顔の産毛の剃り方完全マスターガイド♪わかりやすく解説

顔の産毛の剃り方完全マスターガイド♪わかりやすく解説

シェアする

顔の産毛の正しい剃り方を学ぼう

普段から顔の産毛の処理をしていますか?顔の産毛をそのままにしていると、顔が暗く見えてしまったり肌の質感が悪くなってしまう可能性があると考えられています。気になる産毛を正しい方法で剃っていきましょう。顔の部位ごとに剃り方をわかりやすく説明します。また、顔の産毛のケアをするメリットや注意点を知って、より効果的にケアが出来るといいかと思います。これを機に、顔の産毛を綺麗に処理して自分の印象を変えていきましょう。

産毛の正しい剃り方

顔の産毛の正しい剃り方を部位ごとに詳しく説明します。「綺麗に処理ができない」「カミソリを使うと肌荒れが起こりそうで怖い」などの不安や悩みを抱えている人は参考にしていきましょう。肌への負担を軽減させて、より綺麗に産毛を剃っていくことが大切です。普段自分が行っている産毛の処理方法と比較が出来ると良いでしょう。

剃る前の準備

産毛を剃る前に、必要なものを揃えるようにしましょう。しっかりと道具を揃えることで綺麗に産毛の処理が出来るようになるのです。どんな道具が必要なのか、ご紹介します。必要なものを揃えずに顔の産毛の処理を行ってしまうと、肌トラブルを引き起こしやすくしてしまうと言われていますので参考にしてください。

必要なもの

産毛を剃る時には、産毛の1本1本が見える明るい場所で行いましょう。基本的にしっかりと産毛の処理をしたい場合には、準備からアフターケアまでに20分前後かかると考えられています。そのため、綺麗な処理が出来るように時間に余裕があるときに行うことをおすすめします。実際に、産毛の処理を行う時にどんなアイテムが必要なのかを頭の中に入れておきましょう。
  • I字型のカミソリ(T字型のカミソリでは細かい部分のケアが出来なくなってしまう可能性があります)
  • シェービングクリーム
  • 化粧水
  • 乳液などの保湿クリーム
  • シェービングクリームを伸ばす柔らかいハケ(チーク用ブラシがおすすめです)
  • サランラップ
  • 蒸しタオル(清潔なタオルを使用して蒸しタオルを作ります)
あかりさん
シェービングクリームの代わりに洗顔料やシェービングフォームを使用する人もいますが、このようなアイテムを長時間顔にのせたままにしていると肌に必要な皮脂が奪われて肌荒れの原因になる可能性があるので注意をしましょう。

剃るときの基本

剃るときの基本を紹介します。産毛を剃る時には、動きやすい服装にしてヘアバンドやカチューシャ、ヘアゴムなどで顔に髪の毛が掛からないようにします。また、そのままカミソリを使用するのではなく肌を剃りやすい状態に整えることが大切です。クレンジングでメイクをしっかりと落とした後に電子レンジで蒸しタオルを作って顔全体を5秒程度温めます。蒸しタオルを使用する時には手で温度を確認しましょう。この時、くれぐれも火傷をしないように注意してください。 蒸しタオルで顔を温めることで、産毛や肌を柔らかくして剃りやすくすることが出来ると言われています。準備が整ったら、カミソリを鉛筆を持つようなイメージで持ちます。毛の生えている方向に沿って上から下に向かって動かすことが大切です。刃が肌に対して垂直になっていると、肌を傷つけてしまう可能性があるので肌と刃が平行になるように意識をしましょう。また、下から上に動かすと肌がたるみやすくなりカミソリが引っかかってしまう可能性が考えられます。 顔の産毛を剃るときの基本的な順番は以下です。
  1. シェービングクリームを伸ばすハケを水で軽く濡らします
  2. ハケで顔にシェービングクリームを塗ります
  3. 眉毛、額、眉間、もみあげ、頬、フェイスライン、顎、鼻の下、鼻の順番で産毛を剃ります
  4. 剃る時には、反対側の手で肌を抑えてカミソリが引っかからないようにしましょう
  5. 産毛を剃ったら洗顔を行ってクリームや産毛を洗い流します
  6. 冷たいタオルや保冷剤を使用して顔を軽く冷やしましょう
  7. 化粧水や乳液などを使用して肌の調子を整えておしまいです
あかりさん
産毛の処理をした後は、顔がダメージを受けている状態なので刺激の強い化粧品や日焼け止めなどの使用は控えるようにしましょう。また、日焼けなどの外的刺激から肌を守ることも大切です。

