ほくろがあっても大丈夫!?レーザー脱毛の基礎知識

ほくろがあっても大丈夫!?レーザー脱毛の基礎知識

シェアする

目次
  • ほくろがあってもレーザー脱毛はできる?できない?
  • ほくろがあると「やけど」する可能性?!
  • ほくろ部分への3種類の対処法
  • レーザー脱毛でほくろが消えることも!?
  • 「ほくろが増える」という噂はウソ!
  • レーザー脱毛でよくある質問
  • レーザー脱毛は悩んだら医師に相談しよう

ほくろがあってもレーザー脱毛はできる?できない?

厚着を重ねる寒い季節が終わって肌の露出が増える季節が近づいてくると気になるのが、ムダ毛のケアではないでしょうか。近頃は、手頃な価格のエステサロンの脱毛ではなく、永久脱毛効果のあるレーザー脱毛を選ぶ方も多くなっています。 はじめてレーザー脱毛を行うときは、脱毛の仕組みや注意点についてわからないこともたくさんあります。その中でも、レーザー脱毛がほくろに与える影響については意外と知らない方が多いようです。脱毛を考えている部位にほくろがあった場合施術はできるのか、ほくろがあった場合の対処法などもあわせて解説していきます!

ほくろがあると「やけど」する可能性?!

レーザー脱毛はほくろがある部分には照射できないなどと言われるのは、メラニン色素に反応しやすいとされるレーザーの仕組みが原因です。ほくろにレーザーを照射をすると必ず火傷を起こすというわけではありませんが、人によっては火傷や赤みなど炎症を起こしてしまう可能性があります。レーザーのほくろへの影響を知るためにも、レーザーの仕組みから解説していきます。
あかりさん
レーザーは「毛」にのみ反応するものと思いがちですが、実際は「黒いもの」や「色の濃いもの」に反応する機械なんですね。そのため、レーザーはムダ毛と同じようにほくろにもダメージを与えてしまうのです。

レーザーがメラニン色素に反応する

レーザー脱毛に使用されるレーザーは、メラニン色素に反応することで脱毛効果を発揮します。つまり、レーザーがムダ毛の黒色に反応して、毛を作っている毛根にダメージを与えることで新たな毛の発生を抑える効果があります。ムダ毛の中でも色が濃く太い毛に対して反応が良く、産毛や色素の薄い毛には反応が弱いとされます。そのため、ほくろと一言に言っても形状によって反応に差が出る可能性は高いです。 しかし、ほくろもムダ毛と同様に色の濃いものであるため、レーザーによるダメージを受けてしまうのです。特に色が濃いほくろであったり、大きいサイズのものであるとレーザーの影響を強く受けてしまい、まれに火傷を引き起こしてしまう場合があります。レーザー脱毛は医師の指導のもと行われるため、ほくろを見落として施術するということは考えにくいですが、火傷を引き起こす可能性もあるということを頭に入れておきましょう。

ほくろ部分への3種類の対処法

実際にレーザー脱毛を行うときに、ほくろがある部分は以下の3種類のいずれかの対処法をとることが多いとされます。今後ほくろがある部分のレーザー脱毛を検討しているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

小さければそのまま照射

ほくろは1cm未満程度の小さなものであれば、ほくろがない部分と同じように照射していくことが多いです。レーザーはメラニン色素の濃いものに反応しやすいため、サイズが小さいほくろや、色素の薄いほくろはレーザーの影響をそれほど強く受けないためです。ムダ毛にレーザーを当てる際もゴムを弾くような痛みを感じますが、小さいほくろに照射したときも同じような痛みを感じることがあります。痛みがあった場合でも、目立つほくろでなければ施術後に炎症を起こしたり、火傷を引き起こす可能性は低いとされます。しかし、ほくろのサイズが小さいものであっても、クリニックによっては念のためほくろを避けて照射していく場合もあります。自分自身のほくろがある部分の施術が可能であるかすぐに知りたい場合は、クリニックで相談してみましょう。

