デリケートゾーンの悩みに答えます♪みんなもそう?知って得する情報

デリケートゾーンの悩みに答えます♪みんなもそう?知って得する情報

シェアする

デリケートゾーンの悩み、どうしてる?解決法とお手入れ法まとめ

人にはなかなか言えない、デリケートゾーンの悩み。清潔にしていればいいとは思うけれど、場所的にも構造的にも常にキレイをキープするのは難しい場所です。 女性は生理もあるので時には肌や粘膜が敏感になりやすく、無理なケアをすることで逆効果になってしまうことも。 「改善方法を知りたい!」「日常的なケアでいい方法ない?」という人に、お悩みを解決する方法や普段のお手入れ方法を伝授します!

みんなが持ってるデリケートゾーンの悩みとその原因

デリケートゾーンの悩みは人それぞれ。その中で、「この症状がつらい」というものはどんなものでしょうか?

デリケートゾーンの悩み

  • かゆみがある
  • 黒ずんでいる
  • かぶれて痛い
  • ニオイがきつい
  • できものができている
  • 蒸れて不快

あかりさん
あ~!わかる~!デリケートゾーンの悩みって、誰でも1つは体験したことがあるんじゃないかな。女子は生理もあるから、体調によっては症状が辛い時があるんですよね。じゃあ、よくあるデリケートゾーンの悩みについて、なぜおこるのか原因を見ていきましょう。原因がわかれば、解決法も見えてくるハズ!

かゆみがある

デリケートゾーンの悩みの中で、一番多いのがかゆみのトラブル。このかゆみの原因は、デリケートゾーンの湿度にあります。 日中は、ショーツやガードル、ピタっとしたジーンズなどで覆われている上に、汗やオリモノ、生理中なら経血など水分がどうしても多くなりやすいため、蒸れやすくなります。 その蒸れのせいで、雑菌が増えやすい場所でもあります。さらに、ナプキンやオリモノシートとこすれる刺激で、かゆみが発生することも。

黒ずんでいる

「もしかして、他の人より黒いかも?」と悩んでいる人が意外と多いのが、肌の黒ずみです。実は、デリケートゾーンは他の部位よりも黒ずみやすいと言われています。 その原因は、足を動かすことでの擦れ、下着やナプキンなどによる摩擦、ムダ毛処理による肌への刺激などが考えられます。 もともとデリケートゾーンは肌が薄いため、刺激を受けることで肌の中のメラニンが反応しやすい傾向があるのだとか。

かぶれて痛い

かぶれの原因は、肌に直接触れるショーツやナプキン、オリモノシートなどが肌に合わないためにおこることがあります。でもそれより多いと考えられるのが、ナプキンによる通気性の悪さや経血にデリケートゾーンが触れ続けることによる炎症です。 ただでさえ肌が敏感になりやすい生理中は、かぶれがおきやすい時期。こまめにナプキンを取り替えたり、蒸れにくい服装を考えるだけでもかぶれを防ぐことは可能でしょう。

ニオイがきつい

ニオイの原因として考えられるのが、雑菌。デリケートゾーンは他の部位と比べて湿度が高く雑菌が繁殖しやすい場所なため、イヤなニオイが発生しやすい条件が揃っているのです。 また、ワキガのニオイの原因になるアポクリン腺が多い部位でもあるので、ニオイがきつくなりやすい部位ともいえます。 この他、子宮系の病気(子宮内膜症、子宮頸がん、トリコモナス膣炎などが原因でニオイがきつくなることも。

できものができている

デリケートゾーンに、ニキビのようなできものができることがあります。この原因は、黄色ブドウ球菌などの細菌による化膿で毛嚢炎、化膿性汗腺炎などが考えられます。 摩擦やムダ毛処理などの刺激や肌が傷ついている時におきやすいと言われています。また性行為による感染症の性器ヘルペス、梅毒などのケースも。

