「自宅で簡単にできる♪体毛のおすすめ処理法を完全レクチャー」

「自宅で簡単にできる♪体毛のおすすめ処理法を完全レクチャー」

シェアする

自分で体毛を処理してみよう!

エステや医療脱毛が気になるけど時間もお金もない…。どうにか自分でムダ毛をキレイに処理することは出来ないの?そんなお悩みを抱えた方は少なくありません。自己処理は肌を傷めたりスッキリと脱毛できなかったりというデメリットばかりでもありません。正しく行えば自己処理でキレイに脱毛することは可能です。    
体毛の自己処理って皮膚のためにはあまりおすすめ出来ないんじゃないですか?
そうね、間違った方法で行っている場合はね。
でも正しい方法で行えば自己処理でも体毛処理できるの。でもそのためにはちょっと手間をかけたり準備が必要ね。
そんな方法を紹介するわね。

男女におすすめ!主な自己処理7つ

​・カミソリやシェーバーで剃る

​カミソリやシェーバーはとても手軽な処理方法として多くの方が行っています。肌を清潔な状態にし、カミソリも清潔なものを使用することと肌の負担にならないように肌に油膜を作る役割をしてくれるシェービングフォームなどを使用して毛の流れに沿って優しく行うことが大切です。カミソリやシェーバーを使用したあとはしっかり保湿することを忘れないようにしましょう。使用後のカミソリやシェーバーも浴室などに置きっぱなしにせず、清潔にしてから乾燥させておくようにしましょう。カミソリとシェーバーならばシェーバーの方が肌への負担は少なくて済みます。  

・ピンセット(毛抜き)で抜く

​毛抜きでの処理というとわりとデメリットを耳にするという方も多いのではないでしょうか。しかし手軽にムダ毛を処理できることから日常的に行うという声も多い処理方法です。とても肌に負担がかかりやすいので次のような正しい方法を守ることが大切です。 毛抜きを消毒してから行う毛を抜く部位を洗ってから行う ・毛抜きを使用する部分を温めて毛穴を開かせてから行う。 ・使用後は冷却してから保湿する ・使用後の毛抜きも消毒して乾燥させてからしまう。 ​このようにかなりの手間をかける必要があります。  

・ブラジリアンワックスを使う

​アンダーヘアやワキの脱毛方法の一つとしてブラジリアンワックスが挙げられます。別名ビキニワックスとも呼ばれるこの方法は毛根からスッポリとムダ毛を抜く方法ですがその効果は永久脱毛ではないものの、2週間から4週間ほども継続すると言われています。そして痛みの少ない使用感の気持ちよさが人気のシェリークリアは、はちみつベースのワックスというオーガニックな素材、レーザーでは処理が難しい部位の毛も処理できるとあって大人気です。 シェリークリア公式サイト ・除毛クリームを使う ​ムダ毛の処理というと毛を抜く脱毛だけだと思っていませんか?根本から毛を抜くことは肌への負担も大きく皮膚の一部を無理に引き抜くために毛穴が痛み炎症・かゆみ・ブツブツが起こることがありますが除毛クリームを使うことによって使用後1ヵ月には毛深さが58%減、ムダ毛の成長スピードが36%ダウンというように抑毛効果も期待できるのが除毛クリームの良さです。中でも顔から手足、背中まで全身に使用できるヘアーリデューシングクリームはおすすめです。 ​ヘアーリデューシングクリーム 公式

・ヒートカッターでカット

​アンダーヘアの処理で使用します。熱線で毛を焼いてカットするのでカミソリやハサミで切った時のように毛先が尖りません。肌に触れないようにコーム(クシ)がガードしてくれるようになっており、火傷の心配も少なくなっています。丸くなった毛先はチクチクしたりショーツから突き出ていたアンダーヘアのお悩みを解消してくれます。ローションなどを使用しなくても手軽に使うことが出来、完全にツルツルにすることは出来ませんが5㎜~1㎝くらいの長さに整えることが出来ます。

・すきカミソリでカット

​すきカミソリは主に男性のすね毛などをすいて量を減らすことにより、それまでは毛の多かったすねを気にすることなくハーフパンツをはける足にしてくれるもので薬局やドラッグストアで手軽に入手できます。カミソリにすき櫛がセットされているものでボディトリマーなどとも呼ばれています。すき櫛を100均などで購入して使用している方も多いようです。

