脱毛する?しない?みんなやってるデリケートゾーンの処置

脱毛する?しない?みんなやってるデリケートゾーンの処置

シェアする

デリケートな部分の脱毛は事前にしっかり調べよう

年々、女性の間で広まりつつあるデリケートゾーンの脱毛処理。あなたももう始めていますか?まだの人もすでに自己流でお手入れ済みという人も、今一度デリケートゾーンの脱毛に関する正しい知識をチェックしておきましょう。そもそも脱毛っていうのは、やり方を間違ってしまうと埋没毛など肌トラブルを起こして、汚肌(おはだ)をつくる原因になりがち。その上、デリケートゾーンはその名前の通りにデリケート。見えづらくて自己処理はしづらいし、それでいて肌は傷つきやすく黒ずみやすいし、粘膜だって近くにあります。誤った脱毛処理でデリケートゾーンを汚くしたくないのなら、事前にしっかりと調べることが大切です。

デリケートゾーンとは

それではデリケートゾーンの脱毛処理方法について知る前に、まずはデリケートゾーンについての基礎知識をおさらいしていきましょう。

一般的に「VIO」と言われている

デリケートゾーンのことを「VIO」と表記することが美容業界などでは一般的になっています。それこそ脱毛サロンなどの広告でも「VIO脱毛はじめませんか」のような文をよく見かけるので、詳しくない人でもなんとなく言葉と意味は知っているという人は多いかもしれません。

VIOとはそれぞれデリケートゾーンの部位を指していて、Vは「ビキニライン」、正面からデリケートゾーンを見たときの前側です。Iはそのまま「Iライン」、Vの下側で性器の周辺です。そしてOもそのまま「Oライン」、これは肛門周りになります。

デリケートゾーンはとても繊細

デリケートゾーンは普段、紫外線に晒されることもなく、それほど摩擦されることもありません。そのため、デリケートゾーンの皮膚はほかの箇所に比べるととても繊細になっています。ただ、デリケートゾーンは特にIOラインになると自分でも確認しづらいために、毛の流れを確認したりせず、乱暴に剃ってしまったり抜いてしまったりしがちな箇所でもあります。しかし、先にお話したようにデリケートゾーンの皮膚はとても繊細なので、腕や脚といった箇所よりもすぐに黒ずみや埋没毛といった肌トラブルを起こしてしまいます。きれいに見せるためにしているはずの脱毛処理なのに、乱暴に行った結果が黒ずみや埋没毛によってかえって汚く、不清潔に見えてしまう恐れがあるのです。

正しい脱毛処理は事前準備に始まり、アフターケアまでしっかりと行わなくてはいけないので少し面倒くさく感じられるかもしれません。ですが、デリケートゾーンを美しく保ちながら脱毛処理をしたいのであれば、この記事の後半で紹介する処理の手順をしっかりと守るようにしてください。

あかりさん
デリケートゾーンの黒ずみはアンダーヘアの悩みと同じぐらい悩んでいる女性が多いもの……。好きな人の前で裸になるのも躊躇しちゃうし、なるべくきれいに保ちながら脱毛処理したいものですよね。

デリケートゾーンを脱毛している人の割合

友達にはあまり聞けない話なだけに、「世の中の女性はどのくらいの人がデリケートゾーンを脱毛してるの!?」っていうのはとても気になるところです。

日本女性の6割が脱毛経験者!

日本のデリケートゾーン脱毛経験者は年々増えてきていて、今では約6割を超えるとのこと。実際、デリケートゾーンの脱毛が日本で流行し始めたのはつい数年前のことです。ですが、それにしても急激にデリケートゾーン脱毛をする女性が増えてきているように感じますね。その裏側には、ひそかにアンダーヘアの量や濃さに悩む女性が実は多くいたことが挙げられます。やはり、アンダーヘアの薄い女性ほど美しく思えますし、男性からも好まれるため、そうではない女性にとっては「人には言えない悩み」として抱えていた人が多かったのでしょう。「その悩みを解消できるなら!」とデリケートゾーンの脱毛を始める人が続々と増えているようです。

それでも海外よりは遅れている?