蒸れて不快

デリケートゾーンはもともと湿り気の多い場所。しかもショーツなどにより覆われている時間が長いため、どうしても蒸れやすくなります。 通気性の悪い下着をつけていると、蒸れを起こしやすく不快感を感じることも。  
ハルくん
どの症状の原因も、蒸れて雑菌が繁殖しやすくなるのと、摩擦がよくないようですね。
あかりさん
うん、デリケートゾーンって蒸れやすいし、よく動くパーツだから擦れやすいんだよね~。
ハルくん
女性だけでなく、男性もニオイやかゆみに悩んでいる人、多いですよ。僕も、恥ずかしながらかゆくなることありますから。
デリケートゾーンの悩みを解決するにはどうしたらいいんでしょうか?
あかりさん
うん、正しいケア方法はまたあとで詳しくお伝えするけど、まずは清潔に保つことが大切なんですって!そして、デリケートゾーンのイヤな「蒸れ」を防ぐには、アソコの毛を「脱毛」すると症状を軽くすることができるようよ!脱毛がホントに救世主になるのか、理由を見ていきましょう。

 悩みの解決には「脱毛」がおすすめ!

デリケートゾーンを脱毛する人が増えています。「ハミ毛をなくしたい」「カッコイイ水着や下着を着たい」「裸になった時に恥ずかしくないように整えたい」などの理由で脱毛を始める人が多いですが、実はデリケートゾーンを脱毛すると意外なメリットを感じる人が多いのだとか。

脱毛するとメリットがたくさん!

 では、デリケートゾーンを脱毛するとどんなメリットがあるんでしょうか?

意外な脱毛のメリット

  • 蒸れの軽減
  • ニオイ・かゆみの軽減
  • カミソリや毛抜きなどの自己処理による肌のダメージの軽減
  • 黒ずみの予防
  • 衛生的になる
  • 生理の時に楽になる

 まず、デリケートゾーンの悩みの原因になりやすいのが蒸れですが、脱毛して毛が減る(またはなくなる)ことで蒸れにくくなる効果が期待できます。

蒸れなければ、雑菌も繁殖しにくくなるのでニオイやかゆみも当然減ります。また、自己処理による肌のダメージがなくなるので、黒ずみなどの肌トラブルも防げます。 さらに、毛が減ることで生理の時も毛に経血がベッタリすることもなくなり、トイレで手こずることもなくなるでしょう。
あかりさん
つまり、脱毛してデリケートゾーンのムダ毛がなくなると、清潔になるのでさまざまな悩みを軽減することができるのです♪生理の時も楽になるのは、うれしいですね!

みんながしている脱毛方法

ところで、「脱毛」にはいろんな種類があるのをご存知ですか?手軽におうちでできる方法から、脱毛サロンやクリニックで行う本格的な脱毛まで方法はさまざまあります。

脱毛方法

  • 毛抜き
  • カミソリ
  • 電気シェーバー
  • はさみ
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • ワックス脱毛
  • サロンやクリニックで脱毛

脱毛は、処理する時間や費用、肌の状態などをよく考えてやり方を選ぶのが理想です。それでは、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

毛抜き

気になる部分のムダ毛をなくしたい時に、手軽に使えるのが「毛抜き」。ドラッグストアや100円ショップで手軽に買えるので、使ったことのある人は多いのではないでしょうか。 【毛抜きのメリット】
  • 手軽に使える、どこでも使える
  • 安い
  • 毛根から抜けるため、ある程度の時間ツルツル状態を保てる
【毛抜きのデメリット】
  • お手入れに時間がかかる(広範囲はきびしい)
  • 痛い
  • 毛穴へのダメージが大きい
  • 埋没毛や色素沈着のリスクがある
ハルくん
気になった時にさっと使えるし、小さいから持ち歩きできるけど、毛抜きって痛いですよね……。特に太い毛は抜けにくいから処理するのも大変です。
あかりさん
そうなの!学校で休み時間に抜いているコがいたけど、見てるだけで痛そうでゾッとしたわ~。痛いのが苦手な人もだけど、肌が弱いと厳しいよね。特に、デリケートゾーンの毛は太くて毛根は深いところにあるから、抜くのは大変よ~。

 カミソリ

 ムダ毛処理の定番といえば、カミソリ。値段も安く、誰でも使いやすいところが人気です。

【カミソリのメリット】
  • 手軽に使える
  • 安い
  • 時間がかからない
【カミソリのデメリット】
  • 処理してもすぐムダ毛が生えてくる
  • 刃が劣化しやすい
  • 肌を削ってしまう(肌トラブルをおこしやすい)
  • 肌の乾燥を招いてしまう
ハルくん
誰でも簡単に使えそうだけれど、意外と正しく使っていない人が多いのがカミソリですね。知らないうちに、肌を傷つけている人が多いそうですが……。
あかりさん
うん、予備知識なしに使えるから、カミソリで肌トラブルをおこす人は多いわね。それに、ムダ毛処理しても翌日にはもう次のムダ毛がうっすら見えたりして、きりがないの!さっとムダ毛をなくしたい時には重宝するんだけどね!

