肌の引き締め効果にも期待できます。 フェイシャルマッサージにも使えるほどソフトで、ジェルを手にとり、マッサージしているうちにポロポロと角質が取れてくるのがわかります。 でできてしまった埋没毛には、ピーリングジェルで優しく角質を除去してください。
  • 148ml:¥2,000(税抜)
フェイスクリアジェル    

スクラブをつかう

スクラブとは研磨剤の入った洗顔料や洗浄剤のことを指します。 スキンケア用スクラブには一般的に、細かい粒子のツブツブ、研磨剤が入っておりその粒子によって毛穴に詰まった汚れや古い角質が除去されるようになっています。 ピーリング剤は強力なものからソフトなものまであるのに対し、スクラブはあまり強力なものがありません。 サロンや美容外科ではあまり使われず、セルフケアのアイテムとして使われるのが一般的です。 スクラブも細い自然の石や粘土の粒など様々、マッサージクリームや洗顔フォームなどでお手入れする人が多いようです。     ★サボン
イスラエル発祥のスキンケアブランド、サボン。 死海のミネラルを豊富に含んだスキンケアアイテムや手作り石鹸など、500種類以上のアイテムを揃えている世界的人気ブランドです。 パッケージもとても可愛らしくプレゼントなどにもオススメ、バスルームに置いておくだけでインテリアにもなり、ボディケアが楽しくなる逸品です。 なかでも死海の塩をベースに使ったスクラブが非常に人気です。 自然のミネラルによって角質が除去されるだけでなく、アーモンドやホホバなどの天然オイルも配合されているため、保湿効果も抜群、つるつるすべすべの肌になれること必至です。 塩の引き締め効果によって肌の引き締めと、角質除去によって透明感アップに期待できるボディスクラブです。
  • 320g:¥3,400(税込)
サボン ボディスクラブ    

尿素配合クリームを塗る

尿素とはハンドクリームなどによく入っている成分です。 なぜそれが埋没毛に効果があるのか少し疑問かもしれません。 そもそも尿素とは角質を柔らかくする作用があり、ハンドクリームは角質を柔らかくすることで手足をツルツルにするクリームなのです。 その角質を柔らかくする作用埋没毛に応用し、埋没毛をなくすという考え方です。 埋没毛は角質が厚くなることで、毛穴が塞がれて生まれます。 そのため、角質を柔らかくすれば、自然と毛が出てくるようになるわけです。さらにクリームなので保湿効果もばっちりです。 しかし、大切なのは埋没毛ができてしまった場所です。 例えば、肘や膝などの元々角質化が進んでいるような場所に尿素配合クリームを塗るのは、埋没毛改善だけでなく、角質化した肘や膝を柔らかくきれいにするので特に問題はありません。 しかし、アンダーヘアや脇のように、元々皮膚の柔らかい部分全体に尿素配合クリームを塗るのはNGです。 角質化していない部分まで角質が柔らかくなりすぎ、肌バリア機能が損なわれてしまうのです。 そのために尿素配合クリームは埋没毛の部分だけに塗るように気をつけましょう。    

蒸しタオルを使用する

蒸しタオルを肌に当てることで、肌を柔らかくし、毛穴を開く効果があります。 毛穴が開くと、皮膚の中に埋まってしまった埋没毛が外に出てくることも。 肌トラブルのリスクがなく手軽にできる方法なのでおすすめです。 蒸しタオルを使用したあとは、しっかりと保湿するのを忘れないようにしましょう。    

しばらく放置する

しばらく放置することは、実は最も簡単な方法です。 無理に処置をせず肌を休めることで、肌への刺激や負担が減るだけでなく、埋没毛が伸びて自然に出てくることがあります。 露出の多い夏はムダ毛の処理ができないことでストレスに感じてしまうかもしれませんが、背に腹はかえられません。 埋没毛の原因が、「ムダ毛処理のし過ぎ」の可能性もあることから、しばらく肌を休ませるだけでも美しい肌を取り戻すための近道かもしれません。    

無理に抜くのは絶対NG

埋没毛を毛抜きやピンセットなどで強引に引き抜く動画を youtube などで見たことがあるかもしれません。 動画そのものは毛穴に寄ってどアップになっており、皮膚に埋もれている様子が非常によくわかりやすくなっています。 しかし、強引に埋没毛を引き出す行為は肌をさらに傷つけています。 肌の角質化がすすみ、埋没毛がひどくなってしまう原因になります。 気になるのは重々わかりますが、絶対に強引に引き抜いてはいけません。
undefined
ハルくん
強引に毛を引き出すということは、皮膚をほじっているのと同じ。だから、血が出ることもあるんです!
かさぶたができてしまったら、なおさら毛が出てきませんよ!