続々と増えているデリケートゾーンの脱毛経験者ですが、それでも海外に比べると遅れているのが現実です。というのも、海外では随分昔からデリケートゾーンはツルツルにすることがエチケットになっているためです。ただ、このままでいくと日本でもデリケートゾーンの脱毛は脇毛の脱毛と同程度のエチケットになっていくことが予想されます。

あかりさん
私自身も元々が毛深くて銭湯に行ったときとか、プールに行って着替えるときとかに人の目が気になってすごく嫌だったんです……。そんな見られてるワケもないのに、「あのコのアソコ、すごい濃い」なんて思われてたらどうしようなんて(;´ω`)
でも、そんな風にすごいコンプレックスだっただけに最近のこの脱毛ブームにはちょっと助けられました。笑

脱毛する範囲や形ってどうするべき?

デリケートゾーンの脱毛と一口にいっても、実は脱毛する形や範囲は人によってそれぞれです。これに関しては完全にその人の好みで選ぶことになりますが、参考までに人気の形や脱毛範囲を紹介していきます。

女性に人気の形や脱毛範囲

Vラインの形!人気3選

脱毛サロンに通う女性が指定するVラインの形はトライアングル・オーバル・ハイジニーナの順に多いのだそう。それぞれの特徴は下記の通りです。

◎1番人気!「トライアングル」

トライアングルは、Vラインの毛を逆三角形型に残す形です。形を整えながらも自然に見えるので、「いかにも脱毛処理してます」といった形は好まない女性におすすめです。

◎2番人気!「オーバル」

オーバルは、Vラインの毛を楕円形に残す形です。トライアングルと比べると角がないのでより柔らかい雰囲気を醸し出すことができます。オーバルは残す毛の範囲によってもまた雰囲気が変わり、あまり小さくしないのであればトライアングル同様、自然な形に見せることができます。

◎3番人気!「ハイジニーナ」

ハイジニーナは、VラインだけでなくVIOすべての毛を脱毛してしまう形です。無毛状態なので日本の感覚でいうと自然ではありません。ただ、一度ハイジニーナにするとその快適さにハマッてしまう女性も多くいます。Tバックなどセクシーなショーツをよく身につける女性にも人気です。

Iライン・Oラインの脱毛範囲

IラインとOラインはどちらも残していることでのデメリットとして、排泄物が付着してしまうといったものとムレやすくなるといったものがあります。そのどちらもが清潔感を損ない、においの原因となってしまうので、全処理してしまう女性も多くいます。ただ、Iラインに関しては全て処理してしまうと割れ目が丸見えになってしまうため、それが嫌だという女性も。そのような場合にはIラインは毛を間引くような形で薄くするだけという脱毛方法を選ぶ女性が多いようです。

あかりさん
中にはハート型なんていうちょっと変わったかわいい形にしてくれる脱毛サロンもあるんですよ♪アナタだったら手堅くトライアングルやオーバルを選ぶ?それともツルツルのハイジニーナ?どれにしようか考えてみてくださいね♪

処理するメリット・デメリット

次に見ていくのはデリケートゾーンを脱毛するメリットとデメリットについてです。最後にデリケートゾーン脱毛の良さと悪さの両方を知って、「私もデリケートゾーンを脱毛したい!」と思えたら、この次の項目「自己処理方法」について進んでください。

デリケートゾーン脱毛のメリット

デリケートゾーン脱毛のイイところ♪

  • 生理の時に楽
  • 病気になりにくい
  • ムレやニオイを軽減できる
  • 水着や下着を着こなせる
  • 男性からの反応がいい
  • セックスしやすくなる

