豆乳にムダ毛の成長を抑える効果があるって本当!?メカニズムを徹底解説

豆乳にムダ毛の成長を抑える効果があるって本当!?メカニズムを徹底解説

シェアする

豆乳でムダ毛が薄くなるって本当!?

いつの時代も女性を悩ませるのは「ムダ毛」です。脱毛サロンやグッズは世の中に数えきれないほど溢れています。 しかし「そもそもの体毛を薄くしたい」というのが多くの女性の願いではないでしょうか? そしてわたし達の身体のひとつひとつを作り上げているのは「栄養素」に他なりません。美容や健康を意識した栄養管理をしている人もきっと多いと思います。 もちろん体毛の太さや生えるスピードも、日々摂取している栄養で大きく左右されています。 さて、今回スポットを当てるのは「豆乳」です。 女性に人気のヘルシーな飲み物でおなじみとなっていますが、実は「ムダ毛を薄くする」効果もあるとご存知でしたか? そこで気になるのは豆乳でムダ毛を薄くするメカニズム、そして活用方法です。「ただ飲むだけ」では少々効き目が感じられない部分がミソとなっていますので、これからご紹介する豆乳でムダ毛を薄くするポイントをぜひ活用してみてくださいね。

豆乳に抑毛効果がある理由

豆乳がムダ毛に作用するのは「脱毛」ではなく「抑毛」です。つまり、毛の生えるスピードを遅くしたりすることでムダ毛を目立たなくさせます。 まずはそんな豆乳とムダ毛の関係を、女性の身体のメカニズムと一緒に確認していきましょう。

イソフラボンが女性ホルモンの働きと酷似

豆乳に含まれているイソフラボンは、女性化を目指している男性に人気もあるほど「女性要素」の強い成分です。 まず女性らしい身体を作っている元となる女性ホルモンについておさらいしましょう。女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類が存在し、お互いに生理周期に合わせて分泌量を調整し合うことでバランスが保たれています。 中でも体毛を薄くする作用を持っているのが「エストロゲン」と言われ、エストロゲンをいかにして増やせるかが体毛を薄くするカギとなっています。 エストロゲンは他にも女性らしい身体のカタチを作るために働きかけてくれるホルモンです。 そして豆乳イソフラボンはこのエストロゲンとよく似た働きをすることから、バストアップサプリやホルモンバランスを整えるサプリなどにも配合されていることが多いのです。

男性ホルモンを抑えてムダ毛を薄くする

体毛を薄くするエストロゲンに対して、体毛を濃くする作用を持っているのが男性ホルモンです。 筋肉を作る機能などへの作用もあるため、女性にもある程度は必要なものですが、この男性ホルモンの分泌量が増えすぎると体毛が濃くなってしまうなど「男性化」の現象があります。 ホルモンの異常分泌などが起こらない限り、それほど目立った男性化までは起こさないとされています。しかし閉経後の女性の体毛が濃くなるなどは、女性ホルモンの分泌量が減り男性ホルモンが優位に立つ為です。 豆乳イソフラボンによって女性ホルモンの分泌量が増すことで男性ホルモンの働きを抑え、ムダ毛を薄くします。

さらに期待できる豆乳の嬉しい効果

豆乳によって期待できるのはムダ毛が薄くなることだけではありません。 イソフラボンの作用によって「女性らしさ」を強く引き出してくれるのが豆乳です。

肌の潤いやハリを保つ

イソフラボンによって女性ホルモンのエストロゲンが活発に働くことに先ほど触れましたが、エストロゲンの別名は「美肌ホルモン」です。 皮膚のハリを保つコラーゲンの生成や、肌の水分量のバランスを整える働きがあります。化粧品コーナーでも豆乳イソフラボンの化粧水などをよく見かけると思いますが、こういった肌の潤い・ハリを取り戻すことから人気の成分となっているのです。 また豆乳の美容効果は若い人よりも年齢を重ねた女性が実感しやすいといいます。これは加齢に伴いエストロゲンが減少し、豆乳によりその点を補えるからです。 しかし同時に豆乳には身体を冷やす作用もあるため、冷え性などの人は飲み方や量に注意しましょう。身体の冷えによって内蔵機能が低下し、血流や新陳代謝の悪化を招くこともあります。

毛穴の黒ずみを解消

毛穴の黒ずみはメラニン色素の沈着が主な原因となっています。そのため、いかにしてメラニン色素の生成を抑え、毛穴詰まりを引き起こす乾燥を予防できるかが黒ずみを解消していくスキンケアのポイントです。 豆乳イソフラボンは美白効果が高く、メラニン色素の生成を抑制する植物性プラセンタを持っています。 保湿効果も高く、肌本来の保水力も高めてくれるので季節に合わせたスキンケとしても優秀な素材です。