炎症が起きたら皮膚科で治療!!

埋没毛によって肌に炎症が起きる、毛嚢炎になる危険性に触れましたが、軽度の毛嚢炎であれば放っておいても治ります。 しかし場所によっては体を動かすと痛い、服と擦れるなど、放っておけない場合もあるでしょう。 そうなると皮膚科で治療することになります。    

炎症・毛嚢炎の治療法

  • 抗生剤などの内服薬
  • 抗生剤を含んだ軟膏
が主な治療法です。膿瘍(膿がひどく膿で皮膚組織が崩れている、空洞ができ、その中に膿がたまっている)になっている場合は切開して膿を出します。 軽い毛嚢炎の場合は、飲み薬、塗り薬を1週間も続けていれば完全に完治するでしょう。 しかし切開すると、治療にかなりの長い時間がかかります。 埋没毛が原因でムダ毛処理をした部位が赤く腫れ上がってしまった、少し痛いなどの場合は、勝手な判断をせずにすぐに皮膚科に行った方がいいでしょう。    

保険適用について

肌が炎症を起こしているならば、もちろん治療は保険が適用されますが、ただの埋没毛治療では保険適用外になります。 また、埋没毛の治療は通常脱毛サロンではできませんが、皮膚科や脱毛クリニックならば可能なところもあります。 一般的に一度埋没毛になると、その部位はまた再発しやすいと言われ、埋没毛ができたら除去しにクリニックで治療、再発防止にとつめることがベストです。 埋没毛の処理方法はピーリング剤を埋没毛部位に塗り、角質を溶かし、毛を外に出す方法が一般的です。 埋没した毛が外に出てくれれば、レーザー脱毛することが可能になります。 しかし、埋没毛がすでにできていると、色素沈着や炎症を起こしている可能性が高く、脱毛クリニックでも埋没毛の処理を断られるケースが増えているようです。 そのため、前もってクリニックに確認した方がいいでしょう。
undefined
あかりさん
切開するほどの毛嚢炎はよっぽどのこと。一般的にはそうなる前に自分で消毒薬を塗ったりする人が多いはずよね。
undefined
ハルくん
そうですね!でも、自己判断は禁物です!
肌が傷ついたり、ちょっとおかしいなと思ったら、重症化する前にすぐにでも皮膚科に行きましょうね。

