【Vライン脱毛はもはや常識!】人気の形・種類を要チェック♪ムダ毛処理のポイント

【Vライン脱毛はもはや常識!】人気の形・種類を要チェック♪ムダ毛処理のポイント

シェアする

Vラインのオススメの形を知りたい

今、ムダ毛を気にする女性たちの間で注目を浴びているのがアンダーヘアのお手入れ。 セクシーな水着を着たいからケアしたいけど「彼に引かれちゃうかも?」「温泉で変な目で見られない?」などと手を出せない方も多いのではないでしょうか? そこでVラインの形に関してアレコレ調査してみました。Vライン処理のメリット・デメリットなども一挙大公開!昨日までとは違う自分になってみませんか?
undefined
あかりさん
Vラインのケアっていうのはつるつるにするだけじゃないのよね。形を整えたり、好きなデザインにしたりと自分好みに仕上げる人も少なくないの。
undefined
ハルくん
男性だと毛が「ある」か「無い」かの2択ってイメージですけど、女性は選択肢が多いんですね!今回はVラインの脱毛についてじっくり解説していきます。

Vライン脱毛のメリットとデメリット

Vラインを脱毛することで得られるメリットも多いですが、少なからずデメリットも存在します。どんなメリット・デメリットがあるのかを詳しく見ていきましょう。

メリット

まずは、Vライン脱毛のメリットから確認しましょう。

Vライン脱毛のメリット

  • どんな服装も楽しめる
  • 自己処理の手間が減る
  • ムレにくくなる

Vラインをある程度脱毛しておくと、下着からはみ出す心配がないため、普段は着れない大胆な水着も着れてファッションを楽しめます。

何より自己処理の手間が減るので、サロンやクリニックで施術を受けた場合などは特に一定期間は自己処理不要になるメリットも。 密集していた毛がなくなると通気性も良くなってムレにくくなるので、生理中の不快感軽減にも繋がるほか、清潔な状態をキープできれば肌トラブルを起こすリスクも軽減できます。

デメリット

一方、Vライン脱毛のデメリットは以下の通りです。

Vライン脱毛のデメリット

  • 陰部の黒ずみが目立つようになる
  • アンダーヘアがなくなり、皮膚が直接摩擦にさらされる
  • 間違ったムダ毛処理で黒ずみが発生

もともとVラインを含めた陰部は、皮膚が薄い部分である上に常に摩擦や圧迫がおこる部分なので、年を経るにつれてどうしても黒ずんできます。

それは自然な変化なのですが、普段はアンダーヘアがあるので自分も周囲もあまり気になりません。 ですが、脱毛をすれば当然黒ずみが目立つようになりますし、これまでクッションの役割もしていたヘアがなくなることで、さらに摩擦が直接肌を刺激するようになります。 さらに間違った自己処理で黒ずみが悪化することもあるのです。
undefined
あかりさん
Vラインのお手入れをするときは正しい方法で行うのが重要ね。いくらキレイに処理できたと思っても、間違った方法は肌トラブルが起こるリスクがあるので要注意。

Vラインの形・種類

ここからはVラインの形や種類を見ていきましょう。周り人にどのような印象を与えるか、どんなものが人気があるのかなど、を比較しながら参考にしてください。

トライアングル型(逆三角形)

もともとVラインは三角形に生えているので、この型は一番自然に見える形です。下着などからはみ出さないように全体的に小さく整えるだけなので、いかにも「脱毛してますっ!」という印象を与えません。 あまり小さくしなければ性器も丸見えにならないので、温泉に行ったときなどにも安心です。小さめにすればローライズのパンツをはくときも安心です。
undefined
あかりさん
男性受けが一番いいのもこの形♪Vライン処理が初めての女性にとっても最適の形よ。

 オーバル型(卵型)

こちらも自然に見える形です。丸みのあるオーバル型は、柔らかく女性らしい印象を与え、男性からも人気が高いです。オーバルの大きさによって雰囲気が変わりますので、最初は大きめに処理して、お好みの大きさにまでしていくのが良いでしょう。

スクエア型

トライアングル、オーバルと並んでナチュラルさで人気なのがスクエア型です。長方形になるように形を整えるだけなので、とっても自然ですし、毛のある範囲がIラインまでつながるので、性器も丸見えになりません。

Iライン型

Iの文字になるよう、細長い長方形に整えるのがこの型です。ラインの太さはお好みで選べます。 ハイレグの水着などを好んで着る方には安心できる形ですが、「脱毛してる」感はハッキリ出ますので、気になる方にはオススメできません。 また、色白なのに毛量が多く濃い方だととっても目立つので、この型にされたい人は毛量も調整された方がよいでしょう。
undefined
ハルくん
海外の方にはとっても人気がある型なんですよ!

