【要チェック】「腕のぶつぶつ」は誤った脱毛処理方法が1番多い原因

【要チェック】「腕のぶつぶつ」は誤った脱毛処理方法が1番多い原因

シェアする

腕に出来たぶつぶつ、誤った処理が原因かも…

undefined
あかりさん
気づいたら腕に黒かったり赤かったりするぶつぶつができていた!なんて経験、あなたもありませんか?
undefined
ハルくん
きれいにしたい一心で脱毛をがんばったのに、その方法が間違っていたせいでかえって肌を汚くしてしまうのは後悔でいっぱいになってしまうはず……。
undefined
あかりさん
今回はそんな腕にできるぶつぶつの原因と対策を私たちと一緒に学んでいきましょう!

ムダ毛処理によるぶつぶつの原因は主に6つ

黒いぶつぶつの場合

【1】埋没毛

「埋没毛(まいぼつもう)」とはその名の通りに、皮膚に埋もれてしまっている毛のことです。毛があるのは見えても外には出てきていないので、剃ったり抜いたりしようとしても処理することができないのが特徴です。 埋没毛の原因 埋没毛になってしまう原因は、肌の荒れターンオーバーサイクルが乱れていることがほとんどだと言われています。そして、肌の荒れなどを引き起こす原因は剃ったり抜いたりといった自己処理にありがちだとも言われています。これらの自己処理によって、肌や毛穴を傷つけてしまったり、乾燥を引き起こして肌が硬くなることで古い角質が落ちづらくなってしまうのです。そして、そのように荒れた肌では毛が正常に皮膚の外へと出てくることができず、埋没毛となってしまいます。 埋没毛の治療法 埋没毛は基本的には自然と治っていくものだと言われています。ただ、肌の乾燥などがひどい場合にはターンオーバーサイクルが遅くなってしまい、治るまでに時間がかかってしまいます。そのため、埋没毛の治療のためには、まず保湿を心がけるようにしましょう。 また、ボディスクラブやピーリング剤などを使用して、ターンオーバーを促進するのも効果的だと言われています。ただ、ボディスクラブやピーリング剤をあまり頻繁に使用してしまうと、かえって肌の乾燥を招いてしまいかねません。目安としては週2回を限度に行いましょう。 そもそも埋没毛を起こさせないためには 埋没毛は自己処理が大半の原因です。そのため、自己処理とその後のケアを徹底することが一番の対策と言われています。まず、カミソリや毛抜きを使った自己処理は肌を痛めやすいため、電気シェーバーの使用がおすすめです。そして、自己処理が終わったあとには必ずボディクリームなどを使って、肌の乾燥を防ぐようにしましょう。 そのほか、費用はかかってしまいますが、そもそも自己処理を止めてお店で剃ってもらったり、エステで脱毛を行うのもひとつの手でしょう。

【2】色素沈着

「色素沈着」といえば、顔や脇にデリケートゾーンなどといった箇所で悩まれる方が多いものですが、腕のぶつぶつもこれが原因となっていることがあります。 色素沈着の原因 そもそも色素沈着というのは、なんらかの刺激を受け、炎症を起こしてしまった肌が最終的に黒ずんでしまうこと。そして、腕が受ける刺激でいえば、脱毛処理による刺激がかなり大きいと言われています。埋没毛と同様に剃ったり抜いたりという自己処理の中で、肌や毛穴を傷つけてしまったことが色素沈着を引き起こしてしまうのです。 また、埋没毛になっているところを無理に毛を抜き出そうとしたりして、ぶつぶつを潰してしまうことが色素沈着の原因となることも。そうなってしまうとせっかく埋没毛が治っても、色素沈着のせいで見た目がぶつぶつとして見える肌になってしまいます。 色素沈着の治療法 一度、色素沈着を起こしてしまった肌を元通りきれいにするには、ターンオーバーを何度もくり返す必要があるため、とても時間がかかると言われています。少しでもターンオーバーを早めるため、保湿を心がけ、柔らかい肌を保ちましょう。また、費用はかかってしまいますが、皮膚科でレーザー治療によって色素沈着を治していくといったより効率的な方法もあります。 そもそも色素沈着を起こさせないためには 色素沈着も埋没毛と同様に自己処理とその後のケアの徹底が予防に繋がります。電気シェーバーを使うことや、自己処理後には必ず保湿を行うなどして肌をケアしていきましょう。

