【VIO脱毛】人気のデザインからおすすめの脱毛方法まで丸わかり

【VIO脱毛】人気のデザインからおすすめの脱毛方法まで丸わかり

シェアする

目次
  • 後悔しないために事前調査をしっかり行おう
  • みんながしているVIOの形を調査!
  • VIO脱毛のメリットとデメリット
  • VIO脱毛におすすめのサロン
  • プリート
  • 永久脱毛におすすめのクリニック
  • リゼクリニック
  • 不安なことがあればまずはカウンセリングから
   

後悔しないために事前調査をしっかり行おう

ワキやスネ(膝下)と並んで人気が高い脱毛部位といえばデリケートゾーン(VIO)脱毛です。 水着を着る機会が多い夏はもちろん、普段の生活の中でもおしゃれに下着を着こなしたい時にはデリケートゾーンのムダ毛が気になります。デリケートな部位だけになかなか人に相談できないという人も少なくありません。そのため、間違った自己処理でお肌を傷つけてしまったり、かゆみが出てしまったりというトラブルや、ムダ毛処理を躊躇したせいで毛がはみ出てしまうというハプニングで大変な思いをすることもあります。 デリケートゾーンのトラブルやハプニングを回避するためにも、事前にVIO脱毛についてしっかりと調べて、正しくムダ毛を処理することが大切です。
鈴木 あかり
VIOラインの脱毛…女子にとってはかなり大きな問題ですよね(涙)
私も、Vラインの毛には悩んだものです…夏が近づくと水着を着るためにせっせと自己処理に励んできました!学生時代は更衣室なんかで着替える機会も多かったので、下着になった時にデリーケートゾーンの毛が濃いと下着から出てしまわないかとか気になってしまったり…
櫻井 晴人
なるほど!最近では男性でもVIO脱毛に興味を持つ人が増えてきたようですが、確かに女性にとっては大きな問題になりそうですね。せっかくお気に入りの水着や下着を着た時にムダ毛のせいで恥ずかしい思いをすることは避けたいでしょうし。
でも、部位が部位だけに脱毛を躊躇してしまう人も多いんじゃないですか?
鈴木 あかり
ハルくん、その通りなの!VIO脱毛はデリケートゾーンだけあって施術に恥ずかしさを感じる場合があるのはもちろん、他の部位と大きく違うのは、人によって「全部を脱毛してしまうわけではない」ということよ。
例えば、ワキやスネ(膝下)なら綺麗にツルツルに脱毛できればいいという人がほとんどだと思うけど、VIOに関しては「全く毛がないのには抵抗がある」という人もいるわけ。
櫻井 晴人
つまり、脱毛するのに、脱毛しない場所(毛を残す部分の形)についても事前に考えないといけないんですね。
他の脱毛部位なら「もう少し毛を残しておけばよかった」なんてことあまりなさそうですけど…。
鈴木 あかり
そうなの。だから、今VIO脱毛に興味を持っている皆さんが脱毛に失敗しないよう、今回は私あかりがVIO脱毛のデザインや脱毛の方法まで詳しくご紹介していきます。

みんながしているVIOの形を調査!

鈴木 あかり
最初にもお話した通り、デリケートゾーン(VIO)脱毛は他の部位と違って、どこの毛をどんな風に残すか、脱毛範囲を考えることになります。みんながどんな形に脱毛しているか気になりませんか?
代表的な形をご紹介していきます。

Vライン

Vラインは下着の端に沿った、お腹と太ももの付け根の間にあたる「V」の字型のライン部分を指します。ビキニラインとも呼ばれ、デリケートゾーンの中でも、立っていても前から見える部分にあたります。水着や下着などで毛がはみ出してしまう危険性の高い部位ですので、しっかりとムダ毛を気にしたいですね。ではVラインの人気の形についてご紹介していきます。

逆三角形(トライアングル)

逆三角形(トライアングル)は、Vライン脱毛の中でも最もスタンダードで人気の形です。陰部にもともと生えている毛も概ねVラインに沿って生えている場合が多いので、水着や下着からはみ出してしまう場所などの毛を処理し、Vラインに沿った少し幅の広い逆三角形の形に毛を残して脱毛します。 自然な形に残したい方や、初めてのVライン脱毛で不安が大きい方、元の毛の量が多い方にオススメの形です。

卵形(オーバル)