・家庭用脱毛器を使う

​電気店で購入できるものや通販で販売されているもの、ムダ毛をカットしたり剃ったりする機能からサロン級の脱毛機能を持つものまで値段も機能も幅広く選べるのが家庭用脱毛器です。数ある家庭用脱毛器の中でもヤーマンのレイボーテはムダ毛をケアしながら美肌ケアも出来る優れもの。フラッシュトリートメント→クールダウンという施術工程を一台で実現しました。 レイボーテ公式
ムダ毛の自己処理と言ってもたくさんの方法があるけれど、カミソリや毛抜きはやっぱりうリスクが大きいわね。その他のやり方で自分に合った方法を見つけてなりたい自分になっちゃいましょう♪

ワキの場合

脇毛の処理はお風呂のついでにカミソリで行うという人や毛抜きで元から抜いているという方が多いものですが、カミソリや毛抜きは衛生面や肌への刺激などからもあまりオススメできない方法です。そんなワキのムダ毛の自己処理についてご紹介します。

・おすすめの処理方法

​カミソリや毛抜きなどの処理によって皮膚の中で毛が成長してしまう埋没毛(埋もれ毛)になってしまうことはお肌にとても負担をかけてしまいます。普段は電気シェーバーで剃り、ここぞという時にだけカミソリを使用するという方法にシフトしてみましょう。 また、ワキ脱毛はサロンでの処理が一番のおすすめですがそうもいかないという場合にはブラジリアンワックスをおすすめします。

女性におすすめの方法

​電気シェーバーに関しても女性専用のものが売られています。値段も安価なものも多く、シェーバーの特徴として肌を傷つけにくいというメリットがあります。しかし、根本から抜けていないのがとにかく気になる!という方にはブラジリアンワックスがおすすめです。いきなりVIO脱毛は怖いし危険かもしれない…と感じる方でもワキならばマニュアル通りに行えば問題なく脱毛できるようです。

男性におすすめの方法

​男性もワキ毛の処理をする方が増えました。女性にとって不快で脇のニオイ(くさい)の元になるワキ毛が気になるからなんですね。しかしツルツルの無毛状態になるのは抵抗がある方がいるというのも男性のワキ毛の特徴。そのため、ハサミ(すきばさみ)などを使用してワキ毛を短く切るというのもひとつの方法です。   また、脱毛・除毛クリームの使用もおすすめです。ワキは形が複雑なため、カミソリ処理などでは剃りにくいのですがクリーム状の脱毛・除毛クリームなら短時間でお手入れが可能。手入れの頻度も少なくて済みます。 ワキガ体質の場合にもワキ毛を短くカットすることでワキ毛に付く雑菌やニオイを減らすことが可能なため、おすすめです。

ワキの毛を処理するときの注意点

  • カミソリはチクチク、肌荒れの元になる
  • 毛抜きは埋没毛の原因に
  • 繰り返し行うことで肌が黒ずみ汚くなる

ワキ毛の処理には面倒でもカミソリを使用することは避けましょう。毛抜きはワックスなどでの取り残しなどがある場合などに補助的に使用する程度にとどめましょう。 ​

腕・脚の場合

・おすすめの処理方法

​腕や足のムダ毛を処理するにあたっては、お肌を傷つけたり傷めたりすることなく行えることが大切です。そのため特にNGなのが毛抜きでの処理です。肌に一番負担をかけるだけでなく、毛と一緒に皮膚を引っ張るため毛穴が突起してポツポツが出来ているように見えてしまいます。カミソリや電気シェーバー、脱毛テープ’(ワックス)や除毛クリームを使用しましょう。

女性におすすめの方法

女性にとってもっとも気になる脚の毛。おすすめの方法と注意点をご紹介します。 ・脱毛ワックス 脱毛テープなどの状態で売られているものを脚や腕に使用すると良いでしょう。しかし、商品によっては貼り付けて剥がしても思ったように毛が抜けないなどの場合もあるようです。 ・​除毛クリーム 痛みがなく、毛を溶かして抜くため見た目にはすぐにツルツルの状態にすることが可能です。しかし、根本から毛を抜くことではないためすぐに生えて来るというデメリットがあります。また、次から生えて来る毛の周期を遅くしたり生えて来る毛の量を少なくしたりする抑毛効果が期待できる商品も多いようです。 ・カミソリ カミソリを腕や足に使用している方は多いものですが、一枚刃でガードのついたものを使用しシェービングクリームやフォームを塗って剃ることや決して逆剃りしない、カミソリも肌も清潔に保ち使用後は保湿をしましょう。 ・シェーバー シェーバーもどんどん進化しています。カミソリよりも安全なのが特徴です。すべてを抜くことが出来ない場合もあり、抜き残しなどはカミソリや毛抜きでフォローする必要があります。  

