【医療脱毛】サロンの脱毛との違いって何?わかりやすく解説

【医療脱毛】サロンの脱毛との違いって何?わかりやすく解説

シェアする

目次

  • ​医療脱毛に違いってあるの?​
  • 医療脱毛とサロンの脱毛って何が違う?
  • 同じ医療脱毛にも違いがある
  • 医療脱毛はこんな人におすすめ!
  • 違いをきっちり押さえて、自分に合った方法で脱毛しよう

医療脱毛に違いってあるの?

あかりちゃん
ハルくんは、クリニックで脱毛したのよね?
ハルくん
そうですよ。医師に脱毛してもらう医療脱毛というやつですね。
あかりちゃん
医療脱毛はエステサロンで行う脱毛との違いもあるし、医療脱毛の中でもいろいろと種類があるのよね。
ハルくん
そうですね。僕はクリニックで全身脱毛しましたが、これから脱毛したいという人には医療脱毛と美容脱毛の違い、医療脱毛の種類をきちんと知ってもらって、自分に合った脱毛を選んでほしいですね。 

それでは、医療脱毛美容脱毛の違い、医療脱毛の種類について詳しく見ていきましょう。

医療脱毛とサロンの脱毛って何が違う?

脱毛の方法

エステサロンでの美容脱毛とクリニックでの医療脱毛。脱毛の施術をする場所が違うだけではありません。まず、脱毛の方法が違うのです。エステサロンでの美容脱毛は、おもにIPL脱毛などの光脱毛です。一方、クリニックでの医療脱毛は、医療用レーザー脱毛機によるレーザー脱毛です。医療用レーザー脱毛機を使った脱毛は、医療行為にあたるので医師免許や看護師など、資格を持っている人でないと施術することができません。エステサロンで扱っている光脱毛は、医師や看護師などの免許がなくても使うことができます。エステサロンには医師がいないことがほとんどですので、レーザー脱毛ではなく光脱毛を行っているというわけですね。


エステサロンでも施術前にはカウンセリングがあるところが多いですが、脱毛を行うクリニックでは医師の診察があります。医学的に脱毛を受けられるかどうかしっかり見てくれるので、安心できますね。また、医師が常にクリニックにいるので、もし脱毛によって肌にトラブルが起こってしまっても、医師が薬を処方してくれるので、比較的早くトラブルに対応することができます

脱毛効果

「脱毛の方法」でもお話しましたが、エステサロンでの美容脱毛は光脱毛、クリニックでの医療脱毛はおもにレーザー脱毛という違いがあります。光脱毛でも毛を除去することはできるのですが、毛が再生するもとになる毛乳頭という部分を完全に破壊することはできません。つまり、光脱毛では「完全に」「永久に」脱毛することが難しいのです。一方、レーザー脱毛ではほぼ完全に毛を生えなくするという永久脱毛が可能になります。


光脱毛で使われる光は、自然光に近い光です。光は色によって固有の波長を持っています。たとえば、赤色に見える光だと670~700nm、紫色に見える光だと380~400nmくらいの波長です。自然光はこのようなさまざまな波長の光を持っているため、光が散乱し、エネルギーが弱まってしまいます。一方、レーザー光はほぼ一定の波長を保っているため、光が散乱しにくく、一直線に進みやすいという性質を持っています。このような光はエネルギーを失いにくいので、より強力な脱毛効果を得られるというわけです。

痛みの程度

クリニックでの医療脱毛で使われるレーザー脱毛のほうが、エステサロンでの美容脱毛で使われる光脱毛よりも痛いといわれることがほとんどです。光脱毛の場合は、痛くても静電気が起こったときくらいの痛みであることが多く、我慢できない痛みではないことがほとんどです。しかし、「脱毛効果」のところで説明した通り、光脱毛の光よりもレーザー脱毛の光のほうが高いエネルギーを持っており、狭い範囲に照射することができるため、バチバチとした痛みを感じることもあります。


痛みの感じ方には個人差があるので、あまりにも痛い場合は光脱毛でもレーザー脱毛でも施術の際にスタッフまで申し出ましょう。脱毛の機械には光やレーザーの出力を調節する機能もついているので、必要に応じて出力を下げてくれることもあります。また、医療脱毛の場合は、麻酔を用意しているクリニックもあります。麻酔の方法はおもに2つあり、1つ目は麻酔クリームを塗る皮膚麻酔、2つ目は亜酸化窒素と酸素の混合ガスである笑気ガスを吸入する笑気麻酔です。