デリケートゾーン脱毛をしたときのメリットとして挙げられるのは、まず「清潔感のアップ」です。毎日の排泄時に毛に付着しないというのもありますが、特に生理のときに経血が絡みつかないというのが実はとても楽。お手洗いに入った際に簡単に拭き取れますし、毛にぶつかった手に経血がついてしまってうんざり……なんてこともなくなります。

また、デリケートゾーンに限らず毛というのは保温効果を持っているので、手入れのしていないデリケートゾーンは熱がこもりがちで、それがムレの原因になります。そして、ムレはにおいを強くするだけでなく、雑菌を増やして病気の原因になることもあるため「健康にも良い」とされています。また、においに関してでいえば、体毛には動物特有のフェロモンを異性に届けようとして広げるといった効果もあると言います。そのため、デリケートゾーンの脱毛を行うことは「ムレによるにおいを緩和」するだけでなく、「においを広がりにくくする」といった効果も期待できます。

そして、やはりデリケートゾーンを脱毛する女性の多くが気にしている「男性からの反応」。これも日本男性のほとんどは体毛の濃い女性を好まない傾向にあるので、脱毛処理をしている女性のほうが好まれるようです。また、女性心理としても自分の体に自信が持てて、「セックスにも積極的になれる」と言う声が多いです。

デリケート脱毛のデメリット

デリケートゾーン脱毛のココがイマイチ……

  • ハイジニーナにしてしまうと銭湯などに行くのが恥ずかしい
  • あまり整えすぎると男性から遊ばれていると思われるかもという不安
  • 脱毛方法によっては結構痛い

元々、体毛というのはどの部位であっても保温効果や摩擦などから肌を守るために生えています。ただ、衣服がそれらの役割を持つようになった今では、正直なところデリケートゾーンなど普段は露出されない箇所の毛はほとんど意味をなくしてしまっていると言います。そのため、デリケートゾーン脱毛のデメリットとして挙げられるのはほとんどが気持ち的な面です。

たとえば、ハイジニーナなど無毛状態のデリケートゾーンは日本ではまだあまり馴染み深くありません。そのため、人の目が気になってしまうということがあります。ただ、男性からの目線で言えば、意外にもハイジニーナ状態を好む男性は多いもの。また、「あまり整えてるのは好まない」という男性であっても、「全く手入れしていなくてジャングル状態のほうがNG」という意見がほとんどです。女性からしてみれば、なんて自分勝手な意見だと怒ってしまうかもしれませんが、デリケートゾーンの脱毛に関しては肯定的な男性が多いようです。

そして、脱毛時の痛みですが、これには個人差があります。とは言え、デリケートゾーンは皮膚が薄く、毛が太い人が多いためやはり腕などの毛よりは痛みを感じる人がほとんどです。ただ、女性の場合は美容面で「美したのために痛みや手間に耐えられるか」というのは慣れている人が多いはず。なので、脱毛したいという気持ちさえあれば、それほど苦にはならないはずです。

あかりさん
デリケートゾーン脱毛はメリットがたくさん!ただ、やっぱり気持ちの面で不安になっちゃうことは多いかも……。でも、ちょっと勇気を出して始めてみたら、そのメリットの魅力に気付かされて、「なんで今までしてこなかったんだろう」と思う女性も多いみたいですよ♪ 

自宅でできる!おすすめ自己処理方法4選

それでは、いよいよデリケートゾーンの脱毛方法の紹介に入っていきます。まず紹介していくのは自己処理方法です。ただ、デリケートゾーンの脱毛の内、IOラインに関しては、基本的には自己処理はおすすめできません。どうしても自分だけでは確認しきれないところが出てきて、肌トラブルを起こしやすいためです。なので、今回紹介していく方法の中でもいくつかはVIOすべての脱毛が可能ですが、できればIOラインは脱毛サロンやクリニックでの処理をおすすめしています。また、どうしても脱毛サロンなどには通えないので自宅で脱毛処理したいという場合には、前後のケアや正しい自己処理方法を徹底するようにしてください。

