【眉毛の正しい整え方】剃る方法から書き方までお手入れ完全ガイド

【眉毛の正しい整え方】剃る方法から書き方までお手入れ完全ガイド

シェアする

眉毛の正しい剃り方を覚えよう

眉毛のお手入れはカミソリなどを使って自分でするという人は多いと思いますが、実は他にも使った方が良い道具があります。また眉毛を整える前に自分に合った眉毛の最適な形や眉毛によってどんな印象になるのかも知っておきたいところ。自分がなりたい印象によって眉毛を変えることで理想の自分になれますので、眉毛の形についてもしっかりと考えておきましょう。 ここでは眉毛のお手入れ道具やお手入れ方法、眉の理想の形やその印象などを詳しく紹介していきます。こんな眉毛にしたいと思ったら正しいお手入れ方法でお手入れしてみましょう!

まずは自分にあった理想の形を知ろう

眉毛には人それぞれに最適な形があります。自分に合った眉毛に整えることで顔の印象が随分と変わりますので、ここを参考にどんな眉毛が自分に合うかを見極めてみましょう。

男性の場合

眉頭・眉山・眉尻の位置

眉には眉頭・眉山・眉尻の3つの部位があります。眉頭は眉の最も内側の部位のことを指します。眉山は眉が曲がっている部分、眉の中で最も高い位置のことですね。眉尻は眉の最も外側の部位を指します。 この3つには理想的な位置があり、眉頭は目頭から3mm程度はみ出した位置、眉山は黒目と目尻の真ん中の位置、眉尻は小鼻と目尻に直線を引き、その延長線状の位置です。眉尻は眉頭よりも上の位置が理想とされています。

平行型

平行型の眉毛は眉頭から眉尻まで一直線。カーブがないことから強く、まっすぐな印象を受けます。平行型の眉からならアーチ・コーナーも作りやすいので、万能な眉の形と言えます。

アーチ型

アーチ型とは眉山の下部分に滑らかなカーブをつける型です。アーチがつくだけで知的・優しそうといった印象を与えます。男性の場合、アーチを付けるのは眉山の下の部分だけです。女性は眉山の上と下にアーチを付けますが、男性が上下にアーチを付けると男性らしさがなくなってしまうので注意してくださいね。

コーナー型

コーナー型は眉山の上下に角度をつける型です。上下どちらも角度をつけることで力強さ・スタイリッシュ・男らしいという印象を与えます。目力が強い人がコーナー型にすると凛々しい印象も与えますよ。

女性の場合

眉頭・眉山・眉尻の位置

女性の眉頭・眉山・眉尻も男性同様です。眉頭は眉の最も内側の部位、眉山は眉の中で最も高い部位、眉尻は眉の最も外側の部位です。 3つの理想的な部位に関しても同じで、眉頭は目頭から3mm程度顔の内側にはみ出したところ、眉山は黒目の外側から目尻までの真ん中のところ、眉尻は小鼻から目尻までを直線でつなぎ、その延長線上にあるところが理想です。女性の場合も眉尻は眉頭よりも上の位置がおすすめです。

平行型

平行型はアーチ・カーブがほとんどない一直線の眉です。優しくふんわりとした印象を与える事ができます。

アーチ型

アーチ形は眉山に緩やかなカーブを付ける眉です。男性は眉山の下部分だけアーチを付けますが、女性の場合は眉山の上下にアーチを付けます。女性らしい雰囲気となり、可愛らしい印象を与えます。

下がり型

下がり型は困り眉とも呼ばれるように、八の字の眉の型です。儚げな印象を与えますが、頼りないという悪い印象を与えることも。顔の印象が子供っぽくなるので、顔の印象を若返らせたい人にもおすすめです。

