【医療脱毛vs美容脱毛】どっちがおすすめ?効果や仕組みの違いとは

【医療脱毛vs美容脱毛】どっちがおすすめ?効果や仕組みの違いとは

シェアする

医療脱毛と美容脱毛の違いを徹底解剖!​

ムダ毛は女性の一生の敵ですよね!皆さんはどうやってムダ毛を処理していますか?

一番多い自己処理は、カミソリや毛抜きではないでしょうか?しかしカミソリで剃ったら、カミソリ負けしたり、赤くヒリヒリしたりといった肌トラブルも気になるところです。毛抜きで抜くと、毛穴が目立つようになったといった経験がある人も多いのではないでしょうか?ムダ毛が嫌だからと、これらの肌トラブルが起きたとしても仕方がないと思いながら自己処理を続けている女性も多いはずです。しかしせっかくムダ毛が無くなってもトラブルだらけの肌では台無しです…。

そんな人に朗報です!脱毛すれば、自己処理のあの嫌な肌トラブルから解放されます。


一口に脱毛といっても、脱毛には医療脱毛と美容脱毛とがあり、どちらを選べばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。医療脱毛と美容脱毛の違いがよく分からない人も多いはずです。ミュゼプラチナムや銀座カラー、リゼクリニックなど有名な脱毛できるお店の名前は聞いたことがあるけれど、どのお店が医療脱毛で、どのお店が美容脱毛なのかもよく分からないという人も意外と多いものです。


脱毛初心者でも安心して脱毛を選べるように、ここからは医療脱毛と美容脱毛をそれぞれ詳しく分かりやすく解説します。そして2つを比較して、自分に合った脱毛を見つけるポイント紹介します!脱毛のお店選びにぜひ役立ててください。

医療脱毛の特徴

医療脱毛って何?

​医療脱毛とは、医療用のレーザー脱毛機を使って脱毛する方法です。レーザーを肌に当て、熱で毛根を破壊し、ムダ毛が生えてこないようにするのがレーザー脱毛です。クリニックで行う脱毛方法で、大手のクリニックでは湘南美容外科やリゼクリニックなどが有名です。

レーザー脱毛機を使った脱毛以外に、ニードルを使った脱毛を行う医療脱毛もあります。ニードル脱毛は、毛穴に針を刺して、毛根に直接電気を流します。毛穴一つ一つに針を刺し、電気を流すということを繰り返すので、時間がかかるというデメリットがあります。毛穴に針を刺すということを想像すると、施術が痛そうな気がしますが、想像通りニードル脱毛は施術にかなりの痛みが伴います。ニードル脱毛が多く行われていたときもありましたが、現在では医療脱毛と言えばレーザー脱毛が主流となっています。

レーザー脱毛が主流

​上でも説明したように、医療脱毛はレーザー脱毛とニードル脱毛がありますが、ニードル脱毛のほうがデメリットが多く、現在の主流はレーザー脱毛です。一口にレーザー脱毛といっても、レーザーには3種類あります。ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザーの3つです。クリニックで多く使われているのは、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーです。それぞれにメリット、デメリットがあります。特徴を知って、自分の肌やムダ毛に合ったレーザーを選びましょう。では、特徴について見てみましょう。

ダイオードレーザー

​<メリット>

  • ​照射時間が短い
  • 肌トラブルが起こりにくい
  • 冷却・吸引しながら照射するので、施術の痛みを軽減できる
  • 照射範囲が広い
  • 産毛も脱毛できる

<デメリット>

  • ​日焼けした肌には使用できない

アレキサンドライトレーザー

<メリット>

  • ​照射時間が短い
  • 肌トラブルが少ない
  • 冷却ガスで冷やしながら照射するので、施術の痛みを軽減できる

<デメリット>

  • 産毛などの薄い毛には効果が少ない

YAGレーザー

​<メリット>

  • ​日焼けした肌にも照射できる
  • 毛根の奥までレーザーが届く

<デメリット>

  • ​レーザーの威力が弱いので、脱毛効果が実感しにくい
  • 他のレーザー脱毛よりもい痛みが強い傾向がある
鈴木 あかり
3種類のレーザーでどれを選ぶとよいかを説明させてもらいますね♪

アレキサンドライトレーザーは、日本人の肌に合った脱毛機と言われていて、安心ですが、産毛に効きにくいのが気になりますね。アレキサンドライトレーザーのデメリットを克服したのがダイオードレーザーです。

YAGレーザーは、日焼けしていて他のレーザーで脱毛ができない人や、ムダ毛が濃い人に向いています。
ちなみにあたしが通っていた湘南美容外科は、アレキサンドライトレーザーを採用していましたよ♪