手軽に処理するなら「顔用シェーバー」

使う道具

  • 顔用I字シェーバー
  • アフターシェーブローション
  • 蒸しタオル(お風呂に入らないのであれば)

やり方

  1. デリケートゾーンを清潔にします(できればお風呂に入ってからのほうが毛や肌が柔らかくなり剃りやすくなります)。
  2. お風呂に入っていないのであれば、洗浄後に蒸しタオルをデリケートゾーンに乗せ、毛や肌を柔らかくします。
  3. 水気を拭き取り、シェーバーを毛の流れに沿わせて滑らせるように剃っていきます。
  4. 剃り終わったら、毛をよく落とし、アフターシェービングローションなどを塗って毛穴を引き締めるとともに、保湿を行います。
  5. 使用後のシェーバーは毛や皮脂をよく拭き取り、水洗い可能なものは水洗いをして、風通しの良いところでよく乾かします。
  6. 処理後の肌はとても熱を持ちやすく、弱っているので、剃った当日は入浴を避け、シャワーなどで済ませてください。

ポイント

顔用I字シェーバーを使っての自己処理は一番手軽です。ただ、シェーバーだと毛根ごとの処理はできないため、デリケートゾーンなど太めの毛だと黒くポツポツとした毛が目に見えて残りやすいのが難点です。また、自己処理後2日から5日程度で毛が伸びてきて目立ってしまうので、頻繁に処理しなくてはいけない一方であまり頻繁にすると肌トラブルを起こしやすいといったデメリットも。

また、デリケートゾーンは毛の生え際の方向が一定でないため、流れを確認するのが大変なIOラインほどきれいに剃りづらいので注意が必要です。

あかりさん
一応、デリケートゾーン専用のシェーバーも販売されていたりするけど、実は顔に使うI字シェーバーが使いやすさバツグン!脱毛サロンでもデリケートゾーンにはI字シェーバーをおすすめされることが多いのでぜひ試してみてくださいね♪ 

シェーバーよりも毛根近くを狙うなら「除毛・脱毛クリーム」

使う道具

  • 除毛・脱毛クリーム(※必ずVIOに使用可能なもの)
  • アフターシェーブローション
  • 蒸しタオル(お風呂に入らないのであれば)

やり方

  1. デリケートゾーンを清潔にします(できればお風呂に入ってからのほうが毛や肌が柔らかくなり脱毛しやすくなります)。
  2. お風呂に入っていないのであれば、洗浄後に蒸しタオルをデリケートゾーンに乗せ、毛や肌を柔らかくします。
  3. 水気を拭き取り、除毛・脱毛クリームを塗り広げていきます。このとき、絶対に粘膜には付着しないように気をつけてください。
  4. 除毛・脱毛クリームを塗り、説明書に書かれた時間を置いたら、クリームをやさしく拭き取っていきます。
  5. ある程度クリームを拭き取ったら、最後にシャワーでよく洗い流し、アフターシェーブローションなどを塗って毛穴を引き締めるとともに、保湿を行います。
  6. 処理後の肌はとても熱を持ちやすく、弱っているので、脱毛した当日は入浴を避け、シャワーなどで済ませてください。

ポイント

脱毛・除毛クリームは見えている毛を毛根近くから溶かしてくれる脱毛グッズです。溶かすといった作用上、肌にも影響を与えてしまうので必ずパッチテストを行ってから使用してください。また、一般的な除毛・脱毛クリームはデリケートゾーンへの使用を禁止しています。これは粘膜に誤って触れてしまうことで炎症などトラブルを起こす可能性が高いためです。そのため、必ずVIOにも使用して良いと書かれているものを使うことと、なるべく粘膜付近は避けて使用するようにしてください。

あかりさん
私が調べてみたところだと、結構ほかサイトでデリケートゾーンにおすすめって書かれてる脱毛・除毛クリームでも実はVIOに使用不可って注意書きがあるものが多かったり……。なので、必ず公式サイトで使えるかどうかがきちんと記載されているかをよーく確認してくださいね! 