【準備編】必要な道具を揃えよう

眉を正しく整えるにはいくつかの道具が必要です。綺麗にセットするためにもまずは以下の道具を揃えてみてくださいね。

ハサミ

まずは眉をカットするためのハサミ。ハサミは普通のハサミでは大きすぎて綺麗にカットできませんので、眉用の小さ目のハサミを用意しましょう。眉用のハサミはほとんどが刃の部分が細くなっていますが、できるだけ細いものを選びましょう。細ければ細いほど細かい部分のカットもしやすくなります。また眉用のハサミには刃の部分がストレートの物とカーブしているものがあります。カーブしているものは眉山のアーチの部分のカットがしやすくなるのでおすすめです。眉毛も他の部位の毛と同様伸びますので、伸ばしっぱなしではボサボサになります。それをカットすることで綺麗な眉を作ることができますよ。

シェーバーまたはカミソリ

眉は人によって元の形が様々ですが、いらない部分が多々あるという人も多いでしょう。無駄な部分をサッと処理する際に必要なのがシェーバーかカミソリです。カミソリの方がリーズナブルですぐに手に入りやすいですが、カミソリは肌に傷をつけてしまう可能性があります。シェーバーは肌に傷をつける心配もありませんし、カミソリよりも肌への負担が少ないのでシェーバーがおすすめですよ。 使う際に気を付けておきたいのが無駄な部分だけを剃るようにすること。シェーバーは電気で動いているので、無駄な毛にあてるだけでサッと処理することが可能です。ただ動かすところを間違えると必要な部分までカットしてしまったり、まつ毛をカットしてしまうことがあるため慎重に動かしていきましょう。

毛抜き(ピンセット)

広い部分の無駄な毛はシェーバーかカミソリでの処理がおすすめですが、シェーバーなどが使いにくい狭い部分のムダ毛は毛抜きで抜いて行きましょう。毛抜きもどこでも手に入る上に価格もリーズナブルですが、おすすめは毛を掴む部分が斜めに曲がっていて、細い毛もしっかりと掴むことができる毛抜きです。毛をしっかり掴んで離さないことで毛根から綺麗に抜けますよ。

スクリューブラシ

スクリューブラシはマスカラにも使われているブラシのことです。眉毛の毛流れを整えるために使われますが、眉をカットする際にも使用することが可能です。

コーム

コームは眉の毛流れを整える他、眉カットの際にも使われるクシです。スクリューブラシと同じ用途で使われることが多いですが、眉カットする時はコームの方がおすすめ。スクリューブラシはブラシの部分が黒いので毛がわかりづらく、切りすぎてしまう恐れがあります。コームは毛が綺麗に見えますし、毛だけをカットすることができますよ。コームを眉にあててカットしていけば切りすぎ防止も可能なので、カットはコームを使った方が良いかもしれません。

アイブロウペンシル

自分がしたい眉の型が決まったら、実際に自分の眉にアイブロウペンシルでその型をかいてみましょう。色が濃い方がわかりやすいので、黒や濃い茶色などの濃い目の色がおすすめですよ。型をかいておくことで必要な毛と不要な毛の判別がつきやすくなりますし、それ通りにカットしていけば自分の理想の眉が仕上がります。

【手順篇】眉毛の正しい整え方

眉毛を整えるための道具が揃ったらいよいよ整えます。ここで正しい整え方を紹介していくので、この手順に沿って眉毛のお手入れをしてみましょう。

①ガイドラインを書いておく

まずは眉毛のガイドラインを書きましょう。自分がしたい形の眉毛を書いておき、不要な眉毛を確認しておきます。こうすることで必要な眉毛までカットしたり剃ってしまうことがなくなります。

②毛の流れを整える

次にスクリューブラシやコームを使って毛流れを整えます。下向きになっている毛は上向きになるようにブラシやコームで整えていきましょう。

③必要のない毛を剃る&抜く

次にガイドラインの外にある不要な毛をシェーバーかカミソリで剃ります。細かい部分は毛抜きで抜きましょう。 剃る前にしておきたいのが毛をホットタオルなどで温めておくこと。毛を温めておくことで剃りやすくなりますので、剃り残しも防げますし剃った部分が青くなることも防ぐ事ができますよ。
あかりちゃん
眉毛を抜いたことがある人なら分かると思うんですけど、眉毛を抜くのって結構痛いんですよね…。
毛の根元から毛の流れの方向に向かって抜くと痛みを軽減することができますよ!毛の流れに逆らって抜いてしまうと痛いので要注意!

