【医療脱毛】ほくろへの影響は?気になる噂の真相を探る

【医療脱毛】ほくろへの影響は?気になる噂の真相を探る

シェアする

目次

  • 医療脱毛がほくろに与える影響があるって知ってた!?
  • ほくろは火傷する場合があるので注意!
  • 医療脱毛でほくろは消える?増える?
  • 医療脱毛でほくろが癌化する?
  • 基本的には処置してくれるので安心

医療脱毛がほくろに与える影響があるって知ってた!?

医療脱毛を行うときは、日焼けや色の濃い部分にはレーザーをあてることができないということはご存知の方も多いのではないでしょうか。しかし、日焼けをしないようには気を付けていても、生まれつきお肌に存在する小さなできものや、ほくろがある場合はどのように対処していくのか疑問に感じてしまいますよね。ほくろはチャームポイントにもなり、人によっては悩みの種であることもあります。医療脱毛は毛のある部分だけでなく色の濃いものに反応しやすい性質をもつため、ほくろにも反応を示します。ほくろの大きさや色の濃さなどによって、火傷や肌トラブルを起こすこともあれば、逆にほくろが薄くなり目立たなくなることもあるのです。そのため、ほくろへの対応に1つの正解というものはなく、ひとりひとりに合わせた対処法が必要となるのです。この記事では、医療脱毛の基本的な仕組みやほくろに与える影響について説明していきます。

鈴木あかり
医療脱毛クリニックでのほくろへの対応は、すべての人に対して同じではなく、ひとりひとりにあわせたオーダーメイドなものです。ですのでこれまでほくろが多いことがコンプレックスで脱毛をあきらめていたという方も、​ほくろの状況によっては脱毛の施術が可能な場合もあります!
医療脱毛のレーザーがほくろにあたることで起きうる症状についても、あわせて解説していきます! 

ほくろは火傷する場合があるので注意!

医療脱毛のメカニズム

医療脱毛に使用するレーザーは、「毛」にのみ反応するものと思いがちですが、実はメラニン色素が濃い部分、つまり白いお肌の色に対してはっきりと色の付いているものに反応するという特徴をもちます。医療脱毛は、色素の強い健康な毛をつくる毛母細胞に熱を加えることによって、健康な毛の発育を抑制しムダ毛が生えてこないようにする仕組みになっています。
メラニン色素の濃いものに対して刺激を与えるため、毛であれば毛根にダメージを与えていくのですが、ほくろは肌に存在する色素沈着が強い部分なので、影響を受けやすいといえます。また、医療脱毛のレーザーがほくろにダメージを与えると言われることには理由があります。ほくろに照射すると、内部にアプローチする細胞が存在しないため、肌表面にあるほくろの色が濃い部分に光や熱感が集中し火傷となってしまうことがあるのです。
医療脱毛は毛に対しても濃いものに対して反応が強く、産毛や毛根が小さい毛には反応しにくいとされます。そのため、ほくろもレーザーを当てた全てのものが火傷してしまうといったことはありません色が濃かったり、サイズが大きかったりと目立ちやすいほくろには少なからず火傷のリスクがあるということです。もちろん、クリニックでレーザーを照射する際は、ほくろが火傷を起こさないように細心の注意を払って対応してくれますのでご安心ください。

ほくろがあった場合の対応

脱毛を希望する部位にほくろがあったときは、クリニックでは下記のような対処法をとることが一般的とされます。ほくろが多い方や、目立つほくろがあるという方はぜひ参考にしてくださいね。

小さければそのまま照射

ほくろも目立たないものに関しては火傷の心配はなく、ほくろ周辺の皮膚に与える影響はほとんどないとされています。色が薄かったり、サイズの小さいものに関してはそのまま照射していきます。もちろん、心配な方は事前にクリニックの施術者に相談するとほくろを避けて照射してもらうことも可能ですので、気軽に相談してみましょう。