男性におすすめの方法

​男性は女性よりも腕や脚のムダ毛は気にならないという方もいれば、女性の毛よりも黒々と太く長く濃すぎるため困っているという方も実は多いものです。そんな男性の腕と脚の毛のおすすめの処理方法をご紹介します。​​  

・腕

​腕の毛の処理も大切ですが、まずは指毛や手の甲などの出ている部分の毛に注目が集まるものです。清潔感のためにも指毛、手の甲は処理しておいた方がベストです。 さて腕の毛の処理ですが、カミソリや毛抜きはおすすめしません。次の3つの方法がおすすめです。 ・ブリーチ剤 ・ヒートカッター ・除毛クリーム 女性に比べ毛量の多い男性ですが、全部抜いてしまうというよりはブリーチで色を抜いて毛量を少なく見せたり、ヒートカッターで毛先を丸めながらカットして薄く見せる、除毛クリームを使用してさっぱりと失くしてしまうが毛根は残しておくという選択が良いでしょう。この3つの方法は脚の毛にも同様におすすめです!除毛クリームは特に使いかたが楽で快適なようです。

脚の毛を処理するときの注意点

  • カミソリや毛抜きは使用しないこと
  • ブリーチ剤や除毛クリームを使用するときは必ずパッチテストを行う
  • 男性のすね毛はすきカミソリなどで量を減らすのもおすすめ

腕や脚は見える部分だから特に気を付けたいわね。除毛クリームは時間もあまりかからず便利だけど必ずパッチテストをしてから使いましょうね。

背中の場合

自分では見えない背中のムダ毛。プールで水着姿になった時に濡れて目立つ場合があったり、女性ならば背中の開いたウエディングドレスを着たい時に気になるという方も多いですよね?そんな背中のムダ毛処理はどのようにしたら良いのでしょう?おすすめの処理方法をご紹介します。

女性におすすめの方法

​手が届かない背中のムダ毛。じつは案外見られています。しかもニキビなど肌トラブルも起こりやすいのが背中。そんな背中のムダ毛処理にはいくつか方法があります。 ・カミソリ 家族やパートナー、友達などにカミソリで剃ってもらったり合わせ鏡をして自分でカミソリを持って行う方法です。但しカミソリの使用はとてもリスクが多いことはお伝えしましたが、見えにくい背中の場合はケガをしたり危険度が高くなるため避けた方が良いでしょう。 ・除毛クリーム 除毛クリームを塗ってもらったり、柄の長いヘラなどを使用して塗って脱毛します。この場合、必ずパッチテストを行ってから使用しましょう。うまく塗ることができれば比較的キレイにすることが可能です。きちんと洗い流すことも忘れずに! ・産毛取りタオル こちらは普段の体を洗うタオルのかわりに使い続けることによって背中の産毛も一緒に取ってしまうというユニークな商品です。種類や値段も数百円から数千円のものまであり、使っているうちに背中のムダ毛が取れてツルツルになったという方も多いようです。 ・脱毛に通う とにかくツルツルの完璧な美しい背中を手に入れたい!という女性なら脱毛サロンに通うのがベストです。料金もリーズナブルなサロンが増えていますよ。   ミュゼプラチナム背中脱毛

男性におすすめの方法

男性の背中のムダ毛については女性と少し毛質などが違うことから、シェーバーやバルカン、トリマー、グルーマーなどを使用するのも良いようです。1人で行うにはある程度の体の柔軟さは必要ですが、柄の持ち方などで調整しましょう。カミソリとは違い安全にムダ毛処理が行えます。 もうひとつの方法としては除毛クリームがおすすめです。女性と同様、パートナーに塗ってもらうかヘラなどを使用して合わせ鏡をしてみながら塗っていきましょう。抑毛効果のあるものも多く、続けるうちに生えにくくなっていくことも期待できます。  

背中の毛を処理するときの注意点

  • カミソリは危険なので使用しないこと
  • 背中にニキビなど肌トラブルのある時は行わない
  • 除毛クリームはパッチテストを行ってから使用する
  • 自己処理が難しい場合、サロン脱毛も視野に入れる