埋没毛の予防法2つの対策

肝心の埋没毛を作らないようにする方法を覚えておきましょう。    

ムダ毛処理後のケアを大切に

なんといっても大切なことは自分でムダ毛の処理をした後のケア、これが大切です。 さらに埋没毛を作らない処理方法でムダ毛のお手入れをしましょう。

埋没毛予防のためにすべきこと

  • ムダ毛お手入れ後の保湿
  • 定期的なピーリング
  • シェービングは毛を柔らかくしてから
  • 石鹸NG!シェービングクリームを

 ★ムダ毛のお手入れ後の保湿

脱毛もシェービングも、何らかの形で肌に負担がかかっています。 肌の負担を最小限に抑えることがとても大切。そのために一番大切なことは、お手入れ後の保湿です。 低刺激の化粧水で水分を与え、水分が蒸発しないようにフタをし、肌を整えましょう。 または抗炎症効果のあるクリームなどをお手入れした箇所に塗るのも効果的です。 肌を傷めてしまっても、炎症止め効果によって傷が治り、角質化が進みにくくなります。     ★定期的なピーリング  どんなにムダ毛処理後のお手入れをしても、自己処理は少なからず肌に負担がかかっています。 そのため、定期的なピーリングで余計な角質を除去することが大切です。 埋没毛を防ぐだけでなく、色素沈着を防ぐ事にもなります。 しかし、処理直後のピーリングは絶対に避けましょう。 ピーリングは角質を剥がす作業です。 処理直後に肌に傷がついていたら、ピーリング剤そのものがダメージとなります。 処理をしてから1~2日後以降にピーリングするようにしましょう。     ★シェービングは毛を柔らかくしてから  剃ってムダ毛の処理をしている人は、お風呂などで毛を柔らかくしてから処理することが大切です。 ムダ毛を柔らかくすることによって、引っかかりにくくなり、スムーズに処理しやすくなります。それが肌に傷を作らないポイントです。 また、カミソリで処理をしているなら電気シェーバーの方が肌に優しくおすすめです。     ★石鹸NG!シェービングクリームを  シェービングするときに何か肌に塗っているはずですが、石鹸は絶対にNGです。 石鹸を使ってシェービングすることで、肌が乾燥しやすくなり余計に角質化が進みます。 石鹸は汚れを落とすもの。石鹸とシェービングで角質を取り過ぎてしまう危険性があります。 保湿効果の高いシェービングクリームを塗ってからシェービングをするようにしましょう。
undefined
あかりさん
カミソリでのムダ毛のケアは肌も必ず一緒に削っているのでやめたほうが無難です。
剃るなら電気シェーバーがオススメよ!
undefined
ハルくん
もしカミソリを使うなら、
★頻度を減らす
★シェービングクリーム・フォームを使う
★処理後は抗炎症効果のあるクリームを使う
★カミソリを押し付けないこと
これらを守りましょう♪

埋没毛ができない方法でムダ毛処理をする

埋没毛を作らないためには、埋没毛のできないムダ毛処理方法をチョイスすること、これが一番の方法です。
  • 除毛クリームを使う
  • 脱毛サロンで脱毛する
  • クリニックで永久脱毛する
この3つです。 脱毛サロンやクリニックでの脱毛はそれなりに時間とお金がかかります。 だからこそ自己処理をしているという方も多いでしょう。 そんな場合は除毛クリームがおすすめです。 除毛クリームとは、気になる部位にクリームを塗り、5分から10分放置、その後拭き取る、もしくは洗い流すことでムダ毛がきれいさっぱりなくなるというクリームです。 除毛クリームで毛を溶かしているのです。 しかし、皮膚から出ている毛だけを溶かしているため、すぐに生えてきてしまいます。 人間の体毛は2/3は皮膚の中、1/3しか表に出ていないと言われています。 そのため処理の頻度が高くなる可能性があるでしょう。 しかしシェービングと違いチクチク生えてこないので、毛が薄い、毛が少ない部位は除毛クリームを使用することがオススメです。    

除毛クリームなら「ヘアーリデューシングクリーム」がおすすめ

ヘアーリデューシングクリーム
  • 編集部評価:★★★★★94点
  • 初回価格:3,132円(税込)
  • 通常価格:5,184円(税込)
  • 内容量:140ml
  • メーカー:YOUUP INTERNATIONAL
除毛クリームの多くは全身に使用できないもが多いのですが、顔からデリケートゾーンまでしっかりと除毛できるのがヘアーリデューシングクリームです。 使用後1ヶ月で毛深さは58%も減少し、さらにムダ毛の成長スピードは36%ダウンすると言われています。 モニター使用者の90%が満足したという驚きの結果もあり、長期的に使用することで確実な効果が期待できる除毛クリームです。 ⇒ヘアーリデューシングクリーム    

おすすめ脱毛サロン&医療クリニック

埋没毛を予防するには、刺激が強く肌に負担のかかるムダ毛の処理をやめる必要があります。 脱毛サロンや医療クリニックを利用することで、埋没毛の予防や悪化させないようにすることが可能です。    

脱毛サロンは「ミュゼ」がおすすめ

ミュゼプラチナム
  • 編集部評価:★★★★★総合91点
  • 脱毛方式:SSC方式、IPL方式
  • 設備:個室
全国に多くの店舗数を誇るミュゼプラチナムは、肌に負担の少ないS.S.C方式の脱毛機を導入しているため、肌にやさしい脱毛が可能です。 埋没毛の原因となる肌への負担や刺激を軽減しつつ、しっかりと脱毛させることができます。 一度脱毛すれば圧倒的にムダ毛の処理が少なく済むため、長い目で見ても光脱毛はおすすめです。 クリニックよりも安価で、サロン脱毛の中でもトップレベルでコストパフォーマンスが良いのがミュゼプラチナムです。 ⇒ミュゼプラチナム    

