医療脱毛の通う間隔からわかる部位ごとの脱毛期間まとめ

医療脱毛の通う間隔からわかる部位ごとの脱毛期間まとめ

シェアする


医療脱毛ってどのくらいの期間や間隔で通えばいいの?

今回は、医療脱毛に行ってきれいにしたいと思っても、どれくらいの間隔で通ったらいいかわからない人のために、医療脱毛に通う間隔や期間の目安、脱毛を行う際の注意点について説明していきます。

最短で脱毛を完了させるための裏技もご紹介するので、しっかり理解して効果的な脱毛を行いましょう。 

⇒先に脱毛期間が短いクリニック4選をチェックする

医療脱毛が完了するまでの期間・回数の目安

医療脱毛は、脱毛サロンと比べて照射力が高く、早い段階で脱毛効果を感じやすいです。

とはいえ、ムダ毛をしっかりとなくすまでには、ある程度の期間や回数は必要。医療脱毛を1回行っただけでは、脱毛効果に満足することは、まずありえません。

1回ずつの単発を繰り返しながら医療脱毛を続ける人もいますが、だらだらと間隔を空けながら通っていれば、いつの間にか総額が膨れ上がってしまうこともあるので要注意!

「こんなはずじゃなかったのに」と、嘆くことがないように、医療脱毛が完了するまでの期間や回数の目安を把握しておきましょう。 

脱毛部位によって期間や回数は異なる 

医療脱毛をする部位によっても、完了までの期間や回数は異なってきます。

個人差があるので目安程度になりますが、部位別に脱毛完了までの期間や回数をまとめました。部位脱毛を考えている人は、参考にしてみてください。

【脇脱毛】

自己処理不要までの回数
5〜7回程度
ツルツルになるまでの回数
9〜12回程度
脱毛完了期間の目安1年程度


【VIO脱毛】

自己処理不要までの回数 Vライン 
5〜7回

IOライン
8〜10回程度

ツルツルになるまでの回数

Vライン
9〜12回程度 

 IOライン
12〜14回程度
脱毛完了期間の目安1年半〜2年程度


【顔脱毛】

自己処理不要までの回数8〜10回程度

ツルツルになるまでの回数

10〜14回程度
脱毛完了期間の目安1年〜1年半程度


【腕脱毛】

自己処理不要までの回数4〜6回程度

ツルツルになるまでの回数

9〜12回程度
脱毛完了期間の目安1年〜1年半程度


【足脱毛】

自己処理不要までの回数4〜6回程度

ツルツルになるまでの回数

9〜12回程度
脱毛完了期間の目安1年〜1年3ヶ月程度


平均すると、ほとんどの部位は5、6回程度で、自己処理をしなくても気にならないくらいになります。
期間も1年から1年半」ほどで完了することが多いようですが、あくまでもこれは目安です。

毛量や毛質、使用している脱毛機によっても回数や期間は異なってきます。どの程度で完了するのか、カウンセリング時に相談してみるといいでしょう。

脱毛サロンの期間や回数はどのくらい??

医療脱毛と比べると照射力が弱いため、脱毛効果は脱毛サロンの方が低いです。部位や受ける人によって効果は変わりますが、だいたい10回以上、3〜5年程度で、自己処理が必要ないくらいになるようです。

⇒脱毛期間が短いクリニック4選をチェックする

コースを申し込むなら回数だけじゃなく期間もチェック!

多くのクリニックでは、5〜6回のセットプランや、回数無制限のプランを用意しています。

ここで気をつけて欲しいのが、セットプランが適用される期間です。

次の章で詳しく説明しますが、医療脱毛もサロンでの脱毛も、施術をしてからある程度の期間を空ける必要があります。

せっかく契約をしても、間隔を空けることでスケジュールの都合がつかず、期限内に消化できないまま終わってしまっては損をしてしまいます。

契約をするときは、回数だけじゃなく有効期間もチェックして、無理のない脱毛計画を立てるようにしましょう

『なるべく早く安く永久脱毛したい人』はこの記事も要チェック!↓

医療脱毛するなら「安いけどちゃんと効果があるクリニックが良い」ですよね。今回は、医療脱毛が安いおすすめのクリニックを【全身脱毛】【部分脱毛】ごとにご紹介します♪4月から脱毛業界のピークなので、早めにチェックしておきましょう!

