光脱毛ってほくろがあっても大丈夫!?増える?それとも消える?

光脱毛ってほくろがあっても大丈夫!?増える?それとも消える?

シェアする

   

光脱毛でほくろは消える?それとも危険?その真相を調査

黒色のみに反応する光を照射して脱毛する光脱毛。ほくろは黒色をしていているので、光脱毛によって何らかの影響は受けそうです。また、光脱毛をするとほくろが増えた、もしくは消えたという声を聞くこともあります。ほくろがあると光脱毛は諦めないとダメなのでしょうか?今回は私、編集長鈴木が、光脱毛がほくろにどんな影響を与えるのか徹底調査しました。ほくろがあったら光脱毛は諦めないといけないのか、対処法はあるのかなどを詳しく解説。「光脱毛したいけど、ほくろが気になる…」そんなお悩みを解決します!    

基本的に光脱毛は「ほくろ」NG

基本的に光脱毛は、ほくろがNGと言われています。ここではその理由や対処法について解説していきます。  

火傷のリスクがあって直接照射はNG

光脱毛の光は、黒色のみに反応する光。この光を照射すれば、黒い毛に反応し熱エネルギーによって、毛を作る毛母細胞にダメージを与え、毛の再生機能が失われ脱毛できるという仕組みです。ほくろは黒色をしているので、この光を照射するとほくろの黒い部分にも反応してしまいます光脱毛の熱エネルギーは、とても高温でほくろの黒い部分に反応すれば、ほくろが火傷をしてしまうと言われています。そのため、光脱毛の光をほくろへ直接照射することはNGとされています。    

ほとんどのエステサロンではシールで対処

光脱毛の光をほくろへ直接照射することはNG。ほくろがあったら光脱毛は諦めるほかないの?じつは、ほくろがあっても対処をすれば、光脱毛をすることは可能なんです。実際、ほとんどのサロンでは、ほくろの部分に光が当たらないように保護シールなどを貼るか、もしくはほくろの部分を避けて照射を行なっています。 しかし、ほくろの数が多い場合は、光を照射できる部分が少なくなってしまうことも考えられます。光を照射できる部分が少ないと、満足な脱毛効果を得られない可能性もあるので、カウンセリングの時などにしっかり確認しておくことが大切です。    

ほくろ以外にも光脱毛には禁止事項が沢山

ほくろ以外にも光脱毛には、いつくかの禁止事項があります。もし当てはまるものがあれば脱毛を断られる場合もあるので注意しましょう。    

ニキビ

白ニキビなど炎症を起こしていないニキビであれば、脱毛できる場合が多いとされていますが、炎症を起こしていたり化膿した状態のニキビがある場合は、その部分を避けて施術する、もしくは施術を断られる場合もあります。 なぜなら、ニキビが炎症を起こしていたり化膿している状態の時は、肌がとても敏感になっているからです。しかし、ニキビへの対応仕方はサロンによって異なるため、ニキビがあって心配な人は、カウンセリングなどで事前に相談しておきましょう。    

シミ

ほくろと同じように、色素が濃いシミ。黒色のみに反応する光脱毛の光は、当然、色素の濃いシミにも反応してしまいます。反応すれば、高温の熱エネルギーによって火傷をしてしまう恐れがあるので、シミの部分に直接照射することはNGと言われています。しかし、ほくろと同じように保護シールを貼って、シミの部分に光が当たらないようにするなどの対処をすれば照射ができる場合がほとんど。 ただし、大きなシミや数が多い場合は、ほくろと同じで、光を照射できる部分が少なくなり、満足な脱毛効果を得られない可能性があります。シミへの対応の仕方も、サロンによって異なるため事前にしっかり確認をしておきましょう。    

日焼けした肌

光脱毛の光は、ほくろやシミ以外に日焼けした肌にも反応してしまいます。そこで、黒く日焼けした肌に、光脱毛の光を照射すると黒い毛だけではなく、皮膚全体に反応してしまうため、火傷や炎症などを引き起こしてしまう可能性があります。 さらに、日焼けして赤味を帯びた肌は、ダメージを受けています。ダメージを受けた肌に、脱毛の刺激を与えると炎症を起こしたり、シミができてしまうこともあるので、サロンによっては施術を断られることもあります しかし、日焼けした肌でも、なるべく刺激を与えないように配慮して、照射パワーを下げて施術が行われることもあります。しかし、その場合は満足な脱毛効果を得られない可能性もあります。日焼け肌への対応の仕方は、サロンによってそれぞれ異なりますが、日焼けした肌の程度によっては施術を断れる可能性があるため、脱毛を始める前や脱毛期間中は、日焼けしないように注意することが大切です。    

入れ墨(タトゥー)

最近では、お洒落の一環としてタトゥーを楽しんでいる人も少なくありません。しかし、タトゥーの部分には光脱毛の光は照射できません。なぜなら、色素の濃いタトゥーにも光脱毛の光は反応してしまうからです。ほくろやシミと同じように、光脱毛の光が反応すれば、高温の熱エネルギーによって火傷をしてしまう恐れがあります。このような理由から、光脱毛の場合は、タトゥーが入っていると施術を断られる、もしくはその部分を避けて施術が行われます。 しかし、光脱毛とは違い、色に反応しない脱毛法、ニードル脱毛であれば、タトゥーがあっても施術が可能だと言われています。タトゥーが原因で、光脱毛ができない人はそうした脱毛法を選択すれば脱毛が可能です。    

ほくろを光脱毛した場合消えるは嘘?