Uライン型

オーバル型の上部を平らにしたのがこの型です。こちらも自然に見えるので、男女ともに人気があります。

ハイジニーナ(パイパン)

「ハイジニーナ」とは、「衛生」や「健康法」などを意味する英語の「hygiene(ハイジーン)」を語源とする言葉で、陰毛を完全に脱毛して無毛状態にしている人のことを指します。 陰部に毛がないことで、月経や排せつ時の汚れが残りにくく、臭いも激減しますし、セックスの時に相手に不快感を与えないということで、海外では非常にメジャーになっています。
undefined
あかりさん
ハイジニーナって抵抗あるかもだけど、月経時の不快感から解放される爽快感はサイコー!って声も多いんですよ♪ブラジリアンスタイルと呼ばれることもあります!

星形

こちらは文字通り、星の形に整えるものです。複雑な形なので対応できるサロンは限られてきます。 また、きれいな形を長く保ちたい方は、レーザーやニードル(電気針)による永久脱毛をすることをオススメします。 しかし、永久脱毛をすると、元に戻したり他の形にするのが難しくなるので、星形にされる方はよくお考えになってからが良いでしょう。
undefined
ハルくん
星形はなかなかの攻めスタイルですね!ナチュラルが好きな男性なら引いちゃうかもですが、「僕だけのためにやってくれたんだ」って嬉しくなる男も多いんじゃないでしょうか?

ハート型

ハートはナチュラルに近い形ながら、可愛いデザインで人気です。 トライアングルに少し手を加えるだけと比較的処理しやすいので、施術してくれるお店も多いですし、処理する範囲も少なくて済むので、自己処理派の方にもオススメです。
あかりさん
セクシー&キュートで、脱毛に抵抗のない男性には特に受けがいいみたいよ♪
このようにVラインの形にはたくさんの種類があります。 形によっては限られたサロンでしか施術してもらえないものもありますので、カウンセリングでしっかり相談することと、実績のあるサロンを選ぶことが大切です。  

医療クリニックとサロンどちらを選ぶ?

確実に脱毛するなら、クリニックでの医療脱毛かサロンでの光脱毛がおすすめ。それぞれどんな特徴があるのか、どちらが自分に向いているのかを判断したい人は、複数の項目をチェックしてみてください。

医療脱毛・脱毛サロンを比較してみた

「できるだけ安く脱毛したい!」、「より高い効果が期待できる方で施術を受けたい」など人によって重視するポイントは異なります。 今回は医療脱毛・脱毛サロンの料金・痛み・完了までの期間の平均を比較してみました。

料金

医療脱毛 脱毛サロン
30~40万円 25~35万円
上記は、全身脱毛を受ける際にかかる料金の平均です。 もちろん、Vラインのみなど部分脱毛であればもっと価格もリーズナブルになるでしょうが、一般的に医療脱毛より脱毛サロンでの光脱毛の方が安い傾向です。 1回の負担額が少なくなるので、お財布に優しく通いやすいのは脱毛サロンということになります。

痛み

医療脱毛 脱毛サロン
強い痛みを感じやすい 医療脱毛より 痛みを感じにくい
痛みに関しては医療脱毛の方が強い痛みを感じる場合が多いようです。 そもそも、医療脱毛はレーザー脱毛機を使用しているので、光脱毛とは全く違う方法となります。 痛みに弱い人や肌質に不安がある人は、脱毛サロンでの施術をおすすめしますが、クリニックでの施術は麻酔も使用可能になっているところが多いので、それほど痛みが気にならない人も少なくありません。