あかりちゃん
私も痛みには弱いのよね……。麻酔を使えるクリニックでの医療脱毛は、痛みに弱いけどしっかり脱毛したいという人の味方かもね。 

料金

医療脱毛は、「医療」ということばが名前に含まれていますが、保険が適用されるわけではありません。あくまでも、医師などの有資格者しか扱うことができない機械を使った脱毛であるということで、治療を目的とした施術ではないからです。また、クリニックで行う医療脱毛は、エステサロンで行う美容脱毛に比べると、効果が高い分、少し値段が高くなる傾向があります。


たとえば、エステサロンであるキレイモでは、全身脱毛10回分で186,200円の脱毛パックプランがあります。一方、クリニックであるアリシアクリニックでは、全身脱毛8回分で455,880円。同じような脱毛プランでも、脱毛にかかる料金はクリニックのほうが高いことがわかりますね。しかし、エステサロンで行う光脱毛では、いわゆる永久脱毛は難しく、脱毛コースが1度終了しても、再び通わなくてはならないことも。一方、クリニックで行うレーザー脱毛では永久脱毛ができるので、脱毛コース完了後に通院しなくてもよいこともあります。

ハルくん
高くても確実に脱毛することができるという点が、医療脱毛を受けるメリットの1つというわけですね。

回数・期間

毛がほとんどない状態まで施術を受けようとすると、エステサロンだと12~18回ほど、期間にして2~3年ほどかかるようです。しかし、出力の強いレーザー脱毛ができるクリニックだと、5~6回ほど、1~1.5年くらいで脱毛が完了することが多いようです。医療脱毛だと、脱毛完了までの回数も少なくできますし、期間も短くできそうですね。

保証

肌トラブルに対する保証

脱毛による肌トラブルが起こった場合、エステサロンでは医師が常駐していないので、店内で対処するには限度があります。その際には提携している医療機関で治療してもらえることもありますが、治療にタイムラグができてしまうおそれがあります。クリニックでは医師による診察もできますし、どのような施術によって肌トラブルが起きたのかを把握しやすいのでより的確な治療を受けることができます

金銭的な保証

エステサロンの場合、契約によっては契約後8日以内に解約を申し出ると、無条件に契約を破棄できるクーリングオフの制度が適用できます。しかし、クリニックの場合、医療契約とみなされてクーリングオフの対象にならない場合もあるので注意してください。

同じ医療脱毛にも違いがある

脱毛に使用している機器や方法が違う

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、医療脱毛用の機械の中でも最先端の機械で、「ライトシェアデュエット」や「メディオスターNeXT」などがあります。ダイオードレーザーは、ほかのレーザー脱毛の機械と比べると、肌に優しく痛みも少ないにもかかわらず、脱毛効果も高くなっています。また、アリシアクリニックやリゼクリニックなどで使用されている「ライトシェアデュエット」のように、永久脱毛の効果ありとアメリカの厚生省食品医療局(FDA)からもお墨付きの機械もあります。安心して施術を受けることができそうですね。ダイオードレーザーでは、肌に直接レーザー光を当てます。肌に当てられたレーザー光は、皮膚の表面を通り抜け、毛や毛根、毛包幹細胞などを破壊します。毛根や毛胞幹細胞が破壊されると、毛が抜ける上に次の毛も生えてくることがありません。


ダイオードレーザーでの脱毛は、一般的に1~2カ月に1回施術を受け、1~2年で脱毛が完了することが多いそうです。脱毛効果が高いので、比較的早い段階から「毛が少なくなってきた」と実感する人もいるようです。また、完全脱毛ではなく、毛の量を減らすように機械の出力を抑えることもできるます。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、1997年ごろに日本に入ってきたレーザー脱毛用の機械で、アレキサンドライトという宝石を使っています。ほかのレーザー脱毛では、肌にジェルを塗ることが多いのですが、アレキサンドライトレーザーを使った脱毛では、冷却ガスを当てる方法を採用しています。レーザー光を照射するたびに冷却ガスで施術部位を冷やすので、痛みや皮膚へのダメージも少なくて済むというわけです。また、ジェルを使用しないことで、ジェルのふき取り時間などを省くことができるので、施術時間も短くなります。