毛を残す範囲は小さめにしたいけれども、ある程度の自然さを残したいという人には女性らしく柔らかなシルエットの卵形(オーバル)がおすすめです。その名の通り、卵の少し尖っている形の方を下に向けたようなシルエットです。逆三角形に比べて少し小さめに毛を残しますので、下着や水着からはみ出る心配も少なくなりますし、毛並みを短くしてもバランスが取りやすい形です。

ラウンド・スクエア型(Iライン)

逆三角形の長辺部分を短くし、毛の範囲を狭めたものがスクエア型です。形と毛の長さによっては、海苔がくっつているかのように見えてしまうこともあるため、スクエア型の角の部分を丸くシェイプし少し自然にしたラウンド型を選ぶ人も増えています。 毛が生えている範囲はかなり狭いので、少し露出度の高い下着でも毛がはみ出るような心配がいらないですし、非常にスポーティーで欧米でも人気のデザインです。逆三角や卵形に比べて自然さは少なく「脱毛しました」という感じがしますが、デリケートゾーンの脱毛がエチケットでもある欧米ではかえってその方が美意識の高い印象に映るようです。 ほとんど毛は処理してしまいたいけど、全く無いのには抵抗があるという人によい形でしょう。ラウンド型やスクエア型は、その形からIラインと呼ばれることもありますが、脱毛部位のIラインとは別のものですので混合しないようにしてください。    

IOラインってどうしてる?

鈴木 あかり
Vラインの脱毛をする時に気になってくるのが、IラインOラインです。Iラインは、寝転んだ状態で足を広げた時に見える性器周りの部位を指し、Oラインは、肛門周りの部位を指します。
Vラインとは違って、普段は見えにくい場所なだけに処理すべきかどうか迷う人も多いのではないでしょうか。みんなはIOラインをどうしているか見ていきましょう。

Vラインと違い「全部いらない」と思っている人が圧倒的

見た目にわかるVラインに対し、IOラインは衛生面からも「いらない」「脱毛したい」と考えている人が多いようです。ですから、脱毛をする場合には、すべての毛を「ムダ毛」と考え、無くしてしまう場合がほとんどです。同時にデリケートかつ見えづらい場所なので、自己処理には不安を抱いている人も多い部位です。毛はいらないけど、処理しにくい場所であることがわかります。 性器や肛門を自分で見る機会もあまりありませんから、そこをカミソリや毛抜きで自己処理するとなると、難しそうな気がしてしまうのも無理はないように思います。

恥ずかしさや怖さから諦めるorやってみたらやっぱり快適

鈴木 あかり
いらない毛であると多くの人が思いながらも、脱毛にはちょっと躊躇してしまう場所ですよね。脱毛しない派と脱毛している派の意見を見ていきましょう。
鈴木 あかり
場所が場所だけに最初は「恥ずかしい」「怖い」という人が多いのもよくわかります^^;
IOラインの脱毛に、恥ずかしさや怖さを感じる人が多い一方で、一度IOラインに毛がない状態を体験するとその快適さに感動する意見たくさん見られました。一度、自己処理をしてみてその快適さに気づき、自己処理後のトラブル(毛がチクチクすることによるかゆみや、肌トラブル等)からサロン脱毛や医療脱毛を決意する人も多いようです。
鈴木 あかり
脱毛前にはやるかやらないかで迷いのでるIOラインの脱毛問題ですが、脱毛する場合には全部の毛を処理することが多く、脱毛後には多くの人がその快適さを実感しています。あなたも一度やってみたらその快適さを気に入ってしまうかも?!

お店や病院の脱毛ではセットでお得な場合も

恥ずかしさと快適さの間で多くの人が揺れるIOライン脱毛問題ですが、お店や病院での脱毛では、Vラインとセットでお得な料金プランを用意しているところも多く、そのお得さから思い切って恥ずかしさを乗り越えIOラインの脱毛を決意するケースも多くあります。    

ハイジニーナ型(パイパン)も人気

デリケートゾーン(VIOライン)を全て脱毛した状態をハイジニーナと呼びます。パイパンと言われた方がわかりやすい人もいるかもしれません。 このハイジニーナは、清潔を保つ事という意味を表す「hygiene(ハイジーン)」が元になっている言葉です。欧米では、ハイジニーナ型は一般的な形で、海外セレブやモデルなどがハイジニーナ型に脱毛していることが知られたことで、今では日本でもハイジニーナ型を選ぶ人が少しずつ増えています。 一昔前までは、パイパンというと少し性的趣向に偏りがあるようなイメージを持つ人も多かったのですが、日本でも有名人やモデルの皆さんがハイジニーナを公表したことでデリケートゾーンのエチケットの一つとして選びやすくなってきているようです。    