保護シールを貼る

ほくろの色がはっきりと濃いものであったり、サイズの大きいものに関しては火傷などの危険性を避けるために、ほくろが隠れるサイズの保護シールを貼って照射を続けていきます。保護シールが貼ってある部分にはレーザーが通過しないため、ほくろ以外の部分にはしっかりと効果を与えながら火傷のリスクを防いでいくことができます。

ほくろを除去する

ほくろが広範囲に存在したり、ほくろ周辺の毛もしっかり脱毛したいという方は、ほくろ自体を除去してしまうという方法を選択することもできます。ほくろの除去は、脱毛レーザーとは違う種類の炭酸ガスレーザーというものを使用します。ほくろの除去に特化したレーザーであるため、メラニン色素の強い部分にしっかりと反応して、ほくろがなくなるとともに周辺のムダ毛に対しても効果を示すことがあります。つまり、炭酸ガスレーザーを当てることで、ほくろとともにムダ毛をなくすことができる可能性もあるということです。

医療脱毛でほくろは消える?増える?

医療脱毛のレーザーをほくろに当てていくことで、ほくろが薄くなったり目立たなくなるということを聞いたことのある方もいるのではないでしょうか。反対に、ほくろが濃くなってしまうという情報もあります。様々な情報が飛び交っていますが、実際にレーザーがほくろに与える影響とはどのようなものなのでしょうか。

「ほくろが消える」はホント!

医療脱毛によってほくろが薄くなったり、最終的に消えていくというのは本当のようです。照射強度の違いはあるものの、レーザー脱毛に使用されているYAGレーザーやアレキサンドライトレーザーなどはシミの改善医療などにも使用されているレーザーだからです。ほくろ除去に特化した施術ではないため、ほくろをなくすために脱毛を行うことは適切ではありません。しかし、脱毛に使用するレーザーの性質上は、ほくろを薄くしていく副次的な効果が期待できるということになります。ほくろも残したいものや、出来れば薄くしたいものとほくろができている場所によって違いがあるかと思います。医療脱毛の施術を行う前に、クリニックで事前にほくろの照射についてしっかりと話し合っておくと安心です。ほくろ部分の対応については、どのクリニックでもリスクが少ないものであれば臨機応変に対応してくれます。

実際に医療脱毛を行う際にほくろにレーザーを当てると、すぐに消えるわけではないようですが徐々に薄くなっていくようです。小さなほくろであれば、ムダ毛をケアするとともにほくろを目立たなくさせることもできるかもしれませんね。しかし、ほくろを残しておきたいという方はレーザーによってほくろが目立たなくなっていくことを防ぐためにも、保護シールを貼るなどの対策が必要になります。

「ほくろが増える」は勘違い

医療脱毛のレーザーをほくろに照射すると、ほくろが増えていくというような情報を時折耳にしますが、脱毛に使用するレーザーにほくろを増やしていく要因は存在しません。ほくろが生成されるためには紫外線による光線を浴びて、メラニン色素にアプローチしていく必要があります。医療脱毛に使われるレーザーは赤外線に近い周波数のものです。そのため、医療脱毛を行うことでほくろが増えるという心配はいりませんのでご安心ください。

ほくろが増えたと感じる原因

​それでは、なぜほくろが増えたと感じてしまうことがあるのでしょうか?

たまたま隠れていたシミが表面化した

医療脱毛を繰り返すことによって、もともとムダ毛や毛穴の黒ずみなどによって隠れていたシミなどが、脱毛効果を実感していくとともに表面に目立ちやすくなってしまうことがあります。小さな産毛やムダ毛でも、密集していると皮膚のシミや着色を目立たせないため、脱毛をして初めてシミの存在に気づいたという方も少なくありません。これは脱毛の効果がしっかり出ているからこそ目立ってしまうものであり、ほくろ自体が増加しているわけではありません

レーザーにより毛穴が火傷した

脱毛の際にレーザーは強い照射能力をもつため、まれに毛穴が一時的に炎症を起こしたり火傷を起こすことがあります。実際にほくろが増えていなくても、火傷によって皮膚への着色が生じることで、ほくろが増えたように感じることがあるようです。また、毛穴は毛が生えている数と同数存在するため、火傷とまでいかない軽度の赤みや黒ずみであっても多数のほくろができているように見えてしまいます。レーザーの照射によって毛穴が一時的に黒く見えることはあってもほくろが増えることはないと覚えておくと安心ですよ。

