医療脱毛で毛穴が目立たなくなる!?肌までキレイになる脱毛の魅力

医療脱毛で毛穴が目立たなくなる!?肌までキレイになる脱毛の魅力

シェアする

医療脱毛で毛穴が目立たなくなる?!

医療脱毛してたら、ムダ毛がなくなっていくだけでなく気づいたら肌が綺麗になっていたという経験はありませんか?それは、医療脱毛によって毛穴が目立たなくなったからかもしれません。自分にはどれくらい毛穴の黒ずみやつまりがあるのか、普段は気にする機会も少ないですよね。医療脱毛はムダ毛がなくなると同時に、広がってしまった毛穴にも変化をもたらす可能性があるのです。レーザーによる施術は、毛穴自体にアプローチしていく施術ではありませんが、毛穴が目立たなくなるという副次的な効果を期待できます。美しいお肌を手に入れるためにも、医療脱毛が毛穴に与える影響や、毛穴を目立たなくするためのアフターケアについて詳しく説明していきます!

毛穴が目立ちにくくなる理由

医療脱毛を行うことで毛穴が目立ちにくくなると言われるものの、毛穴自体がなくなるわけではありません。しかし、毛穴がなくならなくてもムダ毛がなくなる過程で黒ずみなどが少なくなることで、毛穴がほとんど目立たないような綺麗な肌状態を目指していくことができます。なぜなら毛穴が目立つ原因は、毛穴の存在そのものではなく、毛穴から生えている濃いムダ毛や黒ずみが原因であることが多いからです。医療脱毛のレーザーは直接的に毛穴に対してアプローチする効果はありませんが、回数を重ねるごとに毛が抜け落ちていき、次に生えてくる毛の量も少なくなっていきます。また、自宅でのボディケアにも変化がでてくることもあります。ムダ毛が減ると、保湿剤と皮膚の間に隙間がなくなって、ボディクリームなどの保湿剤の浸透力が上がったり、スキンケア成分が効率よく浸透していく効果も期待できます。

あかりさん
医療脱毛をすることで、ムダ毛がなくなるだけではなく毛穴も目立たなくなるなんて、女性にはうれしいポイントですね!
毛穴は正常な皮膚のはたらきを守るために必要なものであり、レーザー照射によって毛穴自体がなくなる心配はありません。そのため、医療脱毛は肌本来のはたらきには影響を与えずに美肌を目指していける方法だと言えるのです。


毛が無くなって毛穴が引き締まる

医療脱毛によって毛根がダメージを受けて、毛が生える頻度が遅くなっていき、毛穴から生えてくる毛がどんどん減っていきます。毛穴から毛が生えている状態だと、毛穴は常に開いた状態となり外気からの汚れが毛穴に入りやすくなっています。毛穴に汚れがたまっていたり、毛がしっかりと生えている状態では毛穴は目立ちやすくなります。医療脱毛によって毛自体がなくなっていくと、もともと毛が生えていた部分の毛穴の広がりがおさまり引き締まっていきます。毛穴が引き締まっていくと、毛穴に汚れがたまりにくくなったり皮脂のつまりが改善されていきます。その結果として毛穴が目立たなくなるのです。

あかりさん
医療脱毛をすると毛穴が目立たない、と言うと毛穴自体がなくなると勘違いしてしまう方も多いようですが、正しくは毛穴が小さく引き締まって目立たなくなる、ということなんですね。

自己処理などの肌へのダメージが減るから

自己処理を繰り返すことによって肌は知らず知らずのうちにダメージを受けています。カミソリなどの皮膚への刺激が積み重なると乾燥肌やたるみを引き起こし、それらが毛穴を目立たせる原因となってしまうのです。​​医療脱毛を行うと、ムダ毛が薄くなったり、量が減るので自然と自己処理の回数が減っていきます。自己処理の回数が減ることで、肌が摩擦などの刺激を感じる回数も少なくなり、肌自身のうるおいを逃がしにくい状態となります。乾燥による毛穴の黒ずみが目立たなくなり、摩擦などによってたるんでいたお肌も正常な状態に近づいていきます。

医療脱毛を行っている最中でも、自己処理を行う機会があるかと思いますが、毛穴を目立たせたくない場合はお肌に優しい電動シェーバーなどによる自己処理がおすすめです。医療脱毛の施術によって毛がなくなり、毛穴が小さくなっているタイミングとあわせて、自己処理によるダメージも最小限に抑えていきたいところですね。

 こちらの記事もおすすめ!