医療脱毛に通うペース・間隔の目安

医療レーザー脱毛を効果的に行うためには、通うペースや間隔の調整が重要になります。

医療機関での施術はどのくらい脱毛間隔を空ける?

さて、いざ脱毛をしようと決めて、クリニックやサロンに通う時、問題になってくるのが、どのくらい間隔を空けて脱毛したらいいか。

体の毛には「毛周期」と呼ばれる、生えてから抜け落ちるまで1つの周期があり、脱毛はこの周期に基づいて行うことが望ましいとされています。

では、医療レーザーによる施術を主流とするクリニックで脱毛をする場合、どのくらいの間隔をあけて通うペースを調整すればいいのでしょうか。

⇒脱毛期間が短いクリニック4選をチェックする

クリニックの平均脱毛間隔:2〜3ヶ月

毛周期の説明は記事の後半で詳しく説明しますが、毛周期には「成長前期」「成長期」「退行期」「休止期」と呼ばれる4つの段階があり、その中でも、「成長期」の毛にしか医療レーザーではダメージを与えることができません

つまり、頻度を高く照射をしても、退行期や休止期の毛しか生えていなければ、肌に負担をかけるだけで脱毛効果は現れないのです。

毛周期には個人差があり、さらに生えている部位によっても間隔はバラバラなため、毛周期を見極めるのは非常に難しいと言われています。

そのため、最初は生えそろうタイミングを合わせるために1〜2ヶ月のペースの間隔で脱毛をし、3回目は3ヶ月後、4回目以降は4ヶ月後など、少しずつ間隔を空けながら調整をしていくクリニックが多いようです。

ただ、これはあくまでも無駄にならないための間隔であり、ベストな間隔というわけではありません。

一度ダメージを受けた成長期の毛は生えてこなくなるので、何回か通ううちに生えてくるムダ毛は少なくなっていきます。

自己判断で通う間隔を決めずに、クリニックの医師と相談して自分の通うペースを決めてもらうと良いでしょう。

【参考】脱毛サロンの平均脱毛間隔:約1〜3ヶ月

引用元:マリアクリニック

医療レーザーでは、毛に栄養を送り届ける毛乳頭を熱で破壊することで、新しい毛が生えてこないようにします。

一方で、光脱毛による施術を主流とする脱毛サロンで脱毛をする場合、毛乳頭を破壊するほどの強い施術ができないことが法律で決められています。

そのため、脱毛サロンで主流の光脱毛は、医療レーザーと比べて照射力が弱く、毛乳頭を破壊できるほどのパワーがありません。

成長期の毛にダメージを与えるのは医療脱毛と同じですが、パワーが弱いので何度も照射する必要があるのです。

脱毛サロンでの施術は、1~3ヶ月ごとに定期的に照射をしていきます。

予約時間を脱毛サロン側が指定してくれるならその通りに、そうでないなら約3ヶ月の周期で予約しておくとよいでしょう。

予約が取りづらく3ヶ月以上かかってしまうケースもありますが、毛周期に合わせなければ効果は薄くなってしまいます。

きちんと毛周期に合わせた施術予約ができるかどうか、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

【参考】家庭用脱毛器はどれくらい間隔を空けて使う?

トリアやケノンなどの家庭用脱毛レーザーは、クリニックで使用している医療レーザーと比べると出力数が弱いため、毛乳頭の破壊をすることはできません。そのため、医療機関に比べると脱毛効果はかなり低くなってしまいます。

ただし、繰り返し使用することで脱毛効果を上げることはできます

 使用する家庭用脱毛器にもよりますが、光脱毛器の場合、一般的には、2週間から1ヶ月に1度の照射ペースが理想と言われています。

脱毛効果をあげたいからといって、無理な照射は肌への負担を上げるので絶対にNG。だいたい最初は10日間~2週間に1回くらいからはじめて、毛が薄くなってきたら3~4週間に1回くらい使うのがよいでしょう。

