脱毛中の日焼けは絶対NG!注意事項を守って効果的な脱毛をしよう

脱毛中の日焼けは絶対NG!注意事項を守って効果的な脱毛をしよう

シェアする

なぜ脱毛中の日焼けはダメなの?

脱毛中の日焼けがNGな理由を知っていますか?知らずにうっかり日焼けしてしまうと、深刻な肌トラブルになることがあるので要注意です。そして、脱毛効果も充分に得られない可能性があります。夏になったら日焼けを楽しみたい!という日焼け肌派の人は、脱毛は長期間になることが多いので、脱毛時期には要注意です。また、日々の生活の中でも紫外線は毎日私たちに降り注ぎますので、脱毛中はより念入りな日焼け対策が必要です。 なぜ日焼けがダメなのか、もしうっかり日焼けしてしまった時はどうすれば良いのか、そしてどうしても日焼けしたい人は脱毛を諦めるしかないのか、今回は徹底的に解説していきましょう。

脱毛中の日焼けがNGな3つの理由

そもそも、どうして脱毛の日焼けが関係あるの?と思っている人もいらっしゃるでしょう。真っ赤になるほどのひどい日焼けじゃなかったら大丈夫じゃないの?と思っている人も多いでしょう。実は、絶対に脱毛中に日焼けしてはいけない!という理由は3つあります。まずはそこからご説明しましょう。

火傷など肌トラブルの恐れがある

肌は日焼けすると軽い火傷を負った状態になります。その肌に脱毛照射をするとどうなるのかは、考えただけでぞっとしますよね。脱毛だけでも肌にはダメージを与えることになるので、そこに日焼けによるダメージが加わると、肌は更に深刻なダメージを負うこととなります。また、シミや色素沈着などの肌トラブルも招く原因となり、せっかく脱毛して毛のないツルツルな肌になれるはずが、今度は他のトラブルに悩まされることになってしまうかもしれません。

痛みが増してしまう

日焼け後、肌がかさつく感じを経験したことがある人も多いと思いますが、日焼けによって肌はかなり乾燥してしまいます。日焼けした肌は熱を持ち、肌の水分をどんどんと蒸発させてしまうからです。日焼け後の肌を触った時に、熱を持っていることを実感したことがある人は多いのではないでしょうか?その肌に、更に脱毛照射による熱を加えることになるので、痛みは通常より増してしまいます。また、黒い物に反応する脱毛照射レーザーは、肌も黒いと毛に働きかけるのと同じように肌にも反応する為、痛みが増します。

脱毛効果が薄れてしまう

先ほどもお伝えしましたが、脱毛照射レーザーは黒いものに反応するように作られています。その為、肌が黒いと正確に毛をキャッチできなくなり、ダイレクトに毛にアプローチできません。黒い肌に埋もれて毛を認識してくれなくなったりすることもあるので、脱毛効果がしっかり得られない結果となってしまいます。
あかりちゃん
脱毛中に日焼けをしたらダメな理由が分かったら、もう日焼けには気を付けるわよね!

日焼けしてしまった場合の対応って?

ハルくん
そしたら、うっかり日焼けしてしまった!って時はどうすれば良いのですか?
あかりちゃん
無理に脱毛するのだけは絶対やめましょうね。良い対処法をこれから2つご紹介するわ!

 日焼け箇所を避けて照射

おそらく、全身くまなく日焼けしてしまったという事は稀でしょう。体の日焼けしていない所であれば、通常通り脱毛は可能です。例えば、腕の脱毛を予定していたが、うっかり腕を日焼けしてしまった!という場合は、脱毛箇所を日焼けしていないワキやデリケートゾーンに変更すれば良いのです。また、脚の脱毛を予定していたけれど、膝から下だけ日焼けしてしまった時は膝から上だけを施術してもらう事も可能です。 全身脱毛コースを契約している場合は、このように照射してもらう部位の変更で対応できますが、例えば腕のみの脱毛コースを契約している場合は、腕を日焼けしてしまったら施術を受けられなくなってしまいます。特定部位の脱毛コースの場合は、くれぐれも日焼けしないよう気を付けましょう。

予約キャンセル

全身脱毛プランなどでしたら、日焼け箇所を避けて脱毛施術を受けることは可能ですが、特定の部位のみの脱毛プランだと、先ほどもお伝えしました通り、部位を変更することはできません。その場合は、予約をキャンセルしておきましょう。クリニックやサロンによってキャンセルポリシーは異なりますので、キャンセル料がかからないよう期限までに前もって必ず連絡を入れましょう。 しかし、かなりしっかり日焼けをしてしまった部位は最大3か月も脱毛施術が受けられなくなってしまう事もあるので、契約プランの有効期限には要注意です。
ハルくん
脱毛期間中は日焼けも計画的にしなくてはいけませんね!