抗酸化作用でアンチエイジング

豆乳イソフラボンは加齢による肌の衰えを感じる女性にこそおすすめしたいもの。これは豆乳イソフラボンの持つポリフェノールの抗酸化作用が強く働くためです。 肌や細胞、すべてを酸化させないようにしていくこと・体内の活性酸素の発生を抑制することがいつまでも若々しさを保つ秘訣となり「錆びない体」という言葉もここから来ています。 30代、40代と徐々に肌の変化を感じる年頃になったら使いはじめてはいかがでしょうか?
鈴木あかり
確かに豆乳は美容にも抑毛にも良いってことは知ってたけど……改めて豆乳の働きをこうして見ると、女性の持ついろんな悩みの種を解消してくれるものなんですね☆さて、ここから先はどうやって豆乳を活用していくか、という部分に入っていきますよ~♪

 そのまま飲むより肌に塗るのがおすすめ

豆乳の持つ美容効果のおさらいが出来たところで、今回の目的「豆乳でムダ毛を薄くする」方法に話を戻します。 冒頭でお伝えした「ただ飲むだけでは効き目は弱い」という部分をこの項目で深堀していきます。ずばり豆乳でムダ毛を薄くしたい人は、飲むよりも肌に直接塗る方が効果を実感しやすいと言われます。 豆乳を肌に塗ることで得られる2つのメリットをご紹介します。

サポニンの作用で毛穴に浸透しやすい

抗酸化作用・抗菌作用・血行促進……など、幅広い作用を持つサポニンは健康食品のメイン成分として使用されることも多いものです。 豆乳はこのサポニンも含有し、これが「塗るメリット」を大きくしているポイントです。 豆乳サポニンは水にも油にも溶けやすく、その中で油分を浮かせるなど洗浄作用を強く持ちます。豆乳を肌に塗ると、まずサポニンが表面や毛穴の汚れを落とし、綺麗になった肌へイソフラボンを浸透させてくれるのです。 そして肌の角質層まで浸透したイソフラボンは、毛母細胞などにもしっかりと働きかけることができ、ムダ毛を薄くすることにつながっています。
ハルくん
もしサポニンが無かったら、毛穴に汚れが詰まったままになってしまうんですね。確かにそれではイソフラボンも汚れに邪魔されて浸透できないし、浸透しなければ作用もしっかりと機能しない……。なるほど、イソフラボンがちゃんと働けるカギを握っているのはサポニンだったですね!豆乳=イソフラボン、っていうイメージだったのでサポニンまでは知らなかったです。

 豆乳の過剰摂取にはリスクがある

もちろん豆乳は飲むことでも塗る方法同様に、女性ホルモンへと働きかける作用を持っています。 牛乳よりも低カロリーでヘルシーなため、ダイエットやスムージーに活用している人も多いのではないでしょうか? しかし豆乳を飲む際には過剰摂取に気をつけなければいけません。具体的には無調整豆乳で1日コップ1杯分(豆乳イソフラボンの摂取量目安1日70~75mgに対し、無調整豆乳に含まれる豆乳イソフラボンは約200mlあたり68mg)です。 さらに基本的に和食を心掛けている場合、豆腐や納豆からの摂取もあるため、日本人でイソフラボン不足ということはあまりありません。 しかしこの豆乳の量では、ムダ毛を薄くする効果までは感じられないでしょう。 塗る方法であれば、豆乳イソフラボンの過剰摂取によるリスクも心配せずに活用できます

豆乳を使用したおすすめ抑毛アイテム

この後、自宅で作れる豆乳ローションの作り方もご紹介しますが、売っているものを使用すれば鮮度の落ちるスピードもゆるやかで手軽に豆乳でムダ毛を薄くしていくことが出来ますよね。 今回ご紹介したい豆乳を使用した抑毛アイテムは「パイナップルと豆乳」のコラボレーション商品です。

パイナップル豆乳ローション

抑毛・脱毛アイテムと言えば除毛クリームなど「塗ったあとに洗い流す」が従来のカタチです。しかしこのパイナップル豆乳ローションは化粧水として開発された新感覚の抑毛アイテムです。