自分の毛周期に合わせて適切に使用すれば、家庭用脱毛器はコストと時間を抑えれる、理想的な脱毛方法になるはずです。 

クリニック・脱毛サロン・家庭用脱毛器ごとの回数・間隔の目安

 それぞれの施術回数、施術間隔、脱毛の強さを比較してみました。


【クリニック(医療レーザー)】

施術回数約8回
施術間隔約1ヶ月半~2ヶ月
強さ毛乳頭を破壊する


【脱毛サロン(光脱毛)】

施術回数約18回
施術間隔約1ヶ月~3ヶ月
強さ毛乳頭にダメージを与える


【家庭用脱毛器(レーザー・光脱毛)】

施術回数機器による
施術間隔2~4週間
強さ毛乳頭にダメージを与える

脱毛に通うべき間隔は個人差がある!

医療機関の脱毛や、家庭用脱毛器の使用には、だいたいどれくらいの間隔を空けるのか、目安はわかっていただけましたか?

ただし、脱毛する間隔は施術している回数によっても異なり、さらには個人差があります。目安はあくまで参考程度にして、自分の毛周期を見定めることが大切です。

毛周期が早ければ早いほど、短い期間で成長期の毛にダメージを与えることができますが。反対に、毛周期が長いと、成長期の毛乳頭にダメージを与えるのに時間がかかるため、簡単には脱毛が完了しません。

自分の毛のサイクルに合わせて効率的な脱毛をするためにも、ある程度の回数や期間に余裕を持って脱毛プランを組むと良いでしょう。

⇒脱毛期間が短いクリニック4選をチェックする

最短で脱毛が終わる!?最新脱毛機「メディオスターNEXT PRO」に注目

スピーディーで効果的な脱毛が出来ると、医療業界で今大注目の「メディオスターNEXT PRO」。

実はこの脱毛機、今までの医療レーザー脱毛の常識を覆す、画期的な脱毛を実現してくれると評判なんです。

メディオスターの特徴

  • 従来の医療脱毛と比べて痛みや肌ダメージが少ない
  • 日焼け肌も地黒肌も使用OK
  • 脱毛期間が短い
  • 産毛にも効果的

  

 従来型レーザー脱毛との違い

引用元:ブランクリニック

一般的な医療脱毛は、黒いメラニン色素にレーザーを当てて、熱ダメージで毛乳頭や毛母細胞といったムダ毛の元を破壊して脱毛を行います。

一方、メディオスターは「蓄熱式(SHR方式)」を採用し、肌の表面にあるバルジ領域に作用させて、毛を再生させる元となる毛包幹細胞を破壊します。

これによって、毛根を破壊しなくて、も永久脱毛が出来るようになったのです。

特徴1:従来の医療脱毛と比べて痛みや肌ダメージが少ない

従来の医療レーザーは、肌の奥深い位置にある毛根を熱破壊するため、強いレーザーを照射させる必要があります。

ところが、メディオスターNEXT PROが照射するバルジ領域は、肌の浅い部分にあるため、低出力の照射でもしっかりと届きます

口コミをみると、ヒゲやVIOなどの痛みが感じやすい部位でも「少しピリピリする程度」「暖かく感じるくらい」といった声が多く、痛みを感じにくいのも特徴です。

さらに、衝撃が少なく火傷をするリスクも少ないため、黒ずみやシミを作ってしまうような肌トラブルもほとんどありません

特徴2:日焼け肌も地黒肌も使用OK

メディオスターNEXT PROは、メラニン色素の黒に反応する従来の脱毛機とは違い、バルジ領域に熱を直接当てる脱毛方式なので、肌の色を選ぶことなく脱毛することが可能です。

つまり、従来の脱毛機では断られてしまっていた、日焼けした肌の人も、地黒の人も、メディオスターNEXT PROを使えば脱毛をすることができるようになったんです。

女性と比べると、UV対策をしていない男性は多いです。ヒゲ脱毛を望んでいても、日焼けがおさまるまで3ヶ月ほど間隔をおかなければ、脱毛をしてもらえないこともあります。