VIO脱毛のメリットとデメリット

VIO脱毛について多くの人が興味を持ちながらも、場所が場所だけに躊躇してしまうケースがあることや、一度処理すると多くの人がその快適さを実感しているということがわかってきました。失敗しないVIO脱毛のためにも、さらにメリットとデメリットをしっかりと理解しておくことが大切です。    

VIO脱毛のメリット

メリットをチェック!

  • 下着や水着などが毛を気にせず楽しめる
  • デリケートゾーンのムレやかゆみが軽減できる
  • 生理中のトラブルが少なくなる
  • 見た目に清潔感が出る
  • サロンや病院で脱毛した場合、自己処理から解放される

 おしゃれや見た目

人間の体にあるものは本来無駄なものなどないという考え方もありますが、実際のところ現代を生きる私たちにとって、おしゃれや実用性の観点から無駄だと思える毛は存在します。VIOラインの毛もその一つと言えるでしょう。VIO脱毛をすることで、下着や水着から毛がはみ出すことを心配する必要がなくなるため、おしゃれを自由に楽しめるというのがVIO脱毛の大きなメリットの一つです。 見た目に関しては、個人の好みによるところもありますが、すっきりと整えられたデリケートゾーンは清潔に感じるという人が増えているようで、下着の上からでも、下着を脱いだ時にもVIO脱毛のメリットは見られます。 衛生面が改善 メリットは見た目だけではなく衛生面にもあります。デリケートゾーンからの匂いはフェロモンを含むため、本来は匂いが発しやすいように毛が生えているとも言われていますが、それは同時に、毛が臭いやムレの原因になっているとも言えます。VIOラインの脱毛を行うことで、ムレが抑えられ、それによるかゆみや赤みを防ぐ効果もあるようです。特に生理中は経血により普段以上に蒸れやすくなりますが、毛を処理することによりムレやかゆみはもちろん、生理中独特の臭いも軽減できたと感じている人が多く見られます。 自己処理からの解放 また、サロンや病院で脱毛を行った場合には、自己処理から解放されることも大きなメリットとなります。特に、デリケートゾーンは見づらいため自己処理が大変だったり、自己処理で肌を傷つけてしまったりしがちですが、そういった苦労から解放されるのも大きなメリットと言えるでしょう。  
鈴木 あかり
綺麗に整えられたVIOラインは見た目にも衛生的にも非常に快適です。可愛い下着や水着をストレスなく着られるのは、おしゃれライフの大事なエッセンスになると思いませんか?
個人的には、勝負下着が気持ちにポジティブな効果があるように、デリケートゾーンの毛が綺麗に整えられているという事も自信につながるポジティブな影響があるように思います^^

VIO脱毛のデメリット

デメリットをチェック!

  • 毛の処理が怖い、または恥ずかしい
  • 脱毛範囲によっては男性にネガティブな印象を与えることがある
  • 自己処理をした場合、脱毛部位がチクチクしかゆみを伴う
  • 他部位の脱毛より痛みを感じることがある
  • 毛のクッションがなくなることでデリケートゾーンの擦れが気になることがある
恐怖感や恥ずかしさ VIO脱毛を躊躇してしまう理由の一つである「怖さ」や「恥ずかしさ」はデメリットとして数えられます。まず、自己処理する場合には、脱毛部位が見えづらく皮膚が他に比べて弱いことや、脱毛部位付近に性器や肛門など敏感な部位があることから怖さを感じやすくなりますし、サロンや病院で脱毛する場合には、他人にデリケートゾーンを見せなければならない恥ずかしさを感じます。(怖さや恥ずかしさの程度には個人差がありますが、慣れによりそういった気持ちが軽減する傾向もあるようです。) 痛みを感る場合も また、皮膚が弱いため、脱毛方法によっては他部位より痛みを感じるケースが少なくありません。 相手からのイメージ 見た目に関しては個人の感じ方によりますので、メリットにもデメリットにもなりえますが、男性の中にはデリケートゾーンに毛が生えていない(もしくは毛が整えられすぎている)ことに対して「遊んでいそう」「性的魅力を感じない」といったネゲティブな印象を抱く人も少なからずいるようです。 脱毛による擦れ 毛がなくなることにより、ムレが軽減されるのとは逆に、今まで毛で守られていた部位が毛のクッションを失うことで、下着や生理用品等の間で擦れやすくなることもあります。
鈴木 あかり
男性に変なイメージを持たれないか心配になる乙女心、わかります!
しかし、Vラインの形に好き嫌いのある男性はいても、IOラインのムダ毛はない方がいい(必要ない)と考える男性がほとんどのようです。

