永久脱毛が出来る2種類の方法!あなたはレーザー派?ニードル派?

永久脱毛が出来る2種類の方法!あなたはレーザー派?ニードル派?

シェアする

永久脱毛の方法について詳しく解説

永久脱毛がどのようなものなのかを知っていますか?ムダ毛の悩みを抱えている多くの人が「ムダ毛が生えてこないようにしたい」「永久脱毛をして悩みを解消したい」などの考えを持っています。 これから永久脱毛をしようと考えている人は、永久脱毛の方法やサロンで行う脱毛との違い永久脱毛をする時の注意点などをチェックしておくようにしましょう。永久脱毛が完了すると、再びムダ毛が生えてこなくなると言われています。そのため、後悔しない永久脱毛が出来るように基本的な知識を身につけておくことが大切です。    

永久脱毛ってどうやってするの?

永久脱毛という言葉を聞いたことはあっても、実際にどのような方法で再びムダ毛が生えてこないようにするのかを知らない人は少なくありません。永久脱毛を検討している人は、まず脱毛の仕組みを理解しておくようにしましょう。永久脱毛の定義や種類、サロンで行う脱毛との違いなどを合わせてお伝えします。    

そもそも永久脱毛の定義とは

日本には「永久脱毛」に関する定義は存在しないと言われています。そのため、日本の厚生労働省のような機関である、アメリカの政府機関のFDA(米国食品医薬品局)が定めている永久脱毛の定義を紹介します。 多くの人は「永久脱毛は肌の表面がツルツルになって再び毛が生えてこない」状態の事を永久脱毛だと考えています。しかし、FDAから発表されている永久脱毛の定義では「永久的に毛髪がなくなる」というものではありません。 永久脱毛は「レーザーを3回照射した後に6ヶ月経過した時点で約67%の毛が減っている」状態を作ることが出来る機械を指します。そのため、この定義に当てはまるレーザー機器を使用した脱毛の事を永久脱毛と言っているようです。
あかりさん
皮膚の表面がツルツルになっていなくても、定義に沿った機器を使用している脱毛は「永久脱毛」というのです。実際に永久脱毛にはどんな種類があるのかを見ていきましょうね。
   

 永久脱毛は「医療レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」の2種類

永久脱毛の種類は大きく分けて2つです。近年多くの人が行っている「医療レーザー脱毛」は、皮膚の表面にレーザーを当てて毛母細胞や毛乳頭を破壊することで再び毛が生えてこない状態を作り上げるものです。毛の中に含まれている黒いメラニン色素にレーザーが反応することで、毛を成長させる役割のある根っこの部分を焼く方法だと言われています。 医療レーザー脱毛が誕生する前から行われているのが「ニードル脱毛」です。ニードル脱毛は、毛穴に針を刺して弱い電流を流すことで毛乳頭を破壊するものです。医療レーザー脱毛が誕生するまでは主流の方法でしたが、強い痛みがあるので近年では徐々にニードル脱毛を行う人が少なくなっています。 医療レーザー脱毛やニードル脱毛は、皮膚科やクリニックの専門の医師が施術をする機関でしか行うことが出来ません。    

サロンや自宅での「永久脱毛」は不可能

近年では、脱毛サロンや自宅でも光脱毛のような出力の弱い脱毛を行うことが出来ます。しかし、サロンや自宅で使用する脱毛器は、毛や毛母細胞を破壊せずに行う脱毛です。そのため、施術後は綺麗に脱毛が出来ていても1ヶ月後に約90%の発毛が認められる機器を使用しているので、永久脱毛を行うことは出来ません。 ただ、何度も施術を行うことで、「ムダ毛が生えにくくなる」効果を得ることは出来ると考えられています。脱毛が完了しても再びムダ毛が生えてくる可能性が高いのが特徴です。
あかりさん
永久脱毛を考えている場合には、サロンや自宅での脱毛ではなく医療機関での脱毛を行う必要があることを忘れないようにしましょう。サロンに長期間通っても永久脱毛を行うことは出来ません。
   