完了までの期間

医療脱毛 脱毛サロン
1~2年 3~4年
完了までの期間を比較すると、医療脱毛の場合は平均1~2年、脱毛サロンの場合は平均3~4年かかるといわれています。 通う回数としては、医療脱毛が5~8回、脱毛サロンが18~20回程度。痛みを感じやすい医療脱毛はその分脱毛効果が高いので、少ない回数で脱毛が完了できるのです。
undefined
ハルくん
短期間で永久脱毛したいなら、断然クリニックでの医療脱毛がおすすめです!料金的にはサロンで施術を受けるより多少高くなってしまいますが、通う期間やコスパを考えるとクリニックの方がお得になることもあるんです。
undefined
あかりさん
逆に、永久脱毛までの効果はいいから毎月少ない負担でマイペースに通いたいという人には脱毛サロンでの光脱毛がおすすめね。自分の重視するポイントに合わせて、どちらにするのかじっくり考えてみて♪

Vライン脱毛におすすめの脱毛サロン

Vラインの脱毛に定評のある脱毛サロンをご紹介します。今回注目したサロンは、ミュゼプラチナム・プリート・脱毛ラボの3つ。それぞれ、Vライン脱毛にかかる料金を比較してみましょう。

ミュゼプラチナム

回数 料金
2回 9,000円
8回 36,000円
12回 27,000円
※価格はすべて税別 ミュゼのVラインはトライアングル上とトライアングル下に分かれています。例えば8回の場合はトライアングル上が4回とトライアングル下が4回など自由に選べるので便利です。 その他、Vライン(両サイド)の美容脱毛完了コースやVIOをまとめて脱毛できるプラン、専用アプリダウンロードで施術料金が半額になるなど、お得な情報が満載です。

プリート

回数 料金
1回(お試し) 25,000円
6回 52,500円
18回 151,200円
※価格はすべて税別 こちらは脱毛のみのベーシックプランの料金です。 美白も合わせた「プレミアムハイジニーナ脱毛」もあり、お得なキャンペーンも開催していることが多いので、通常料金の半額で施術が受けられるチャンス。 ※上記でご紹介した6回・18回の料金はキャンペーン価格となっているので変更になる場合があります

脱毛ラボ

回数 料金
1回 2,500円
6回 15,000円
18回 45,000円
※価格はすべて税別 脱毛ラボで部分脱毛する場合は「1回単発プラン」一択になります。VラインはMパーツで1回あたり2,500円で受けられるので、18回でも45,000円と非常にリーズナブル。 脱毛にかかる費用を抑えたい人におすすめです。
undefined
あかりさん
3つの脱毛サロンの中で今回ご紹介するのは「ミュゼ」と「プリート」。ミュゼは「アプリダウンロードやキャンペーンなどで安く脱毛できる」し、プリートは「VIO専門店」で安心して脱毛できます!もちろん、価格もリーズナブルで複数のプランが揃っているので詳しく見ていきましょう♪

ミュゼプラチナム(MUSEE PLATINUM)

\Vライン脱毛が100円!/

ミュゼプラチナム(MUSEE PLATINUM) 全国に180店舗も展開しているミュゼなら、お引越し先でも脱毛を続けられます。非常にリーズナブルなのに無理な勧誘もないので、気持ちよく通い続けられます。 Vラインは「Vライン」「トライアングル上」「トライアングル下」の3パーツに分けられているのですが、12,000円(税込)以上のお支払いになら「両ワキ+Vライン」が通い放題の特典もつくので、全てきれいにできますよ。

脱毛料金一覧

美容脱毛完了コース
脱毛部位 料金
両ワキ+Vライン 100円(税別)
Vライン 3,600円(税込)
こちらは期間・回数無制限のコースになっています。両ワキ+Vラインのコースならなんと100円という驚きの価格で脱毛できてしまいます。 Vラインのみの場合もお手頃な価格で満足いくまで施術を受けられるのが魅力です。 ハイジニーナ7 VIO脱毛コース(レギュラープラン)
プラン 料金
1回 18,000円
4回 72,000円
4回(アプリDL) 36,000円
6回 108,000円
6回(アプリDL) 54,000円
※価格はすべて税別 こちらのセットプランは、トライアングル上・トライアングル下・Iライン・ヒップ奥・へそ下・Vライン上・Vラインをまとめて脱毛できます。 ミュゼ専用のアプリDLで施術料金が半額になるので、活用していきましょう。 ハイジニーナ7 VIO脱毛コース(デイプラン)
プラン 料金
1回 15,000円
4回 60,000円
4回(アプリDL) 30,000円
6回 90,000円
6回(アプリDL) 45,000円
※価格はすべて税別 こちらもミュゼの専用アプリダウンロードで施術料金が半額となります。デイプランは平日の12時~18時の時間限定となりますが、よりお得に脱毛したい人はデイプランの契約がおすすめです。 レギュラープラン・デイプラン共に12,000円(税込)以上の契約で「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」が無料でプレゼントされます。