どんな方法がある?脱毛方法を徹底比較

メリット・デメリット
カミソリ メリット:手軽に行える。痛みが少ない。費用がそれほどかからない。広範囲を一気に処理できる。 デメリット:肌への負担が大きい。脱毛効果の持続期間が短い。剃った後チクチクして痒くなる。
電気シェーバー メリット:お肌への負担が少ない。サロン脱毛前の事前処理にも最適。 デメリット:剃った後毛のツブツブが見えやすい。毛の先がチクチクしてかゆみを感じることがある。
毛抜き メリット:脱毛効果が比較的長めに持続する。処理後に毛がチクチクすることがない。 デメリット:毛を抜く際に強い痛みを感じることがある。肌や毛穴への負担が大きく、赤みや腫れなどの肌トラブルを起こしやすい。
ハサミで長さを調整 メリット:肌を傷つけることがない。全体の毛の長さを整えられる。 デメリット:毛先がチクチクしてかゆみや痛みを感じることがある。下着からはみ出した部分の脱毛には不向き。
ヒートカッター メリット:毛先がチクチクしないのでかゆみを感じにくい。全体の毛量を少なく見せることができる。 デメリット:焼き切る際に臭いがある。下着からはみ出した部分の脱毛には不向き。
線香で焼き切る メリット:自宅に線香がある場合手軽に行える。毛先がチクチクしないのでかゆみを感じにくい。全体の毛量を少なく見せることができる。 デメリット:火傷の危険がある。焼き切る際に臭いがある。下着からはみ出した部分の脱毛には不向き。
ワックス脱毛 メリット:脱毛効果が3週間程度と長め。毛抜きで1本1本抜くより時間がかからない。粘膜ギリギリまで脱毛可能。古い角質も取り除いてくれる。 デメリット:強い痛みを感じることがある。毛穴が赤くなるなどの肌トラブルを起こしたり、ワックスに対するアレルギー反応が出たりすることがある。
脱毛クリーム 脱毛ローション メリット:毛先がチクチクしづらいので、毛が生えてきたときのかゆみを抑えられる。仕上がりの肌がなめらか。 デメリット:クリームやローションで肌荒れを起こす場合がある。デリケートゾーンに使えないものもある。脱毛効果が持続しないため定期的な処理が必要。
家庭用脱毛器 メリット:自宅にいながら好きな時に光脱毛が行える。肌への負担が少ない。一度購入すれば、全身の脱毛に使える。 デメリット:出力がサロン脱毛に比べて低いため、効果を実感するまでに時間がかかる。脱毛器の価格が高めなものが多い。
サロン脱毛 メリット:肌への負担が少なく、綺麗に脱毛することが多い。サロンによってリーズナブルな脱毛コースを用意している場合が多い。 デメリット:サロンに通う手間や、予約が取りづらいなどの煩わしさがある。光を照射した際にぱちっと痛みを感じることがある。部位によって、回数が必要になることがある。
クリニック脱毛 (医療脱毛) メリット:サロン脱毛に比べ出力が高いため、少ない回数で脱毛効果を実感しやすい。お肌への負担も少なく、綺麗に脱毛できる場合が多い。医療機関で行われるため、事前に肌状態について相談できる。痛みを感じやすい場合、麻酔クリーム等を使用することも可能。 デメリット:一回の料金がサロン脱毛にくらべて高め。脱毛効果は高いが、それでも産毛の脱毛には回数が必要になることもある。照射時に痛みを感じる場合もある。

鈴木 あかり
肌への負担や、脱毛の仕上がりを考えた場合に、やはりおすすめはサロン脱毛やクリニック脱毛です。脱毛の回数を重ねるごとに毛が薄くなっていくので、処理の頻度も低くなりますし、脱毛中の肌へのダメージの少なさはもちろん、脱毛が完了すれば自己処理の必要も無くなるのでお肌を傷つけずにすみます。
出力の低さはあるものの、家庭用脱毛器にも同じことが言えますよ。
お肌へのダメージが少ないということは、仕上がりの肌状態にも満足出来る可能性が高いということです。いくら毛がない状態でも、ブツブツやザラザラのお肌じゃ、せっかくの脱毛も台無しですもんね。

