【男のムダ毛処理】実はみんな…もうしてる!?おすすめ方法をレクチャー

【男のムダ毛処理】実はみんな…もうしてる!?おすすめ方法をレクチャー

シェアする

ムダ毛処理は男性にも必要です!

​男のムダ毛処理と聞くと「ちょっと中性的でなんだか恥ずかしい……」以前はそんな風に思われていたかもしれません。しかし最近ではごくごく普通のサラリーマンや学生さんがムダ毛処理を当たり前のように行っています。自宅でできるセルフ処理からサロンやクリニックで行われるプロの手によるものまで、方法も様々です。今回の記事はムダ毛処理が気になるけど「そもそも必要なのか?」「やり方がわからない」「どんな方法が自分に合っているかわからない」といった意見をお持ちの初心者さんも楽しめる、男のムダ毛処理特集です。

【異性の目線】男性のムダ毛処理について女性の意見

​男性のムダ毛に対する女性の意見は大きく3パターンに分かれるようです。それぞれのパターンごとのつぶやきをチェックしてみましょう。

男もムダ毛処理してほしい!モジャモジャなんて許せない。

​一つ目は男のムダ毛は断固反対!というタイプの女性です。 こちらの方は「とにかく男性のムダ毛は無理!」という意見です。性別は関係なくムダ毛の手入れが求められる時代になりました。 ​すごく薄い毛であれば許容できるようですが、濃くてモジャモジャの毛はちょっと……という方も多いようです。男性・女性関係なく、濃すぎるムダ毛は清潔感に欠け、抵抗があるという方が多いのではないでしょうか。

どちらかと言うとチクチクよりはツルツルがいい​

​二つ目は普段はそこまで男性のムダ毛に興味はないけれど、どちらかというとツルツルがいい。もしくは部位によってはツルツルがいいという方です。 この記事を読まれている方の中にも女性から「ヒゲのチクチクが気になる」と言われたことがあるのではないでしょうか。キスをする際など、大切なシーンでヒゲのチクチクは不快に感じられることがあるようです。 中にはヒゲが好き!という女性もいますが、チクチクヒゲが嫌いな女性は多いです。​​チクチクにならないような手入れをするにはどうしたら良いかも後半の記事で是非チェックしてください!​

​ナチュラルに生えている毛が理想​

​三つ目はツルツルよりはナチュラルに生えているほうがよいという方です。女ごころは微妙で難しいです。 胸毛やギャランドゥなど、男らしさを感じさせる部位に関してはツルツルよりも薄っすらと生えているのを好む方もいるようです。 ツルツルすぎると逆に気持ち悪いという意見が見受けられます。難しい要望ですが、クリニックやサロンの脱毛ではお好みに合わせて毛量を調節しながら処理してもらえるので、このような意見にも対応できます。

メンズにおすすめのムダ毛処理方法まとめ

いざムダ毛を処理するとなった場合、どんな方法で行えばよいのでしょうか。代表的な6パターンの処理方法をチェックしてみましょう。

1:ヒートカッターで焼き切る

​ヒートカッターとはその名の通り、熱でムダ毛を焼き切ることのできるカッターです。​

処理方法の特徴

​熱で溶かしながら処理できるので、毛先が尖らずジョリジョリした剃り心地になりにくい点がヒートカッターの特徴です。この方法は「線香」でも代用が可能です。処理したい毛を指で引っ張り、そこに線香の熱を当てるという方法です。火傷の恐れがありますし、手間がかかるので、あくまでもヒートカッターがない際の代用品に留めておいてください。

処理手順

​ヒートカッターを使う際はまずコームで対象のムダ毛を整えます。そして焼き切りたい毛をつかみ、カッターを押し当てます。

使用上の注意点

ヒートカッター使用時は毛が焼けるニオイがします。密室では行わず換気しながら処理するようにしましょう。カミソリに比べればマシですが、毛を中間で切断する方法には変わりないので、多少のチクチク感は残ります。

2:ブリーチで脱色​

​髪の毛の脱色を行うのと同様、ムダ毛も脱色剤でブリーチすることができます。​

処理方法の特徴

ムダ毛そのものはなくなりませんが、まるで海外の人のような毛色になり、ムダ毛の存在があまり気にならなくなります。

処理手順

まず肌に余分な油分が残らないように脱色箇所はボディソープで洗いましょう。そして脱色クリームで脱色箇所をしっかりと覆いましょう。クリームが足りないと黒い毛が残ってしまいます。2種のクリームを順に塗布するなど、使用方法はクリームにより様々です。指定の放置時間が経過したらぬるま湯で洗い流します。

使用上の注意点

ブリーチ剤の効果を高めるために室温は高く保っておく必要があります。​しかし最後の洗い流しのお湯の温度が高すぎると、毛穴が開きクリームが毛穴に入り込んで肌荒れを引き起こしてしまう恐れがあります。