あかりちゃん
日焼けを計画的にって……うーん、まぁそうね。でも肌の為には、やっぱり脱毛中に限らず日焼けはしないに限るわよ。シミの原因にもなるしね。

どの程度の日焼けだとNG?

日焼けと言っても、ほんのり日に焼けた状態や夏の灼熱の太陽に焦がされてしまったような日焼けなど、様々です。日焼けの度合いによって施術できるかできないかが決まりますし、施術できない期間も変わってきます。一体、どの程度の日焼けをしたら脱毛をできなくなってしまうのか、そのボーダーラインをご説明しましょう。四季のある日本では、季節によって日焼けの度合いが異なるので、日焼けしてから脱毛できるまでの期間も季節によって変わってきます。

冬・春は2ヶ月以内の日焼けでNG

冬や春でしたら、2ヶ月以内に日焼けした場合は施術してもらえなくなるようです。日焼けしてしまった場合、理想としては日焼け後3ヶ月たった頃が施術できる目安でしょう。冬や春は、日焼け対策を忘れがちになる季節でもあります。脱毛中の人は注意が必要です。

夏・秋は3ヶ月以内の日焼けでNG

夏や秋の日焼けは、冬や春にくらべて深刻です。特に夏は紫外線の量も違いますし、着る服も薄着になり露出も増えます。屋外に出る機会も多い季節なので、1年の中でも夏と秋は特に充分な注意が必要です。夏・秋は、3ヶ月以内に日焼けをした人は施術できないようです。特に腕や脚など日焼けしやすい部位は、最低でも日焼けから4か月たった頃が目安と言われています。
ハルくん
うわ~かなり長い期間あけないといけないんですね~。その間に契約プランの有効期限が切れちゃいますよ!脱毛中は日焼けしたら絶対にダメですね。
あかりちゃん
屋外に出る機会がある時は、しっかり紫外線対策して行きましょうね!そうすれば問題なく施術が続けられるわよ。

 日焼けを早く治すおすすめケア方法

日焼けをしてしまったけれど、できるだけ早く脱毛施術が受けたい!プランの有効期限がもう少しで切れてしまう!という人は、日焼けの後のアフターケアが回復への大切なポイントです。どんなケアをすれば、日焼け肌からの回復が早められるか、ご紹介していきましょう。

クーリングする

火傷した時、真っ先にすることは「冷やす」ことです。日焼け肌も同じです。肌が火傷状態になっているので、まずは冷やしてあげましょう。冷やすと言っても日焼けの状態によって、冷やし方は異なります。ヒリヒリと肌の表面が痛いほどのひどい日焼けの場合は、冷たいタオルやお水で冷やすのも良いですが、冷蔵庫で冷やしたアロエジェルを塗るのもおすすめです。しかしそこまでひどい日焼けでない場合は、冷たすぎる物を肌に付けると血管が収縮して余計に肌の回復を遅らせます。体温よりすこし低いくらいのぬるめのお湯のシャワーを患部に当てたりする程度で十分です。あまり強い水圧でシャワーを浴びることはNGです。余計に負担を与えてしまいます。

保湿する

日焼けした肌は異常に乾燥しています。そのまま放っておくと、肌が脱水状態に陥り、本来持つ回復機能も働きが悪くなります。保湿して水分を与えてあげることで、肌のターンオーバーを促すことができ、その結果、肌の回復も早くなります。普段から肌を保湿することは、肌を健やかに保つために大切ですが、日焼け後は特に、保湿を十分に行いましょう。 アフターサンローションなど、日焼け後専用のローションも市販されています。ヒリヒリするほどのひどい日焼けの場合は、日焼け後専用の保湿剤を使った方が良いでしょう。

しっかりと睡眠をとる

寝不足が続くとお肌の調子が悪くなります。それと同じです。日焼け肌にも睡眠不足は天敵です。肌の早い回復を望むのであれば、睡眠をしっかりとることが大切です。成長ホルモンが分泌される22時~2時に睡眠をとっていることが肌への回復にはベストでしょう。あまり夜更かしせず、早めに就寝するように心がけましょう。 また質の良い睡眠を意識することも大切です。カフェインやアルコール摂取を控えたり、パソコンやスマホによるブルーライトも睡眠を妨げると言われます。寝る前にギリギリまでスマホやパソコンをしていると、質の良い睡眠はとれません。最低でも寝る1時間くらい前からは体がリラックスできる環境を整えましょう。

ビタミンを摂取する

健やかな肌にはビタミンが必要不可欠です。肌の再生を促してくれるビタミンを積極的に摂取して、体の内側から肌の回復を助けてあげることも大切です。特にビタミンA・E・Cは、肌に良いので、接種できる食事を心掛けましょう。
​肌の再生に効果的なビタミン 接種できる主な食べ物​
​ビタミンA ​うなぎ・たまご・レバー・チーズ
​ビタミンE ​アボカド・アーモンド・いくら・明太子・大根の葉
​ビタミンC ​みかん・レモン・じゃがいも・さつまいも・いちご
あかりちゃん
ビタミンEは、ビタミンCが体に吸収されるのをサポートしてくれるから、一緒に摂取するのがおすすめよ!
ハルくん
食事から摂るのが難しい場合は、サプリなどを飲むのも良いですよね!