VIO脱毛におすすめのサロン

 脱毛方法の比較でもわかったように、脱毛方法によってお肌への負担や仕上がりにも随分と差が出ます。

ここでは、VIO脱毛におすすめのサロンをご紹介していきます。    

ミュゼプラチナム

デリケートゾーンの毛は、他部位にくらべて太くて硬い傾向があります。そのため、他の部位よりも脱毛回数がかさんでしまうケースもあるんです。しかし、ミュゼプラチナムの「両脇+Vライン美容脱毛完了コース」では、なんとVラインの脱毛回数に制限がありません。脱毛が完了するまで何度でも追加料金なしで通えます。 ミュゼプラチナム公式ホームページ
  • キャンペーン時には破格の料金設定!
    初回のキャンペーンでワキとvラインが完了するまで通って良いコースで100円でとても安くて魅力的だったので契約しました。2ヶ月に1回くらいのペースで通いましたが効果に満足するまで好きなだけ通えて100円はお得すぎてびっくりしました。

  • 安くても勧誘の心配なし!
    100円なので他の部位もしつこく勧誘があるかなと思っていたけど、説明のみで勧誘は全くないです。(他の部位のコースの案内くらいはありますが、入らないといけない雰囲気は全くないです)。 このキャンペーンのコースは6回と書いていましたが、聞いてみたらそれはただの目安で、完了するまで何回でもしてくれるそうです。 現に私は6回以上通っています。 最初の100円以外全く払ってないので、逆にいいのかなと思うくらい、すごくお得にできています。

鈴木 あかり
お得すぎるキャンペーン価格だと、後から高いコースをすすめられるのではないかと心配になりますよね^^;
でも、他コースの紹介程度で、強い勧誘はないようです。それは、とっても安心ですね!
  • IOラインが選べるコースも
    フリーセレクト美容脱毛コースは手指やへそ周りなどの小さいパーツを好きな箇所を選んで11回脱毛を受けることができて30000円でした。こちらもキャンペーン中で半額でした。自分はV、I、Oラインの脱毛のときに、スタッフの方がこちらのプランなら色々選べるしお得だとハイジニーナのコースよりオススメいただきました。

  • ハイジニーナコースもお得
    私がミュゼプラチナムで施術してもらったハイジーナコースは他店ですとVIOの事でしっかり脱毛したかったので6回コースを申し込みました。6回コースは普通なら7万円ほどするのですが私が入会した時期はキャンペーン中だったので半額の3万5千円ほどで施術をお願い出来ました。他店ではデリケートゾーンのお値段は結構お高めの設定が多いので比べるとお安いと思います。アフターケアも充実しており敏感肌の私でもヒリヒリしたり赤くなる肌トラブルはなかったです。

IOラインもしっかり脱毛したいという方には、自由に部位が選べるコースや、ハイジニーナコースなども用意されています。毛の濃さや脱毛範囲によって、自分に最適なコースはどれか相談してみるといいでしょう。
   

エステティックTBC

初めてVIO脱毛をする人には、「どんな風に脱毛するの」「痛みはあるの?」「1回でどれくらい効果があるの?」と疑問が沢山あると思います。特に痛みや恥ずかしさなどは感じ方に個人差もあるので「まずはどんなものか試してみたい!」という人も多いのではないでしょうか? エステティックTBCの「VIO・5脱毛プラン」ならVIO全ての部位を2回ずつ脱毛して6,000円という驚きの価格です。もちろん2回で脱毛が完了することはほとんどありませんが、まずは試してみたいという人にとって数千円ならハードルも低く、それくらいなら払えるかもという気持ちになりそうです。 エステティックTBS(脱毛)公式ホームページ
  • この価格だったら試せそう!
    私が試したVIO・5脱毛プランはお試しプランなので、いつまでこのキャンペーンが続くのかは分かりません。 せっかく6,000円で気軽に試せるプランなので、少しでもVIO脱毛に興味のある人は試しておいたほうが良いと思います。正直、私は最初から45,800円だったらずっとビビって施術できなかったと思うんで、このプランがあって良かったです。