ミュゼプラチナムの口コミ

ここでは、実際にミュゼを利用した人の口コミをご紹介していきます。

ミュゼプラチナムの口コミ

  • 最初の3ヶ月くらいは特に効果は感じていなかったのですが、4ヶ月目頃に毛がポロポロ抜け始めたんです!洋服とかにもついていて最初はかなりびっくりしましたが、ちゃんと脱毛出来ていると実感出来て嬉しかったです。(21歳女性)
  • 毛がどんどん細くなっていってほとんど目立たなくなってきました。カミソリで処理もしなくなったのでお肌のトラブルや黒ずみも目立たなくなってきて嬉しいです。(35歳女性)
  • Vラインをほぼ毎日処理していましたが、限界を感じてミュゼへ。2回目の施術後くらいから効果が出てきて、気になっていたブツブツも減りました。復活しても産毛程度しか生えないのでとても楽です。(34歳女性)

効果を感じるまでには個人差がありますが、ミュゼで脱毛して良かったという声がたくさん寄せられています。

ムダ毛が復活しても以前のように濃くて太い毛は生えにくいので、自己処理するのもうんと楽になりますね。プロにお任せすると肌トラブルが起こる心配も少ないので安心です。
【ミュゼプラチナム】公式サイト

プリート(Pulito)

\ハイジニーナ脱毛ならプリートにお任せ/

プリート(Pulito) 「ハイジニーナ専門サロン」というだけあって、VIO脱毛の実績は年間1万件以上! しかもVラインの脱毛範囲が他社に比べて広範囲なのも大きなポイントです。キャンペーン等を利用すればさらにお得に脱毛を受けることができます。 また、VIO全てを脱毛する「ハイジニーナプラン」ならさらにVの範囲が広くなるうえ、様々な特典がついてきますので、これを機にハイジニーナになるのもオススメです。

脱毛料金一覧

プレミアムハイジニーナ脱毛
コース 料金
3回 39,900円
6回 68,900円
12回 123,750円
18回 157,500円
※価格はすべて税別
プレミアムハイジニーナ脱毛は、脱毛に美白パックがついたプランです。美白効果で脱毛効果を高めながら痛みを抑えて快適に脱毛できます。 上記はキャンペーン価格となっているので、予告なく変更になる場合があります。定期的に公式サイトを確認しておきましょう。

プリートの口コミ

ここでは、実際にプリートを利用した人の口コミをご紹介していきます。

プリートの口コミ

  • 恥ずかしい部分を他人に見られると思うとなかなか勇気が出ませんでしたが、カウンセリングだけでもと思い来店しました。スタッフさんの対応が丁寧で安心してお任せできそうだったので契約しちゃいました。(21歳女性)
  • さすが、ハイジニーナ専門店なだけあって、Vラインだけでも9種類ほどデザインが選べることにビックリしました。細かい希望も聞いてくれるし、痛みも少ないので快適です。(36歳女性)
  • 1回施術を受けただけなのに、1週間後くらいから急に抜けてきました。自己処理しなくてもツルツルをキープできるのでやって良かったです。生理のときもすごく楽になりました。(29歳女性)

Vラインはデリケートな部位なので、施術を受けたいけど恥ずかしい……という人も多いはず。

その点、プリートはハイジニーナ専門店なので、スタッフの技術力も高く、安心して施術を受けられます。 早い人だと1週間後に効果を実感できている人もいるようです。

【プリート】公式サイト

Vライン脱毛におすすめの医療脱毛クリニック

医療脱毛が行えるクリニックもチェックしておきましょう。特に人気がある湘南美容外科クリニック・リゼクリニック・アリシアクリニックの3院のVラインの脱毛料金を比較してみます。

