【脱毛の基礎知識】光脱毛って永久じゃない!?医療脱毛との違いをわかりやすく解説

【脱毛の基礎知識】光脱毛って永久じゃない!?医療脱毛との違いをわかりやすく解説

シェアする

エステの光脱毛は永久脱毛ではない!?

エステサロンの光脱毛でも医療脱毛でも、どちらも「永久脱毛​だと思ってた」​​という人も多いのではないでしょうか?エステサロンと医療脱毛の違いはどこにあるのかというと、照射する光の波長が異なっているということ。その違いによって、医療脱毛の場合には永久脱毛と呼ぶことができますが、光脱毛の場合には永久脱毛と呼ぶことができず、永久減毛や不再生脱毛と呼ぶことがあるそうです。

どうしてエステサロンの場合は永久脱毛と呼べないのか?効果の違いはどれくらい?光脱毛をするメリットは?などの疑問について詳しく調べてみました。どちらの脱毛方法にすればいいか迷っている方​はぜひ参考にしてみてください。​

永久脱毛とは

永久脱毛のことを、毛が全部きれいさっぱり無くなってつるつるになる、しかも一生はえてこないことだと思っていませんか?そうだとしたら永久脱毛の施術を受けた後にこんなはずじゃなかった……なんて、がっかりすることになるかもしれません。では、どういう状態を永久脱毛っていうの?という疑問がわくのは当たり前ですよね。それでは永久脱毛の定義を確認していきましょう。

永久脱毛の定義

エステサロンや医療機関のサイトを閲覧している時に永久脱毛という言葉はよく目にすると思いますが、実は日本には永久脱毛のはっきりとした定義があるわけではないのです。日本にはっきりとした定義がないかわりに、FDA(米国食品医薬品局)というアメリカの政府機関​の規定した定義を用いています。この機関は日本の厚生労働省に当たり、医療機器や医薬品などの許可や違反品の取締り​などを行い国民の健康を守る役割を担っています。永久脱毛の定義についてもかなり厳しく規定されています。
皆さんがイメージしている永久脱毛と違っているかもしれませんが、FDA​は「レーザーを3回照射後6ヶ月経過した時点で67%以上の毛が減っている」状態に出来る器械を永久脱毛が可能なレーザー器械としています。FDAにおいても「永久に毛髪が無くなるわけではない」ということなので、もしかしたら毛が20%位残っていても、1年後に毛がまた生えてきても永久脱毛といえる訳です。毛が一本もなくつるつるになる、施術すれば毛が生えてくることはないとイメージしている人にとってはちょっと驚きでしょう。

永久脱毛ができるのは医療機関のみ

エステサロンでは永久脱毛ができないというのはどうしてなのでしょうか?エステサロンでも医療機関と同じレーザー脱毛機を使えば永久脱毛ができるんじゃないの?と思われる方もいるかもしれません。レーザー脱毛機による永久脱毛は医療行為に当たるため、医師以外の人が行えば医師法違反になってしまいますそのため永久脱毛は医療機関でしか行うことができません。

医師免許を持っていない人が永久脱毛を行うと医師法違反になる

医師法17条において、医師の免許を持たない者が以下の医療行為を行うと医師法に違反するとされています。

用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力な エネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

Source: https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/anzen/kyougikai/h15/documents/131109-a.pdf

医師免許を持っていない人が脱毛行為を行うことによって、施術を受ける人の身体に被害を受けることを未然に防止するために定められた法律です。​​なぜエステサロンで永久脱毛ができないのかというと法律違反になってしまうから。永久脱毛の定義とされているレーザー脱毛機による毛根を破壊して脱毛をする行為は、医療機関でしか認められていません。したがって永久脱毛は医療機関でしか行えないということになります。

エステサロンで行われるのは美容ライト脱毛

​医師法17条の通知をうけ、日本エステティック振興協議会​はエステサロンにおける美容ライト脱毛の定義を以下のように定めました。

美容ライト脱毛とは、除毛・減毛を目的に皮膚に負担を与えず毛の幹細胞を破壊しない範囲で、エステティックサロンで行なわれる光脱毛をいう。

Source: 日本エステティック振興協議会

エステサロンで行われる脱毛は、毛根を破壊しないような低出力の器械で行われ、美容の観点から好ましくない無駄毛を減毛、除毛する目的で行われるとしています。肌への影響や痛みが少なくなるように出力を一定に抑えているために、医療レーザー脱毛に比べるとやはり効果は低くなります。個人差はありますが​、医療レーザー脱毛の場合は5〜8回で脱毛が完了するのに比べて、エステサロンでは出力レベルが低いため早い人で1年、遅い人で2年以上かかる場合もあります。