そういった手間が省けるのは、紫外線に対して無頓着な人にとっても、かなり高ポイントなのではないでしょうか。

特徴3:脱毛期間が短い

メディオスターNEXT PROの最大の特徴は、脱毛期間が短いことです。

従来の医療レーザーやフラッシュ脱毛は、成長期の毛にしか効果を発揮しないため、毛周期に合わせて一定の間隔を空けなければいけませんでした。

毛周期は人や脱毛部位によってもバラバラなので、間隔を空けて何度も通う必要があります。人によっては、脱毛が完了するまでに、平均よりも大幅に長い期間と回数をかけなければいけないこともあるでしょう。

ところが、メディオスターNEXT PROは、成長期・退行期・休止期すべての期間の毛穴にアプローチできるので、毛周期を気にする必要がありません。

しかも、肌の上を滑らせて熱を伝えるだけで脱毛施術が完了するので、1回ごとの脱毛施術の時間も大幅カット。時間と期間を短縮して、効率よく脱毛をすることが可能になったのです。

特徴4:産毛にも効果的

メラニン色素が薄い産毛の脱毛は、vioやヒゲなどの太い毛と比べると反応がしにくく、完了までに必要な回数も倍ほど違うと言われています。

その点、メディオスターNEXT PROはメラニン色素に関係なく脱毛効果を発揮するので、産毛にもしっかりとアプローチをすることができます。

最短の医療脱毛が受けられるクリニック4選

とにかく早く脱毛を完了させたい!」という人のために、最短の医療脱毛が受けられるクリニックを4つ厳選しました。

どのクリニックも、話題の脱毛機「メディオスターNEXT PRO」を導入しているので、ぜひチェックしてみてください。

アリシアクリニック


アリシアクリニックのおすすめポイント

関東エリアでのクリニック数がトップクラス、どこの店舗でも照射OKなので、自分の予定に合わせて脱毛ができるアリシアクリニック。

池袋店は22時半、その他の店舗も20時まで受付をしているので、仕事が忙しい人でも通いやすいのが特徴です。

使用している脱毛機はライトシェアデュエットとメディオスターNEXT PROの2機種あり、全身脱毛でも14ヶ月ほどと、短い期間で完了。脱毛し放題プランもあるので、ムダ毛を一本残らずツルツルにしたい人にオススメです。

※メディオスターNEXT PROは、全店舗に導入されてはいませんが、今後導入店舗は増えていくようです。


脱毛料金一覧

脱毛プラン8回脱毛し放題
vio付き全身脱毛
スピード完了プラン
455,880円

574,400円

vio脱毛セット
ビューティ

92,880円118,800円

VIO脱毛セット
スムース

123,760円165,000円

※ビューティ…専用プレートに沿った脱毛/スムース…粘膜ギリギリまで脱毛可能


 利用者の口コミ

アリシアクリニックの場合、8回くらい通うと毛は全然生えてこないのだそうです。通う頻度は、3ヶ月おきが良いそうで、ここを知ったばかりの私はまだ3回しか通っていません。最初と2回目は施術の後、すぐに毛は生えてきてしまいました…。2日後には腕の毛が生えてきていました。3回目を終えた時に、なかなか毛が生えてこなくなりました。
まず施設がとても綺麗で、最初のカウンセリングの際はとても丁寧に、分かりやすく説明していただけました。
金額についても納得した上での支払いで、とゆっくり考えさせてくださり、少しだけ安心できました。
施術も看護師さんが丁寧に確認しながらしてくださるので安心です。

 最初のうちは一旦抜けてもまたすぐ生えてきてしまうようですが、3回ほどで自己処理がいらないくらい綺麗な状態になった、という声が多かったです。施設が綺麗なことや、スタッフの質が良いことを評価する人も多いので、気持ちよく通えるクリニックだと思います。

リゼクリニック


リゼクリニックのおすすめポイント

リゼクリニックは、3種類の脱毛機を使い分けて、最大の効果を最小のリスクで提供してくれるクリニックです。

しかも、メディオスターシリーズの中でも、照射口が大きいメディオスターNeXT PRO XLを導入。一度の施術で広範囲を照射できるので、よりスピーディーな脱毛が可能になりました。

コースの有効期限が5年と長いので、妊娠や出産が重なったとしても安心。

カウンセリング料・キャンセル料・シェービング代・お薬代など、脱毛料金以外の追加費用がかからない、シンプルな料金設定も魅力です。

  

