顔の産毛のお手入れ方法「剃る」で決まり♪やってわかるその効果

顔の産毛のお手入れ方法「剃る」で決まり♪やってわかるその効果

シェアする

顔の黒ずみは産毛が原因の場合も…

顔が黒ずんで見える、顔に透明感がない!と慌ててピーリングを行う人も多いでしょう。しかし顔が黒ずんでしまう原因は、産毛によることもあるのです。しかし産毛は腕や足など他の体の部分のムダ毛とは異なり、多少放っておいてもあまり目立たないものなのでケアを怠ってしまいがちです。そのうち気づいた時には、顔がくすんで見えてしまうのでしょう。しっかり美白スキンケアをしても黒ずみが改善できないときは産毛を疑ってみましょう。
undefined
あかりちゃん
もしかしたら、この頑固な黒ずみは産毛のせいだったのかもしれない!?産毛が顔を暗く見せているんじゃ、いくらピーリングしても無駄よね〜。でも適当にカミソリで剃るのは、肌に負担がかかるから注意しないと!
undefined
ハルくん
顔の産毛は薄くて細いから、ガリガリ剃らないほうがいいですね。ここでしっかり産毛の剃り方を覚えれば、安心して産毛処理ができるんですね。あかりさんと一緒にレッスンしようっと♪

 顔の産毛って処理するべき?

顔の産毛は近くで見てもそれほど気になる産毛ではありません。メイクをすればよほど濃く密集した産毛でない限り、十分カバーできるものです。しかし細かな産毛であっても、一度気になりだすと常に処理しておかないとイライラしてしまう人もいるでしょう。顔の産毛処理すると透明感が出るなどのメリットがありますが、デメリットがあるのも事実です。ここにそれぞれの結果を踏まえて、後でお伝えする正しい産毛処理へと読み進めましょう。 ​

処理するメリット

顔の産毛の処理をすると顔がすっきりと明るく見えたり、スキンケア製品の効果がアップするなどメリットがあります。とりわけ産毛が濃く、量が多い人では周囲も気づいてくれるほど肌が輝くでしょう。柔らかく細い産毛でも、毛を取り除くことで清潔感を維持することができます。汚れや雑菌などが絡みつく場所がなくなるため、吹き出物などのトラブルも防ぐことができるでしょう。

化粧のノリがよくなる

細く薄い産毛でも、あるとないとでは化粧のノリに差が出てきます。ファンデーションやコンシーラーも均一に伸ばすことができるので、輝きが一段と増すでしょう。また化粧直しを頻繁にする必要がなくなり、化粧をしたばかりの肌が実感できます。

肌が明るく見える

ちょっとした顔の産毛でも処理をすると肌に透明感が蘇ります。普段の表情がすっきりと明るくなり気分も若返るでしょう。とりわけ頰の産毛を処理すると横顔も美しく、ソフトな印象に見せることができます。

化粧水などが浸透しやすくなる

顔の産毛を除去すると化粧水が浸透しやすくなります。逆に顔の産毛が多いと肌に浸透する前に、産毛が吸い取ってしまい効果が半減してしまうでしょう。そうなると肌がしっかり潤わないので、倍の量の化粧水を使ってしまいます。産毛を剃っておけばスキンケアも効率よくできるのです。

ピーリング効果もある

黒ずみの原因が産毛であることがわからないと、ピーリングをしたり美白製品で改善しようとします。しかしいくら肌の内側から美白効果を発揮させても、産毛がある限りくすみは取れないでしょう。逆を言えばピーリングをしなくても、産毛を処理するだけで肌が明るくなるので、どうしても解消しない場合は産毛を剃ってみることをお勧めします。

ニキビ予防になる

いくら産毛であってもムダ毛には変わりありません。産毛があると汚れや雑菌が付着しやすくなり、場合によってはニキビや毛嚢炎を引き起こすことになります。産毛を剃っておけば衛生的に肌を保つことができ、吹き出物の心配もなくなるでしょう。

処理するデメリット

顔の産毛を処理をするといくつかデメリットもあるものです。肌が敏感な人はカミソリ負けをすることもあるので慎重に行うようにしましょう。そのほか気になるデメリットはこちらです。