【方法1】医療レーザー脱毛とは

近年多くの人が行っている医療レーザー脱毛とはどのようなものなのかを詳しく見ていきましょう。医療レーザー脱毛の特徴やメリット、デメリットを大公開します。 また、医療レーザー脱毛で使用される脱毛機器の種類を知ることで、自分に合った機器で永久脱毛が出来ると良いかと思います。医療レーザー脱毛に興味がある人や施術を検討している人必見です。    

医療レーザー脱毛の仕組み

近年主流になっている医療レーザー脱毛は、皮膚の表面にレーザーを照射することで毛母細胞や毛乳頭などの毛の生成や成長には欠かせない部分を焼いて破壊をする方法です。毛の中にあるメラニン色素のレーザーが反応することで、熱の力によって破壊されていくと言われています。感じる痛みには個人差がありますが、輪ゴムで肌を弾かれたような痛みだと感じている人が多いようです。 ただ、メラニンに反応する仕組みになっているので、メラニンが少ない薄い毛や産毛には反応しにくい場合もあります。また、日焼けや色素沈着で皮膚の表面にメラニンが集中している状態では施術ができないこともあるので注意が必要です。肌のメラニンにレーザーが反応して火傷などのトラブルを引き起こす可能性が考えられます。    

メリットとデメリット

医療レーザー脱毛にはどんなメリットやデメリットがあるのかをお伝えします。メリットとデメリットを知った上で、自分に合った脱毛方法なのかを考えることが大切です。  

医療レーザー脱毛のメリット

  • ニードル脱毛に比べて痛みが少ない
  • 施術時間が短い
  • 医療機関で施術を行うので肌トラブルが起きてもすぐに対応してもらえる
  • 濃くて太い毛に効果的
あかりさん
男性特有の濃くて太い毛にもしっかりとレーザーが反応するので、ムダ毛の悩みを抱えている人におすすめの方法です。また、痛みに弱い人でも医療機関なので麻酔を使用することが出来ます。

医療レーザー脱毛のデメリット

  • 日焼けをした状態では施術ができない
  • あざやホクロ、シミの周りの施術ができない
  • メラニンが薄い毛にはレーザーが反応しにくい
  • 火傷などの肌トラブルの危険性がある
あかりさん
しっかりとデメリットを把握せずに施術を行うのはやめましょう。デメリットを知った上で、永久脱毛を行うかどうかを検討していくように出来ると良いでしょう。また、施術を行う前には医師と悩みや不安を話し合うようにした方が良いと言われています。
   

 医療レーザーの種類

医療レーザー脱毛機器は大きく分けて4種類あります。「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「YAGレーザー」「G-MAX」のそれぞれの特徴を知って、自分に合っている機器を見つけることが大切です。どのクリニックでも全ての種類の脱毛機器を扱っているわけではありませんので注意しましょう。  

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、アレキサンドライトという鉱石を使用したレーザー脱毛器の事を言います。他のレーザー脱毛機器に比べて波長が短いのでより選択的にメラニンにレーザーを当てることが出来ると考えられています。 ジェントルレーズ脱毛器は脱毛機器の中でも効果が高く、照射面積が18cmと他のレーザーに比べて広範囲なのが特徴で、一度の照射で500円玉程度の大きさの脱毛を行うことが出来ます。また、アレキサンドライトレーザーは、脱毛だけではなくシミやアザの治療に使用されることもあります。  