湘南美容外科クリニック

回数 料金
3回 17,410円
6回 28,750円
※価格はすべて税込 VラインはSパーツに分類されます。横5cm×縦8cmの内側は照射不可となっているため、注意が必要です。他にもVIO脱毛などお得なセットプランも充実しています。

リゼクリニック

回数 料金
1回 19,900円
5回 59,800円
※価格はすべて税込 リゼクリニックでは、5回コース終了後だと1回あたり9,500円とお得な価格になります。VIOをまとめて脱毛できるセットプランもあるので、気になる人はそちらもチェックしてみてください。

アリシアクリニック

回数 料金
5回 27,500円
8回 39,600円
※価格はすべて税別 アリシアクリニックでは、回数コースの他に「脱毛し放題」コースがあります。さらに、VラインやVIOはスムース・ビューティプランの2種類があり、上記はビューティプランの料金です
undefined
あかりさん
この中で今回ご紹介するのは、安さが魅力の「湘南美容外科クリニック」と保証が手厚い「リゼクリニック」!では、詳しい情報を見ていきましょう。

湘南美容外科クリニック(SBC)

\安さ重視で脱毛するならSBC/

湘南美容外科クリニック(SBC)

脱毛料金がリーズナブルで、通いやすい湘南美容外科クリニック。全国に76院以上展開しているので、どこに住んでいても通いやすいのが魅力です。 施術時間が短く、女性の場合はアレキサンドライトとウルトラ美肌脱毛の2種類の脱毛機を使い分けています。コスパ最強なので、お財布にも優しいのも大きなメリット。 乗り換えトライアルや各種割引なども充実しているので、よりお得に脱毛したい人は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

脱毛料金一覧

ハイジニーナ(VIO)
コース 料金
1回 14,580円
3回 29,800円
6回 58,000円
※価格はすべて税込 こちらはVIOをまとめて脱毛できるプランとなっています。 院によっては男性のVIOの施術も可能なので、男性でVIOの施術を希望する人は、公式サイトで実施しているクリニックを検索してみましょう。

湘南美容外科クリニックの口コミ

ここでは、実際に湘南美容外科クリニックを利用した人の口コミをご紹介していきます。

湘南美容外科クリニックの口コミ

  • 医療脱毛は痛いと思っていましたが、湘南美容外科クリニックの脱毛はそこまで痛みもなく、我慢できる程度です。施術時間も短めなので、ストレスなく通えています。(24歳女性)
  • 他のクリニックも見てみましたが、ここが断トツで安いです。効果もしっかり出るのでコスパ的にはいいんじゃないかなと思います。3回目ですが、Vラインがかなりキレイになってきました。(32歳女性)
  • 全国展開しているだけあって信頼できます。家から通いやすい距離にあるのもいいですね。VIO2回目で、気になっていたところの毛が抜けました。今後も通うのが楽しみです。(35歳女性)

CMなどで宣伝されていることもあり、かなり有名な大手クリニックなので信頼できるという人が多い印象です。

安いだけではなく、しっかりと脱毛効果を得られるのでコスパも◎!医療脱毛なのに痛みも少ないという意見もあり、かなり期待できそうです。 湘南美容外科クリニック【公式サイト】

リゼクリニック(RIZE)

\追加料金0円!女性専用で安心/

リゼクリニック(RIZE) 女性専用のリゼクリニックは全国に13院。提携院を合わせると18院展開しています。 ライトシェア・デュエット、メディオスターNeXT、ジェントルYAGの3種類の脱毛機を使い分けていて、特にライトシェア・デュエットは痛みを感じにくいと評判です。 予約キャンセル料や再照射料、肌トラブルに関する料金などの諸費用は一切かからず、コースの有効期限も5年と長いので自分のペースで通いやすいクリニックとなっています。

脱毛料金一覧

VIO脱毛セット
回数 料金
1回 44,500円
5回 98,800円
5回後1回 15,500円
※価格はすべて税込 リゼクリニックは5回コースがお得な価格になっていて、コース終了後も低価格で通えるのが魅力です。諸費用を考えなくてもいいのでとても良心的ですね。