【3】毛の断面

カミソリや電気シェーバーを使ってムダ毛を剃ったあとの「毛の断面」が黒いぶつぶつに見えてしまうこともあります。 毛の断面がぶつぶつに見える原因 カミソリや電気シェーバーでの自己処理は剃るだけなので、どうしても毛根近くの毛は残ってしまうものです。そのため、毛が太い人ほどぶつぶつが目立ってしまう傾向にあります。ただ、以前よりもぶつぶつが目立つようになってきたという場合には、毛穴が傷ついて炎症を起こしてしまっている可能性があります。炎症を起こすことで毛穴の周りが腫れ、そこから伸びている毛も目立つようになってしまっているのです。 毛の断面を目立たなくさせる方法 剃るという自己処理の場合には、毛の断面が必ずできてしまうものです。ただ、なるべくそれを目立たないようにするためには、剃り方を守ることが大切です。シェーバーを押し付けるようにして剃ってしまったり、毛の流れと反対方向に向けて剃ってしまったりはNG。肌へのダメージが大きくなり、毛穴が炎症を起こす可能性を高めてしまいます。また、一説によると肌にダメージを与えるとそれから守るために毛が濃くなるといった話もあるので注意しましょう。 そして、ほかの原因と同様に自己処理後の保湿ケアもしっかりと行い、毛穴の炎症を引き起こさないように心がけましょう

【4】毛穴汚れ

「毛穴汚れ」といえば、小鼻に起こるものが一番身近ですが、腕にも同じように起こることがあります。 毛穴汚れの原因 毛穴汚れは角栓の詰まりによって起こるものです。そもそも、角栓というのは肌の角質や皮脂などによってできるもの。そのため、ターンオーバーが正常であれば古い角質や皮脂が落ち、詰まることはありません。しかし、自己処理によって肌を傷つけて乾燥させてしまったりすることでターンオーバーが乱れ、毛穴が汚れて黒くぶつぶつに見えてしまうのです。 また、正しく体を洗えていないために肌に残った化粧品が角栓と共に毛穴を塞いでしまうこともあります。 毛穴汚れの治療方法 毛穴汚れは放っておくとニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまう恐れもあるため、なるべく早めにケアしていきたいところです。ケア方法としてはターンオーバーを早めることになるため、色素沈着と同様に保湿をしっかりと行い、柔らかい肌を保ちましょうそもそも毛穴汚れを起こさせないためには 毛穴汚れはターンオーバーの乱れによって起こることが多いため、肌を傷つけたり乾燥させないことが大切です。そのため、自己処理時にはほかの原因と同様に電気シェーバーを使用することや、自己処理後には保湿ケアを徹底しましょう。 また、たとえば腕に日焼け止めクリームを塗っていたり、ラメなど化粧品を使った日はしっかりと洗い流すようにしましょう。特に強いタイプのものは通常の石鹸やボディソープでは落としきれない可能性があります。注意書きをしっかりと読んだ上でメイク落としなどが必要な場合には、きちんとそのようにしましょう。

赤いぶつぶつの場合

【5】かゆみがあるなら皮脂欠乏性湿疹

赤いぶつぶつは黒いぶつぶつと違って、きちんとした症状名がついていることが多いものです。そして、そのひとつとして挙げられるのが「皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん)」です。 皮脂欠乏性湿疹の原因 皮脂欠乏性湿疹は、乾燥からかゆくなった肌をかく内に湿疹ができてしまった肌の症状を指します。乾燥しやすい秋から冬にかけて出ることの多い症状ですが、誤った自己処理によって肌を傷つけたりなどが原因となって起こる乾燥でも発症する可能性があります。かゆみがあるほか、乾燥がひどく粉をふいたような状態や皮膚に亀裂が入ったような状態になることもあると言われています。 皮脂欠乏性湿疹の治療方法 軽度のものであれば、保湿ケアによって徐々に症状が緩和すると言われています。ただ、症状が重たかったり、早急にケアしたいという場合には皮膚科にかかりましょう。皮膚科では塗り薬のほか飲み薬によって保湿とかゆみを抑えることで治療を進めていきます。