背中の美しい女性、素敵ですね。男性である僕も自分の背中はキレイにしようと思いました。

VIO(陰毛)の場合

今やVIO(陰毛)のお手入れをきちんとすることは身だしなみの一つとなってきているほど、特別なことではなくなりました。VIOのムダ毛を手入れすることによって見た目の清潔感や水着でのおしゃれが楽しめるというだけでなく、ニオイや蒸れなどの不快感もなくなるというメリットがあります。

・おすすめの処理方法

​まず、初めにNGなお手入れですがカミソリや電気シェーバーはVIO脱毛には向いていません。Vラインはかろうじて大丈夫だとしてもIラインやOラインはとても使用しにくい形になっているだけでなく粘膜に近い敏感な部分でもあるため大変危なく、痛みを伴うケースがあるからです。女性・男性におすすめの方法をご紹介します。

女性におすすめの方法

​VIO脱毛にはブラジリアンワックスがおすすめです。ハチミツや砂糖などの天然成分から作られているため、薬剤を使用して作られている除毛クリームで刺激や炎症を感じてしまう方にも安心してお使いいただけます。また、塗ってから一気に剥がすため、広範囲での脱毛が可能というメリットもあります。後から生えている毛が薄くなっていく抑毛効果も期待できるのが嬉しいですね。   しかし、Oラインなど抜きにくい部位もあるためあらかじめ鏡などを用意して見ながら行うなど慣れるまでは難しい部分もあるかもしれません。 自己処理の場合にはブラジリアンワックスがおすすめですが、サロンでのVIO脱毛が一番安心・安全なことは確かです。

男性におすすめの方法

男性のVIO部分の毛(アンダーヘア)は女性よりも剛毛で量の多い場合が多く、実は男性もVIO処理をしたいと考えている方が増えています。今すぐできる方法としてはハサミなどでカットするという方法。しかし肌を切ってしまう可能性もあり、切った毛の断面が尖ってしまうためチクチクしてしまう、見えない部分が難しいなどのデメリットがあります。ハサミ状のものを使いたい場合にはVライントリマーなどの専用のものを使用しましょう。 ・除毛クリーム 痛みもなくどんな陰部の毛もツルツルになるのが除毛クリームの特徴です。しかし除法クリームの薬剤には刺激性が強いものが多く、IラインやOラインには適していません。必ずパッチテストを行ったうえで、Vラインのみに使用可能なのが除毛クリームです。 ・ブラジリアンワックス 天然成分から作られているため、VIOすべてに使用することが可能です。一度脱毛するとその効果は2~8週間続くと言われている他、回数を重ねるごとに毛が薄くなる効果も期待できます。しかし痛みを伴うことや慣れるまでにコツがいるというデメリットもあります。 ・Oラインの処理 女性よりも毛が密集しているという男性が多いのがOライン。とても見えにくい部位であるため鏡などを用意してブラジリアンワックスかシェーバーを使用して処理するのが良いでしょう。シェーバーはハサミよりも安全でお肌を傷つけにくいので安心です。

VIOを処理するときの注意点

  • カミソリは肌を切ってしまう可能性あり、使用しない。
  • 除毛クリームは薬剤の刺激アリ。Vライン処理にとどめる。
  • ブラジリアンワックスは使用にコツのいる部位もあるがオススメ!
  • シェーバーとワックスの合わせワザでVIO処理という結論

 VIO脱毛することのメリットは思っている以上に大きいみたいですね。

胸・腹の場合

・おすすめの処理方法

​胸やお腹のムダ毛。特に乳輪まわりなどに生えているとギョッとしてしまいますよね。そんな胸やお腹まわりのムダ毛処理についてご紹介します。

女性におすすめの方法

・胸

胸は凹凸の激しい形状をしているだけでなく、乳輪などを含めデリケートな部分です。カミソリや毛抜きなどでは刺激が強すぎたり痛みをともなう可能性が大きいため避けたいところ。そのため二つの方法がおすすめです。 抑毛ジェル 毎日すり込んで使うだけでムダ毛が生えにくくなり、一か月以上経過するころには次に生えてきた毛がするりと抜けたりという嬉しい効果が。 家庭用脱毛器(照射型) 胸のムダ毛は女性ならばさほど多い量ではないことが一般的なため、少ない照射で済むことから照射型の脱毛器も良いようです。 乳輪に生えている太い毛などは毛抜きで抜いても大丈夫です。雑菌が入らないように気を付けて行いましょう。