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、メラニンだけに反応するレーザーが特徴で肌へのダメージが少ない医療レーザー機器として知られています。照射したレーザーは皮膚の表面を通過して毛母細胞のみにダメージを与えることが出来ます。 また、レーザーの熱で毛根や毛母細胞を破壊するので再び毛が生えてくることがないと言われています。成長期の毛にしかレーザーは反応しないので、休止期の毛は毛周期を合わせて何度か施術を行う必要があります。 ダイオードレーザーの代表的な機器である「ソプラノ」は、毛を包んでいる組織である毛包に熱を溜めこませてダメージを与える仕組みで、毛の色に関係なく施術が出来ます。また、皮膚の表面にあるメラニンに反応しにくいのでレーザーによる火傷のリスクが少ないと考えられています。 日本人の毛質に最も良く合うと言われている「ライトシェアデュエット」は、世界で初めて永久脱毛機器の許可を貰った機器で世界中で使用されています。独自開発された吸引システムで皮膚を吸引し毛根を光源に近づけて施術を行うのが特徴です。 「メディオスターNeXT」は、日焼けをした肌にも使用することが出来る医療レーザー機器です。毛が再生する元となるバルジ領域に作用することで再び毛が生えてこない状態にするのが特徴です。  

YAGレーザー(ロングパレスヤグレーザー)

YAGレーザーはロングパスヤグレーザーと呼ばれることもあり、人工結晶を使ったレーザーが特徴でシミの改善や美肌治療にも使用されることがあります。濃くて太い毛にもしっかりとレーザーを当てることが出来ます。また、皮膚表面でレーザーが吸収されにくい仕組みになっているので9割以上のレーザーを深部にしっかりと届けることが出来るのも魅力です。 肌の色に吸収されにくいレーザーなので肌の色が黒い人でも施術が出来ると言われています。YAGレーザーの中のジェントルYAGレーザーは、他のレーザーに比べて波長が長いので、深部にある毛根にしっかりとレーザーを届けて毛母細胞にダメージを与えることが出来ると考えられています。  

G-MAX

G-MAXは、アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの2つのレーザーを搭載している脱毛機器です。2つの長さの違う波長で照射を行うことが出来るので太くて濃い毛だけではなく、産毛などの薄い毛にもレーザーがしっかりと反応します。 また、アレキサンドライトレーザーを使用するので、全身のどのムダ毛の脱毛にも活用できるのが特徴です。短い時間で効率よく脱毛効果を実感することができ、両脇の施術でも数分しか時間が掛からないと言われています。
あかりさん
それぞれの特徴を頭の中に入れたうえで、自分にはどの脱毛機器が合っているのかを考えるようにしましょう。自分にあった脱毛器を使用することで、より効率よく脱毛効果が実感出来るようになると考えられています。
   

【方法2】ニードル脱毛とは

昔から行われているニードル脱毛がどんなものなのかを見ていきましょう。ニードル脱毛の仕組みやメリット、デメリットを知ってニードル脱毛の検討をしてみましょう。ニードル脱毛はどこの皮膚科やクリニックでも施術が出来るわけではありません。    

ニードル脱毛の仕組み

ニードル脱毛は、毛穴に針を刺して弱い電流を流して毛乳頭を破壊する方法です。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛が一般的になる前にはニードル脱毛が主流でしたが、近年ではニードル脱毛を行っているクリニックは少なくなってきているようです。 ニードル脱毛は、1つ1つの毛穴に針を刺すのでチクッとした痛みを感じます。また、電流が流れるとジリジリとした痛みを感じるのが特徴です。痛みには個人差がありますが、強い痛みの場合が多いと言われています。 1本1本の処理を行うので、施術にたくさんの時間がかかるのもニードル脱毛の特徴です。ただ、確実に電流で処理することが出来るので永久脱毛の中で最も確実な方法だと考えられています。

メリットとデメリット

ニードル脱毛のメリットやデメリットを参考にしていきましょう。メリットやデメリットを知った上で、自分が求めている永久脱毛かどうかを判断することが大切です。ニードル脱毛のメリットやデメリットをわかりやすく説明します。  

ニードル脱毛のメリット

  • 確実に永久脱毛の効果を得ることが出来る
  • 色素沈着などを起こしている部位でも施術が可能
あかりさん
色素沈着が原因でレーザー脱毛の施術が出来なかった人でも、ニードル脱毛を行うことが出来ると言われています。また、確実に効果を得たいと考えている人におすすめの方法です。