医療脱毛するなら「安いけどちゃんと効果があるクリニックが良い」ですよね。今回は、医療脱毛が安いおすすめのクリニックを【全身脱毛】【部分脱毛】ごとにご紹介します♪4月から脱毛業界のピークなので、早めにチェックしておきましょう!

逆に毛穴が目立つことも?!その原因とは

非常に低い確率ではありますが、医療脱毛を行うことによって逆に毛穴が目立ってしまうことがあります。この症状は一時的なものであることが多いとされていますが、医療脱毛を行う上では小さなリスクもしっかりと認識しておく必要があります。それでは、医療脱毛によって毛穴が目立ってしまう原因を説明していきます。

毛穴が炎症で開いてしまう

医療脱毛を行っていくことで、毛穴が目立ちにくくなっていくという効果は多くの方が実感していますが、施術直後は逆に毛穴が目立ちやすいとされます。それは、普段は感じないレーザーの強い熱感刺激によって毛穴が一時的に炎症を引き起こしてしまうからです。永久脱毛だとも言われる医療脱毛は、レーザーの照射強度が高いことがメリットであり、そのメリットを維持していくために、一時的な炎症が起きるというデメリットが生じてしまうのです。ほとんどの場合はクリニックで冷却や保湿を行うことで炎症はおさまります。まれに熱感や刺激感が続く場合がありますが、その場合は自宅に帰ってから再度冷却と保湿を行うことで徐々におさまっていきます。もし数日間経っても炎症が治まらない場合は、できるだけ早く施術を行ったクリニックに連絡をしてみましょう。

毛穴をさらに目立たせてしまうNG行為

医療脱毛によってムダ毛が減少していくことにも時間がかかるように、毛穴が目立たなくなるまでにも少し時間がかかります。そのため、一度の施術では効果の感じ方には個人差が大きいです。2ヶ月前後の周期で施術を繰り返していく際の生活習慣や、施術後のケアによってはかえって毛穴を目立たせてしまうこともあるのです。

あかりさん
医療脱毛でムダ毛が減っていっても、毛穴を目立たせてしまうNG習慣を行ってしまっては美肌から遠ざかってしまいます。一生に何度も行うものではないからこそ、脱毛期間は美しい肌を手に入れるための時間にしていけると良いですね!それでは、毛穴を目立たせてしまう習慣について説明していきます。

医療脱毛に通っている時間の中で、毛穴が一番ダメージを受けやすいのはレーザーを当てた直後です。アフターケアはクリニックによって多少違いはありますが、クーリングや保湿はしっかりと行ってもらうことができます。しかし、クリニックでアフターケアをしてもらっても、その後に激しい運動や岩盤浴など熱を感じやすい場所に行ってしまうと毛穴のダメージが修復しにくくなります。また、施術直後の飲酒なども身体の内側から熱感を高めて、お肌の炎症を悪化させる原因となる場合があるため、できるだけ飲酒の予定は脱毛当日以外の日に調整しておきたいものです。

とにかく脱毛後は肌に溜め込んだ熱による炎症を予防していくことが重要です。赤みなどが出ている方はもちろん、炎症が見られない方でも脱毛の施術当日のお風呂は入浴は避けて軽くシャワーで済ませる程度にしましょう。シャワーの温度も高温ではなく、ぬるま湯程度の温度が理想的です。お風呂上がりに保湿ローションやクリームを塗るときも、強い摩擦を与えるようなリンパマッサージは避けて、優しく塗り込んでいきましょう。