脱毛効果が高い

​医療脱毛は、レーザー脱毛の出力が高いので、脱毛効果が高いことが最大のメリットです。太いムダ毛への効果が高く、レーザーによっては産毛への効果もあります。

医療脱毛の効果を説明する上で必ず必要になるキーワードは「永久脱毛」です。医療脱毛は脱毛機の出力が高く、永久脱毛を目指すことが可能です。レーザー脱毛機で脱毛完了すれば、いつまでもムダ毛がほとんど生えず手入れはほとんど必要なくなります。永久脱毛はムダ毛が0になることじゃないの?と思う人もいると思います。

永久脱毛の定義として、「永久に毛髪が無くなるわけではない」としており、永久脱毛が可能なレーザー機械とは「レーザーを3回照射後6ヶ月経過した時点で67%以上の毛が減っている」状態に出来る機械としています。

Source: https://www.dansei-datsumo.com/qaa.html

このように永久脱毛は定義されています。永久脱毛というとムダ毛が全くない状態を想像すると思いますが、定義上では0にすることは定義されていません。

脱毛完了までの回数・期間が短い

​レーザー脱毛の出力の高さから、脱毛効果が高い他に、脱毛完了までの回数が少なくて済むというメリットもあります。脱毛部位にもよりますが、5回から6回ぐらい施術を受けると脱毛効果を実感し始め、自己処理がほとんど必要無くなってきます。でもまだムダ毛が若干生えてくる人がほとんどで、脱毛完了とする人は少ないかもしれません。9回から12回ほど施術を受けると、ツルツルな肌を手に入れられるというのが平均的な回数です。もちろん脱毛効果には個人差があるものなので、一概にこの回数で脱毛効果が得られるとは限りません。


施術は、毛周期に沿ってスケジュールを組みます。毛周期とは、ムダ毛の成長サイクルのことで、「成長期」「退行期」「休止期」の3つの時期に分けることができます。レーザー脱毛は、成長期のムダ毛にしか効果がありません。ですから、成長期になったときにレーザーを照射するのが最も効果的な脱毛と言えます。毛周期は2ヶ月から3ヶ月で一周するので、2ヶ月から3ヶ月に一度施術するのがベストです。

櫻井 晴人
2ヶ月ごとに施術したとすると、5回施術する場合には8ヶ月かかり、9回施術する場合には16ヶ月(1年4ヶ月)かかります。ツルツル肌まで施術したとしても、一年半もかからずに脱毛完了できるというのは、かなり早いですね。

 医師の診察があるので安心

医師が施術をする医療脱毛は、アフターケアを医師に行ってもらえるから安心です。レーザーを照射することで炎症が起きてしまうことは少なくありません。何か肌トラブルがあったときに、すぐに相談できる医師がいるというのは医療脱毛初心者にも心強いものです。また、いくつかのクリニックでは、診察無料や、必要となった薬代無料などのサービスを実施しています。

有資格者が施術してくれる

​​医療脱毛は、医療行為に位置づけられています。医療行為なので、施術できる人は限られ、医療従事者のみがレーザー脱毛ができます。医師免許がない人がレーザー脱毛をすることは医師法で禁止されています。たまにニュースで、医療従事者でない人が医療脱毛を行ったとして逮捕されたというニュースがあります。それは、医師法に反しているからなんです。​

鈴木 あかり
お医者さんや看護師さんに脱毛してもらって、肌に何かあったら診察してもらえる医療脱毛は安心感が高いですね!脱毛が不安な人には、医療脱毛がオススメかもしれませんね。

美容脱毛ではできない部分も施術可能

美容脱毛では、粘膜部分は施術してもらえません。粘膜部分は特にデリケートでトラブルが起きやすく、色素が濃いのでやけどが起きやすいからです。それはやはり、施術する人が有資格者でなく、エステティシャンであるからとされています。粘膜まで照射して何かトラブルが起きたときに医療従事者でないエステティシャンでは対応できないからなんです。


医療脱毛なら粘膜に照射しても100%安全という訳ではありませんが、何かトラブルが起きても対応できますし、専門知識を持って安全に配慮して施術してもらえます。しかし、クリニックによっては粘膜までは施術できないところもあり、選択するプランによって粘膜まで施術できる場合とできない場合があるときもあります。

鈴木 あかり
粘膜って具体的にはどの部位のことを指しているの?と思いますよね。

粘膜部分というのは、VIOラインのIラインのさらに奥の部分です。いわゆる性器の部分で、赤く湿っている部分です。

人によっては粘膜まではムダ毛が生えていない人もいるので、一度自分でチェックしてみるとよいかもしれません。

 費用が高い

​ここまでレーザー脱毛は脱毛効果が高く、施術回数が少なくて済むといったメリットを紹介しましたが、デメリットもあります。最も大きなデメリットは、費用が高いということです。美容脱毛と比較すると、2倍から5倍かかるとも言われていて、ある程度お金に余裕がないとなかなか医療脱毛に踏み切れないこともあります。