 状態が落ち着いたらピーリング

やけど状態が落ち着き、肌の状態が十分に整ったら、ピーリングやスクラブを行うのもおすすめです。古い角質が取れ、肌のターンオーバーが促されるので、肌の回復も早まります。ただ、頻繁にやると逆に肌へ負担をかけてしまいます。週に1回程度で十分でしょう。また、敏感肌の人や日焼けによって肌がデリケートになってしまっている場合は、オーガニック製の刺激が少ないピーリングやスクラブを選ぶとより良いでしょう。

 日焼けの予防方法

何と言っても、脱毛している間は日焼けはしない方が良いです。日焼けをしっかり未然に防ぐことで、しっかり脱毛効果も得られますし、契約プランの有効期限の心配もいりません。日焼けの予防方法をご紹介しますので、是非日常生活に取り入れてください。

日焼け止めを使う

まずは、日焼け止めを使うことを習慣にしましょう。普段、顔には日焼け止めを塗るけど体までは塗らない……という人も多いと思いますが、脱毛期間中は体にも日焼け止めを塗るようにしてください。特に脱毛する予定の部位は、念入りに塗りましょう。日焼け止めにもたくさん種類があります。海やプールの日はウォータープルーフタイプを選ぶなど、用途に合わせて正しく使うことも、日焼け止め効果をしっかり得るためのコツです。

日傘や衣服で直射日光を避ける

日焼け止めは汗で流れてしまうこともありますし、こまめに何度も塗りなおす必要があります。それが面倒な人は、日傘や衣服で日焼けを防ぐのも良いでしょう。UVカット効果がある日傘やパーカーなどを使うとより効果的です。帽子にもUVカット加工されている商品がありますので、小さななお子様がいる人や運動をするときは両手があくように、帽子をかぶりましょう。

日焼けしても大丈夫な脱毛がある?!

散々、日焼けはNGという話をしてきましたが、実は脱毛業界も日々進化していて、日焼けをしても脱毛施術ができる脱毛機器が開発されています。どうしても日焼けを防ぐことができない人、日焼けした小麦肌が好きな人には朗報です!

ハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛は、これから生えてくる毛の発毛因子にアプローチする方法で施術を行います。毛が生えてくるもとの部分である発毛因子に働きかけると、細胞分裂する働きが衰え、その結果、毛が生えてくるのを抑制できるのです。生えている毛にアプローチする光脱毛とは違って高熱で焼くことはせず、36~38℃程度の体温のような熱さで熱を加えていくので、痛みもほとんど感じることなく脱毛が可能なようです。 温度が低い分、レーザー脱毛に比べて肌への負担が少ないので、日焼けした人はもちろん、アトピー性皮膚炎などの肌トラブルで、これまで脱毛を断られてきたという人も施術が可能です。また、毛周期に合わせて照射する光脱毛と違い、ハイパースキン脱毛は3~4週間間隔で次の施術が受けられます。その為、短い期間で脱毛が完了するのもメリットです。   ハイパースキン脱毛が受けられるのは、全国に120店舗を構える「敏感肌専門脱毛サロン Dione」です。肌ダメージ0で脱毛が可能という新しい発想で、これまで肌がデリケートなことが原因で脱毛ができなかったという人たちが施術を受けられるサロンとして人気を集めています。 料金
  • 全身脱毛(顔を除く) 360,000円(税別)
  • ハイジニーナ(VIO全て)  120,000円(税別)
  • 顔全体  72,000円(税別)​
敏感肌専門脱毛サロン Dione(ディオーネ)