一時的にツルツルにするなら「セルフブラジリアンワックス」

使う道具

  • ブラジリアンワックス
  • ブラジリアンワックス用スパチュラとペーパー
  • ベビーパウダー
  • アフターシェーブローション
  • 蒸しタオル(お風呂に入らないのであれば)

やり方

  1. デリケートゾーンを清潔にします(できればお風呂に入ってからのほうが毛や肌が柔らかくなり脱毛しやすくなります)。
  2. お風呂に入っていないのであれば、洗浄後に蒸しタオルをデリケートゾーンに乗せ、毛や肌を柔らかくします。
  3. 水気を拭き取り、ベビーパウダーをデリケートゾーンにはたいていきます。
  4. スパチュラを使い、ブラジリアンワックスを毛の流れに沿うように塗り広げます。
  5. ペーパーをブラジリアンワックスの上から毛の流れに沿って押し付けるように貼り、少し置きます。
  6. 今度は毛の流れとは逆向きにペーパーを一気に剥がします。
  7. 残ったワックスはペーパーをぺたぺたと貼り付けて取るか、蒸しタオルで拭き取ってください。
  8. 脱毛が終わったらシャワーでよく洗い流し、アフターシェーブローションなどを塗って毛穴を引き締めるとともに、保湿を行います。
  9. 処理後の肌はとても熱を持ちやすく、弱っているので、脱毛した当日は入浴を避け、シャワーなどで済ませてください。

ポイント

ブラジリアンワックスは脱毛のためにつくられた専用のワックス剤です。塗る際は柔らかかったワックス剤が毛に絡み、そこから少し置く間にワックス剤が固まることでペーパーを剥がしたときにワックス剤とともに毛を引き抜くことができるようになっています。毛根ごと引き抜くので仕上がりはツルツルになりますが、抜く際にはどうしても痛みがあります。なるべく痛みを少なくして、より脱毛効果を上げるためには、ペーパーを剥がすときに上に引っ張るようにはせず、皮膚に近い位置で滑らせるように剥がすのがポイントです。


あかりさん
ブラジリアンワックスを上手に使いこなすには、毛の流れがとても重要!だから、それが見えづらいIOラインは慣れるまで苦戦する人が多いみたいなので根気よく脱毛してくださいね!

しっかり脱毛するなら「家庭用脱毛器」

使う道具

  • 家庭用脱毛器(フラッシュタイプ)
  • 保冷剤
  • アフターシェーブローション

やり方

  1. デリケートゾーンを清潔にします。
  2. 照射部分に保冷剤を数分しっかり当て、冷やすことで麻痺させます。
  3. 保冷剤を当てていた箇所に、家庭用脱毛器でフラッシュを照射します。
  4. 照射した箇所に保冷剤を当てて、熱を冷やします。
  5. 「2」から「4」をくり返していき、脱毛処理を進めます。
  6. 脱毛が終わったら、アフターシェーブローションなどを塗って毛穴を引き締めるとともに、保湿を行います。
  7. 使用後の家庭用脱毛器は照射窓をよく拭くなどして、常に清潔な状態を保つようにしましょう。
  8. 処理後の肌はとても熱を持ちやすく、弱っているので、脱毛した当日は入浴を避け、シャワーなどで済ませてください。

ポイント

フラッシュタイプの家庭用脱毛器は、脱毛サロンで使われている脱毛機を家庭でも使えるようにしたものです。成長期⇒休止期⇒退行期とくり返す毛の内、成長期の毛にだけ効果を与え、効果の出た毛は生えづらくなるため、自己処理の手間がグッと減っていきます。ただ、普段目に見える毛は全体の20%~30%ほどと言われていて、残りは休止期など光脱毛の効果が出ない状態にあります。そのため、それらの毛すべてが成長期に入り、フラッシュを当てるまではすべての毛が生えづらくなることはありません。つまり、効果が高い分、時間は比較的かかる脱毛方法になります。