リゼクリニックの口コミ

ここでは、実際にリゼクリニックを利用した人の口コミをご紹介していきます。

リゼクリニックの口コミ

  • シェービングが無料というのはかなり嬉しいです。他のクリニックでは、きれいに処理していってもシェービング代をとられたことがあったので、リゼはとても良心的だと思いました。(28歳女性)
  • 効果にとても満足しています。スタッフさんもとても丁寧に照射してくれるし文句なし。でも、もう少し予約が取りやすくなると嬉しいです。人気があるのか取りにくい時もあるので。(40歳女性)
  • 友達におすすめされたのでカウンセリングに行ってみました。説明が分かりやすく、初めてでしたがとてもリラックスできる雰囲気でした。まだ効果は分かりませんが、これから通ってみたいと思います。(31歳女性)

他院では、シェービング代がかかるところも多く、きれいに処理したと思っていてもシェービング代を請求されるケースも少なくありません。

リゼは基本的にシェービング代がかからないので、自己処理しにくい部分も無料で処理してくれるのはありがたいですね。 看護師の対応も良く、説明も分かりやすいので通いやすいという口コミも多く集まりました。 【リゼクリニック】公式サイト

そもそもVラインってどこ?

脱毛のことを調べたりしていると「VIO脱毛」という言葉を目にしますが、これはいわゆる「デリケートゾーンの脱毛」のことを指しています。

この中でIラインは足の間、つまり女性器周りの部分で、Oラインというのは肛門周りの部分になります。 そして正面を向いた時に見える部分(下着で隠れる部分)がVラインだと思われがちですが、厳密にいうと実はちょっと違います。

体の前面のパンツラインに沿った範囲

Vラインとは「ビキニライン」の略称なので、体の全面のパンツラインに沿った範囲、すなわち太ももの付け根のV字ラインのことです。 きわどい下着や水着を着た時に毛がはみ出してしまう部分をVラインというのです。
undefined
ハルくん
ちなみに、男性の脱毛クリニックでは体の前面でビキニパンツをはいた時に隠れる部分全体を「Vライン」としているところが多いようですよ。
undefined
あかりさん
女性の脱毛サロンやクリニックでは、「Vライン」の定義がかなり違うの。太ももの付け根ラインを「Vライン」とか「Vラインサイド」といい、おへその十数センチ下でVラインに挟まれている逆三角形の部分は「トライアングル」などと呼んでいくつかにパーツ分けしているところが多いわ。だから「Vライン」の料金だけで「トライアングル」まで脱毛できないというところもあるのよね。

【自宅でVライン脱毛】正しい自己処理方法

デリケートな部分なだけ、他人にすべてをさらして処理をしてもらうのにはどうしても抵抗がある!という方はある程度ならおうちで自己処理ができます。
ただし、きれいな仕上がりのためには充分に注意すべき点もありますので、詳しくご紹介します。

形を整えるならフェイスシェーバー

「水着からはみ出す部分をきれいにしたい」「毛の範囲を小さくしたい」という方は、電気シェーバーでお手入れしましょう。 特にフェイス用やデリケートゾーン専用のものなら、ヘッドがコンパクトで入り組んだ形状の部分でも剃りやすいのでオススメです。

シェーバーを使ったお手入れ方法

  • はさみ等を使って長さを整えておく
  • 処理の前後はワセリンや弱酸性でアルコールフリーの保湿剤でしっかり保湿する
  • 毛の流れに逆らう「逆剃り」をする
undefined
あかりさん
あと、お風呂でのお手入れは絶対NGよっ!お風呂で剃ると大切な角質まで一緒に剥がれちゃって、お肌が傷ついてしまうの。

長さを整えるならヒートカッター

アンダーヘア(Vライン)にとって最適な長さは3cmだと言われています。長すぎず短すぎず、ちょうど良いバランスなのだそうです。 ですが、ハサミで切ってしまうと毛の断面が平らで鋭利になり、チクチクしたり下着から突き出たりしてしまい、不快感が増してしまうという難点が。そんな時にはヒートカッターが大活躍してくれます。 ヒートカッターというのは先端がコーム状になっていて、ムダ毛を梳かすようにして使います。その時、電熱線の熱で毛を焼き切るのです。 このため、毛の断面が丸くなり、チクチクが抑えられるというわけです。

ヒートカッターを使ったお手入れ方法

  • どれくらいの長さにするか決める
  • 毛をつまみ、少しづつゆっくりとカットする
  • 終わった後はしっかり保湿をする
undefined
ハルくん
ヒートカッターといえば、一人暮らしの女性が窓を開けてヒートカッターを使っていたら、思った以上に焦げ臭くって、お隣さんからクレームが来ちゃった失敗談もあるそうです。
undefined
あかりさん
あちゃ~、やっちゃったわね。熱で焼き切るんだから焦げ臭いにおいが出てしまうのはデメリットだわ。それと、熱で火傷をしないためにガードがついているので、どうしても5mmくらいは毛が残ってしまうものなのよ。
undefined
ハルくん
ツルツルにするのが目的じゃなく、長さを整えたり毛量を減らしたりすることメインに使うものなんですね!