【6】かゆくないなら毛嚢炎

「毛嚢炎(もうのうえん)」とは、毛穴の奥に細菌が入り込み、感染してしまうことで起こる症状です。ぶつぶつとした湿疹が出ますが、かゆみはないのが特徴です。 毛嚢炎の原因 毛嚢炎は、「毛包(もうほう)」という毛をつくっている器官がカミソリなどによって傷つき、そこに入り込んだ菌が感染することでニキビのような赤いぶつぶつができてしまいます。 毛嚢炎の治療方法 毛嚢炎は軽度のものであれば、自然治癒すると言われています。ただ、カミソリでの処理を続けることで悪化してしまうこともありますので、まずカミソリでの処理は止め、電気シェーバーでの自己処理に変えていきましょう。また、電気シェーバーを使うにしても毛嚢炎が落ち着くまではなるべく処理回数を減らしてください。そして、症状がひどい場合やぶつぶつの範囲が広がってきたという場合には、皮膚科で診察を受け、抗菌薬などを処方してもらうことをおすすめします。

4つのぶつぶつ対策

undefined
ハルくん
腕のぶつぶつを引き起こす原因は6つもあったけど、そのどれもの原因になりやすいのが間違った自己処理でしたね。
undefined
あかりさん
ハルくんの言う通り、腕のぶつぶつの原因は自己処理にアリ!だから、ぶつぶつを作らないようにするためには、以下のような正しい自己処理方法を身につけることが一番だと考えられているんです!

清潔な電気シェーバーを使う

まず、自己処理に使用するのは「電気シェーバー」がほかの器具よりも肌に刺激が少なく、やさしいと言われているためおすすめです。また、電気シェーバーは使用する度にしっかりとお手入れをしましょう。 水洗いが可能なタイプの電気シェーバーであれば、専用のブラシで挟まっている毛を取り除いてから水洗いをし、その場で水をきちんと切るほか、風通しの良いところに立てかけておくなどして乾燥させます。シェーバーによってはお風呂での使用をOKとしているものもありますが、その場合でもカビやサビの繁殖を防ぐために乾燥は必ず風通しの良いところで行うようにしてください。また、水洗い可能なタイプだと電気シェーバー専用の洗浄剤を使用することもできるため、定期的にそのようなものも使うことでより清潔に保つことができます。 水洗いが不可なタイプの電気シェーバーは、専用のブラシで毛を取り除いたら、ティッシュで皮脂などをよく拭き取りましょう。また、水洗いが不可なタイプの場合には、そうでないタイプ以上にこまめに刃を変えることをおすすめします。

処理部分を清潔にする

いくら電気シェーバーが清潔でも、処理部分が不清潔であれば菌が毛穴に入り込んでしまう恐れが高くなってしまいます。腕だけなどであれば、シャンプードレッサータイプの洗面所で洗うことも可能ですが、おすすめはお風呂上がりに自己処理することです。お風呂上がりですと、清潔なだけでなく肌が柔らかくなっているため自己処理の際に肌を傷つけづらくなると言われています。

正しい方法で処理する

電気シェーバーは基本的に何もつけずに剃ることができるものです。ただ、お風呂上がりなどは肌がしっとりとしているために、滑りが悪くなり、剃りづらくなってしまうことも。そのような状態で無理に剃ってしまうと、剃り残しが出やすいだけでなく、肌に傷を作りやすくなってしまうので、気になるときにはベビーパウダーなどをはたいてから行うのがおすすめです。 また、剃る時には角質ごと削ってしまいかねない逆反りは止めましょう。毛の流れに沿って電気シェーバーをすべらせてください。