また、アレキサンドライトレーザーもダイオードレーザーと同様にアメリカの厚生省食品医療局(FDA)から永久脱毛の効果があると認められています。また、アレキサンドライトレーザーの光は、毛根と毛乳頭に含まれる黒い色素「メラニン」に吸収されやすい波長をもっています。したがって、シミやそばかすなど、メラニンが原因となっている色素沈着の症状を改善したり、毛穴の黒ずみやくすみを分解したりする効果も期待できます。

YAGレーザー

YAGレーザーはダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーよりも黒いものに反応しにくいという特徴があります。ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーは、毛根の黒い部分が吸収できるような波長のレーザー光を使っていますが、YAGレーザーで使っているレーザー光の波長は、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーのものよりも長くなっています。波長が長いので、毛根が深いところにある毛にも対応することができます。また、黒いものに反応しにくいので、肌の色がもともと黒っぽいひとや日焼けをしている人、乳輪などのメラニンが多い部分にも使うことができます。しかし、YAGレーザーは深いところまでレーザー光が届くということもあり、皮膚麻酔では十分に痛みを軽減できないこともあるようです。

G-MAX

G-MAXは、アレキサンドライトレーザーYAGレーザーの2種類のレーザーを搭載した脱毛機です。あまり毛深くないところなどはアレキサンドライトレーザーで、ほかのレーザーでは脱毛が難しい深いところに毛根がある毛や太い毛が多い部分はYAGレーザーでという使い分けができます。また、レーザーの照射口も6~18mmまでの6種類あり、細かい部分から広い部分まで施術することができます。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、レーザー光による脱毛ではありません。毛穴の向きにそって電極を入れ、毛根に弱い電流を流して毛根を破壊するという脱毛方法です。現在ではレーザー光による脱毛が医療脱毛の主流ですが、1980年代はニードル脱毛が主流だったそうです。当時、このニードルによる脱毛は、皮膚にやけどを生じさせやすいという問題もありました。しかし、現在クリニックで用いられるニードル脱毛では、「絶縁針」というニードルを使用しているところがあります。絶縁針は、電気を非常に通しにくい絶縁体を針にコーティングしたもので、絶縁体が皮膚に電気が流れるのを防いでくれ、毛根がある部分にのみ電気を流すというしくみになっているので、皮膚のやけどのリスクを下げてくれます

脱毛方法以外の違い

医療脱毛を行うクリニックがすべて同じ機械を使って同じような脱毛をするというわけではありません。それぞれのクリニックに脱毛方法や料金、プラン、サービスなどといった特色があります。

①アリシアクリニック

アリシアクリニックでは、ライトシェアデュエットとメディオスターNeXTの2つのレーザー脱毛機から選ぶことができます。ジェル不要で照射時間が短く、肌の負担が少ない上、1回目の施術から脱毛効果が実感できることもあるそうです。すべての部位で脱毛し放題の施術を受けることもできます。お試しコースはありませんが、コース期限の無料延長が可能です。クリニックの中では痛みがほとんどないとされており、肌が弱い人でも大丈夫で仕上がりもキレイです。施術完了までには5回位、約1年通院する必要があります。


エステサロンよりは高めですが、キャンセル料、再診料、解約手数料、初診料、テスト照射、薬代は全て0円であり、脱毛に使う機械もかなり高価なものなので、それらを考慮するとクリニックの中ではかなりお得なほうといえそうです。また、医療ローン制度もあるので、それを活用するのもいいですね。クリニックなので脱毛によって肌にトラブルが起きた場合はきちんと対応してもらえます。硬毛化保証はないというところには注意しておきたいですね。


基本料金は次の表のとおりです。

​プラン​​価格​

全身脱毛5回(顔、VIO除く)

288,750円

全身脱毛5回(VIOなし)

288,750円

全身脱毛5回(VIOビューティ)

330,000円

VIO5回

85,900円

脚全体5回

92,900円

腕全体5回

72,200円

②フェミークリニック

それぞれの肌に合わせた4種類のマシン(ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザー、G-MAX)を導入しているクリニックです。人気も高いので、平日は予約が取れますが、土日や連休などは簡単に予約ができない状態です。2日前までにキャンセルしないとキャンセル料が4000~8000円ほどかかるので要注意。また、途中で解約することもできますが、返金制度がないということにも注意しておいてくださいね。