けれども光脱毛でもほとんど毛が生えなくなったという人もいます。実際に高い効果があってもエステサロンでは永久脱毛という言葉が使用禁止になっているので「永久減毛」「不再生脱毛」といった言葉が使われているのです。

ハルくん
エステサロンでの脱毛も永久脱毛なのかと思ってましたけど、違うんですね〜。エステサロンでは「永久脱毛」という言葉が使用禁止なのは知りませんでした。
あかりさん
エステサロンでの光脱毛でも、毛が生えてこない状態が長く続くことがあるから永久脱毛と思っている人もいるみたいね。
ハルくん
一般的には「永久減毛」や「不再生脱毛」という言葉はあまり馴染みがないですよね。
ほとんどの人はエステサロンの脱毛も医療脱毛も「永久脱毛」と思っているんじゃないですか?
あかりさん
医療機関は医療法によって広告の規制がされているけど、エステサロンは規制の対象外になっているのよ。エステサロンのCMや雑誌の広告はよく見るわよね。そのせいでエステサロンでも永久脱毛が受けられるようなイメージになっているのかもしれないわね。

永久脱毛ができる方法ってどれ?

脱毛方法の種類は主に、光脱毛、レーザー脱毛、電気(ニードル)脱毛の3種類に分けられます。光脱毛はエステサロンで行う方法です。永久脱毛ができる方法は医療機関で行うレーザー脱毛と電気(ニードル)脱毛になります。

エステサロンの光脱毛

SSC​(​スムース・スキン・コントロール​)やIPL(インテンスパルスライト)などの器械​を使って、メラニン色素に反応する光を広範囲に照射して毛根にダメージを与える方法です。出力レベルが低いことから脱毛完了までにはどうしても時間がかかってしまいます。医療脱毛に比べると1.5倍から2倍の時間がかかるようです。また通う回数も多くなってしまいます。発毛サイクルに合わせて照射するため、2〜3ヶ月に1回の施術が必要になります。脱毛完了までには、早い人で1年くらい、遅い人では2年以上かかることもあるでしょう。

光脱毛では毛根を破壊することができないため、脱毛効果が出にくかったり、脱毛後にまた毛が生えてくることもあるようです。また個人差が大きく、光脱毛でもほとんど毛が目立たなくなる人もいれば、あまり満足する効果が得られなかったという人もいます。

医療機関のレーザー脱毛

​エステサロンの光脱毛が複数の波長の光を広範囲に照射するのに対して、医療機関のレーザーは単一の波長が集中的に照射されます。医療機関のレーザー脱毛は出力が強いので専門の医師でないと施術することができません。エステサロンの場合には毛根にダメージを与えるに留まりますが、レーザー脱毛の場合は威力が強いため毛根を破壊することができるそうです。そのため光脱毛に比べてより高い脱毛効果を得ることができると言われます。

レーザーの威力が強い分、光脱毛よりも強い痛みを感じることがあります。痛みが強い場合には、麻酔クリームを事前に塗っておくことで痛みを軽減することができます。エステサロンと同じ様に発毛サイクルに合わせて照射しますが、5回から8回くらいの施術で完了することが多く、期間も半年から1年くらいで済む人もいるそうです。


効果が高いので費用が高くなることがありますが、永久脱毛ができる方法になりますので、確実に毛を減らしたい場合にはレーザー脱毛を選択するといいでしょう。

電気(ニードル)脱毛

​光脱毛やレーザー脱毛が普及する以前に行われていたのが電気(ニードル)脱毛です。10年位前まではこの電気(ニードル)脱毛が主流だったそうで、今現在でも行われてる脱毛方法です。ニードルというのは針のことで、針を毛穴に直接差し込んで電気を流し毛根を破壊して脱毛します。これをひとつひとつの毛穴に繰り返し行います。直接毛根を破壊するのでレーザー脱毛よりも効果が高いともいわれていますが、かなりの痛みが伴う、施術に時間がかかる、炎症を起こしたりかさぶたになる、などデメリットも多い脱毛方法です。