おすすめブリーチ:「柳屋・ムダ毛脱色クリーム」

​保湿成分スクワランが含まれた肌に優しい男性用脱色クリームです。放置時間も短いので自宅で簡単に使える点が特徴です。
​商品名 ​メンズボディ むだ毛脱色クリーム N​
​メーカー ​株式会社 柳屋本店
​容量 ​120g(A・B2つの脱色剤の合計)
​価格 ​842円(税込)
柳屋 むだ毛脱色クリーム 購入サイト

3:シェーバーで処理​

​男性にも広く使用されている​おなじみの方法です。ヒゲだけであればシェーバーで処理をしたことがある方も多いのではないでしょうか。​

処理方法の特徴

ヒゲに限らず、シェーバーを使えば全身の毛を処理することができます。カミソリと違い、刃が直接肌に当たらないので肌へのダメージを抑えられるのが特徴です。

処理手順

​肌に対して軽く当てるように動かしながら使います。強く当てると肌を傷つけてしまうので「軽く」がポイントです。機種により毛流れに沿うものと逆って処理するタイプがあるので、事前に確認してから使用してください。

使用上の注意点

​カミソリに比べ深剃りできないので、こまめなお手入れが必要です。また、シェーバーによっては丸ごと水洗いができません。分解してブラシで掃除をしたりと、シェーバーそのもものお手入れに手間がかかる場合があるので、購入時にはしっかりチェックしましょう。

4:脱毛クリームを使用​

​自宅でお手軽に脱毛できるのが脱毛クリームを使用する方法です。

処理方法の特徴

​クリームを塗布して洗い流す、もしくはそのまま塗り込むだけで脱毛できるので広範囲の脱毛もスピーディに行えます。保湿成分が含まれたものも増えており、肌ダメージを抑えながら処理をすることができます。抑毛成分が含まれているものを使えば、シェーバーやカミソリでのお手入れに比べお手入れ回数を減少させることができます。

処理手順

事前にカミソリやシェーバーでムダ毛を処理した上でクリームを塗布します。​製品により、洗い流すものとそのまま塗り込むタイプがあります。​洗い流すタイプのものはお手入れ後に保湿クリームで保湿すると良いです。​

使用上の注意点

​製品によっては肌に合わない可能性もあるので、目立たない箇所でパッチテストを行ってから使用しましょう。

おすすめクリーム:「ヘアーリデューシングクリーム」​

​トルコ生まれの脱毛クリームです。デリケートゾーンなど敏感な肌にも使用できるので、肌が弱い方もトライしてみる価値ありです。
​商品名 ヘアーリデューシングクリーム​
​メーカー  YOUUP INTERNATIONAL​
​容量 140​g
​価格 ​2,900円(税込)
ヘアーリデューシングクリーム 購入サイト

5:脱毛ワックス

​成分により毛を溶かすタイプの脱毛クリームと異なり、毛根から毛を抜き取る方法で使用するのが脱毛ワックスです。

処理方法の特徴

​ハチミツや砂糖をベースとした脱毛ワックスを塗布し、剥がすタイプのシートを勢い良く剥がすことで毛根からムダ毛を抜き去る方法です。一般的にブラジリアンワックスと呼ばれています。個人差はありますがツルツルの状態は二週間程度維持できるようです。

処理手順

処理したい箇所の毛は5mm程度残しておきます。​温めたワックスを塗布し、専用のシートを貼ります。あとは一気に剥がすだけです。

使用上の注意点

​一気に毛を毛根から抜き去るので、痛みを伴います。デリケートなゾーンなど痛みを感じやすい箇所の使用は避けたほうがよいでしょう。また肌が一時的に赤くなる可能性があります。

おすすめワックス:「メンズ専用NULLブラジリアンワックス」

​100%天然のはちみつを使用したNULLのワックスは日本人男性の肌質に合わせて作られています。塗布前の温めも不要で使用できるので初心者の方にも使いやすいと評判です。​
​商品名 NULL 【HONEY SUGAR WAX】 ブラジリアンワックス​
​メーカー NULL
​容量 200​g
​価格 2,980​円(税込)
NULL ブラジリアンワックス 購入サイト

6:サロンやクリニックで脱毛

​最後にご紹介するのがプロの手による脱毛です。

処理方法の特徴

お店での脱毛にはエステティックサロンで行う脱毛とクリニックで行う医療脱毛があります。どちらもプロの手による施術が受けられるのがその特徴ですが、使用しているマシンが違ったり、価格や脱毛効果に差があります。

処理手順

​事前に脱毛箇所のムダ毛をシェーバーやカミソリで剃毛します。お店で行ってもらえる場合と自己処理が必要な場合があります。その後、光やレーザーを施術箇所に照射し、最後にジェルやローションでクールダウンします。