消える可能性はある!?

脱毛をしてほくろが消えた、気になるほくろであればそれは嬉しい効果と言えますね。じつは、医療機関で使われている医療レーザー、アレキサンドライトレーザーなら、ほくろやシミが消える可能性もあると言われています。医療レーザー、アレキサンドライトレーザーは元々シミの治療用に開発されたレーザーで、脱毛目的で照射しているとシミやほくろが薄くなって消えていく可能性もあるそうです。 しかし、シミを治療する時と脱毛をする時では、レーザーの出力が異なるので、明らかに効果があると言うわけではないそうです。また、光脱毛の場合は、ほくろの部分に光が当たらないように保護シールなどで隠したり避けて照射するため、ほくろが消える可能性は低いと言われています。    

増えたと感じる場合もある!?

光脱毛で、ほくろやシミが消えるのは嬉しい効果ですが、反対に増えたという声を聞いたことありませんか?ムダ毛の処理がキレイにできたとしても、ほくろやシミが増えてしまうのはイヤですよね。しかし、光脱毛が原因で、ほくろやシミが増えてしまうことはないと言われています。ただし、増えたと感じてしまう場合もあるよう。それにはいくつかの理由があります。

ほくろが増えたと感じてしまう原因

  • ムダ毛がなくなったことで、元々あったほくろが目立つようになった
  • 毛穴の火傷がそう感じる
  • 加齢によってできたシミ
  • 脱毛後のケア不足

 脱毛をしてムダ毛がなくなるとムダ毛で隠れていたほくろやシミが目立つようになるので、増えたと感じてしまことがあるようです。また、脱毛で毛穴が火傷をして、その火傷をシミと勘違いしてしまうこともあるよう。ほくろやシミではなく、毛穴の火傷であった場合は、1~2週間程度で、だんだん薄くなっていくと言われています。

さらに加齢よってシミができることもあります。年齢を重ねると、肌のターンーオーバーが遅くなりメラニンの排出がしにくくなるのでシミができやすくなると言われています。さらに、生まれてから長い間浴び続けていた紫外線が原因で、シミが出てくることもあると言われています。このように、加齢によってできてしまったシミを、脱毛が原因で増えたと勘違いしてしまうこともあるようです。 また、脱毛後のケアが不十分だったために、シミが増えてしまうこともあると言われています。脱毛した後の肌は、普段よりも乾燥しがちです。そこで、大切なのは肌の保湿。脱毛した後、肌の保湿を怠ると乾燥状態が続き、肌のターンオーバーが遅くなりメラニンの排出がしにくくなるのでシミができやすくなると言われています。
櫻井晴人
あかりさん、光脱毛が原因でほくろやシミが増えることはないんですね。ちょっと安心しました!
鈴木あかり
そうよ、これで安心よね♪でもね、脱毛後のケアがちゃんとできていなくてシミを作ってしまうこともあるみたいだから、そこは注意しておかないといけないわね!
  <

脱毛してくれるサロンもある

ほくろがあっても、ほくろの部分に光が当たらないように保護シールなどを貼れば、ほとんどのサロンで脱毛が可能とされています。ここでは、ほくろがあっても脱毛可能なおすすめのサロンをご紹介します。    

キレイモ

モデルやタレントも多数来店、全国に52店舗展開されているキレイモのスリムアップ脱毛は、脱毛と一緒に肌のスリムアップ効果も期待できるのが特徴。脱毛後の仕上げに使われる保湿ローションには、グロブラリアコルジホリアカルス培養エキス、ハナショウガエキスなどが配合されていて、肌に潤いを与えながら引き締め効果で、引き締まったボディライン作りができると言われています。 また、全身脱毛は、全身33か所の脱毛が可能。この全身脱毛には、通常のサロンではあまり含まれていない、おでこなどの部位も含まれています。さらに、学割プランが充実していて、最大で67,900もお得なコースもあります。この割引は学生のうちに申し込めば、卒業後も続けて受けられます。 ・参考脱毛価格/全身脱毛18回パック 290,700円(税抜)*保証期間5年 ⇒キレイモ    