あかりさん
家庭用脱毛器は誰でも扱えるように安全性を重視して作られたもの!ただ、フラッシュを当てる前に入念に冷やすなど使い方をちゃんと守らないと火傷などのトラブルを起こしかねないので、取り扱いには注意ですよ! 

おすすめの脱毛サロン・クリニック

どうしても自己処理よりはお金がかかってしまうことの多い脱毛サロンやクリニック。ですが、最近では月額システムを採用しているところも多く払いやすくなってきていますし、そもそもの料金自体がかなり下がってきています。デリケートゾーンの脱毛は自己処理だとどうしてもしづらい箇所でもあるので、お財布に余裕があるのであればなるべく脱毛サロンやクリニックを利用することをおすすめします。

おすすめ脱毛サロン「銀座カラー」

2017年2月現在、先着330名様限定でどのコースも33%OFFのスペシャルキャンペーンを行っている「銀座カラー」。とは言っても、VIOセットのコースだと、通い放題でトータル151,152円とそこそこのお値段です。でも、銀座カラーなら月額5,200円での支払いも可能なので、「それならお小遣いで通える!」という人も多いはず。

ただ、銀座カラーの脱毛は「ハイジニーナ」はできないので、「ツルツルでなく自然な形にアンダーヘアを残したい」という人向きの脱毛サロンだと言えそうです。また、銀座カラーだと全身脱毛し放題のコースでもトータル197,650円で月額料金は6,800円とVIOコースとそこまで変わらない印象。なので、デリケートゾーンだけでなく全身くまなく脱毛したいという人はこちらを検討してみるのもいいかもしれません。

⇒詳しく見てみる


銀座カラーのリアルな口コミ体験談

  • 6回目を終えたときにはかなり目立たないぐらいに
    26歳 女性 らぴこちゃん
    3~4回目から毛がまばらになってきたと感じ始め、毛も細くなったのか、通い始める前は処理した翌日の夕方にはチクチクしてくる感じでしたが、生えてきても本数が減った感じと毛が柔らかい感じがしてチクチク感が減りました。 5~6回目でさらに一気に毛が減ったように感じました。まばらに太めの毛も生えてはいましたが、あとはその合間に細い毛が生えていたくらいなので、数日剃らなくてもほとんど気にならないほどになりました。 施術箇所:ワキ、ひざ下ひざ上、Vライン、Iライン コース開始日:2012/10/01 コース完了日:2016/06/01
  • 6回目から劇的な変化が!
    29歳 女性 机のフチ子
    一回目から効果はありました。元々毛が濃かったので、一回目の処置が終わったあとの1ヶ月ぐらいはツルツルな状態でした。しかし、時間が経ってくるとまたいつもぐらいの量が生えてきてしまいました。2回目から五回目くらいまでは、同じような効果を感じる繰り返しだったのですが、6回目からは劇的な変化を感じました。量も減り、お手入れの頻度も減ってとても楽になりました。このまま通い続けたら、自己処理もしなくていいツルツルの肌が手に入れられると思いました。 施術箇所:全身 コース開始日:2014/09/01 コース完了日:2017/01/08
あかりさん
銀座カラーの口コミを見ていると、6回目という数がキーポイントなのかなといった感じです。かなりの数の女性が6回目の施術を機にかなりの毛量の変化を感じているみたいですよ♪これは毛周期の関係から、丁度6回目ぐらいで大体の毛が成長期中に照射を受けた状態になっている証拠なのかもしれません。

銀座カラーのVIO料金(すべて税別)