ニードル脱毛のデメリット

  • 強い痛みを感じる
  • 長時間の施術に耐える必要がある
  • レーザー脱毛に比べて費用が高額
undefined
あかりさん
痛みや費用を考えて、ニードル脱毛を諦める人は少なくないようです。脇の脱毛を行う場合、毛が濃い人で15時間程度の施術時間になると言われています。
   

【女性編】永久脱毛のおすすめクリニック

医療レーザー脱毛を受けられるクリニックは、人気の高まりとともに数も増えています。どこを選べばいいかわからず困っている方も多いのでは? そこで、白くま脱毛編集部が太鼓判を押せるクリニックをご紹介!まずは女性におすすめのところを見てみましょう。    

アリシアクリニック

\清潔感・衛生面にもこだわる大人気の医療クリニック/

  • 総合評価:★★★★★ 総合点96点
  • 初回価格:0円(全身8回スピードプランの場合)
  • 施術器の種類 :ライトシェア・デュエット
  • 設備: 個室完備
医療クリニックで編集部がイチ押しするのが、アリシアクリニック!脱毛施術・サービス内容・保証制度など、あらゆる項目が優れている大人気のクリニックです。 アリシアクリニックで使用している脱毛器「ライトシェアデュエット」は、痛みの少ないダイオードレーザーのタイプです。冷却ジェルも使わないので、快適な施術も好評です。 また、アリシアクリニックは衛生面での配慮も徹底していて、ベッドシーツやガウン、枕カバーなど全て使い捨てです。敏感な部位を施術することもあるので、綺麗で清潔なクリニック内だと安心ですね。  

おすすめコースと料金

全身脱毛(VIO含む)スピードプラン(2ヶ月間隔で照射)
  • 8回(顔脱毛2回付き):455,800円(分割の場合は毎月9,100円)
  • 脱毛し放題(顔脱毛5回付き):574,400円(分割の場合は毎月11,600円)

店舗

柏院、船橋院、池袋院など、関東地方で14院展開しています。   アリシアクリニック 公式サイト    

湘南美容外科

\圧倒的なコスパの良さが魅力の有名クリニック/

  • 総合評価:★★★★☆ 総合89点
  • 初回価格:1,000円(ワキ脱毛・5回コース)
  • 施術器:アレキサンドライト脱毛器、ウルトラ美肌脱毛器
  • 設備:個室完備
テレビを付けていると頻繁に湘南美容外科のCMを見る方も多いのではないでしょうか?しかし広告だけではなく、施術・費用面などさまざまなメリットがあるのです。複数の脱毛機を使い分けていて、アレキサンドライトの他、湘南美容外科オリジナルの「ウルトラ美肌脱毛」もあります。 さらに、部位別の脱毛料金が破格の安さなのが特徴!ワキ脱毛は5回でたったの1,000円、無期限コースでも3,400円です。ワキは気軽に脱毛を始めやすい部位なので、ちょっと脱毛してみようかな?という初心者の方にピッタリのコースですよ。  

おすすめコースと料金

  • 脇脱毛5回コース/1,000円(1人1回限り)
  • 脇脱毛無期限・無制限コース/3,400円

店舗

全国に70院以上を構えているので、お近くのクリニックを選びやすいです。   湘南美容外科 公式サイト    

【男性編】髭にも効果が高いおすすめクリニック

続いて男性におすすめのクリニックを2つご紹介します。ヒゲ脱毛をすれば面倒なヒゲ剃りから解放され、ボディ脱毛をすればスッキリ爽やか男子になれますよ!  

ゴリラクリニック

\有名人・アスリートも通うイチ押しの男性向けクリニック/

  • 総合評価:★★★★★ 総合96点
  • 初回価格:10,000円(顔周りのいずれかの部位1つ)
  • 施術器:ライトシェアデュエット、メディオスターNeXT Pro、Gentle YAG、ライトシェアXC、ジェントルレーズ PRO LE
  • 設備:個室完備
多くの男性が一番気になるムダ毛はヒゲでしょう。毎朝のヒゲ剃りは面倒で、肌の弱い方は大変な思いをしています。ヒゲの脱毛で最もおすすめなのがゴリラクリニック!芸能人なども脱毛のために通っていることで知られています。 導入している「メディオスターNeXT Pro」は、従来の脱毛機とは仕組みが全く違う新しい脱毛機です。痛み・肌へのダメージが大幅に減り、脱毛完了までの期間も短縮されました。 鼻下・アゴ・アゴ下の3部位を4年間無制限で施術できるコースが人気!68,800円という格安料金です。  