銀座カラー

老舗の脱毛サロン、銀座カラーは、全身脱毛やフリーチョイスの部分脱毛など、脱毛メニューが豊富で自分の希望に合わせたメニュー選択が可能。さらに、脱毛後はオプションで、銀座カラーオリジナルのミストシャワー「美肌潤美」で保湿をしてもらうこともできます。この「美肌潤美」には、ヒアルロン酸やコラーゲンなど6種類の美容成分がたっぷり含まれていて、オリジナルの保湿マシンを使って高圧噴射されます。保湿マシンで「美肌潤美」の美容成分がお肌に浸透すると、脱毛後のお肌に高い保湿効果を与えることができると言われています。 また、自宅でもケアできるようにサロンで使っている保湿ローションや「美肌潤美」にさらに成分を一つプラスしたフェイスパックなども用意されています。このように保湿ケアが充実している銀座カラーは、普段より乾燥しがちな脱毛後の肌をしっかり保湿することができます。 ・参考脱毛価格/全身パーフェクト脱毛(全身22カ所+顔と鼻下)259,558円(税抜)*1年間に最大6回の施術が可能 銀座カラー 公式サイトを詳しく確認する    

ミュゼプラチナム

脱毛業界の大手、ミュゼプラチナムは全国に150店舗以上展開されていて、通いやすさ№1や顧客満足度№1に連続で選ばれたサロン。脱毛料金が格安で、無理な勧誘もないと言われているので、安心して通えるサロンとして人気を集めています。 また、店舗数が多いので通いやすく、肌に優しく痛みの少ないS.S.C方式を採用していているので、痛みに弱い人も安心して施術が受けられます。このS.S.C方式は、短時間で脱毛できるところも魅力の一つ。レーザー式の脱毛の場合、1秒で脱毛できるのは約10本、しかしS.S.C方式は、1秒で約200本も脱毛可能と言われています。このように短時間で脱毛できる、S.S.C方式は忙しい人にピッタリの脱毛法です。 さらに、脱毛後の仕上げに使われるトリートメントには、独自開発のプラセンタエキスが配合されていて、脱毛と一緒に美肌効果も期待できると言われています。 ・参考脱毛価格/全身脱毛6回コース 126 ,000円(税抜)*はじめての利用で公式アプリをダウンロードするのが条件 ミュゼプラチナム 公式サイトを詳しく確認する    

脱毛ラボ

脱毛業界の中でも、全身脱毛の料金がずば抜けて安い脱毛ラボ。料金が高いからと全身脱毛を躊躇していた人でも、踏み切りやすい料金設定になっています。さらに月額制のコースもあるので、まとまったお金がない人も脱毛OK。しかし、脱毛ラボは全身脱毛は格安ですが、それ以外の脱毛料金は他のサロンより高い場合もあるので要注意。 この格安の全身脱毛は、全身48か所の脱毛ができ、おでこなどを除いた顔も含まれています。全身脱毛は施術時間がどうしても長時間になってしまいますが、脱毛ラボには最新の連射マシンが導入されているので、従来に比べて施術時間が半分に。一人に対する施術時間が短くなることで、予約が取りやすくなったと言われています。 また、脱毛ラボのほとんどの店舗が夜22時まで営業しています。遅い時間まで営業しているので、平日の仕事帰りや学校帰りにも通いやすくて便利です。 ・参考脱毛価格/月額性パック脱毛プラン 全身脱毛48ヶ所 1,990円/月(税抜)*1ヶ月に4ヶ所脱毛して12ヶ月で48ヶ所脱毛 脱毛ラボ 公式サイトを詳しく確認する    

ディオーネ

痛くない脱毛ができるのが魅力のディオーネ。ディオーネのハイパースキン脱毛法は、今生えている毛ではなく、毛の種に光を照射して発毛を予防し脱毛します。これまでの脱毛法は、高温の熱エネルギーで、毛根を焼いていたため、火傷のリスクがありました。しかし、ハイパースキン法は高熱が不要、約38度の特殊な光を照射するので、火傷のリスクもなく、肌にダメージを与えないで脱毛ができると言われています。 このハイパースキン法は痛みがなく、高熱不要の肌に優しい脱毛法なので、ニキビやアトピーなどの敏感肌の人や3歳以上のお子様も脱毛が可能。さらに、照射する光のなかにはフェイシャルエステでも使われている「フォト美顔」が約3割含まれています。そのため、脱毛と一緒にエステなみの美肌効果も期待できると言われています。 ・参考脱毛価格/全身まるごと脱毛12回コース 360,000円 *顔を除いた全ての部位 ディオーネ 公式サイトを詳しく確認する    

不安な方は脱毛サロンに相談をしてみよう

光脱毛でほくろが消えることはないようですが、増える心配もなさそうです。ほくろがあっても、ほとんどの脱毛サロンで脱毛することは可能と言われています。しかし、ほくろへの対処方法は、それぞれのサロンで異なり、ほくろの数や大きさによっては照射部分が少なくなるので、満足な脱毛効果を得られない可能性もあるので注意しましょう。さらに、光脱毛にはほくろ以外の禁止事項もあり、もし該当するものがあれば、脱毛を断れる場合もあります。ほくろやその他の禁止事項に該当しそうな場合は、最初に行われる無料カウンセリングなどで、あらかじめ相談しておけば安心です。ほくろや日焼け肌、ニキビなど不安に感じることがあれば、脱毛前にしっかりサロンに相談して解消させましょう!
img footer post layout

TOP