絶対にしてはいけないVラインの3つの処理方法

手軽にできるからといって、間違った処理の仕方をしていると肌トラブルが起こりやすくなります。特におすすめできない3つの処理方法を解説していきます。

カミソリで剃る

おそらくムダ毛の処理で一番多くの人がやっている方法ではないでしょうか。しかしカミソリにはデメリットがたくさんあります。
  • 毛の断面が鋭利になるので、伸びてくるとチクチクする
  • 毛根を残して深剃りをするので、毛穴の中で毛が伸びてしまう「埋没毛」になりやすい
  • 肌の角質まで削り取ってしまい、肌を傷める
  • 傷がつきやすく、雑菌が入って炎症「毛嚢炎」をおこす
  • 直ぐ伸びてきて頻繁に処理するため、色素沈着をおこしやすい
「毛嚢炎(毛包炎)」というのは、ムダ毛の処理で起こりやすいトラブルです。毛穴の奥で毛根を包んでいる部分「毛包」に皮膚の常在菌である「ブドウ球菌」が感染して起こります。 軽い場合は赤く小さなブツブツができるだけで痛みやかゆみはほとんどありませんが、重度になると痛みやかゆみだけでなく、膿をもったり発熱したりすることもあります。
undefined
あかりさん
カミソリで処理をすると、その摩擦や刺激から守るために肌はメラニン色素を多く生成してしまうの。黒ずみがひどい場合はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛が受けられないこともあるので、カミソリは絶対ダメ!

毛抜きで抜く

それほど多くない量なら毛抜きで、という方も居るかもしれません。確かに毛根まで抜ければ生えてくるスピードも遅くなりますが、危険性も大きいです。
  • 無理に引き抜くため毛穴の中が傷つき、内部で出血がおこる
  • 毛抜きは肌に強い刺激になるので、色素沈着をおこしやすい
  • 毛根を残して毛が切れることも多く「埋没毛」になりやすい
キレイに処理するためには毛抜きはNGです。肌に刺激を与えてしまうためついついやってしまいがちですが避けるようにしましょう。

除毛クリームを使う

除毛(脱毛)クリームとは、チオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の成分が毛のタンパク質を溶かすことで毛を除去するというものです。 メリットもありますが、大切なのは肌もタンパク質であるということです。 毛を溶かすほどの成分が肌を傷めないわけがなく、それがデリケートゾーンならなおさらです。とても刺激が強いので、オススメできません。  

除毛クリームのメリットとデメリット

上記でNGな処理方法としてご紹介した「除毛クリーム」ですが、デメリットばかりではなく、メリットもたくさんあります。 ここでは、除毛クリームのメリットとデメリットを通して特徴を見ていきましょう。

メリット

除毛クリームのメリットは以下の通りです。

除毛クリームのメリット

  • 毛を溶かすので断面が丸くなり、伸びてきてもチクチクしにくい
  • 毛穴の中まで浸透するので、次に伸びてくるスピードが遅い
  • カミソリに比べて処理後の肌がきれい
  • カミソリ負けをしやすい人や光脱毛ができない人もムダ毛処理できる

カミソリやシェーバーで処理するよりも手軽で簡単に処理できる除毛クリーム。仕上がりもきれいなので正しく使用する分にはおすすめです。

処理した後のチクチク感が少なく、デリケートゾーンに使用できる商品も出てきているのでチェックしてみてください。

デメリット

一方、デメリットはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

除毛クリームのデメリット

  • 肌質に合わないとトラブルの原因になる
  • 物によってはコストがかかる
  • 定期的にお手入れする必要がある

まず、肌質に合っているかどうかは重要なポイントです。どれだけ効果が高いものでも、肌質に合っていないと赤みやかゆみなど肌トラブルが起こる原因となります。

また、 1つ1つの値段は安くても長い目で見るとコストがかかり、定期的に購入する必要があります。 使用する期間が長くなるほどお金がかかるので、クリニックで永久脱毛した方が安く済むというケースもあるのです。
undefined
ハルくん
商品選びが大切になってきますね。配合されている成分や使用できる部位をしっかり把握してから購入しましょう!