脱毛料金一覧

5回コース終了後1回
全身脱毛 298,000円59,800円
手足セット119,80023,968円
顔全体セット99,800円15,968円
ハイジニーナvio99,800円14,240円

※価格は税込みです 

 利用者の口コミ

施術時間は5分程度でした。鼻下という小さな部位だったので時間がかからなかったのだと思います。完全予約制なので、すぐに部屋に通してもらえました。目隠しとジェルを塗って施術をされます。チクっと痛みを感じますが、耐えられない痛みではありません。最初は弱い光で行い、次第に強くなっているようでした。強い光になると、次に施術する期間を長く空けてから受けるようにして下さいと言われました。終わると、ジェルを綺麗にふき取ってくれて終了します。
元々体毛が濃かったこともあって変化が大変分かりやすく、1回の施術から2〜3週間後には毛がポロポロと抜け落ちていき、毛穴も全く目立たくなりました。抜け落ちなかった毛も細くなって、前の剛毛はどこへ…?と言いたくなるくらい感動しました。特に分かりやすかったのはvioで、施術から3週間後くらいから下着に抜けた毛が多数ついていてびっくりした記憶があります。どの部位も回数を重ねるほど変化を強く感じましたが、毛の濃かった部位ほど少ない回数で変化を実感できるように思います。

痛みを感じやすい鼻下も、チクっとする程度の痛みなのは嬉しいですね。vio脱毛は薄くなっていく過程がわかりやすいので、特に満足度が高い部位。身だしなみや衛生面からも人気のようです。痛みに弱い人のために、お願いすれば麻酔(別途料金が必要)もしてくれるようです。

湘南美容外科


湘南美容外科クリニックのおすすめポイント

医師の丁寧なカウンセリングのもと、3種類の脱毛機を使い分けて、短い期間で効果的なオーダーメイド脱毛をしてくれる湘南美容外科。

メディオスターNEXT PROは男性限定のメニューになりますが、それ以外の脱毛機も最新のものを導入しているので、スピーディーで痛みのない脱毛を受けることができます。

男性のヒゲ脱毛は回数無制限、多くの回数制プランに有効期間がないのも良心的です。

脱毛料金一覧

男性限定メディオスターNEXT PROを使用したメニュー

脱毛部位3回6回
ヒゲ
(上口ヒゲ、アゴ、アゴ下)
19,800円
69,000円
ハイジニーナ
(VIO)
90,000円
150,000円 
もみあげ周囲・頬31,800円61,800円
両ワキ

※新宿レーザー院・横浜レーザー院・大阪レーザー院・福岡レーザー院限定 

※価格は税込みです


アレキサンドライト・ウルトラ美肌脱毛を使用したメニュー

脱毛部位3回6回
Sパー1部位
17,410円28,750円
Lパーツ50,220円81,000円 
パーフェクト
全身コース
234,900円 435,370円 
vio29,800円
女性限定トライアル
 両ワキ

利用者の口コミ

初回のレーザー照射後1~2週間でヒゲが抜け始め、ツルツルになりました。ある程度日にちが経つとまたヒゲが生えてきますが、それを数回を重ねるごとに生えてくるヒゲの本数が減ってくるのを実感できました。4度目ぐらいの施術からレーザーの出力レベルを上げ、少し痛みが増しましたが、効果もしっかりと出て、さらにヒゲが減っていきます。毎朝のヒゲ剃りが楽になり、ヒゲ剃り後の青ヒゲもなくなり爽やかになり、効果には非常に満足しています。
“カウンセリングは丁寧に分かりやすく行って頂き、安心感を持つことが出来ました。
施術を行ってくれた看護師さんも丁寧な対応で、処置後に薬を塗布して貰えるので赤く腫れることもなく安心して通うことが出来ました。

男性女性、どちらの評判も高い湘南美容外科クリニック。全国のクリニックで脱毛ができるので、急な転勤や引っ越しがあっても安心です。初診料や再診料が無料なことに加えて、処置後に出る薬代が無料なのも嬉しいですね。