アフターケアを怠らない

自己処理後の肌はとても敏感になっていて、乾燥しやすい状態にあります。そのため、ボディクリームやローションなどでしっかりと保湿をしましょう。また、自己処理後にお風呂に入る場合には、念のためぬるめのお湯にして、長時間浸からないようにしてください。

ムダ毛処理以外が原因の可能性も…

undefined
あかりさん
今回紹介してきた「腕のぶつぶつの原因6つ」のどれにも心当たりがないのなら、ひょっとするとほかの何かが悪さをしているかもしれません……。
undefined
ハルくん
ムダ毛処理以外が原因となって起こる腕のぶつぶつについて、最後に4つ紹介していきますので、こちらもチェックしていってください。

【1】毛孔性苔癬(毛孔角化症)

「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」とは、「毛孔角化症(もうこうかくかしょう)」とも呼ばれ、肌色から少し赤みがかった色のぶつぶつが腕に現れる症状です。

毛孔性苔癬の原因

毛孔性苔癬についてはまだ研究段階にあり、原因が解明されていません。ただ、遺伝的に出やすい体質があると考えられており、男性よりも女性に出やすい症状だと言われています。

毛孔性苔癬の治療方法

毛孔性苔癬は基本的に思春期ほど症状が強く、そこから年を重ねるとともに緩和され、30代の内に自然治癒すると言われています。また、ターンオーバーを促進することで治療を早めることができるとも言われているため、保湿ケアをしっかりと行い、肌を柔らかくしていきましょう。 そのほか、ぶつぶつが気になってもかきむしったり、潰すのはNG。ムダ毛処理が原因になることはないと考えられていますが、ムダ毛処理によってぶつぶつが潰れてしまうことも色素沈着などを引き起こす原因になるので注意してください。

ニノキュアという治療薬もアリ

毛孔性苔癬を治療するものとして第3類医薬品「ニノキュア」が小林製薬株式会社から製造・販売されています。ニノキュアは尿素を20%と豊富に含んでいるため、肌をやわらかくし、ターンオーバーを高める効果が高いとのこと。そのほかにも、トコフェロール酢酸エステルという血行を高める成分によるターンオーバー促進効果も期待でき、毛孔性苔癬に悩む人々の救世主的存在として近年話題になっています。 使い方も1日に数回、患部にニノキュアを塗り込むだけというとても簡単なもの。ドラッグストアでも購入できるほか、約2週間で効果が出ているかどうかが分かると公式でも記載されているため、気軽に試しやすい商品だと言えそうです。 「ニノキュア」公式サイト

【2】マラセチア毛包炎

「マラセチア毛包炎」とは、夏にできやすいと言われる症状です。マラセチア毛包炎になると、赤く小さなぶつぶつが現れ、かゆみが起こります。毛嚢炎と症状も名前も似ているため間違われやすいほか、ニキビにも似ているため、なかなかマラセチア毛包炎だと自覚できないケースも多いそうです。

マラセチア毛包炎の原因

マラセチア毛包炎はその名前にも入っている「マラセチア菌」というカビが原因となって起こります。マラセチア菌自体は誰もが持っている菌なのですが、これがたとえばカビの繁殖しやすい梅雨時期に異常繁殖してしまうなどして、炎症を引き起こしてしまうのです。

マラセチア毛包炎の治療方法

マラセチア毛包炎は悪化すると、強いかゆみやときには痛みまで引き起こすと言われています。そのため、マラセチア毛包炎の可能性に心当たりがある場合には、必ず皮膚科にかかるようにしましょう。皮膚科では主に抗真菌薬の処方のほか、肌の状態によっては保湿用の軟膏などが処方されます。それらを使用することで、おおよそ1ヶ月から2ヶ月で治癒すると言われています。また、一度マラセチア毛包炎になってしまうと再発しやすいとも言われているため、常に肌の状態を清潔かつ健康に保つことが必要となってきます。