商品情報

開発・販売会社:株式会社鈴木ハーブ研究所 内容量:1本100ml 購入情報:通常価格¥8,100(3本)+送料700 ※1本では¥2,700で購入可能です※ 定期購入:初回特別価格3本¥5,400+送料無料 30日以内全額返金保証付き 成分
※お肌に合わない場合は、使用を中止してください。 全成分:水、エタノール、ダイズ種子エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、豆乳発酵液、イリス根エキス、テトラヒドロピペリン、パイナップル果実エキス、ザクロ果皮エキス、パパイン、カルボマー、アルギン酸Na、BG、ペンチレングリコール、メチルパラベン

Source: パイナップル豆乳ローション

公式サイトをチェックしてみたい方はこちら★

おすすめのポイント

パイナップル豆乳ローションは化粧水なので、入浴後や洗顔後のキレイな状態の肌に塗るだけの手軽さが一番の魅力です。 ここで心配になるのが「化粧水では抑毛効果もそれほど無いのでは?」という点。 パイナップル豆乳ローションに抑毛効果があるのは、まずは以下6つの「ムダ毛を薄くする作用を持つ成分」が配合されていることです。
  • 大豆エキス:イソフラボンが女性ホルモンの働きを強くし、ムダ毛を薄くする
  • アイリスエキス:豆乳同様にイソフラボンを含み、ムダ毛へアプローチする
  • ザクロエキス:体内で女性ホルモンと似た働きをする
  • パイナップルエキス:タンパク質を分解する酵素(ブロメライン)ムダ毛の生えるスピードを遅くする
  • パパイン酵素:パパイヤから採取されるエキスでパイナップルエキス同様にタンパク質分解酵素を持つ ※体毛のほとんどはタンパク質で合成されています※
  • 豆乳発酵液:大豆エキス同様の働きでムダ毛を薄くする作用を持つ
さらに、上記の成分の浸透力を上げるためにまずは「エタノール」が肌の表面から余分な皮脂などを取り除きキレイに整え、「コスモペリン」が角質層の深い部分まで浸透させるようにサポートしています。 どの成分もムダ毛を薄くする作用と肌のツヤ・ハリ・潤いをキープしてくれます。さらに浸透成分まで加わっている、バランスの取れた化粧水です。 敢えてオーガニックでは無く「必要であれば化学成分も使う」とする鈴木ハーブ研究所だからこそ開発できた商品と言えるでしょう。 もちろん成分はすべて安全性が高く、副作用などの無いものを厳選しています。 またメインとなっている天然成分も自家ハーブ園での素材を使用するなどこだわりが見える商品です。類似商品と比較しても豆乳濃度が高いことが鈴木ハーブのパイナップル豆乳ローションの特徴です。

豆乳ローションは自宅でも作れる

手間もかかり、長期保存も効かない自家製豆乳ローションですが、有効成分の濃度は市販以上の優秀な化粧水と同様になります。 実際、市販では効果を実感できなかった人でも自家製に変えて効果が出た、ということも耳にします。自分の肌の状態を見ながら、配合量などを調整し完璧に自分に合うローションを作ってみてはいかがでしょうか?

豆乳ローションの材料

自家製豆乳ローションの材料は以下のようになります。スーパーや薬局で揃うものなので手軽です。
  • 無調整豆乳:250ml
  • レモン:1個
  • 消毒用エタノール:大さじ4

豆乳ローションの作り方

少し手間はかかりますが、1時間程度で完成します。
  1. 豆乳を混ぜながら弱火にかける
  2. 豆乳の温度が60度になるのを目安に絞ったレモンを入れる
  3. 豆乳が固まり始めたタイミングで火を止めて消毒用エタノールを入れる
  4. 手ぬぐい・キッチンペーパー2枚を敷いたステンレスのザルに豆乳を入れる
  5. 冷めたら手ぬぐいを絞り、清潔な容器に移して完成

使用期限と保存方法

自家製豆乳ローションの使用期限は冷蔵庫でおよそ1週間程度です。冷凍なら半年ほどになります。冷凍の場合は冷蔵庫に移し自然解凍し使います。
ハルくん
冷凍の力ってすごいですね。半年持つなら一気にたくさん作れば手間も減りますし。
鈴木あかり
注意点としては加熱しすぎないこと(有効成分が壊れる)と、雑菌が混ざらないように清潔な手や容器を使用することですね☆本格的に作るなら、鍋や容器も専用のものを用意してはいかがでしょうか?100円均一でも十分に揃えられますよ。