湘南美容外科 女性はこちらをチェック

湘南美容外科 男性はこちらをチェック

ゴリラクリニック


ゴリラクリニックのおすすめポイント

ゴリラクリニックで使用している脱毛機は、なんと全部で5種類!もちろん、痛みが少なくスピーディな脱毛ができるメディオスターも含まれています。

しかも、クリニックによっては、脱毛機の指定ができないこともあるなか、ゴリラ脱毛はレーザー機の指定をすることができ、メディオスターを指定しても追加料金は一切かかりません
ヒゲ3部位6回コース(3年間アフターフォロー付き)」は、鼻下・アゴ・アゴ下がセットになって68,800円と業界最安値へ挑戦中。しっかりと脱毛したい人に特にオススメです。

脱毛料金一覧

脱毛部位6回コース
ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下)68,800円
+部位追加(ほほ・もみあげ)58,600円
+部位追加(首)45,000円

※7回目以降は1回につき100円で施術してもらうことができます(3年間有効)

※平日の15時以降や、土日祝日に施術希望の場合は、上記の金額+19,800円が必要です

利用者の口コミ

ヒゲ脱毛を受けて効果が非常に良かったので、Oライン、陰部の脱毛も受けました。ヒゲの施術を行ってくれたのは女性看護師さんだったので、「もし今回も女性だったらどうしよう…」なんて思っていたんですが、男性の看護師がついてくれて安心しました(笑)ゴリラクリニックでは、恥ずかしい部位の施術は男性の看護師さんがついてくれるようになっているようです。

Source: メンズ脱毛ch

クリニックで行う永久脱毛は、エステサロンの脱毛と違い痛みがあると言われ躊躇する部分がありました。痛みが本当に苦手で先生と相談の上、「笑気麻酔」というのをしてもらいました。針を刺す麻酔ではなく、吸う麻酔です。
吸ったあと少しボーっとして、その間にレーザー脱毛が終わってました。痛みは全くなく終わった後も肌トラブル等起きていません。痛みが苦手な人にゴリラクリニックはおすすめできるのではないでしょうか。

Source: メンズエステ徹底比較.net

ゴリラクリニックには女性の看護師もいますが、vioは男性看護師が脱毛をしてくれるようです。

どうしても女性看護師に脱毛をされることに抵抗があるという人は、カウンセリング時にそのことを伝えればできる限り調整してくれるようなので、恥ずかしがらずに伝えてみてください。また、全部で3種類の麻酔があるので、痛みに弱い人でも安心です。

  

【脱毛の基礎知識】毛周期に合わせた脱毛が重要

効果的な脱毛を行うためにも、毛が生まれるメカニズムについて詳しく見ていきましょう。

毛周期とは

毛周期とは「毛が生えてから抜けるまでのサイクル」のことです。

毛周期には「成長前期」→「成長期」→「退行期」→「休止期」の4つの段階があり、基本的に、毛はこのサイクルを繰り返しています。

クリニックでレーザー照射をした際、同じ時期にシェーバーで剃っても、抜け落ちる毛と抜け落ちない毛があるのは、毛によって毛周期が異なるからです。

成長前期

毛母細胞が分裂し始め、皮膚の下に新しい毛が誕生し伸び始める時期です。毛は徐々に太くなり、同時に皮膚の表面に顔を出すくらいの長さになります。


成長期

毛細血管から栄養分を取り込みながら、太く長く伸び始めていきます。毛はどんどん伸び、ある程度の長さまで達します。


退行期

毛母細胞の分裂が止まり、毛乳頭と毛の結合が緩んで、毛が上の方へと押し上げられていきます。皮膚の外に長く伸びてはいますが、毛母細胞の分裂は止まっていますので、抜け落ちようとしている毛といえるでしょう。 


休止期

毛と毛乳頭が完全に切り離された状態で、放っておいても自然に抜け落ちる状態となっています。毛が完全に抜け落ちた後は、再び毛母細胞が分裂する成長期へと変わっていきます。

体の部位ごとに違う毛周期

毛周期がどういったものであるかは理解していただけましたか?