おでこの剃り方

おでこの産毛の処理を怠ってしまうと、前髪を上げた時におでこ周辺がモサモサとした印象になってしまう可能性があります。自分でおでこの産毛の処理を行う時には、以下の順番や剃り方を参考にしてみましょう。
  1. ヘアピンやカチューシャなどで前髪を上にあげます
  2. シェービングクリームをおでこ全体に塗ります
  3. 生え際からおでこの中心に向かってカミソリを滑らせます
  4. 生え際を剃り過ぎてしまうと不自然な印象になるので注意をしましょう
あかりさん
好みにもよりますが、生え際を1cm程度あけて剃ると自然な仕上がりにすることが出来ますよ。初めて剃る人は、様子を見ながら少しずつ剃っていきましょう。

眉間の剃り方

眉間の産毛をそのままにしておくと眉毛が繋がっているように見えてしまう可能性があります。また、眉間は目の近くなので細心の注意を払って産毛の処理を行う必要がある事を忘れないようにしましょう。
  1. シェービングクリームを塗ります
  2. マイクロガードが付いているカミソリで毛の流れに合わせて産毛を剃ります
  3. 剃るときに反対側の手で両眉頭を押さえて眉間の皮膚を引っ張りましょう

もみあげの剃り方

もみあげの産毛をしっかりと処理することで、横顔をスッキリさせる効果があると言われています。上品な印象に見せたい時には耳たぶくらいの長さにするのがおすすめです。ロングヘアーやミディアムヘアーで、頻繁にアップスタイルにしている場合にはスッキリとした印象にするためにもみあげを全部剃ってしまっても良いでしょう。
  1. 産毛だけを残してサイドの毛を後ろで束ねます
  2. コームを使用してもみあげの毛の流れを整えましょう
  3. アイブロウなどを使用してもみあげの長さに目印をつけます
  4. シェービングクリームを塗ります
  5. カミソリを上から下に動かしてもみあげを剃ります
  6. もみあげが濃い場合にはハサミとコームを使用して軽くカットをします
あかりさん
短くしたもみあげを細くしようとして両サイドを剃ってしまう人もいますが、不自然な印象になるので長さを変えるだけにしましょう。

頬の剃り方

頬の産毛はそれほど目立たないので、多くの人が剃り忘れてしまうようです。頬の産毛を処理するだけでも、顔全体が明るい印象になると考えられています。ただ頬は乾燥しやすい部分でもあるので、しっかりと保湿などのアフターケアを行うことが大切です。
  1. 頬にシェービングクリームを塗ります
  2. 小鼻の横から外側に向かってカミソリを滑らせます
  3. 頬はカミソリが引っ掛かりやすいので反対の手で耳の方に皮膚を引っ張りましょう

フェイスラインの剃り方

フェイスラインは、自分では見えずらい場所なので剃り残しが多い部位です。そのため、綺麗な鏡や日光などを使用してよく確認しながら丁寧に産毛の処理を行いましょう。首をかしげて角度を変えることで、正面からは見えにくい産毛の処理を綺麗に行うことが出来ます。
  1. フェイスラインにシェービングクリームを塗ります
  2. 明るい場所で角度を変えながら少しずつ丁寧に産毛を剃ります
  3. 皮膚がたるまないように反対の手で引っ張りながらカミソリを細かく滑らせましょう
あかりさん
フェイスラインは自分では見えにくいので、周りの人にチェックをしてもらうように出来ると良いでしょう。

口周り(あご・鼻の下)の剃り方

鼻の下の産毛は、比較的濃いので週に1回程度の頻度で処理を行うようにしましょう。産毛が濃いことが原因で、男性のような髭が生えているように見えてしまう可能性があります。ただ、頻繁に口周りの産毛の処理を行うと肌荒れを引き起こす可能性があるので注意をしましょう。
  1. 鼻の下を伸ばしましょう
  2. シェービングクリームを塗ります
  3. 上から下に向かって細かくカミソリを滑らせます
  4. 顎周りは曲面なのでカミソリの刃先で剃ることが綺麗に剃るコツです