    アンダーヘア処理の悩みを解決

  • 安くしっかり効果を実感!
    接客、雰囲気も申し分無く安心してVIOの申し込みをしました。VIOはまだ一度目ですが効果ありました。

    女子リキ

エステでも有名な TBCなので、お肌に関することを安心して任せられそうというイメージと同時に「エステ=勧誘がしつこそう」というイメージもあるかもしれません。でも、口コミを見ていると、心配するほど勧誘もなく、効果を実感できたという意見が多く見られました。リーズナブルなお試し価格だと、効果だけでなくサロンの雰囲気やスタッフの対応もチェックできるのが良いポイントです。

   

プリート

実は、Vライン、Iライン、Oラインの脱毛可能範囲にはサロンによって若干違いが出てきます。Vラインの脱毛という場合に、下着からはみ出る部分の毛を指すサロンもありますし、下着の内側の毛を指すサロンもあります。またVラインの中でも上部と下部というようにパーツを分けてカウントするサロンもあるのです。ですから、一概に料金だけで比べるのは難しいとも言えます。 プリートはVIO脱毛専門のサロンなので、その脱毛可能範囲がとても広く、毛が濃い人や広範囲にわたって脱毛したい人にとって嬉しいサロンです。 プリート公式ホームページ
  • Vラインのデザインが相談しやすい
    一番魅力的だったのはVラインのデザインを選べた点です。デザインサンプルがないところだと、うまく伝えられなくて逆に変な風になっても嫌ですし。友人が通っていたところは、特にデザインの要望を聞いてくれず、毎回スタッフが違うので、何だか変になってしまったと落ち込んでいました・・・だから、選べるのは重要だったんだなって思いました。

    脱毛サロンチェキ

  • Vラインの脱毛範囲が広い
    Vラインに悩むのは嫌だったらから私もVIOだけは専門店にしました!VIOならプリートおすすめできます。 自分的に嬉しかったことは、Vラインの広さが広かったことです!! 他のサロンに通っている友人は決まった範囲しか脱毛してもらえず、追加料金を支払うはめに。。

    脱毛サロンチェキ

VIO脱毛ということで、悩みがちなVラインのデザインもしっかりと相談して決めることができるようです。そう言った一つ一つの不安を解消してくれることが、脱毛の仕上がり以外にも通いやすいサロンの大事なポイントですよね。

永久脱毛におすすめのクリニック

サロン脱毛より出力が高く、少ない回数で効果が実感できると言われている医療脱毛(永久脱毛)ですが、お値段もサロン脱毛より高くなるため、クリニック選びには失敗したくないものです。永久脱毛にオススメのクリニックをご紹介します。    

アリシアクリニック

 高い出力のおかげで脱毛完了までの期間が短くて済み、少ない回数でも効果を実感しやすいというのは医療脱毛の最大のメリットとも言えます。しかし同時に、高い出力だからこそ痛みが気になるという人も多いようです。アリシアクリニックで使用している脱毛器は、高出力は保ったまま痛みを最小限に抑えたものなので、痛みに弱い人でもこれなら耐えられるかもしれません。

アリシアクリニック公式ホームページ
  • 医療機関ならではの安心の対応
    予約して実際に行ってみるまでは不安と恥ずかしさがありましたが、受付の方がとても丁寧で安心できました。問診をしてくださった方もとても丁寧で真面目な対応で好感が持てました。施術してくださった方もテキパキもと処置してくださり、初めてのVIO脱毛でしたが、緊張はしたものの嫌な思いは何1つせず、無事に終えることができました。

  • 値段は高いが効果に満足
    はじめから全身で契約をしました。VIOを含む体全体と鼻下とアゴで、回数は5回です。総額50万ほどしましたが、医療脱毛ということもあり、これくらいするのかなという気持ちです。毎月2万5000円支払いをしていました。一回目からかなり効果を実感できます。値段は高いけれど、効果も実感できますし、何か肌トラブルがあった時などにはちゃんとお医者さんが見てくださるので安心です。

値段はサロン脱毛より高くなりますが、分割払いなども可能なため無理なく料金を支払うこともできそうです。医療機関ならではの安心の対応と、脱毛効果の高さを考えれば、多少の料金の高さは仕方ないことかもしれませんね。    