ただ、体の毛の全てが、同じ長さの毛周期を持っているかというと、そうではありません。

髪の毛とすね毛の長さが違うように、毛周期は体の部分ごとに大きく異なります

毛周期が短く、生え変わりが早い代表は男性のひげです。何度剃っても抜いてもすぐに生えてくるので、医療脱毛を考えている男性も多いでしょう。

毛周期がもっとも長いのは髪の毛ですが、毛周期が休止期になれば髪の毛だって自然と抜け落ちていきます。

さらに、同じ部位の中でも、毛穴によっても毛周期は異なるので、すぐ抜ける毛もあれば、なかなか抜けない毛もあります。

以下では、部位別に毛周期の目安を記しました。ただし、あくまで目安ですので、医療脱毛を受けるときは自己判断せずに、医療機関で通う間隔を相談するようにしましょう。 

部位別の毛周期と脱毛ペース

部位毛周期の寿命
頭髪2年~6年
6カ月~1年半
ワキ1年~2年半
太もも・ひざ下6カ月~1年半
腕・ひじ下・手の甲6カ月~1年半
VIO1年~2年

クリニックにおける毛周期・回数

部位毛周期最短回数平均回数最長回数
ワキ
2~3ヶ月3回7回10回
VIO1.5~2ヶ月3回5回7回
全身2ヶ月3回5回7回
1~2ヶ月3回8回10回
太もも1.5~2ヶ月3回5回7回
膝下1.5~2ヶ月3回5回7回

個人差のある毛周期

同じ部位でも、人によって毛周期は違います。この毛周期の差は、数週間から数年までに及ぶので大変厄介。

脱毛において、明確に毛周期がどれくらいと定められないのは、個人差や体の部位による差異が大きいからに他なりません。

ですので、自分の毛が伸びる期間や速度を知ることが、脱毛を効率よく完了させるためには大切になってくるのです。

 レーザー脱毛や光脱毛は「成長期」しか効果がない

医療機関や家庭で使用されるレーザー脱毛および光脱毛は、毛周期の「成長期」にしか効果はありません

レーザーや光などの照射は、黒いメラニン色素に反応します。そのため、毛母細胞が活発な成長期は、メラニン色素が濃いので、照射が毛乳頭までしっかりと届きます。それに対して、退行期や休止期はメラニン色素が薄いため、ほとんど照射に反応することはありません。

また、成長期の毛は皮膚表面に20%程度しか出ていないので、たとえレーザー脱毛で破壊したとしても、残りの80%ほどは残る計算になります。

多くのクリニックで5回セットの脱毛プランが推奨されているのは、とても理にかなったことと言えるでしょう。

間隔を空けすぎるとどうなる?

間隔を空けずに医療脱毛を受けることは、ムダ打ちになってしまったり、肌への負担が大きくなることはわかりましたが、間隔を空けすぎてしまう場合はどうなるのでしょうか。 

脱毛間隔が空いても基本的には問題ない

仕事が忙しかったり、体調を崩してしまったり、病気を患ったりと様々な理由で脱毛間隔が空いてしまうことがあると思いますが、基本的に脱毛間隔はある程度空いてしまっても問題はありません。

なぜなら、1度毛根に与えられたダメージは回復しないから。

脱毛期間がある程度空いてしまったとしても、前回の脱毛直後と同じ状態から施術を始めるができるのです。ただし、施術初期は注意点があります。

初回と2回目の間隔は空けない方がよい

脱毛間隔を空けても問題はありませんが、例外的に初回と2回目の間隔だけは空けすぎてしまうのはやめましょう

どのような脱毛方法であっても、基本的に肌への負担やトラブルを避けるために、初回の施術では弱めの施術をすることがほとんどです。

初回で成長期の毛にしっかりと照射されていれば、ある程度の効果はありますが、低すぎる出力でば効果もほとんど見た目に現れません。

初回と2回目の施術期間が空いてしまうと、2回目の施術でも弱めの照射設定にされてしまう可能性があります。これでは、初回の脱毛の意味がほとんどなくなってしまいます。

もったいないので、初回と2回目は間隔は空け過ぎないようにしましょう。

脱毛サロンの場合は契約の期間に注意!