医療クリニックは「アリシアクリニック」がおすすめ

アリシアクリニック
  • 編集部評価:★★★★★総合96点
  • 施術機:Lightsheer DUET(ライトシェア デュエット)
  • 設備:完全個室
高額と言われる医療脱毛クリニックの中でも、比較的安価で脱毛することができると人気なのがアリシアクリニックです。 細かい部分脱毛の設定ができるため、埋没毛が気になる部分だけをチョイスして脱毛することも可能です。 全身脱毛だとかなり高額になってしまうので、脱毛したい部分だけをピンポイントで脱毛できるのは嬉しいポイントでしょう。 医療脱毛の場合、永久脱毛が可能なので、今後ムダ毛や埋没毛のストレスがなくなるのは女性にとって魅力的。まずは無料カウンセリングで相談してみましょう。 ⇒アリシアクリニック    

埋没毛のよくある質問・疑問

ここからは、埋没毛の方から多くあがる疑問や質問をまとめてみました。

ひとつひとつ解消していきましょう。

埋没毛はなぜ長いのですか?

長く見えるだけで、毛の長さはほかと変わりません。
埋没毛を外に引っ張り出したらものすごく長い毛が出てきた、という経験をしたことがある人も多いでしょう。 しかし、埋没毛が特別長いわけではありません。皮膚に埋もれていて、それを引っ張り出しているため長く感じるだけなのです。 また、すね毛のようにズボンやストッキングなどに擦れて短く切れてしまう体毛もあります。 その場合は、皮膚の中に埋もれていることで摩擦が起きずに本来の長さまで成長しているため、長く感じることもあるでしょう。

脇の埋没毛がしこりのようになってしまいました

埋没毛が集まってしこりのようになっている、さらにそこに皮脂や脂肪などが溜まり、しこりになってしまうこともあります。
あまり長期間埋没毛が続き、体毛が外に出てこないと、皮膚の中でどんどんと成長していきます。 それが同じ箇所に溜まり、しこりのように見えることがあります。 また、毛穴は皮脂腺とつながっており、皮脂を分泌しています。 毛穴がふさがってしまうことで、皮脂も表に出られずしこりとなるようです。 放っておくと炎症を起こすこともありますので、痛くなったらすぐに皮膚科に行きましょう。

ソイエで埋没毛ができるってほんとうですか?

ソイエに限ったことではありませんが、できる可能性はあります。
ソイエに限った話ではありませんが、電気式の脱毛器は毛の方向を無視して脱毛していくので、肌に負担がかかります。 また電気式は一定のスピードで脱毛していくため、毛が途中で切れてしまうこともあり、この切れ毛も埋没毛原因です。 抜くタイプの脱毛器を使うときはアフターケアを徹底することが大切です。

埋没毛はレーザー脱毛や光脱毛で治りますか?

通常、光脱毛を扱うような脱毛サロンでは埋没毛の処理はしていません。
もしできるとするなら、レーザー脱毛を扱う皮膚科や脱毛クリニックになります 。
レーザー脱毛したからといって埋没毛がなくなる、というのは少し違うかもしれません。 レーザーを当てることで埋没毛の毛根にも刺激が与えられ、毛が生えてこなくなります。 しかし、埋もれている毛がレーザーによってなくなるわけではありません。 現在埋もれている毛をなくしたいのなら、ピーリングなどの施術で埋没毛を出すことが必要です。 レーザー脱毛や光脱毛は、あくまで埋没毛の予防と考えた方がいいでしょう。    

正しい処理で埋没毛をなくそう

埋没毛の予防法と治し方がわかったでしょうか。 ムダ毛自己処理派にとって、埋没毛は切っても切れないもの。しかも見た目に汚いだけでなく、炎症を起こす危険があるなんて、放っておくわけにはいきません。 肌を傷つけないこと保湿適度なピーリング、この3つは常に意識しましょう。 またシェービングの摩擦による色素沈着も防がなければいけません。 肌もツルピカにしてこそ、完璧なムダ毛ケアと言えるでしょう。
img footer post layout

TOP