鼻の剃り方

鼻は顔の部位の中でも剃りにくい部位だと考えられています。丁寧に行わないことが原因で鼻を傷つけてしまう可能性がある事を忘れないようにしましょう。鼻の産毛の処理を行うことで鼻周りのメイクのノリを良くすることが出来るようです。また、鼻周りはカミソリの刃先を上手に使って処理をすることがポイントです。
  1. 鼻全体にシェービングクリームを塗ります
  2. 鼻頭を片方に倒してカミソリの刃先で鼻筋を剃ります
  3. 反対側も同じようにしましょう
  4. 一度に剃ろうとするとカミソリで鼻を切ってしまう可能性があるので小刻みに刃を動かしましょう。

顔の産毛を剃る4つの効果

なぜ顔の産毛を剃る必要があるのかを考えたことはありますか?顔の産毛を剃ることで得られる嬉しい4つの効果を大公開します。実際にどんな効果があるのかを参考にした上で、定期的に自己処理を行うようにしてみましょう。

顔が明るくなる

日本人の肌の色は黄色味を帯びています。そのため、黒や茶色の毛がうっすらと生えているだけで産毛が目立ち肌の色がくすんで見えてしまう可能性があります。顔全体の産毛をしっかりと処理することで、産毛のせいで暗く見えていた顔の印象を明るく見せることが出来ます。1トーン明るく見えるようになることで、美肌効果が得られるという意見も少なくありません。
あかりさん
顔が明るくなることで、雰囲気が明るくなり清潔感のある印象にすることが出来ると考えられています。最近表情が暗くなったと感じる人は、顔の産毛を処理してみましょう。

化粧のノリがよくなる

ファンデーションなどを塗るときに、産毛があると化粧品と肌の密着率が悪くなってしまいます。そのため、きれいにファンデーションなどを塗っているつもりでもしっかりとフィットせずに時間が経つとファンデーションが剥がれてしまうのです。産毛を綺麗に処理することで、ファンデーションの密着度がアップします。その結果、今までと同じように塗っていても化粧持ちを良くしたり綺麗な肌を作り上げることが出来るようになります。

古い角質を除去できる

古い角質が皮膚の表面に溜まると、肌の健康の維持が難しくなりくすみや肌荒れの原因になってしまう可能性があるといわれています。カミソリを使用すると、産毛と一緒に角質を剥がすことが出来ます。そのため、古い角質を除去してさまざまな美容効果が得られるようになるのです。

古い角質を除去することで得られる効果

  • 肌のゴワゴワ感やざらつきを取り除くことが出来る
  • くすみを取り除いて透明感のある肌を作り上げる
  • ターンオーバーを促進させて肌の健康を維持する

ニキビ予防

余分な皮脂や汗が毛穴に詰まるとニキビの元となるアクネ菌が繁殖しやすくなってしまいます。また、毛穴の汚れが原因で雑菌が繁殖してニキビなどの肌荒れの悪化に繋がるのです。産毛をそのままにしておくと、汚れや皮脂が産毛に絡まってしまう可能性があります。その結果、顔に余分な汚れが過剰に毛穴に詰りニキビや吹き出物が出来やすくなると言われています。 産毛の処理を行うことで、顔の皮脂や汗などの汚れが顔に残ってしまうのを予防してニキビ予防効果が得られると考えられています。
あかりさん
顔の産毛を処理するだけで、たくさんの美容効果を得ることが出来ると考えられています。美容効果を知った上で、正しい方法で産毛の処理を行っていきましょう。

知っておこう!顔剃りの注意点

基本的な産毛の剃り方や効果を知っていても何に注意をするべきなのかを知らないと、産毛の処理を行う際に顔を傷つけたり肌荒れなどトラブルの原因を作ってしまう可能性が考えられます。実際に顔剃りを行う時には何に注意をするべきなのかを考えていきましょう。主に注意をすべき4つのことをご紹介します。

浴室での処理

お風呂場でムダ毛の処理や産毛の処理をしている人は少なくありません。お風呂場は、身体などを洗うついでに処理が出来るので気軽にできる場所です。しかし、お風呂は部屋の照明に比べて暗い場合が多いので顔の産毛をしっかりと処理ができない可能性があります。また、お風呂場などの湿気の多い場所でカミソリを使用したり保存をしていると刃が劣化して雑菌が繁殖しやすくなってしまうので注意をしましょう。