おすすめコースと料金

  • ヒゲ3部位・4年間無制限コース:68,800円
  • 部位追加(ほほ・もみあげ):+58,600円

店舗

東京・神奈川・愛知・大阪・福岡・新潟にクリニックがあります。   ゴリラクリニック 公式サイト    

メンズリゼクリニック

\男性脱毛を徹底的に研究!技術力・サービス内容ともに高評価のクリニック/

メンズリゼクリニック
  • 総合評価:★★★★★ 総合94点
  • 初回価格:10,000円(顔周りのいずれかの部位1つ)
  • 施術器:ライトシェアデュエット、メディオスターNeXT Pro、Gentle YAG
  • 設備:完全個室の店舗もあり
ゴリラクリニックと同じぐらいおすすめできるのがメンズリゼクリニックです。女性用のリゼクリニックが有名ですが、その男性版がこちら。施術は原則男性が担当するため、異性に見られたくない方にもおすすめ! メンズリゼは男性の脱毛施術に特化したクリニック。男性の毛・肌に関する知識・技術が蓄積されていて、施術の症例数が豊富です。 またメンズリゼクリニックはヒゲ脱毛の他に、全身脱毛の料金が安いことも特徴です。顔・VIOを除くコースであれば30万円を切ります。肌トラブルの際の保証制度も充実しているので安心です。  

おすすめコースと料金

  • 全身脱毛(顔・VIO除く)5回コース:299,000円
  • 全身脱毛(顔・VIO含む)5回コース:397,000円

店舗

提携院も含め全国に18院   メンズリゼクリニック 公式サイト

永久脱毛をする際の注意点

永久脱毛を考えていてもカウンセリングの際に施術を断られてしまう可能性があります。施術を考えている人が何に注意をするべきなのかを確認しておくようにしましょう。永久脱毛を効率よく完了させるためには大切なことです。    

永久脱毛に日焼けは厳禁!

施術を行う前に、日焼けをしてしまうとレーザーが皮膚のメラニンに反応しやすくなり、施術が行えなくなってしまう可能性があります。また、施術を行えたとしても皮膚のメラニンに反応して火傷などの炎症を引き起こす可能性がある事を忘れないようにしましょう。 永久脱毛を考えている場合には、しっかりと日焼け対策を行うことが大切です。施術後であれば日焼けをしてもいいというわけではありません。施術後は、肌が敏感になっているので紫外線の影響で炎症をおこしやすくなるようです。施術前や施術後には、日焼け止めや日傘、帽子などを使って紫外線対策をしっかりと行うようにしましょう。
あかりさん
外出をする時には、露出を控えて紫外線によるダメージを軽減させることを忘れないようにしましょう。また、日焼け止めを小まめに塗って日焼けをしないようにすることも大切です。
   

 毛抜きでの自己処理は避ける

施術前に毛抜きを使用して毛根からムダ毛の処理を行ってしまうと、レーザーが反応しなくなりレーザー脱毛の効果が得られなくなってしまう可能性があります。 また、レーザー脱毛の施術後も毛抜きでの自己処理はやめましょう。レーザーを当てることで毛のサイクルを乱して脱毛効果を得ています。そのため、レーザーを当てたからといって無理に毛抜きで処理をしてしまうと毛のサイクルが元に戻り再び施術を受ける必要が出てしまうようです。 また、施術後は肌が敏感になり炎症や色素沈着が起こりやすくなっているので毛抜きによる刺激はNGです。自己処理を行う場合には、電気シェーバーがおすすめでしょう。    