紫外線に晒される

細くて薄い産毛でも、剃ってしまうと肌が紫外線にさらされやすくなってしまいます。ムダ毛は鬱陶しいものですが、紫外線をカットしてくれるバリアを張っているのです。そのため産毛を処理したときには、シミやシワなどを引き起こさないように紫外線防止ケアをしっかりと行いましょう。

顔が大きく見えることもある

産毛は小顔に見せる効果があります。薄黒い産毛が髪の毛と一体化したり影のようになることで、ほっそりと見せてくれるのでしょう。そのため産毛を処理してスッキリしたと同時に、オヤッ!?いつもより顔が大きくなった!と見えることがあるものです。 ​

1番おすすめのお手入れ方法は剃る♪

顔は腕や足などの肌と比べデリケートですので、処理をするときには注意して行う必要があります。除毛クリームの中には顔用もありますが、敏感肌の人にはあまりお勧めできない方法です。そこでカミソリや電動シェーバーを用いた処理法をここで学びましょう。 ​

顔用シェーバーかI字カミソリがおすすめ

肌にダメージを与えずに産毛を処理するには、顔用の電動シェーバーかI字型のカミソリがお勧めです。I字型のカミソリは処理する部分に応じた刃の長さが選べますので、眉には短め、頰には通常サイズを使い分けると良いでしょう。また剃刀負けをしてしまう人や使用に自信がない人は顔用の電動シェーバーなら安心して行うことができます。

正しい剃り方

デリケートな顔の肌ですから、できるだけ負担をかけない剃り方をすることで快適な仕上がりになります。そのためのワンステップとして毛穴を開かせて行うことがポイントです。 ◎カミソリの場合
  • お風呂上がりや、ホットタオルで軽く肌を温めて毛穴を開かせる
  • 毛の生えている方向に逆らって処理すると効果的
  • 頰は肌を耳の方向へ引きながら剃る
  • もみあげ部分は髪の毛を持ち上げて産毛だけ剃る
  • 眉上と生え際は平行ラインになるように、生え際から眉上に向かって剃るようにする
  • まぶたと眉下は眉を指で引き上げながら優しく剃る
◎電動シェーバーの場合
  • 頬は鼻の付け根から外側に向けてシェービングする
  • おでこは中心から眉頭の間へ向けて剃った後、中心から左右外側へ向けて処理する
  • もみあげは下へ向かって剃る
  • 口周りは鼻筋を伸ばすようにすると剃りやすい

剃るときの注意点

産毛を剃るのはシンプルなケアのようですが、ちょっとしたルールを覚えておくと快適な処理ができます。一度実行すればそのうち習慣になりますので、まとめてメモしておきましょう。こちらはカミソリ、電動シェーバー共通の注意点です。
  • 剃る前には乳液やクリームをつける
  • 石鹸は使用しない(角質層や肌の潤いを守る皮脂まで削ぎ落としてしまうため)
  • 顔の産毛処理の頻度は1ヶ月に1度、口周りは週に1度行うのが目安(剃りすぎは炎症の原因となってしまう)
  • 生理前は避ける(免疫力が低下しているため肌が敏感になりがち)
  • 産毛を剃った後には保湿ローションやクリームをたっぷりつけて肌に潤いを与える
  • 体調が良くないときは処理を行わない
  • 外出するときは紫外線防止クリームなど紫外線をカットする

プロに頼るときはシェービングサロン

自分の産毛処理に自信がない、満足できない人にはシェービングサロンがお勧めです。初めての人ではプロのテクニックを掴むにもちょうど良い機会となりますし、処理法のアドバイスも受けることができます。また自分で処理がきちんとできる人でも、サロンではどのように行なっているのか、改善のためにも一度試してみるのも良いでしょう。
undefined
あかりちゃん
シェービングサロンなら初めての人でも綺麗な仕上がりが期待できるわよ!毎回行くのはコストがかかっちゃうから、結婚式とか特別な機会にオススメね♪
 こちらの記事もおすすめ!
大手脱毛サロンTOP5のランキングを大公開!!「コスパ・痛み・対応・店内設備・予約の取りやすさ・サービス」などの項目から人気のサロンを徹底比較しました!知っておきたい、信頼できる脱毛サロンの選び方7つのポイントも紹介します♪