コースorメニュー名通い放題料金8回料金

VIOセットコース

151,152円

月額:5,200円

Vライン(上部)

37,600円

21,000円

Vライン(サイド)

37,600円

21,000円

Vライン(Iライン)

75,200円

42,000円

ヒップ奥(Oライン)

75,200円

42,000円


あかりさん
銀座カラーはパーツごとの料金設定が高めに設定されているから、IOは何もしないつもりとかでない限りはVIOセットコースを選んだほうがオトク!ちなみに契約金額によって内容は変わっちゃうものの、最大7万円相当の美容アイテムが好きに選べるキャンペーンなんてのもあるので、こちらも要チェックですよ♪

おすすめ脱毛クリニック「 アリシアクリニック」

「アリシアクリニック」は医療機関ゆえのハイパワーなレーザー脱毛を受けられるのに、お値段の設定金額かなり安め。粘膜部分まで照射してくれるので完全なツルツル状態を目指せるコースの通い放題でも、165,000円と脱毛サロンに迫る料金です。その上、「アリシアクリニック」でも医療ローンによる月額払いが可能となっているため、気軽に通い始めることができることでしょう。

また、カウンセリングやテスト照射は無料で行ってくれるので、レーザー脱毛の痛みが心配な人も試してからの契約が可能なので安心。はじめてのデリケートゾーン脱毛で不安な気持ちを拭い去ってくれるようなサービスがこのほかにも豊富なので、まずは一度公式サイトをチェックしてみてください。


アリシアクリニックのリアルな口コミ体験談

  • 痛みの差はサロンとそんなに変わらなかったです
    20歳 女性 花ネギ
    美容脱毛と違うところは、施術前にジェルを塗らないところだと思います。 ひんやりジェル塗り塗りになれていたので、何もなしで施術が始まった時には驚きました。それって痛くないの!?って感じで。笑 さすがにVIOにはジェルを塗ってくださいました。 痛みに関しては、美容脱毛と大差はない思います。痛みがある時は威力を下げて照射してくれます。 むだ話なく、たんたんと施術を進めてくださる感じで、痛みが少ない時にはゆったりとできます。笑 施術箇所:全身 コース開始日:2015/05/23 コース完了予定日:2017/04/01

  • 効果が脱毛サロンよりも分かりやすいです。
    25歳 女性 ゆみ
    はじめの一回目施術後、1、2週間経つと伸びてきた毛がおもしろいくらいにするっと抜けてきます。そこから1ヶ月くらいは驚くくらいに自己処理が楽です。私は毛量が多いため、毎日自己処理をしていましたが、1週間しなくても気にならないくらいになりました。毛周期に合わせて、二ヶ月以上間隔を空けて、2度目を受けに行きます。2度目を受けた後もやはり1週間程するとするする毛が抜けていきます。医療脱毛というだけあって、美容脱毛よりも効果が目に見えてわかります。 施術箇所:全身 コース開始日:2013/12/01 コース完了日:2016/04/20
あかりさん
「アリシアクリニック」の口コミを見ていると、結構、脱毛サロンも経験されている女性が多いんですが、やっぱり「クリニックのほうが効果がハッキリと現れてる気がする」という声が多いんですね!より高い効果をと思うとクリニックを選んだほうが効果に納得できるかもしれません。

アリシアクリニックのVIO料金

メニューorコース名5回料金8回料金脱毛し放題料金

VIO脱毛セット(ビューティ)

61,900円

204,240円

276,960円

VIO脱毛セット(スムース)

85,900円

123,760円

165,000円

Vライン(ビューティ)

27,500円

39,600円

52,800円

Vライン(スムース)

45,800円

66,000円

88,000円

Iライン(ビューティ)

27,500円

39,600円

52,800円

Iライン(スムース)

41,250円

59,400円

79,200円

Oライン

27,500円

39,600円

52,800円

あかりさん
「アリシアクリニック」の脱毛メニューは「ビューティ」と「スムース」の文字。この2つの内、スムースは粘膜部分まで照射が可能なコースになっているんです!なので、「粘膜部分に毛が残っているのも許せない!」って人はスムースコースを選ぶことをおすすめします。

デリケートゾーンの脱毛に関するよくある質問

最後にデリケートゾーンの脱毛についてよく寄せられる質問に回答していきたいと思います。アナタの悩みもここで解決していきましょう。

デリケートゾーンでもかゆみや黒ずみのリスクは有りますか?