石鹸やボディソープを代用する

シェービングクリームが手元にない時に、洗顔料や石鹸を使用する人もいます。石鹸やボディーソープ、洗顔料などは本来ムダ毛の処理をするアイテムではありません。洗浄を目的としているので、長時間顔にのせたままにしておくと肌に必要な皮脂が取り除かれます。その結果、水分と油分のバランスが乱れて乾燥や肌荒れなどのトラブルを引き起こしやすくなってしまうようです。また、石鹸やボディーソープなどの上からカミソリの刃を当てると角質が剥がれやすくなりバリア機能が低下することもあります。
あかりさん
もし、手元にシェービングクリームがない場合にはニベアなどの保湿性のあるクリームを使用してみましょう。肌を守りながら綺麗に処理することが出来ると言われています。

生理中・妊娠中に剃る

生理中や妊娠中は普段の肌に比べて肌荒れを引き起こしやすくなっていると言われています。そのため、肌が敏感になっている時にはなるべくカミソリを使用しないようにした方が良いでしょう。少しの刺激でもカミソリ負けなどの肌トラブルを引き起こす可能性が考えられます。また、生理中や妊娠中でなくても肌荒れを引き起こしている時や体調が優れない時はおすすめできません。

毎日剃る

カミソリで産毛の処理をすると、皮膚の表面に出ている毛だけを剃っている状態なので次の日にはうっすらと生えてきてしまう可能性があります。だからといって、毎日産毛の処理をするのはやめましょう。毎日カミソリで処理をしていると、肌にダメージを与えて本来肌が持っている機能が低下してしまう可能性があります。また、必要な角質が剥がれ落ち、バリア機能が失われることでかゆみや赤みなどを引き起こす可能性も考えられるのです。 個人差はありますが、ムダ毛の処理を行う頻度は産毛が生える頻度に合わせることが大切です。一般的には20日間の周期だと言われています。この周期を目安にして、2~3週間に1度のペースで顔全体の産毛の処理を行うようにしましょう鼻の下などの目立つ部位の処理は、最低でも1週間に1度のペースにすることが大切です
あかりさん
綺麗に産毛の処理を行うためには、しっかりと頻度を守ることが大切です。頻繁に自己処理をすると、肌荒れなどが目立つようになってしまう可能性があるので注意をしましょう。

顔剃りでよくある質問

顔剃りを行う時に多くの人が感じている疑問を調査しました。今まで抱えていた疑問を解決して、より効果的な方法で産毛の処理を行っていきましょう。3つの疑問をQ&Aでわかりやすく説明します。

脱毛クリームで処理していいですか?

顔は、身体の中でも皮膚が薄くさまざまなダメージを受けやすい場所だと言われています。そのため、刺激の強い脱毛クリームを顔に使用することは、肌に大きなダメージを与えて肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。脱毛クリームの中には毛を溶かす薬剤が含まれています。肌が弱い人は、足などの皮膚が分厚い場所に使用しても肌トラブルが起こる可能性があるのです。
また、顔は何らかのトラブルが起きてしまうと人に見られてしまいます。弱い薬剤を使用している脱毛クリームもありますが、多くの商品は「顔には使用しない」という注意書きがされているのでトラブルの原因となり得る脱毛クリームの使用は控えるようにしましょう。

剃ったら濃くなりませんか?

通常毛の先端は尖ったような形をしています。そのため、カミソリなどで毛を剃ると断面が平らになり毛が伸びてきた時に太くなっているように見えることがあるようです。また、肌に負担をかけるような剃り方をしていると「皮膚を守ろう」という作用が働き毛を太く濃くする事もあります。カミソリを使用する場合には「肌へのダメージを軽減させる」事を第一に考えることが大切です。

パックで処理するのは有効ですか?

パックで産毛の処理をするのは簡単だと考えている人が多いようです。パックを使用することで、同時に毛穴のケアをすることが出来るとも考えられています。しかし、パックを使用すると毛穴が開いて黒ずみなどを引き起こす原因になってしまう可能性があります。また、パックを剥がすときに角質を一緒に剥がしてしまう事もあるようです。このようなデメリットもあるのでパックで産毛の処理をしたい時にはアフターケアをしっかりと行うようにしましょう。

正しい剃り方を知って女子力アップ

産毛の処理を行う時には、肌へのダメージを軽減させながら正しい方法で剃ることが大切です。「産毛が生えてきたな」と感じたら、使用する道具や方法を頭の中に入れた上で処理を行うようにしましょう。処理の方法を間違えてしまうと、産毛が濃くなったり肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまう可能性がある事を忘れないようにしましょう。産毛を剃っていつも以上に明るい印象が作れるといいでしょう。
img footer post layout

TOP