抜くのはNG

顔の産毛は細くて抜きやすいので、つい毛抜きで処理してしまうこともあるでしょう。しかしいくら細い産毛でも、抜くたびに肌にダメージを与えてしまっています。一度だけなら肌の回復も早いですが、毛抜症などの習慣になってしまうと様々な肌のトラブルが起こりますので注意が必要です。
  • 色素沈着・・・肌へのダメージが重なると皮膚の真皮までメラニンが入り込んでしまい紫がかったシミができてしまう
  • 埋没毛・・・ダメージを受けた肌は、修復しようと毛穴を角質で覆ってしまう
  • たるみや黒ずみ・・・毛穴が開いたままになってしまい、肌がたるんだり黒ずみが起こってしまう
  • 乾燥肌・・・毛を抜くと角質層が破壊され、水分が蓄積できず肌が乾燥してしまう

光脱毛・レーザー脱毛もおすすめできない

光脱毛やレーザー脱毛は顔には刺激的な処理法となるので避けた方が無難です。スピーディーで確実な産毛処理ができますが、これらの脱毛機能はメラニン色素に働きかけるため、色の薄い産毛には効果があまりないのが事実です。中には、電極を毛根に流す脱毛法である場合には、産毛でも処理することが可能です。しかし、この処理法では痛みが伴うので、敏感肌の人はもちろん普通肌の人でも負担がかかってしまうのは否めません。
undefined
あかりちゃん
産毛はレーザーとか光脱毛が効かないのね〜。でも産毛は体のムダ毛の中でも薄くて細いから、レーザーやフラッシュなしでも綺麗に処理ができると思うわ。コストがかからない、簡単なカミソリや電動シェーバーで試してみようっと♪
undefined
ハルくん
足とか胸の濃いムダ毛にはレーザーや光脱毛方法がいいかもしれないけど、産毛にはちょっと向いてないみたいですね。しっかり産毛を処理したい時は、シェービングサロンがおすすめですよ。コストは5千円くらいかかるみたいだから、カミソリや電動シェーバーの剃り方もちゃんと覚えておかないと!

顔の産毛の処理でよくある質問

顔の産毛を処理するときによくある質問をここに3つピックアップしました。オススメの器具や剃り方、注意事項をお伝えしましたが、実際産毛処理をするとふと素朴な疑問がでてくるものです。肌の健康を守るためにも、今一度ここでチェックをしながら快適な産毛処理をしましょう。

剃ると濃くなりませんか?

これは髭剃りにも共通する質問ですが、産毛を剃ると濃くなった気がするというのは、処理をしたことで毛の色が変化したのではありません。カミソリや電動シェーバーで毛をカットすると、その部分の面積が広がることで濃く見えてしまうのです。また毛を抜くと、次に生える毛が強くなろうとして栄養分を蓄えるので、太く丈夫になって生えることがあります。

ワックスやパックで抜くのもダメですか?

どちらも産毛の処理に使用可能です。ワックスは顔用の低刺激のものを選んで使用するようにしましょう。肌への負担が軽くなるので仕上がりも快適ですよ。しかしワックス脱毛は、数ミリの産毛の長さがないと効果が出ませんので、ジョリジョリと感じるようになったら使用するようにしましょう。
一方、パックは産毛などの細いムダ毛に向いているため、効果的な処理ができるでしょう。パックなら一度に顔全体の産毛をスピーディーに除毛することができる他、肌にも優しいので負担がかかりません。さらに古くなった角質層も除去できるので、美白効果も得られます。

ニキビがあるときも処理していいですか?

ニキビがあるときは産毛処理は延期しましょう。ニキビがたくさんあるときは、避けて剃るのは困難ですし、まだらな仕上がりになってしまいます。また誤ってカミソリや電動シェーバーでニキビを傷つけてしまっては大変です。肌荒れがある時にも産毛を剃るのはやめ、肌が健康である時に行うようにしましょう。せっかく産毛の処理をしても吹き出物があったり、ガサガサな肌では産毛を剃っても綺麗に見えません。

顔の産毛のお手入れは男女共におすすめ!

顔の産毛はやっておくに越したことがありません。それほど目立つムダ毛ではありませんが、しっかり手入れをしておくと清潔感あふれる肌がキープできます。男性の方も男だからと無関心にならず、正しい除毛法をマスターして顔の産毛を処理しましょう。髭剃りでカミソリを使用している人にもきっと役に立つと思います。また忙しい時や剃刀負けをしてしまう人には、ワックスやパックでの除毛もオススメです。スピーディーで剃り残しのない仕上がりが実感できるでしょう。
img footer post layout

TOP