脱毛には長い期間がかかり、費用もそれなりにかかります。

一般的に、脱毛サロンは綺麗になるまでに12~18回は通う必要があるとされていますが、個人差もあるので回数が増えることもあります。

そこで、最近人気急上昇なのが回数無制限の脱毛サロン。期間内であれば満足がいくまで施術を受けることができるので、回数制の脱毛よりもお得感があります。

ただし、回数無制限だからといって、長く間隔を空けてしまえば、いつの間にか契約期間を過ぎてしまうかもしれません。

脱毛サロンや医療機関で脱毛を始めるときは、回数制限、契約期間、条件などをしっかりと確認して、自分にあった脱毛店を選ぶようにしましょう

肌への負担、体調の面からも2~3ヶ月に1回がベスト

毛周期を考えて、医療機関に通うのは2~3ヶ月に1回がよいと説明しましたが、これは肌の負担や体調の面からもいえます。

レーザーや光を当てるということはそれなりに肌へダメージを与えることで、体調が悪い場合は肌の状態が悪化するおそれがあります。

肉体的、精神的に負担をかけないためにも、2~3ヶ月の間隔はベストといえるでしょう。

重い病気や妊娠中の場合は、脱毛を断られてしまうことがほとんどです。肌トラブルを避けるためにも、脱毛は健康的な状態のときに受けるようにしましょう

医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛では医療レーザーが使われていますが、これは医療行為にあたります。毛乳頭を破壊して毛を再生するための組織を破壊するので、脱毛サロンの脱毛と違って、医療脱毛では永久脱毛をすることができます

脱毛に使用される主な医療レーザーは、「アレキサンドライトレーザー」と「ダイオードレーザー」の2種類です。

日本人などの有色人種は、メラニン色素が白色人種に比べるとメラニン色素が多いため、以前はレーザー脱毛は火傷の危険がありました。

これらのレーザーは他のレーザーに比べると、メラニン色素に対する反応が低いので、日本人の肌質や毛質でも負担を少なく脱毛することができます

およそ2~3ヶ月に1回の照射で1~2年ほど、毛の量や範囲が多い人でもだいたい10回の照射で、脱毛効果を実感することができるようです。

レーザー脱毛のメリット

レーザー脱毛には全部で5つのメリットが期待できます。

レーザー脱毛のメリット

  • 短期間で脱毛効果を実感できる(短ければ1年5回ほど)
  • 永久脱毛が期待できる
  • 医療機器なので確実な脱毛ができる
  • 医師、看護師などの国家資格を有するものが扱うので安心
  • 美肌効果が期待できる

 レーザー脱毛のデメリット

レーザー脱毛にはメリットだけじゃなく、こんなデメリットもあります。

レーザー脱毛のデメリット

  • 高出力のため、痛みを伴う場合がある
  • 料金が高め
  • 日焼け肌や色黒肌は照射できないことがある
  • ほくろやシミの照射は火傷をする危険がある

  脱毛サロンのメリット・デメリット 

脱毛サロンやエステでは、主に光脱毛が使用されます。

医療従事者でないスタッフが扱うため、脱毛レーザーに比べて出力が弱く、毛乳頭にダメージを与えることはできますが、永久脱毛をすることはできません

医療脱毛と比べると、より多くの回数を重ねる必要があります。

脱毛サロンのメリット

  • 医療脱毛より料金が安い場合が多い
  • 痛みが少ない
  • 一度に広範囲に照射することができるため、施術時間が短い
  • 何度も通うことでツルスベ肌に近い状態を目指すことができる

脱毛サロンのデメリット

  • 除毛・減毛という施術なので永久脱毛はできない
  • 医療脱毛と比べると効果は弱い
  • 日焼け肌や色黒肌は照射できないことがある
  • ほくろやシミの照射は火傷をする危険がある
  • 期間が長くかかる(短くて8~12回、1年半~3年くらい)

  毛周期に合わせて効果的に脱毛しよう

医療脱毛に通う間隔やどのような施術があるかなど脱毛について説明してきました。脱毛はそれなりに長い期間がかかるものです。

クリニックや脱毛サロンに行く場合でも、家庭用脱毛器を使用する場合でも、毛周期に合わせて脱毛をすることが肝心です。

仕事の都合や体の調子などを含め、無理なく計画的に進めていきましょう。そうすれば、ムダ毛のない美しい肌を手に入れることができるはずです。どうぞ、じっくりと美しい肉体を作り上げてください!

img footer post layout

TOP