保湿不足によるシミ

医療脱毛の施術をした後は、肌が乾燥しやすくいつも以上に保湿が必要となります。しっかり保湿を行っていないと、肌の乾燥がひどくなってしまい茶色いシミのようなものができてしまうことがあります。一時的に着色が強く出てしまうこともあり、ほくろがより目立ってしまったり、ほくろが増えたように見えることがあります。

ターンオーバーの途中

医療脱毛のレーザーを肌に照射することで、肌を正常に保つために必要なターンオーバーを促進したり、遅れているターンオーバーを早めるような働きがあります。そのため、照射後にシミなどがお肌の表面に浮き出て見えることがありますが、これは一時的なものであり肌が綺麗に生まれ変わっていくために必要な過程です。不要なシミの元や黒ずみの原因をできるだけ早く排出して白く綺麗な肌を取り戻していく目的があり、最終的には黒ずみやシミは目立たなくなります。新しい細胞に生まれ変わると綺麗な肌を取り戻していけるので安心してくださいね。

医療脱毛でほくろが癌化する?

医療脱毛を行うことによって皮膚がんを起こしたり、ほくろが癌化してしまう可能性があるという情報もあるようです。しかし実際のところ100%の確率でガンのリスクがないとは言えませんが、レーザー脱毛を行うことでガンになる可能性は極めてゼロに近くリスクは少ないものとされます。

なぜ絶対にガンにはならないとは言えないかというと、レーザー脱毛自体が医療の世界では歴史が浅いともいわれ、長期間における安全性を示すデータがないからです。しかし、理論上では皮膚がんをおこす可能性のある光線は紫外線の波長であり、レーザー脱毛は紫外線ではなく赤外線に近い波長であることや、レーザー脱毛機の波長は皮膚のアミノ酸やDNAに影響は与えないとされているため安全性は極めて高いとされています。皮膚がんは紫外線が皮膚のDNAに刺激を与えていくことで発症する可能性があるものであり、医療脱毛のレーザーが影響を与える皮膚領域ではガンを発症させる原因にアプローチすることはないと言われているのです。

ただし、ほくろだと思っていたものが重度の皮膚疾患であったという場合などはこの限りではありません。ほくろ自体が皮膚の疾患と見間違えやすいものであるため、すべてを自己判断で決めつけてしまうのは危険です。もし医療脱毛をはじめたことによってほくろの状態が著しく変化していたり、痛みや刺激をともなうという方は放っておくのではなくできるだけ早くクリニックに相談してみましょう。

基本的には処置してくれるので安心

ムダ毛のないつるつるなお肌を手に入れるため、面倒な自己処理を終わらせるためなど医療脱毛を始める理由は人それぞれ違います。多くの方が医療脱毛をはじめることで、ただ単にムダ毛をなくしていくだけでなく、自分のお肌の状態に対しての意識が高まっていることを実感しています。それは、医療脱毛に通っているとお肌を正常な状態に保っていくための知識が増えたり、お肌へのダメージやトラブルのリスクへの対処法をきちんと理解していくからです。ほくろも自分のお肌の個性のひとつ。脱毛のレーザーを当てることでほくろが薄くなっていくこともあり、ほくろの状態によっては火傷のリスクをともなうこともあります。医療脱毛はほくろの治療に特化したものではありませんが、少なからず影響を与えていくということをふまえた上で、自分自身にとって最適な選択をしていきましょう。脱毛時のほくろへの対処法については、基本的にクリニックにて個人に合わせた対処法を提案してくれたり、肌トラブルを起こした場合にも薬の処方などの治療を行ってくれます。医療脱毛による肌トラブルやほくろへの影響について、不安なことやわからないことがある場合は、一人で悩まずにクリニックで相談してみましょう。

img footer post layout

TOP