④長さをカットする

不要な毛を全て綺麗にしたら、後はガイドライン内の眉毛の長さを整えましょう。ブラシやコームで毛流れを整えると長い毛がすぐにわかりますので、長すぎる毛は周りの毛と同じ長さにカットしてくださいね。難しい場合はコームを使いましょう。コームを眉毛に入れ、コームから出た毛をカットしていけば全体的に同じ長さになりますよ。

【お手入れのコツ】お洒落な眉毛の書き方

眉を正しく整えても、自分の理想通りの眉にはならない…そんな人は眉をかいて理想に近づけましょう。女性だけでなく男性も眉をかくことでなりたい眉になれるので、男性も必見ですよ。

眉毛の自然な書き方~男性編~

まず男性の自然な眉毛の書き方について紹介します。用意するのはアイブロウペンシル・アイブローパウダー・スクリューブラシかコームです。アイブロウは髪の色よりも明るい色を選択しましょう。汗をかきやすい人は汗が落ちないようにアイブローコートも用意してください。では書き方を紹介していきます。
  1. ティッシュで眉毛全体を抑え、余分な油分を取る
  2. スクリューブラシかコームで毛流れを整える
  3. 眉上部の眉山から眉下の部分をかく
  4. 眉上部の眉頭から眉山までの部分をかく
  5. 眉下部の眉山から眉下の部分をかく
  6. 眉下部の眉頭から眉下の部分をかく
  7. 眉の中をアイブローパウダーで塗りつぶしていく
  8. 眉ブラシで全体をぼかし、自然な印象に見せる
これが男性におすすめの眉毛の書き方です。アイブローで書いていくときは型を書いていくのではなく、眉毛を一本一本付け加えていくように書いていきましょう。アイブローコートを使う場合は全体を書き終わってから眉毛全体に塗布してくださいね。

眉毛の自然な書き方~女性編~

続いて女性の自然な眉毛の書き方を紹介します。こちらも男性編と同様、アイブロウペンシル・アイブローパウダー・スクリューブラシかコームを用意してください。必要であればアイブローコートもお忘れなく。
  1. ティッシュで眉毛全体を抑え、余分な油分を取る
  2. スクリューブラシかコームで毛流れを整える
  3. 眉上部の眉山から眉尻まで平行に線を引く(アイブロウペンシルでもいいが、柔らかい印象にしたい場合はアイブローパウダーを使用)
  4. 眉下部の眉山から眉尻までの部分をかく
  5. 眉上部の眉頭から眉山までの部分をかく
  6. 眉下部の眉頭から眉下の部分をかく
  7. 眉の形が出来上がったらアイブローパウダーを全体に塗布する
これが女性におすすめの眉毛の書き方です。男性編とさほど変わりはありません。眉のアウトラインをかいていく時はなりたい印象によって道具を変えましょう。しっかりと眉毛を書きたい時はペンシル、柔らかい印象に見せたい時はパウダーといったように使い分けると良いですね。眉毛を書いた後に眉毛以外の部分にムダ毛があれば処理しておきましょう。そうすることで眉周りが綺麗に見えますよ。 より自然な眉毛を目指すのなら、元の形の眉に自分の理想とする眉の形に足りない部分をパウダーで付け加えるのがおすすめ。眉上部の眉頭から眉山の部分と眉下部の眉山から眉尻の部分をパウダーで整えていくことで元の眉を活かした自然な眉毛を演出することができます。