毛穴に針を直接差し込み電気を流すのは大変危険な方法なので、医療機関でしか施術することができません。けれども一部のエステサロンではニードル脱毛を行っているところもあります。ニードルの針には通常の針と絶縁材がついた「絶縁針」​の2種類があります。以前から使われていた通常の針だと電気を流した時にやけどを起こすことがあったため、絶縁材をコーティングした「絶縁針」​が開発されました。この「絶縁針」には専門の技術が必要になるため医療機関のみで使用が許可されています。エステサロンで使われているのは通常の針で電力を弱めたものになります。


脱毛効果が高くても様々なデメリットがあるため、あまりおすすめの脱毛方法ではありませんが、永久脱毛ができる脱毛方法としてニードル脱毛を選ぶ人も少なくないとのことです。光脱毛やレーザー脱毛をした後に残ってしまった毛や、日焼けやシミなどで光やレーザーを照射できない肌に対してニードル脱毛が行われる場合もあります。

永久脱毛はレーザー脱毛とニードル脱毛のみ​

永久脱毛の定義に当てはまる脱毛方法としては医療機関で行うレーザー脱毛とニードル脱毛のみになります。エステの光脱毛の場合には毛根を破壊できない程度に出力レベルが抑えられているために、永久脱毛ほどの効果は期待できません。また法律的にも永久脱毛と謳えるのは医療機関のレーザー脱毛とニードル脱毛のみです。

医療脱毛にはない!?光脱毛の魅力

ハルくん
永久脱毛ができるなら医療脱毛を選ぶのがベストですよね!ぼくなら迷わず医療脱毛を選びます。
あかりさん
ちょっとまって!ハルくん。光脱毛には医療脱毛にはないメリットがたくさんあるの。
あんまり急いで決める必要はないわよ。 
ハルくん
えっ!そうなんですか?そうならそうと早く言ってくださいよ。どんなメリットがあるんですか?早く教えてください!
あかりさん
もう!ハルくんったら……。光脱毛のメリットを下記にまとめてみたからしっかり読んでね。 

永久脱毛ができない、医療脱毛よりも効果が低いからといって光脱毛を選択肢から外してもいいのでしょうか?光脱毛には医療脱毛にはないメリットがたくさんあるのです。光脱毛の魅力を理解してからどちらを選ぶのか判断しても遅くないでしょう。

肌に負担がかかりにくい

光脱毛はレーザー脱毛に比べて出力が低く設定されているので、肌への負担や痛みを少なくすることができるということが一番のメリットではないでしょうか。​医療脱毛は出力の威力が高い分やはり痛みが伴います。麻酔を使っても痛くて通えなかったという人も中にはいるようです。特に電気(ニードル)脱毛の痛みは強いと言われています。痛みに弱い人は光脱毛を選ぶといいかもしれません。

低価格で脱毛できる

光脱毛は医療脱毛に比べて料金がかなり安いことが多く、キャンペーンなども頻繁に行われているためコストを抑えられるというメリットがあります。医療機関は保険がきかないのでどうしても料金が高くなってしまいます。エステサロンや医療機関にもよりますが、全身脱毛コースの場合​、安い​エステサロンの場合は​1回あたりの値段は1万円前後でできるのに対し、レーザー脱毛の相場は1回あたり6万円前後かかります。

医療脱毛の場合はエステサロンの2倍から5倍の料金がかかることを考えれば、多少毛が残っていても目立たなくなればいいという人には光脱毛はおすすめの脱毛方法といえるのではないでしょうか。

店舗数が多く通いやすい

​エステサロンにもよりますが、医療機関と違って全国に多数店舗があるため引っ越しした場合などにも通いやすいことがあげられます。​また、店舗をまたいで通うこともできるエステサロンもあります。予約でいっぱいの場合には違う店舗で施術を受けることもできるので店舗数が多いというのはとても利便性が高いですね。

自分に合った脱毛方法を選ぼう

光脱毛にも医療脱毛にもそれぞれのメリット・デメリットがあります。永久脱毛ができるのはレーザー脱毛と電気(ニードル)脱毛だけですが、かならずしも全身脱毛じゃないとだめということはありません。光脱毛でも多少毛が残っていても目立たない程度には脱毛することはできます。光脱毛で効果があまり無かった部位だけレーザー脱毛や電気(ニードル)脱毛にするという方法もあります。自分がどの程度の脱毛を希望しているのかをしっかり把握する必要があります。他にも予算の関係や通いやすさなども重要になります。永久脱毛だけにこだわらずに自分に合った脱毛方法をしっかり選んでくださいね。

img footer post layout

TOP