シールを貼って隠す

サイズの大きいほくろや、色素の強いほくろの場合はレーザーを照射することができないため、シールなどを貼りほくろの箇所を避けて照射をするケースが一般的です。白色か肌色に近い色のシールを貼ることによって、レーザーの光がほくろに影響を与えないようにしていきます。クリニックによって対応に違いがありますが、1cm以上の大きなほくろや、色が濃いほくろなどには保護シールを貼って照射を続けていくクリニックが多いようです。シールを貼った部分にはレーザーは反応しないため、ほくろが火傷を起こしてしまうといったことは起きにくいとされます。ただ、ほくろのすぐ近くにあるムダ毛には効果が感じられないというデメリットもあります。

ほくろを除去してしまう

ほくろが密集していて悩んでいるという方や、ほくろ付近に生えている毛もきちんと脱毛したいという方は、ほくろを除去してしまうという方法があります。この場合はレーザー脱毛とは別にほくろを除去するための治療が必要となり、追加料金もかかってしまうため慎重な判断が必要です。ほくろの除去には主に炭酸ガスレーザーというものが使用されます。除去したいほくろにレーザーを当てていき、基本的には一度の照射でほくろを除去することができます。レーザーを当てた直後はほくろ部分がへこんだり、かさぶたのようになることがあります。きれいなお肌の状態になるまでは、レーザー照射から約1ヶ月程度かかると考えておくと良いでしょう。また、ほくろの除去治療を行って皮膚が炎症を起こしてしまった場合は、炎症部位の脱毛レーザーの照射はできなくなってしまいますのでご注意ください。

レーザー脱毛でほくろが消えることも!?

大きなほくろや色の濃いほくろはレーザーを当てると火傷などを引き起こしてしまう可能性があります。しかし、小さなほくろであればレーザーを当てると徐々に薄くなっていったり、ほとんど目立たない状態になる可能性もあるのです。

シミ取りの原理で消える可能性

レーザー脱毛に使用される機械はクリニックによって違いがありますが、YAGレーザーという機械は脱毛だけではなくシミ取りに使用されることもあります。照射強度はシミ取りの施術の方が強めに設定されていますが、レーザーは脱毛と同様に色素の濃い部分に反応します。シミなどの色がついた部分に強い強度でレーザーを当てることにより、シミにだけダメージを与えます。施術後にシミはかさぶたとなり、1〜2週間かけてかさぶたが自然に剥がれ落ちると、シミが薄くなっていくという仕組みです。 レーザー脱毛はシミ取り専用の出力ではないため、完全にシミを消すことは難しいものの、副次的な効果が期待できるといえます。そして、ほくろもシミと同様に色素の濃いものであるため、同様の効果を得られる可能性があります。しかし、ほくろが薄くなっていくときも、シミ取りと同じように一度かさぶたになってしまうことがあるため、火傷との見分けがつけにくい場合があります。このような場合は自己判断で対処法を考えるのではなく、医師の指示を仰いでください。
あかりさん
実際にシミ取りに使用しているレーザーと同じ機械で脱毛も行われているというのは驚きですよね。そして、ほくろの除去もシミ取りとほとんど同じ仕組みで行われているため、少しずつ薄くなっていく可能性があるのです。

「ほくろが増える」という噂はウソ!

レーザー脱毛を行うことでほくろが減るという情報がある一方で、ほくろが増えてしまうという情報を耳にしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際は、脱毛に使用するレーザーのはたらきによってほくろが増えることはありません。しかし、レーザー脱毛を行っていくことでほくろが増えたように感じる方がいるのも事実。そこには、ムダ毛がなくなることによってほくろが増えたように感じてしまう理由があったのです。

増えたと勘違いしてしまう原因

たまたま隠れていたシミが表面化した

ムダ毛や毛穴の黒ずみの影に隠れていたシミや色素沈着などが、ムダ毛がなくなることで目立ってしまうことが考えられます。元々あったシミでも、隠れていると存在に気づかないため、レーザー脱毛によって新たにできたほくろであると勘違いしてしまう方が多いようです。脱毛に使用するレーザーによって新たにメラニン色素を生成することはないため、ほくろが増えたかもしれないと思った時は元々存在したシミや色素沈着でないか一度確認してみましょう。