【3】蕁麻疹

ぶつぶつとした湿疹が出る「蕁麻疹(じんましん)」はアレルギーが原因となっているもののほか、摩擦や汗などの外的刺激が原因となっているものがあります。

蕁麻疹の原因

まず、アレルギー性の蕁麻疹は食べ物のほか、植物や昆虫、それから医薬品などによって引き起こされることがあります。心当たりがある場合には、そのものを避けることで発症を避けることができますが、ないという場合には一度病院にかかりアレルギー検査を行うのも良いかもしれません。特に医薬品によるアレルギーは重篤な健康被害を及ぼす可能性があるため、服用中の薬がある場合には、すぐに医師に相談するようにしてください。 次に、外的刺激による蕁麻疹に関しては、もともと体質的に出やすい人もいるほか、疲労やストレスが溜まっているときほど出やすいと言われています。重篤化する恐れはほとんどないとされますが、あまりに気になるようであれば医師に相談することをおすすめします。 また、ムダ毛処理に使ったローションやブラジリアンワックスの配合成分がアレルギーを引き起こしてしまっている可能性もあります。どんなに肌にやさしい成分であっても体質に合わないということもあるため、可能性として考えられる場合には一度使用を止めてみましょう。

蕁麻疹の治療方法

軽度のものであれば蕁麻疹はかきむしったりなどせず、そっとしておくことと原因が分かっているのであればそれを避けることで自然治癒していきます。ただ、もしも症状が腕の一部だけでなく、広範囲に渡って出た場合やかゆさがどうしても我慢できないという場合には皮膚科にかかることをおすすめします。特に全く原因に心当たりがないという場合には、なんらかの病気の症状として蕁麻疹が現れている可能性があるので、気をつけてください。

【4】アトピー性皮膚炎

「アトピー性皮膚炎」は慢性のものだと子どもの頃から患っている方が多いため、自覚されている方も多い症状です。かゆみをともなう湿疹が出ては落ち着きを延々とくり返します。一時的なものであれば6ヶ月以内に完治しますが、そうでない場合には完治は難しく、普段のケアや薬で症状をコントロールしていくことになります。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎は、免疫機能が必要以上に強くはたらいてしまうことで必要な菌などまで壊してしまうことから炎症を起こしてしまう症状です。発症は体質によるところが大きく、アレルギー体質の方や皮膚のバリア機能が整いづらい人ほど多く発症すると言われています。また、疲労やストレスが原因となって免疫機能が低下するとともにアトピー性皮膚炎を引き起こしてしまったり、症状を悪化させてしまう恐れもあるそうです。

アトピー性皮膚炎の治療方法

アトピー性皮膚炎にかかってしまった場合は、一般的には皮膚科にかかり塗り薬や飲み薬のほか、保湿剤を処方してもらって治療していきます。ただ、アトピー性皮膚炎のそもそもの原因となる免疫のはたらきを抑制するために使われるステロイド剤は度々物議を醸しているもの。というのも、ステロイド剤を長期に渡って使用しているとさまざまな副作用が現れます。そして、その中には出血しやすくなったり、病気にかかりやすくなってしまうといったかなり気がかりなものも含まれているのです。そのため、患者や医師によっては極力ステロイド剤の使用は避け、日常生活で行うことのできるケアを徹底した治療を進めていることもあります。 日常生活におけるケアは食生活の改善や洗濯洗剤を無添加のものに変える、保湿をしっかりと行うなど多岐に渡っています。大変なことではありますが、そのようなケアを心がければアトピー性皮膚炎は少しずつコントロールできるようになり、改善に繋がると言われています。

症状がひどい場合は、すぐ皮膚科にかかりましょう

undefined
あかりさん
腕のぶつぶつの原因は、間違ったムダ毛処理の可能性が大!でも、中には病気が原因となってる可能性もあります……!
undefined
ハルくん
あまりに症状がひどかったり、広範囲に広がってきたという場合には、すぐに皮膚科で見てもらうようにしてください。
undefined
あかりさん
病院にかかるのは面倒だったりと先延ばしにしてしまいがちだけど、早く治してしまうことがキレイな肌を保つ秘訣♪悪化して後悔する前に早期治療を心がけてくださいね。
img footer post layout

TOP