 豆乳ローションの効果的な使い方

豆乳ローションを入手したら、さっそく抑毛効果を1日でも早く感じる使い方をしたいものです。

1日2回以上は使う

豆乳ローションでムダ毛を薄くするためには1日2回使用します。 どんな有効成分でも汗や尿となり流れてしまう分も多いため、朝・晩に分けて塗るのが効率の良い方法です。特に使用回数に上限なども決まっていないため、小さな容器に入れて気が付くたびに塗っても問題ありません。

お風呂上りやムダ毛の処理後は多めに塗布

入浴後は血行が促進され、毛穴が開いている状態です。このタイミングで豆乳ローションを塗れば有効成分が浸透しやすく、ムダ毛を薄くする作用の働きも強まります。 またムダ毛の処理後には毛穴詰まり・炎症などのアフターケアとして使用します。豆乳に含まれる美肌成分や洗浄力が汚れを落とし、色素沈着予防にもつながります。 入浴後・ムダ毛の処理後、この2つのタイミングの際には少し多めに塗りましょう。目安としては肌にローションの感触を残す程度です。

ローションのあとは必ず保湿

豆乳ローションには抑毛成分や美白、そしてもちろん保湿成分も入っています。しかし同時に肌を乾燥させるアルコールも配合されています。 豆乳ローション後の乾燥を防ぐためにも、保湿力の高い化粧水などを使用し、しっかりと潤いを与えてあげましょう。
ハルくん
この点、鈴木ハーブのパイナップル豆乳ローションなら、保湿効果にも優れて化粧水としてそのまま使えるので便利ですね。
鈴木あかり
うん、確かに鈴木ハーブのパイナップル豆乳ローションは化粧水としても優秀な商品だね。でも成分を見るとアルコール分も入ってることには変わりないから、肌の調子を見て必要であればさらに保湿した方がいいかも☆

 尿素系の製品との併用は避ける

保湿力が高いことから尿素系の化粧水などを愛用している人も多く、薬局にも豊富に並んでいます。 しかし尿素と豆乳が混ざってしまうと、アンモニアを発生させます。アンモニアはニオイも独特ですが、肌にとっても刺激が強く肌荒れを起こす元となるので、この2つの製品の併用は避けてください。

10分ほど浸透させれば洗い流してもOK

豆乳ローションは洗い流しても問題ありません。重要なのは豆乳の有効成分をしっかりと浸透させることなので、洗い流す際には10分以上置きましょう。 洗い流せることで豆乳の香りが苦手な人でもストレスなく使用できます。ただもちろん、そのままにしておく方がムダ毛を薄くする効果を実感しやすくなります。 お気に入りの香りのクリームなどを併用すると使いやすいかもしれませんね。

よくある質問

豆乳、そして豆乳ローションに関するQ&Aです。 豆乳の美容効果については知っていても、「豆乳がムダ毛を薄くする」となればまた新たな疑問も生まれます。

豆乳を直接肌に塗ってもいいですか?

問題ありません。ただし、大豆アレルギーの方は塗った場合でも反応してしまいます。またムダ毛を薄くする効果を実感したい場合には、やはりローションなどにして使用するのが理想です。

豆乳をそのまま使いたいという場合には「豆乳洗顔」がおすすめです。豆乳をそのまま使ってもいいですし、2~4倍にぬるま湯や水で割っても問題ありません。クレンジング後の洗顔に使用したら軽くふき取り、化粧水に進みましょう。洗浄力も高いので、浸透力を上げてくれます。​

豆乳ローションは薬局で購入できますか?

できます。美肌効果が高く、低価格で人気のなめらか本舗の「豆乳イソフラボンシリーズ」があります。しかし先ほどご紹介したパイナップル豆乳ローションは市販されていません。

また「豆乳イソフラボンシリーズ」での抑毛効果はそれほど高くないので、豆乳でムダ毛を薄くすることが目的であれば、パイナップル豆乳ローションなど専用のものがおすすめです。※「パイナップル豆乳ローション」という名前の商品が市販されていることがありますが、それは鈴木ハーブ研究所の製品ではありません※​

豆乳は抑毛に効き目あり!試してみて

今まで漠然と「豆乳は美容や健康に良い」というイメージを持っていた人は、その働きの幅広さに驚いたのではないでしょうか? 実は豆乳=抑毛効果がある、というのは美容・脱毛業界ではメジャーな知識です。「誰かが言い出した根拠のない美容法」とは違うので、安心して試してくださいね。 ただし、唯一のデメリットとして即効性が無いことが挙げられます。数日や数週間程度ではムダ毛が薄くなる効果を実感できることはあまりありません。 長い目で見て使用したいものだからこそ、品質の高い豆乳ローションを選ぶことをおすすめします。
img footer post layout

TOP