Vライン脱毛したら黒ずみを解消しよう

Vラインなど陰部を脱毛したときに気になるのが脱毛後の黒ずみ。ここでは、黒ずみの解消方法をご紹介していきます。

黒ずみの解消方法

陰部の黒ずみ対策には大きく分けて2つの方法があります。それは黒ずみを悪化させない方法黒ずみを治す方法です。それぞれに関してまとめてみましょう。

悪化させないケアとは?

  1. 皮膚にダメージを与えない脱毛方法をとる
  2. 締め付けの強い下着などを避ける
  3. ゴシゴシ洗わず、優しく洗う

カミソリや毛抜きのような脱毛法や、締め付けの強い下着などは肌に大きなダメージを与えます。また、お風呂でナイロンタオルを使ってゴシゴシ洗うのもNG!弱酸性の石鹸などをよく泡立て、優しく洗うことを心がけましょう。

undefined
ハルくん
なるほど~。とにかく肌に刺激を与えないことが大切なんですね!じゃあ、黒ずみを消すためにはどうしたら良いんでしょうか?

黒ずみを解消するケアとは?

  1. 正常なターンオーバーができるよう生活習慣を見直す
  2. 美白効果の保湿クリームなどを使う

古い角質が剥がれ落ち新しい肌に生まれ変わる「ターンオーバー」

周期は年齢によっても違いますが、およそ28日周期と言われ、加齢とともに遅くなっていきます。ターンオーバーが遅くなるとメラニンが沈着しやすくなり、シミの原因となってしまいます。 ターンオーバーが正常に行われるためには成長ホルモンが大きく関わっており、その成長ホルモンを充分に分泌させるためにはバランスの良い食事や質の良い睡眠が必須です。 また、保湿のために使うクリームなどには美白効果のあるものを選ぶと良いでしょう。
undefined
あかりさん
美白成分にはビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチンなどが挙げられるわ。これらは肌への刺激も少ないのでGood!病院などで処方されるハイドロキノンは刺激が強いので、デリケートゾーンへの使用は注意が必要ね。

Vライン脱毛でよくある質問

一番のプライベートゾーンであるVIOの脱毛は、気になることがあっても他人に聞きづらいこともありますよね。

恥ずかしくないですか?

思い切って始めてみれば意外と恥ずかしくなかったということもあるようです。
実際に脱毛を受けた方と施術スタッフの声をまとめてみました。 利用者の声
  • 紙パンツがあるので恥ずかしくない
  • 痛みに比べれば恥ずかしさなんて!
  • 恥ずかしいのは最初だけだった
脱毛施術者の声
  • できるだけ隠しながらやっているから安心して
  • 施術者は毛しか見ていないので大丈夫
恥ずかしいという声は意外に少なく、1度受けてみれば気にならなくなるという人も多いようです。施術者もプロなのでデリケートな部位でも特別意識することはないようなので安心です。

Vライン脱毛途中に濡れちゃったらどうしよう?

施術に集中するので、スタッフが気にすることはありません。
特に感じているわけじゃなくても、施術中に濡れてしまう人も少なからずいます。しかし、施術者もプロなので例え濡れていたとしても指摘したり意識することはありません。 性感帯として感じるかも……と不安に思う人もいるかもしれませんが、ほとんどは少なからず痛みがあり、そちらに意識がいくので問題なく脱毛できます。  

Vラインを整えて可愛い下着や水着を着こなそう

Vライン脱毛に抵抗のある女性は多いはず。ですが、思い切って一歩を踏み出すことができれば、きっと新しい自分を発見できるはずです。 セックスや清潔感のためだけでなく、やってみたかったファッションを楽しんだり、アンダーヘアまでおしゃれのワンポイントにしたりしてみるのも素敵です♪普段は隠れて見えない部分ですが、Vラインを整えるだけで気分がウキウキしてくるはずですよ。
img footer post layout

TOP