使用上の注意点

​一回の照射で毛を根絶することはできません。毛の生えてくる周期に合わせ複数回重ねることでその効果が発揮されるます。サロンやクリニックにもよりますが、2ヶ月程度の期間を空けて5回~20回程度の施術が必要になります。

処理方法で異なるメリットとデメリット

ではこれらの処理方法のメリットとデメリットはなんでしょうか。処理方法別に見ていきましょう。

ヒートカッター(線香)​

メリット

  • 経済的
  • ハサミで切るよりは仕上がりが自然
  • 手軽にお手入れできる
熱で切る方式なので、何よりも経済的なのがメリットですね。気になったときにサッとできる点も魅力的です。

デメリット

  • デリケートゾーンなど使用箇所が限られる
  • 使用方法を誤ると熱い
  • ワックスやクリームに比べると施術後の毛先がチクチクする
引っ張りながら切断できるような、ある程度長さのある箇所しか使用しにくいのが難点です。直接刃に触れられないような構造になっているとは言え、熱いのも少し恐いです。

シェーバー​

メリット

  • 経済的
  • 手軽にお手入れできる
  • 部位を選ばず使用できる
定番のシェーバーはどんな箇所にも使えるのが魅力です。男女問わず気軽に使える点もポイント高いです。

デメリット

  • 頻繁な処理が必要
  • 毛が生えてくるとチクチクする
  • 替刃やシェーバーそのもののお手入れも必要
処理そのものもこまめにする必要がありますが、シェーバーのお手入れってなんだかんだ言って面倒です。

カミソリ​

メリット

  • 経済的
  • 手軽にお手入れできる
  • 外出先など場所を選ばず使用できる
なんと言っても大きな出費が必要ないのがカミソリの魅力です。利用も手軽で旅先でも気になったその時にお手入れできます。

デメリット

  • 肌へのダメージが大きい
  • 頻繁な処理が必要
  • 頻繁な買い替えが必要
肌に直接刃を当てるので、気になるのはダメージです。なるべく肌に優しいお手入れがいいですね。

ブリーチ

メリット

  • ナチュラルな仕上がりになる
  • ムダ毛そのものは残しておきたい男性にピッタリ
  • サロンやクリニックよりは安価
外国の方のような金色の毛に憧れたことがある方もいるのではないでしょうか。ナチュラルで綺麗なムダ毛ならムダ毛と感じないかもしれません。

デメリット

  • 毛そのものはなくならない
  • 薬剤による肌ダメージを受ける可能性がある
  • 毛が生えると根元が黒く目立つ
根本的に毛はなくならないのが残念な点です。生え際も気になります。

脱毛クリーム​

メリット

  • 次に毛が生えてくる際のチクチク感がなくなる
  • 生えてくる毛が徐々に細くなる
  • サロンやクリニックに比べると安価
生えてきてもチクチクしないってうれしいです。抑毛成分が含まれていると尚良しです。

デメリット

  • 肌に合わないと炎症を起こす可能性がある
  • ニオイが強いものがある
  • ワックスに比べると脱毛効果が持続しない
敏感肌の方は特に注意が必要です。

脱毛ワックス​

メリット

  • 自己処理の中では効果が長持ちする
  • 次に生えてくる毛がチクチクしない
  • サロンやクリニックに比べると安価
自己処理なのに仕上がりが長持ちするのはうれしいです!

デメリット

  • 痛みを伴う
  • ある程度毛を伸ばしてから処置する必要がある
  • 肌が敏感な人には刺激が強すぎる
痛いのが苦手な方には少しハードルが高いかもしれません。

脱毛サロン​

メリット

  • クリニックに比べると安価
  • 脱毛が完了すれば自己処理の回数が格段に減少する(不要になる場合も)
クリニックよりは安くプロの手でお手入れできるのが脱毛サロンの魅力です。

デメリット

  • 自己処理よりは費用がかかる
  • 完全に毛をなくすには15回前後通う必要がある
  • 次の施術まで期間を空ける必要がある
かなりの回数通わないといけないので少し面倒です。

脱毛クリニック

メリット

  • 脱毛が完了すれば自己処理がほぼ不要になる
  • サロンに比べると少ない回数で済む
  • 医師や看護師によるアフターサポートを受けられる
処理してしまえばほぼ永久的にお手入れ不要になるのが何よりうれしいです!