最近では、医療ローンを利用できるクリニックも増えてきていて、費用の負担を少なくできるようになってきました。医療ローンは、クレジットカードの分割を利用するよりも金利が低めで利用しやすいローンです。クリニックによっては金利の一部をクリニックが負担してくれるところもあります。医療ローンの利用についてはクリニックによっても異なるので、カウンセリングのときに聞いてみるのがオススメです。

痛みが強い

医療脱毛のもう一つの大きなデメリットは、施術の痛みです。出力の高い脱毛が可能な分、施術の痛みが強いのが医療脱毛の特徴です。輪ゴムでパチンと弾かれるような痛みと表現されたり、熱い油が飛んできたような痛みと表現されることがあります。同じ出力でも痛みの感じ方には個人差があり、生理中や、寝不足のときなどにはより痛みを感じやすいです。

鈴木 あかり
あたしは痛みは我慢できないから医療脱毛には絶対向いてない!痛みを我慢できない人は医療脱毛できないの?
櫻井 晴人
僕も痛みには弱い方だけれど、医療脱毛で脱毛ができましたよ。

痛みがつらいときには、正直に痛いことを伝えて、出力を下げてもらうことも一つの手です。それでも痛みを我慢できないときには、希望すれば麻酔を利用することもできます。

我慢しすぎないことも大切なんです。

 肌トラブルが起きやすい

​出力が高い分、肌トラブルが起きやすいということもレーザー脱毛の特徴です。主な肌トラブルは、炎症ややけどです​。肌トラブルが起こりやすいので、医療従事者しか施術できないんです。クリニックによっては、施術のたびに念のため炎症止めの薬をくれるところもあります。肌トラブルが起きたときにはすぐに医師に相談するようにしましょう。

美容脱毛の特徴​

​美容脱毛って何?

​美容脱毛とは、光(フラッシュ)脱毛機を利用した脱毛方法です。大手の脱毛サロンで言えば、ミュゼプラチナムや銀座カラーなどがあります。医療脱毛と同じようにニードル脱毛をするエステサロンも一部あります。ニードル脱毛も医療行為とされていますが、レーザー脱毛のように取り締まりは行われていないので、エステサロンでも施術できることになっています。ただ、ニードル脱毛はデメリットが多く、今ではニードル脱毛をする人はほとんどいません。

光脱毛が主流

​光脱毛には3つの方式があります。それぞれ特徴があり、異なります。では、それぞれの特徴を見てみましょう。

​SSC方式(スムース・スキン・コントロール方式)

​施術前にジェルを塗ってから、光を照射して脱毛する方法です。ジェルとの相乗効果によってムダ毛が抜ける仕組みになっています。ジェルに反応する光脱毛をするので、肌への負担も少なく、痛みもほとんどありません。VIOラインや顔脱毛に適した方法です。

​IPL方式(インテンス・パルス・ライト方式)

​黒いメラニンに反応する光を使ってムダ毛を抑制する方法です。もともとはシミの治療に使われていた方法なので、美肌効果があるとされています

SHR方式(蓄熱式脱毛)

​SSC方式とIPL方式が毛根に働きかける脱毛法であるのに対し、SHR方式はバルジ領域という毛包幹細胞に働きかける脱毛法です。今までは毛根が活性化するからムダ毛が生えてくるのだと考えられていましたが、2000年にバルジ部や毛包部を活性化することで毛が生えるということが分かってきました。ですから、バルジ部や毛包部に働きかけ、動きを止めればムダ毛が生えてこなくなるという訳です。

SSC方式やIPL方式は毛周期に沿って脱毛しなければ効果を発揮できません。毛周期に脱毛をしても全体の3割にしか効果がないとされています。だから何度も照射する必要があります。SHR方式は毛周期に関係なく効果があるので、一度の施術で全ての毛に効果のあり、脱毛回数が少なくて済みます。効率よく脱毛ができるんです。

ただ、まだ発見されたばかりの脱毛方法なので、導入している脱毛サロンは少ないです。


鈴木 あかり
現状では、SSC方式とIPL方式が主流です。SHR方式は、画期的な脱毛方法なのでこれから導入するお店がどんどん増えてくるかもしれませんね!