医療脱毛後に行う毛穴ケア

医療脱毛後のダメージを受けた肌には、しっかりとしたアフターケアが必要です。毛穴を目立たせない状態を維持していくためにも、自宅できちんと実践していきましょう。

保湿を行う

医療脱毛のレーザーを照射した後は、肌が乾燥しやすい状態になっています。この状態を放っておいてしまうと、乾燥が悪化していき肌のごわつきやたるみを引き起こして毛穴を目立たせてしまうこともあります。毛穴ケアをしっかりとしていくためにも、施術後はいつもより入念に保湿をしていくことが大切です。毛穴の黒ずみが気になる方は、保湿効果に加えて美白成分を含んでいるクリームなどを使用すると、潤いを与えながら黒ずみを改善していくことができるのでおすすめですよ。
また、保湿に加えて気をつけたいのが紫外線対策です。紫外線を浴びて日焼けをするとレーザー照射ができなくなるだけでなく、肌が乾燥しやすい状態になってしまいます。脱毛施術後は、日焼け止めと保湿クリームを常備して日焼けを防ぎながら、お風呂上がりなどはしっかりと潤いを保つようにケアを行っていきましょう。

クーリングする

医療脱毛は、レーザー機の強い熱のダメージによって毛根を消失させていくため、施術後も肌の内側に熱が留まっていることがあります。また、施術当日はサウナや入浴など熱を溜め込みやすい行動は厳禁とされる場合がほとんどです。通常であれば、レーザーによる熱感は自然に放出されていきますが、念のため自宅でもクーリングを行っておくと安心です。施術部位に冷たいタオルをあててみたり、冷やしたスキンケア商品を塗り込んでみたりと、冷やしながら炎症を鎮静させていきましょう。クーリングを施術後に行うことで、翌日以降の肌の炎症の発生をおさえられますのでぜひ試してみてくださいね。

あかりさん
脱毛後の毛穴ケアの基本は、クーリングと入念な保湿です!筋トレやランニングなどの激しい運動も当日は避けて、脱毛後の肌ケアに専念しましょう。基本的に施術の翌日からは入浴なども可能とされていますので、施術をした日だけはスキンケアと休息を心がけてくださいね。

泡で優しく洗う

レーザーを照射した後の肌は、普段以上にデリケートな状態です。毛穴は肌の乾燥や刺激を放っておくと広がりやすくなり、黒ずみもたまりやすくなってしまいます。そのため施術後に身体を洗うときは、できるだけ刺激を与えずにやさしく洗浄していきましょう。はじめに、施術した部位を洗う手や泡だてネットをしっかり洗い、清潔な状態にしておきましょう。その後に洗浄料をたっぷり泡だてて、優しくお肌に触れていきます。このとき、手や泡だてネットではなく、泡で身体を洗っていくようなイメージで、優しく洗っていきましょう。しっかり洗えたら、洗い残しがないようにしっかりシャワーを浴びてくださいね。

ハイドロキノンを処方してもらう

入念な保湿や優しい洗浄などを行っていても毛穴の黒ずみが目立つという方は、クリニック専売品であるハイドロキノンを使用すると黒ずみが改善できるかもしれません。ハイドロキノンは、シミや色素沈着の原因となるメラニン色素の生成を抑える効果があります。また、自己処理を繰り返すことにより生じてしまった黒ずみの改善にも効果が期待できます。美白といえばハイドロキノンとも言われるほど、愛用者も多く安全性も高い塗り薬なのです。ハイドロキノンは脱毛などを行う美容皮膚科にて購入することができます。黒ずみを早く改善したいという方は、一度通っているクリニックでハイドロキノンを購入できるか相談してみてください。詳しい使用頻度や使用量については、個人差があるため医師からの指示を仰いでください。

医療脱毛後の正しいケアで毛穴が目立たなくなる!

せっかく医療脱毛を行うなら、ただムダ毛をなくすだけでなく綺麗なお肌を手に入れたいと思いませんか?毛穴の目立たない潤いのある肌は、誰もが憧れるものですよね。自己処理ではなく医療脱毛を選んだ理由の中でも、毛穴の広がりや黒ずみが気になるという方は多いようです。医療脱毛を行った後に、自分自身でもしっかりと清潔でうるおいのある肌を保つためのケアを行うことで、毛穴の目立ちを効率よく抑えていくことができます。自宅でのケアは、難しいものではなく実践しやすいものばかりです。医療脱毛を行っているときの毛穴ケアについて疑問を感じた時は、この記事で紹介したアフターケアの方法をぜひ参考にしてみてくださいね。医療脱毛をしている期間は、自分のために一手間かけてしっかりと保湿をしながらやさしい洗い方を心がけていくなど、基本的なスキンケアを丁寧に継続していきましょう。

img footer post layout

TOP