基本料金は次の表のとおりです。

​プラン​価格​

両脇脱毛5回

15,000円

エチケット脱毛

98,000円

足全体プラン

130,000円

ハイジーナ脱毛

140,000円

全身脱毛

350,000円

③リゼクリニック

ライトシェアデュエットやメディオスターNeXT、ジェントルYAGといった機械の中から1人1人の体質に合わせて選んでもらえます。個人差はありますが、エステサロンと比べると特に鼻下やVIOなどといった部位は痛みを感じることもあるそうです。ただし、麻酔も使えますので、我慢できないときはスタッフさんに伝えましょう。基本的に平日は予約が取れますが、休日や連休前後は取りにくいようです。予約をキャンセルしても、キャンセル料が発生しない点は嬉しいですね。また、途中で解約することもできて、返金手数料もいりません。さらに、トラブルやアフターフォローによる追加料金が一切不要です。


基本料金は次の表のとおりです。

​プラン​​価格​

全身脱毛5回(顔、VIO除く)

298,000円

全身脱毛5回(顔またはVIOあり)

359,000円

全身脱毛5回(顔VIOあり)

397,000円

VIOセット5回

98,800円

医療脱毛はこんな人におすすめ!

あかりちゃん
「結局、医療脱毛はどんな人におすすめなの?」と疑問に感じる人もいると思うわ。エステサロンよりも値段が高いし、痛みも大きいから、医療脱毛を決意するのは簡単なことじゃないわよね。そこで、どんな人が医療脱毛を受けるとメリットがあるのか、詳しく解説するわね!

ダイオードレーザーは、毛の太さや肌の色、毛の太さに関係なく脱毛することができます。また、出力を調節すると、背中や顔などの産毛にも対応することができます。皮膚にもダメージを与えにくく、顔などのデリケートな部分にも使用することができます。さらに、ダイオードレーザーはメラニンという色素に反応してメラニンを破壊するという効果があるので、シミやそばかす、くすみなど色素沈着がもとになっている肌トラブルも解消したいという人にもおすすめです。


アレキサンドライトレーザーは、ジェルを使わないので、ジェルのベタベタ感が嫌という人には向いていますね。また、ダイオードレーザーと同じく、シミやそばかす、くすみなど色素沈着がもとになっている肌トラブルも解消したいという人にはおすすめです。


YAGレーザーは、黒いものに反応しないので、肌の色がもともと黒っぽい人や、日焼けをした人でも施術を受けることができます。エステサロンで黒っぽい肌の色や日焼けを理由に施術を断られた人は、YAGレーザーのあるクリニックで脱毛に挑戦してみてはいかがでしょうか。また、毛根が深いところにある毛や太い毛の除去にも効果的なので、これらのムダ毛で悩む人にもおすすめの脱毛方法です。


G-MAXは、アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの2種類のレーザーがあるので、あまり毛深くないところなどはアレキサンドライトレーザーで、ほかのレーザーでは脱毛が難しい深いところに毛根がある毛や太い毛が多い部分はYAGレーザーでという使い分けができます。比較的痛みを感じやすいYAGレーザーの使用を最小限にすることもできるので、痛みに弱いけれど効果的に脱毛したいという人向けですね。


ニードル脱毛は、ほかの医療脱毛に比べると痛みが大きいといわれています。また、脱毛にかかるコストも高め。しかし、それに見合った高い効果も得られます。レーザー脱毛で脱毛しきれなかったという人はチャレンジしてみるのもよいかもしれません。

違いをきっちり押さえて、自分に合った方法で脱毛しよう

いかがでしたか?エステサロンで行う美容脱毛とクリニックで行う医療脱毛の違い、医療脱毛の種類など、詳しくおわかりいただけたと思います。美容脱毛にしても医療脱毛にしても、それぞれの特徴や施術回数・脱毛にかかる期間などを知ると、料金にも納得がいくと思います。美容脱毛や医療脱毛のさまざまな方法をきっちり押さえて、自分に合った方法で脱毛し、すべすべな肌を手に入れてくださいね!

img footer post layout

TOP