 家庭用脱毛器

最新の家庭用脱毛器は、脱毛効果が高いと評判。好きなタイミングで自己処理できるのも魅力です。 【家庭用脱毛器のメリット】
  • 本格脱毛をリーズナブルにできる
  • わざわざサロンに通う手間がいらない
  • 気になるムダ毛をこっそり脱毛できる
【家庭用脱毛器のデメリット】
  •  サロンよりも効果が落ちる
  • 肌のケアなどすべて自分で管理する必要がある
  • 肌トラブルをおこすリスクがある
  • デリケートゾーンに対応している脱毛器は少ない
ハルくん
あれ?家庭用脱毛器ってデリケートゾーンは使えないんですか?
あかりさん
基本的に、デリケートゾーンは避けるように取説に書いてあることが多いみたい。確認してみたら、一番人気のケノンは使用を勧めていないようね。デリケートゾーンは肌が薄くて敏感な場所なので、肌トラブルがおきたら大変だからね。実際に使っている人もいるみたいだけれど、自己責任になるかなぁ?

はさみ

 ムダ毛処理にはさみ?と思うかもしれませんが、デリケートゾーンはムダ毛をすべてなくしてしまう人はごく僅か。ある程度残す人がほとんどです。毛のボリュームを調整するために使用します。

【はさみのメリット】
  • ボリュームの調整がしやすい
  • 肌に触れずに処理できる
【はさみのデメリット】
  • 慣れないと不自然に見えてしまう
  • チクチクしやすい

ハルくん
デリケートゾーンの毛をはさみでカットするのって、テクニックが要りそうですね。
あかりさん
案外、ザクっと切ってしまうと整えるのが難しくなったりするのよね~。コツは、理想とする形より少し長めにカットすること。あとは少しずつ調整すればいいわ。でも、センスが問われるかもね~。

 脱毛クリーム(除毛クリーム)

塗って洗い流すだけというお手軽さが魅力の脱毛クリーム。最近は肌にやさしいタイプが増えています。 【脱毛クリームのメリット】
  • 1~2週間お手入れ不要になる
  • 5~10分程度でキレイに処理できる
  • チクチクしにくい
【脱毛クリームのデメリット】
  • デリケートゾーンは使えないものが多い
  • 成分が強く、肌が弱い人には向かない
  • IOラインは避けた方がよい(Vラインのみ)
  • 使用前に、パッチテストをする必要がある
ハルくん
一見よさげな脱毛クリームですが、デリケートゾーンに使いたいなら肌にやさしいものを選ばないといけませんね。
あかりさん
脱毛クリームは、毛を溶かすほど強い薬剤が使われているの。デリケートゾーンは皮膚が薄く、デリケートにできているので一般的な脱毛クリームを使うのはやめてね~!使うなら、デリケートゾーンも使えるものがオススメよ!使用前は、必ずパッチテストをするのを忘れないで!

 ワックス脱毛(ブラジリアンワックス)

 海外ドラマの影響で、ワックス脱毛をする人がぐっと増えました。専門サロンで受けることができますが、最近はセルフキットを使う人も。

【ワックス脱毛のメリット】
  • 仕上がりがキレイ
  • 手触りがつるつる・ふわふわに
  • 1~2週間お手入れ不要
  • 毛が細くなる人も
【ワックス脱毛のデメリット】
  • 毛穴に負担がかかる
  • 痛みがある
  • 埋没毛や色素沈着などのリスクがある
  • 自己処理する場合、うまくできないことがある
  • 永久脱毛ではないので定期的にお手入れする必要がある
ハルくん
ワックスって剥がすんですよね?痛そうだから僕はムリだな~。
あかりさん
痛みは一瞬らしいよ!痛くないって言う人もいるしね~。でも私も痛いのヤダから、やりたくないかも(笑)
でも、すぐツルツル状態になれるのは魅力だけどね。