フェミークリニック

フェミークリニックでは、なんと5種類もの脱毛器を揃えてます。そのため、肌の状態などの個人差に合わせたオーダーメイドの脱毛が可能です。敏感肌で心配という人も安心して脱毛が受けられます。 ⇒フェミークリニック公式ホームページ
  • 安心のカウンセリング
    フェミークリニックのカウンセラーさんはかなり知識が豊富で、最初の相談の時も専門的なことまでしっかり説明してくださいました。また、医療脱毛なので施術者はみなさん看護師の資格を持っているそうで、安心して身を任せることができます。

  • 日にちが経っても効果が実感出来る
    友達の紹介で、初回トライアルは無料で施行できました。トライアル施行結果で契約の有無を決めようと思い、一ヶ月ほど様子を見ることに。 日にちが経っても綺麗に脱毛出来ていました。また施行中の痛みも我慢出来る程度だったので、再度来店し、全身脱毛をお願いしました。

 肌が弱い人や、脱毛に不安のある人は豊富な知識を持ったカウンセラーにしっかりと事前カウンセリングを行ってもらうことで安心できますし、自分に最適な脱毛とケアを提案してもらえそうですね。サロン脱毛が合わなかったという人も、それを事前に伝えた上でしっかりと納得のいく脱毛をしてもらうのがいいでしょう。

リゼクリニック

こちらのクリニックはスタッフが全員女性なので、医療機関であることの安心感と同時に男性目線を気にしなくていいという安心感があります。特にVIO脱毛は女性に担当してもらいたいものですが、脱毛に向かうまでの対応が全て女性だとさらに安心できそうです。 ⇒リゼクリニック公式ホームページ
  • 痛みに弱い人も安心
    私は痛みに弱いタイプなのですが、希望すれば(プラス3千円ほどで)塗り薬の麻酔薬を扱っている点が非常に良いと思いました! 腕や足、背中の照射時の痛みは麻酔なしでも十分我慢できるのですが、 VラインとIラインの痛みは正直想像以上でした。 しかし、塗り薬の麻酔を塗って1時間ほど置いて照射すると、痛みが半分くらいに感じられます! また看護師がとても気遣って照射のペースを調節してくださったり、気を紛らわせようと話しかけてくださったりというおもてなしの精神が感じられます。

  • 安心の対応で不安も和らぐ
    以前通っていたサロンの光脱毛では自己処理の剃り残しを指摘されると追加料金を取られたり、スタッフの方にあからさまに迷惑そうな対応をされたものですが、リゼクリニックの看護師さんは嫌な顔一つせずに自己処理では処理できなかったムダ毛を剃毛処理してくださいます! また痛みを伴うVラインやIラインの照射では、レーザーを照射した直後さすってくださるので、その優しさで痛みが大分やわらぎます!

 恥ずかしさや怖さを伴うVIO脱毛だけに、対応の心地よさも非常に大きなポイントと感じる人も少なくないようです。自己処理の剃り残しなども、快く対応してくれるとさらなる安心感に繋がりますし、医療機関だと思うと恥ずかしさが軽減する人も多のかもしれませんね。

不安なことがあればまずはカウンセリングから

さて、ここまでVIO脱毛において気になりがちな、VラインのデザインやみんなのIO脱毛、脱毛方法の種類などをご紹介してきました。少しでも、疑問や不安などは解消されましたか? 毛の太さや量、肌質など誰一人として同じ人はいません。ですから、VIO脱毛に関する悩みや不安も人からすれば「そんなの心配しすぎだよ」と言われるようなことでも、自分が納得するまで相談してみることをおすすめします。脱毛を行うサロンやクリニックでは、無料カウンセリングやお試し脱毛を用意しているところが沢山あります。まずは、気軽に電話をしてカウンセリングを受けてみましょう。   もし、そこで親身に聞いてくれなかったり、面倒くさそうな態度をとられることがあれば、「脱毛を始める前にわかってよかった」と割り切って、次のサロンやクリニックを当たってみるのがいいと思います。予算や脱毛希望範囲はもちろん、雰囲気や対応など、自分にあったところが見つかれば、きっとそれまで抱いていたVIO脱毛への不安も解消されすはずです。 肌にダメージを与える自己処理を続けてデリケートゾーンに大きな負担をかけてしまう前に、しっかりと不安を解消しお肌にも毛根にも優しい脱毛で自信の持てるVIOラインを目指しましょう。  
鈴木 あかり
まずはカウンセリングでVIO脱毛に向けての一歩を^^
img footer post layout

TOP