SHR式脱毛

SHR式脱毛とは、蓄熱式脱毛とも呼ばれています。レーザー脱毛とは違い、毛周期に合わせることなく施術が可能です。新しい毛の大部分を作り出すと言われている毛包部・バルジ部にダメージを与えるため、毛周期に合わせなくても毛が生えてくる働きを抑制できるようです。SHR式脱毛では、45~50℃という比較的低めの温度の光を何度も当ててバルジ部を破壊していきます。レーザー脱毛より低温の為、痛みもかなり軽減されている点も魅力です。バルジ部に働きかけることで、レーザー脱毛では照射できないほくろ部分や産毛、日焼けや色素沈着によって黒くなってしまった肌にも照射が可能です。   SHR式脱毛施術が受けられるのは、女性専用脱毛サロン「la coco(ラココ)」です。ラココは、脱毛器メーカーが自ら完全プロデュースしたサロンです。脱毛器メーカーがサロンを作り、自分たちの会社で開発した脱毛器を使うため、かかるコストが安く抑えられ、その結果、脱毛料金がお手頃に設定されています。また、SHR式脱毛は痛みゼロ・短期間・超高速で毎月施術を受けることが可能で、なんと最短6ヶ月で脱毛が完了することもあるそうです。忙しい人にはもちろん、比較的日焼けをしない秋・冬の間に脱毛を終わらせてしまうこともできるでしょう。 料金
  • 全身脱毛(顔・VIOライン含む) 5回で69,000円(税別)
  • 全身脱毛(顔・VIOライン除く) 5回で49,000円(税別)​
女性専用脱毛サロン la coco

メディオスターNeXT(ダイオードレーザー)

メディオスターNeXTも、バルジ領域という毛根細胞に栄養を送ることで毛が生えてくるという、言わば毛の原点の領域を破壊する方法で脱毛していく新しいレーザー脱毛です。バルジ領域の破壊は、それほど高くない温度で肌をじわじわと温めるため、通常のレーザー脱毛とは違って肌へのダメージも痛みも軽減されます。また、高い冷却機能も肌へのダメージも抑制することが可能です。   メディオスターNeXTを導入しているリゼクリニックでは、「メディオスターNeXT Pro XL」という大口の照射口を搭載された機器を使っているため、一度に広範囲の照射が可能です。時間がかかる全身脱毛も短い時間で施術が完了します。 料金
  • 全身脱毛(顔・VIOラインを除く) 5回 298,000円(税込)
  • 全身脱毛(顔を除く)​ 5回 358,000円(税込)
  • 全身脱毛(VIOラインを除く) 5回 358,000円(税込)
  • 全身脱毛(顔・VIOライン含む) 5回 398,000円(税込)
リゼクリニックは医療脱毛です。3種類の脱毛機器が導入されており、医師に診断により、患者様に合った脱毛機器をその都度使い分ける為、必ずメディオスターNeXTによる施術が受けられるとは限りません。 リゼクリニック

ハヤブサ(ダイオードレーザー)

レーザー脱毛マシン「ハヤブサ」も、発毛因子を作り出し毛を生やす皮脂腺の下にあるバルジにレーザーを照射し、毛を生やす組織を破壊していきます。毛根にレーザーを照射するのではないので、日焼けした肌にも照射が可能です。またハヤブサは、とにかく早く施術が済むのが魅力で、なんとその速さは業界No.1を名乗るほどです。ハヤブサは、完全に無痛という訳ではなく、痛みの感じ方には個人差があり、部位によっても痛みの感じ方は異なると言われていますが、「施術時間が早ければ耐えられる!」といった口コミも多数寄せられています。 毛に照射した時のようなパチッとした痛みは取り除かれましたが、脱毛効果はレーザー脱毛よりも高いと言われていて、産毛すらも残さないツルツルの仕上がりが期待できます。ただしハヤブサは、色素の薄い毛の人や白髪には反応しないので、脱毛効果は得られません。また、すでに日焼けしている人の脱毛施術は可能ですが、施術期間中の日焼けはNGのようです。夏に日焼けをしたいと考えている人は、脱毛開始時期に注意をしてください。   ハヤブサを導入しているのは新宿と銀座にクリニックを構えるkmクリニックです。 料金
  • 全身脱毛(顔・VIOラインは除く) 5回 198,000円(税抜)これは、2017年4月1~6月30日まで限定のお得なコースです!
  • 全身脱毛+顔  5回  248,000円(税抜)
  • 全身脱毛+VIOライン  5回 248,000円(税抜)
  • 全身脱毛+顔+VIOライン  5回 288,000円(税抜)
  • 両ワキ  5回 10,000円(税抜)
kmクリニック

脱毛中は日焼け対策を意識しよう

今日の脱毛技術はかなりの深化を遂げ、痛みも肌へのダメージも大幅に軽減されてきてはいますが、やはり脱毛施術を行うと肌へのダメージはゼロではありません。そして日焼けも肌にとっては深刻なダメージです。また、肌へのダメージだけでなく、日焼けが原因で本来の脱毛効果が得られない可能性があります。せっかくお金を払って脱毛するのですから、ツルツルな肌になりたい!というのは皆さん同じでしょう。せっかく払ったお金を無駄にしない為にも、脱毛期間は日焼けをしないように十分に気を付けて生活しましょう。日焼け止めや帽子、日傘、羽織ものなどの日焼け対策グッズは、脱毛中はマストアイテムです!特別なレジャーの日だけでなく、毎日の生活の中でも是非、気を付けてくださいね!  
img footer post layout

TOP