デメリット

  • 自己処理やサロンよりも高額
  • 痛みを伴う
永久脱毛においてやはり皆さん気になるのが費用です。   それそれのお手入れ方法にメリットとデメリットがあります。自分にあった脱毛方法を選びましょう。

おすすめメンズ脱毛サロン・クリニック

リンクス

リンクスは​メンズ専門の脱毛サロンです。

おすすめの理由

メンズサロン最大手のリンクスは店舗数が多く、非常に通いやすい点がその魅力です。価格設定も非常にリーズナブルで、初めての方向けのお得なキャンペーンもあります!脱毛初心者の男性がお試しに通うのにピッタリでしょう。​

脱毛価格​

具体的な価格一覧をご紹介します。​
​脱毛部位 ​回数 ​金額(税込価格)
​全身脱毛 腕や足、お腹や胸など主要部位17ヶ所 8回 ​630,000円
胸元全体脱毛 乳輪周りを含む胸元全体 8回 ​84,000円
​鼻下脱毛 ​鼻下 10回 ​28,000円

おすすめコースは「オーダーメイド脱毛」

​メンズリゼにはオーダーメイドで脱毛が行えるプランがあります。全身の部位から気になる部位をお好みで組み合わせることができ、予算内でプランを組んでもらい脱毛することができます。バランスよく仕上げたい、部分的に残したいといった難しい要望にも答えてもらえるおまかせプランです。​

体験者の口コミ​

はじめて脱毛サロンに通う方はヒゲ脱毛から始める方が多いそうです。​ヒゲ脱毛を行うと毎日のシェービングの手間がなくなり、とても楽になるようです。 リンクスの脱毛はすべて男性スタッフによる施術です。デリケートゾーンだけでなく、女性に裸を見られるのに抵抗がある方も安心して通えます。 これまで脱毛サロンに通ったことがない方も、丁寧なカウンセリングを無料で受けることができます。パッチテストも無料で行ってもらえるので、気になる方は予約してみてください。 リンクス公式サイト

メンズリゼクリニック

メンズリゼは​医療脱毛が行えるクリニックです。

おすすめの理由

高い効果が期待できる医療脱毛はサロンでの脱毛に比べ高額なのが特徴です。メンズリゼはクリニックの中では比較的通いやすい価格設定となっています。また、脱毛価格以外の初診料や再診料など、クリニックでの受診に必要な費用が別途で発生しないので安心して通うことができます。シェービング代やキャンセル料金も無料です。

脱毛価格

具体的な価格一覧をご紹介します。​
​脱毛部位 ​回数 ​金額(税込価格)
​セレクト全身脱毛 ​好きな部位を5箇所選択 ​5回 ​198,000円
​全身脱毛 ​うなじ・ヒゲ・ビキニライン・肛門周り・男性器を除く全部位​ ​5回 ​298,000円
​ヒゲ全体セット ​鼻下・あご・あご下・頬・もみあげ ​5回 ​99,800円
​デリケートゾーンセット ​ビキニライン・肛門周り・男性器 ​5回 ​99,800円

おすすめコースは「全身脱毛5回コース」

​編集部のおすすめは価格一覧表でご紹介した全身脱毛の5回コースです。毛質や肌質に合わせて使い分けられる3種類のレーザー脱毛マシンを使って全身の脱毛を行うことができます。サロン脱毛に比べ出力が高いので5回でも毛が薄くなったと感じる方も多いです。​デリケートゾーンはコースに含まれていないので、恥ずかしい思いをするのはちょっと…という方も安心して通うことができます。

体験者の口コミ​

クリニックでの脱毛はサロン脱毛に比べ効果が出やすく、また、医師や看護師によるサポートを受けられるので安心との声が見受けられます。はじめてだからこそ、バックアップ体制が整ったクリニックで処理したいという方におすすめです。​
  • 5回コースの効果
    リゼの方が脱毛専門店なので変な勧誘がない。(中略)ただし全部回数脱毛(基本5回1セット)ですが、減毛はできても無毛は無理です。個人的に太ももは減毛で十分でした。

    Yahoo知恵袋

 5回で完全にツルツルにするのは難しいようですが、もともと毛が薄い方や、減毛が目的の方なら満足のいく結果が得られるようです。なりたい自分に合わせてサロンやクリニック選びをするのもいいですね。

​ 無料カウンセリング予約を行うことができるので、気になる方はまず公式サイトをチェックしてみてください。 メンズリゼ公式サイト

ムダ毛をきちんとお手入れしてモテ度をUPさせよう♪

男のムダ毛処理がいかに大切か理解してもらえたのではないでしょうか。ここで紹介したような方法であなたの身近にいる女性もムダ毛のお手入れを頑張っているかもしれません。そしてあなたの同僚や友人など、身近な男性もお手入れを始めているかもしれません。あなたも密かに頑張ってみませんか?男性もきちんとムダ毛処理をすることで女性からのポイントアップは間違いなしです。まずは自分が日々取り入れやすそうなお手入れ方法から挑戦してみてください!
img footer post layout

TOP