あります。むしろデリケートゾーンはリスクが大きいです。

ここまででもお話しましたが、デリケートゾーンは普段刺激にさらされることが少ない分、皮膚が薄く刺激に弱い箇所です。そのため、誤った脱毛処理をしてしまうと皮膚の乾燥や傷によるかゆみや黒ずみをすぐに引き起こしてしまいます。なので、自己処理をする際にはとても丁寧なケアと方法が求められます。

脱毛すればにおいを軽減できるって本当ですか?

本当です。デリケートゾーンのにおいはアンダーヘアが大きな原因になっていることが多いです。

デリケートゾーンは排泄をする部位でもあるため、誰であっても少なからずにおいはあるものです。ですが、そんなにおいをより濃くしてしまうのがアンダーヘアの存在です。アンダーヘアがあることで過剰保温になり、デリケートゾーンはムレやすく、ムレによって雑菌が繁殖しやすい環境を作り出してしまいます。そして、この雑菌が強いにおいの原因になるのです。

また、性器からは特有の匂いがするもので、それはいわゆるフェロモンというもの。文明の進んだ今ではあまり重要視されなくなり、むしろなるべく匂いの少ないほうが良いとされますが、人間の本能としてはこのフェロモンをなるべく遠くまで飛ばし、異性を引きつけようとします。アンダーヘアはそのために進化したものとも言われ、匂いを広げる効果を持ってもいるため、脱毛することがにおいの軽減に繋がる傾向にあります。

脱毛サロンやクリニックは何回ぐらい通えばいいものですか?

個人差はありますが、脱毛サロンだと1年から2年の12回程度が目安です。クリニックだと半年から8ヶ月の5回程度が目安です。

脱毛サロンよりもクリニックのほうが出力が高いため、少ない回数で効果を実感できる傾向にあります。また、法律上、永久脱毛ができるのはクリニックのみとなっています。最近の脱毛サロンは脱毛機の性能がかなりよくなってきているため、一度満足いく状態になったあとは何年経ってもほとんど生えてこないという口コミも多いですが、永久脱毛の保証はされていないことは知っておいたほうが良いでしょう。

脱毛サロンやクリニックではどんな姿勢で脱毛しますか?

紙ショーツを穿いた状態で、なるべく開脚はしないで済むように工夫されています。

脱毛サロンやクリニックでデリケートゾーンを脱毛してもらう上で、やはり見られることに抵抗がある人は多いものです。ただ、ほとんどの脱毛サロンやクリニックでは、極力陰部が見えないように配慮した上で施術を進めてくれます。まず、施術前には紙ショーツに穿き替えることになり、施術中はショーツを軽くずらしながら施術箇所だけが見えるように配慮されています。

また、姿勢についても片脚だけを「くの字」型に折った状態でなどになるので、大きく開脚したりする必要はないので安心してください。

デリケートな部分までしっかり脱毛しよう

デリケートゾーンの脱毛を始める人が増えているとは言え、やはりはじめて脱毛しようと思うとほかの部位よりも戸惑いや不安が大きいことでしょう。ただ、やっぱりデリケートゾーンは脱毛処理をして清潔な状態にしたほうが見た目的にも清潔さにおいても美しいもの。正しい脱毛方法の知識を持った上でしっかり脱毛をして、見えないところまで自信を持てる女性になりましょう。

img footer post layout

TOP