 肌に負担がかかりにくい

​医療脱毛よりも出力が低い分、肌への負担が少ないというのは美容脱毛のメリットです。肌への負担が少ないので、肌トラブルが起こるリスクも少ないので、肌が弱い人には美容脱毛のほうが向いているかもしれません

​美肌ケアしてくれるお店が多い

​脱毛サロンによっては、脱毛するだけではなく、マッサージやイオン導入もしてくれるお店があります。例えば、キレイモは顔脱毛をフォトフェイシャルに変更することも可能です。それに、光脱毛自体がシミにも効くという話もあります。

鈴木 あかり
脱毛と美肌ケアを別でするよりも、時間も費用も節約できるのでお得ですね♪

​リーズナブル

​美容脱毛は、医療脱毛よりも脱毛料金が安く、脱毛にあまりお金をかけられない学生さんや主婦さんにも人気です。部分脱毛でも全身脱毛でも料金は安く、ワキ脱毛だけなら、数百円で脱毛し放題で施術してもらえる脱毛サロンもあります。全身脱毛でも、月額制で一万円以内で脱毛できるプランもあり、手軽に脱毛をスタートさせられます。

​痛みが少ない

​医療脱毛は、施術の痛みがあり、痛みが原因で医療脱毛を断念する人もいるほどです。美容脱毛は、出力が低いということからほとんど痛みはありません。部位によっては少し痛みがあることもありますが、チクっとする程度の痛みで我慢できないほどの痛みではありません。

​店舗数が多く、比較的に通いやすい

​例えばミュゼプラチナムは全国に183店舗、ジェイエステティックは104店舗もあります。きっと自宅から通いやすい店舗を見つけられるはずです。また、引越しをしたときでも引越し先に脱毛サロンを見つけられる可能性が高いです。


櫻井 晴人 
仕事帰りや、遊びに行った後に脱毛サロンに行けると通いやすくていいですね。店舗数が多いから自分の都合にあったお店を見つけやすいのが美容脱毛のメリットです。

永久脱毛ではない

光脱毛機を使って光を照射し、毛根のメラニンを刺激してムダ毛を減らします。美容脱毛は、医療脱毛と異なり、永久脱毛を目指すことはできません。脱毛機の出力の違いや、波長の違いから医療脱毛ほどの脱毛効果は目指せず、ムダ毛を減らすことを目標としています。永久脱毛ではないので、ツルツルになるまで脱毛をしたとしても、数年後に生えてきてしまうことがあります

​脱毛完了までの回数・期間が長い

​医療脱毛が5回から6回の施術で自己処理がほとんど必要なくなり、9回から12回ほど施術してもらうとツルツル肌になれるというのが平均的な回数です。美容脱毛は、ほとんど自己処理が必要なくなるまでに10回ほどかかり、ツルツル肌にするには15回から18回は施術が必要とされています。場合によっては18回以上施術が必要な場合もあります。

期間で言えば、全身脱毛で2年から3年ほどかかってしまうことが多く、医療脱毛の1.5倍から2倍の期間がかかることを覚悟しておいたほうがよさそうです。

​しつこい勧誘があるお店もある

​口コミを見ると、カウンセリングのときに勧誘されたという声が少なくありません。料金の負担の少ない月額制プランを契約しようとしていたのに、強引に費用の高い回数制のプランを契約させられたという人もいます。ただ、しつこい勧誘があるお店は一部で、全てのお店で勧誘される訳ではありません

鈴木 あかり
勧誘されて、ついつい高いプランを契約しちゃったときにはどうすればいいの!?ハルくん教えて!
櫻井 晴人
そんなときにはクーリングオフをしましょう。ただし、契約した日から8日以内でないとクーリングオフできないので、できるだけ早くクーリングオフの手続きをしましょう。

​どっちで脱毛するのがおすすめ?​​

まず医療脱毛と美容脱毛の違いをもう一度おさらいしてみましょう!下の表を見れば一目瞭然です。

​医療脱毛​美容脱毛
​脱毛効果​◎​○ 
​痛み
​× ​○ 
​料金​△ ​◎
​回数・期間​◎​△
​肌への負担​△​○
​通いやすさ​○

とにかく早くツルツル肌になりたい人には医療脱毛がオススメです。ただし、料金の負担が大きいので、ある程度脱毛にお金をかけられる人に向いているとも言えます。痛み、肌への負担も気になるところですが、麻酔を使えば痛み対策もできますし、肌トラブルが起きても医師に診察してもらえるので安心感もあります。

安く、痛みのほぼない脱毛をしたい人には美容脱毛がオススメです。美容脱毛は綺麗になるまで時間がかかるので、時間に余裕がないとなかなか脱毛完了まで通い続けられません。料金も安く手軽に始められるので、脱毛初心者が多く利用しているようです。

自分に合った方法で脱毛しよう​

いかがでしたか?医療脱毛と美容脱毛は、似ているようで大きな違いがあるものです。これから脱毛を始めようとしている人は、それぞれのメリット、デメリットを考えて、自分に合った脱毛方法を見つけましょう!

鈴木 あかり
失敗しない脱毛をするには、自分に合ったお店を見つけることが第一歩です。自分の中で重要にしているポイントを考え、しっかり通い続けられるお店を選びましょう
img footer post layout

TOP