・お腹

お腹のムダ毛は遺伝や生活環境やストレス、ホルモンバランスの乱れから一時的に起こっている可能性もあります。胸に比べて敏感な部分ではないとは言え、カミソリや毛抜きは避けて除毛クリームなどで取り除くのが良いでしょう。その際にはパッチテストを忘れずに。

男性におすすめの方法

・胸

胸毛がセクシーと思う日本人女性は少なく、自分のパートナーに胸毛があったら除毛してほしいという意見が多数なのだそうです。 そんな胸毛の処理でおすすめなのが、   ・除毛クリーム ・ブラジリアンワックス ・トリミングする(胸毛をデザインして残したい方) ・脱色 ・レーザー光脱毛 などが挙げられます。 中でもコスト面や手軽さからおすすめなのが除毛クリーム。塗って10分ほど放置してティッシュなどでふき取ると除毛されているという簡単さです。これは根本から抜くわけではないので3日~10日ほどでまた生えて来るものの、毛が細くなったり生えて来にくくなる抑毛効果も期待できます。ブラジリアンワックスは根本から抜くことが出来、その効果も2~8週間程度持続します。こちらも抑毛効果ありです。

・腹の毛

​お腹の毛も胸毛と同様、除毛クリーム・ブラジリアンワックスがおすすめです。  

胸・腹の毛を処理するときの注意点

  • カミソリは使用しない
  • 毛抜きは毛嚢炎や埋没毛の元になる
  • 除毛クリームで肌に優しく取り除く
  • ブラジリアンワックスで根本から抜く
女性と男性では胸やお腹の毛のお手入れ方法にちがいがあります。どちらにしてもカミソリと毛抜きでの処理はNGです。  

体毛を薄くする方法はある?

​体毛を薄くできればムダ毛の悩みも軽くなりますよね?そのためにはホルモンバランスを整えたり生活習慣を正すなどいろいろ方法はありますが、ムダ毛に直接働きかける二つの方法をご紹介します。

・抑毛剤を使用する

​抑毛クリームをご存知ですか?毎日ムダ毛の気になるところに塗り込むことで自然と毛を生えにくくすることが出来るクリームです。豆乳などが材料として使われていることが多く、主成分である大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをすることでムダ毛を抑制します。

・脱色剤を使用する

​脱色剤でのブリーチもおすすめです。黒い毛を茶色そして金色へと変えていくことによって目立たなくしてくれるのです。脱色剤には男性用・女性用があり髪用と体用がありますので、自分の性別に合った体用を選択しましょう。薬品ですので使用前には必ずパッチテストをしてくださいね。  

自己処理のメリットとデメリット

ムダ毛の自己処理についてお話してきましたが、やはりメリット・デメリットはあります。サロン脱毛と比較してみましょう。​
​自己処理 ​サロン脱毛
​メリット ・いつでも好きな時にムダ毛処理が行える ・お金がサロンほどはかからない ・家で出来るので出かけなくて良い ・他人に裸を見られなくて済む ・時間や予定に拘束されない メリット ・プロによる施術なのですべてのムダ毛をキレイにできる ・肌トラブルなどにも対応してもらえる ・自分の手の届かない場所、見えにくい部位も脱毛できる ・使用する脱毛器のパワー圧倒的に強い ・永久脱毛ができる
​デメリット ・剃り残しが出来たり、自分では手が回らない部位もある ・器具などの雑菌による悪影響がでる場合がある ・カミソリや毛抜きで肌あれしたり、埋没毛などになる場合がある ・脱毛しているつもりが実は除毛しているだけである ・家庭用脱毛器などは使用しにくい部分もある ・除毛しているだけなので長い期間処理に時間が必要 ​デメリット ・お金がかかる ・予約がとれない場合がある ・他人に裸を見られる。 ・恥ずかしい思いをする場合がある(VIO脱毛など)
実は自己処理は初期投資が安いというだけでお手入れに費やす時間、コストも実はサロンの方がお得だったりします。各サロンでお得なキャンペーンが行われていてとてもお安く施術が受けられる時代になりましたね。

自己処理は手軽で簡単!部位ごとに合った方法で行おう”

ムダ毛の自己処理は手軽で簡単なのが魅力です。部位に合った方法を正しく行って、ムダ毛のお悩みとサヨナラしましょう。また、プロに任せた方が良い部位はサロンに通ってみるのもオススメです。
img footer post layout

TOP