レーザーにより毛穴が火傷した

新たに出来たほくろのようなものが毛穴の部分に集中している場合は、レーザーの照射によって毛穴が一時的に火傷してしまっている可能性があります。毛穴が火傷してしまうと、黒ずんで見えたり赤みが出てしまい、ほくろに似たできもののように見えてしまいます。この場合は、火傷による炎症がおさまることで黒ずみなどもなくなっていくのでご安心ください。

保湿不足によるシミができた

レーザー脱毛の施術を行ったあとは、肌は光や熱によるダメージを受けているため、普段よりも乾燥しやすい状態になります。レーザーを当てた後にクリニックで保湿をしてくれることが多いのですが、自宅での保湿ケアも入念に行う必要があります。普段より乾燥しやすい状態で、うるおいが不足してしまうとガサガサとした肌質になるだけでなく、乾燥が進行するとシミなどができてしまうこともあります。乾燥によるシミが、ほくろのように見えてしまうため、ほくろが増えたと感じてしまうことがあるようです。

ターンオーバーの途中である

レーザー脱毛を行うことで、遅れていた肌のターンオーバーが促進されることがあります。ターンオーバーが早まることで、肌の生まれ変わりにかかる時間が短縮されるため、肌の変化を感じやすくなります。ターンオーバーによるお肌への影響は個人差が大きいですが、ホワイトニングケアなどがしっかりできていない場合、皮膚内部の不要な物質がシミのような状態で表面化してしまうことがあります。 しかし、ターンオーバーの影響によるシミは一時的なものであるため、時間が経つと気にならなくなり、新しいお肌に生まれ変わっていきます

レーザー脱毛でよくある質問

レーザー脱毛について調べていると、皮膚ガンのリスクやほくろに照射してしまった時の危険性について気になったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。レーザー脱毛による脱毛への効果だけでなく、皮膚への安全性についての知識もしっかりとつけておきましょう。

レーザー脱毛でガンになるって本当?

レーザー脱毛に使用しているレーザーは皮膚ガンの原因となる組織まで光が到達するものではありません。ムダ毛の毛根の細胞までアプローチする赤外線に近い波長の光です。皮膚ガンの原因となるのは、強い紫外線波長の光だと言われているため、レーザー脱毛の光によって皮膚ガンを引き起こすという心配はないと言われています。
あかりさん
この記事を読んでくださっている方の中には、ほくろにレーザーを照射してしまって不安になっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?ほくろ部分に異変があるかどうか確認しながら、以下のQ&Aを参考にしてみてくださいね。

ほくろ部分がかさぶたになっているけど、大丈夫?

レーザー脱毛で使用しているレーザーは、照射の強度などに違いはあるものの、ほくろを除去する際にも使用されるものも存在します。ほくろを除去する施術ではレーザーを当てた部分は一度かさぶたになり、かさぶたが剥げ落ちるとほくろが薄くなったり、除去される仕組みとなっています。そのため、ほくろにレーザーを当ててかさぶたになってしまっても基本的には問題ありません。 しかし、痛みが強い場合や炎症を起こしてしまっているような場合は念のためクリニックにご相談ください。

レーザー脱毛は悩んだら医師に相談しよう

レーザー脱毛がほくろに与える影響についておわかりいただけたでしょうか。レーザー脱毛によってほくろが増えるということはないものの、ほくろが薄くなる可能性があるというのは驚きですよね。誰でもレーザー脱毛を行うときには不安や疑問を感じてしまいます。思わぬ皮膚のトラブルを防ぐためにも、困ったときには自己判断による対処は避けて、レーザー脱毛を行っているクリニックで対応をしてもらうことが一番です。 また、ほくろの形状はひとりひとり違うため、自分自身のほくろはレーザー脱毛によってどんな影響をうけるのかわからないという方もいらっしゃるかもしれませんね。レーザー脱毛とほくろについてわからないことがある場合は、一人で悩まずに医師に相談してみましょう。
img footer post layout

TOP