青くなってしまった時の対処法

眉毛を剃っていると、剃った部分が青くなることがあります。これは皮膚の下にある毛の黒い部分が肌を通して青く見えていることが原因です。毛を剃るというのは皮膚表面にでている毛のみを剃るということ。つまり皮膚の下にある毛までは処理できないのです。これが肌を通して青く見えてしまうのですね。肌が白い人は皮膚下の毛が目立ちやすいですし、毛が濃い人は毛根もしっかりとしているのでより目立ってしまう傾向にあります。 では青くなってしまった部分はどう対処すればいいのかという点ですが、これはメイクで隠すしかありません。コンシーラーを使って青い部分を肌色にすることで一時的ではありますが隠すことが可能です。 青い部分の毛が皮膚表面にでてきたら、上記で紹介した正しい方法で毛を処理していきましょう。剃り残しがないようにすること・毛を柔らかくしてから処理することなどの注意点を守ることで綺麗に処理できますので、剃った部分が青くなることを防ぐことができますよ。
あかりちゃん
コンシーラーは自分の肌色に近いカラーがおすすめ♪青い部分にぽんぽんと軽く馴染ませるように置いて行くと青みが消えていきますよ。
コンシーラーで隠し切れない時はコンシーラーの上からファンデーションを重ねづけしましょう。

眉毛の整え方に関するよくある質問

眉毛を正しく整える事に慣れてくると、これってどうなの?この方法はアリ?と気になる点が出てくると思います。ここでは眉毛のがちいえ方に関することで特に多い質問を3つ紹介します。

眉剃りにおすすめのクリームはある?

眉剃りに使うクリームはフェイス用のクリームで構いません。おすすめなのがピアニィケア フェイス用シェーブクリームです。市販で販売している店舗は少ないようですが、楽天やamazonなどのネット通販で購入することが可能です。サイズが小さい分お値段もお手頃ですが、一回に使う量が少ないので長持ちします。クリーム自体が固いことから垂れることもありませんので、目が近くにある眉のお手入れにピッタリのクリームですよ。
フェイス用のシェービングクリームはいくつもありますが、クリームが目の中に入ると危険なので液ダレしないものがおすすめ。ピアニィケアのフェイス用シェーブクリームはテクスチャーが固いのでたれてくる心配もないでしょう。ただ長時間つけたままにするとタレてくる可能性がありますので、クリームを塗ったらサッと処理して洗い流してくださいね。 ピアニィケア フェイス用シェーブクリーム 価格:292円 容量:40g

眉毛の除毛クリームは大丈夫ですか?

顔用の除毛クリームは他の部位に比べてデリケートな顔にも使えるよう刺激が少なくなっています。そのため眉毛にも使えますが、目の周りは顔の中でも特に刺激に弱い分部でもありますし、万が一目の中に入ると失明する恐れもあります。非常に危険性が高いので、眉毛への使用は止めておいた方が良いでしょう。

除毛クリームは毛を分解する成分が配合されている為、目に入るととても危険です。目の周りの毛をカミソリやシェーバー以外で綺麗に処理したいのであれば脱毛を受けることをおすすめします。

眉毛の脱毛ってできますか?

可能ですが、眉上はできても眉下は出来ないという脱毛サロンが圧倒的に多いです。クリニックでは眉上も眉下も施術可能というところが多いですよ。眉周りを完璧に脱毛したいのであれば、クリニックにお任せした方がいいでしょう。

医療クリニックでは眉周りの脱毛OKというところが多くあります。眉上だけなら脱毛サロンでもいいのですが、眉下も処理したいのであれば医療クリニックで脱毛を受けましょう。施術メニューはクリニックによって違いますので、ホームページなどで施術部位を調べてから予約すると良いですよ。

印象がガラリと変わる大事なパーツ正しい処理をしよう

眉は顔全体の印象がガラリと変わってしまうパーツです。眉の角度や形によってクールな印象を与えたり、可愛らしい印象を与えますので、自分の理想があればそれ通りになれる眉に変えましょう。ただ自分の元の眉によっては理想通りの眉になれないこともあります。そんな時はまずは正しい方法で眉を整えて、それから自分の理想通りの眉をかいてしまいましょう。そうすればなりたい自分になることができますよ♪
img footer post layout

TOP