脱毛部位への強い刺激は避ける

施術後最低でも1週間程度は脱毛部位に刺激を与えないように注意をしましょう。照射あとは毛根にダメージを与えただけではなく皮膚が赤く腫れあがったり痒みを感じる可能性があります。 痒いからといって引っ掻いたり圧力を加えてしまうと皮膚に大きな負担を与えて、ばい菌が侵入しやすくなってしまうと考えられています。ばい菌が侵入すると傷口が化膿したり痕が残ってしまう事もあるようです。 また、色素沈着や黒ずみが起こりやすい状態になっているので、強い圧力を加えないようにすることも大切です。お風呂でゴシゴシとこすったり、肩などの脱毛を行った時に荷物を肩にかけるような行為は控えるようにしましょう。
あかりさん
ちょっとくらいという気持ちで痒い部分を掻いてしまったり、脱毛部位に圧力を加えてしまう人は少なくありません。炎症が悪化する可能性が高くなるだけではなく、黒ずみや色素沈着などケアしにくいトラブルの原因になることを忘れないようにしましょう。

湯船の使用は控える

照射を行った当日は湯船に浸かるのを控えることも大切です。当日は肌が炎症を起こしている状態なので、湯船に浸かって身体を温めると炎症が悪化したりばい菌が侵入しやすくなってしまうと言われています。 また、シャワーを使用する場合にも注意が必要です。シャワーの温度をぬるくしてシャワーの水が直接肌に触れないようにします。シャワーによる刺激が原因で色素沈着や黒ずみ、炎症の悪化などを引き起こす可能性があるからです。
undefined
あかりさん
刺激の強い石鹸の使用を控えたり、タオルで水分をゴシゴシと拭かないことも大切です。清潔なタオルで押さえるようなイメージで水分を拭き取るようにしましょう。
   

【Q&A】永久脱毛に関する疑問

永久脱毛についてよくある質問と回答をまとめます。疑問はここで解消しておきましょう。  

産毛にも永久脱毛の効果はありますか?

機種によって違いがあるのでカウンセリングで相談してみてください。
産毛は色素が薄い場合、レーザーでも効果が出にくいことがあります。ただし毛質や脱毛機の特性によっても変わってくるので、一度相談してみてください。産毛にも比較的効果があるのは先ほどご紹介したG-MAXやニードル脱毛などです。ニードル脱毛の場合、レーザーよりさらに痛みが強く、料金も高いのがデメリットです。  

脱毛をすることで、皮膚がんなどのリスクはありますか?

皮膚がんの心配はありません。
皮膚がんの原因は紫外線ですが、レーザーは赤外線に近いので皮膚がんになる心配はありません。ただし、腫れ・赤み・硬毛化などのリスクはあります。肌トラブルの際に治療費・薬代を保証してくれるクリニックがおすすめです。

永久脱毛は何歳から可能ですか?

クリニックによって規定が違います。
何歳から施術を受けられるのかは、クリニックによって判断が分かれるところです。例えばアリシアクリニックでは16歳以上、メンズリゼでは15歳以上なら施術を受けられます。 ただし未成年の場合、親権者の同意書もしくは同伴が求められることがほとんどです。未成年者だけで契約をすることはできません。  

永久脱毛をすると汗をかきやすくなるのは本当ですか?

汗の量が増えることはありません。
ただし毛がなくなることで汗を感じやすくなる傾向はあります。脱毛前は毛が汗をからめとっていますが、脱毛するとその役割がなくなります。脇などの汗染みができやすくなる方もいるので、汗脇パッドや制汗剤でカバーする必要があります。    

永久脱毛を希望するなら医療機関で施術を受けよう

永久脱毛は皮膚科やクリニックでしか施術を受けることが出来ません。自分に合った種類の脱毛機器や永久脱毛の方法を考えたうえで医療機関に足を運ぶようにしましょう。 また、施術を受ける際には事前にしっかりと医師と話し合うことが大切です。不安や疑問を取り除いた上で納得のできる永久脱毛を行うことが大切です。永久脱毛についての基本的な知識を身につけて、ムダ毛の悩みを解消していきましょう。
img footer post layout

TOP