 サロンやクリニックで脱毛

 脱毛はサロンやクリニックでプロにおまかせする人も増えていますね。高いというイメージのあるプロの脱毛もキャンペーンなら手が届くので、キャンペーンを利用してから脱毛にハマる人も多いのだとか。

【サロンやクリニックの脱毛のメリット】
  • 仕上がりがキレイ
  • 肌トラブルの心配がない
  • ラクチン
  • 見えにくい場所を施術してもらえる
【サロンやクリニックの脱毛のデメリット】
  • 他の脱毛方法より料金が高い
  • 定期的に通うのが面倒
  • デリケートゾーンを見られるのが恥ずかしい
  • 痛みがある

ハルくん
確かに、デリケートゾーンを脱毛するならサロンやクリニックの脱毛が一番かもしれないですね。ただ……デリケートゾーンは一番痛い部位ですよね。
あかりさん
わかるぅ~!デリケートゾーンって、脱毛で一番痛かったもん。でも、照射時間は短いから、ちょっと頑張れば案外大丈夫だったりするよ~。ハルくんは麻酔で乗り切ったんだよね。私はどっちかっていうと、恥ずかしさの方が気になったな。でも2回目からは慣れちゃいました☆

 避けるべき脱毛法

脱毛方法の中には、肌に大きなダメージを与えてしまう方法もあります。中でも注意したいのは、以下の4つの脱毛方法です。

毛抜き

昔からある脱毛方法なので、あまり悪いイメージがないかもしれませんが、毛抜きは肌や毛穴を傷つけてしまうので使わない方がベター。
考えられる肌ダメージ
  • 埋没毛
  • 毛のう炎
  • 色素沈着
  • 毛穴の開き
  • ボツボツ肌

カミソリ

手軽さではピカイチのカミソリも、肌にダメージを与えやすい脱毛方法です。また、間違った使い方(逆剃りなど)をすることでさらに肌を傷めてしまう危険も。
考えられる肌ダメージ
  • 肌の乾燥
  • 色素沈着(黒ずみやシミ)
  • ヒリヒリ感
  • 肌の赤み
  • ボツボツ肌

ワックス脱毛

広範囲を一気に処理できることから人気が高まっていますが、うまく処置できないと肌ダメージも大!特に、肌が弱い人には厳しい脱毛方法です。
考えられる肌ダメージ
  • 埋没毛
  • 毛のう炎
  • 色素沈着
  • 毛穴の開き
  • ボツボツ肌

脱毛クリーム

塗って洗い流すだけで、根元からムダ毛が溶けて仕上がりがキレイな脱毛クリーム。でも強い薬剤が肌トラブルの元になってしまうことも
考えられる肌ダメージ
  • ヒリヒリ感
  • 肌の赤み
  • 肌の乾燥やかぶれ
あかりさん
この4つは、脱毛の定番よね。でも肌へのダメージが大きいのも事実です。どうしても使いたいなら、使用後の保湿ケアをしっかりとね!

自宅でできる!おすすめ脱毛法

おうちでじっくり脱毛するなら、肌を傷めず仕上がりがキレイな方法がベスト。それなら以下の2つをプッシュします。

1)電気シェーバーは「I字型」がおすすめ

電気シェーバーは、直接刃が肌に当たりにくいつくりになっているので、デリケートな場所も肌トラブルの心配なく処理することができます。 電気シェーバーの中でI字型をおすすめするのは、細かい部分も剃りやすいから。デリケートゾーンは凹凸があり、普通のシェーバーで剃るのはなかなか大変。でもI字型なら目で確認しやすいというメリットも。 とはいえ、正しい使い方をしないと効率よく脱毛できないだけでなく、肌トラブルをおこすことも。正しいやり方をぜひマスターしましょう。  

電気シェーバーでデリケートゾーンを処理する方法

用意するもの:電気シェーバー、保湿剤(ローション、クリームなど)
  1. ムダ毛の長い部分をハサミで切る
  2. シェービングクリームを塗る
  3. 毛の流れに沿って剃る
  4. シェービングクリームを洗い流す
  5. 保湿する
あかりさん
デリケートゾーンを剃る時は、どれくらい毛を残すのか、Vラインの形も考えておいて!全部剃ってしまうという人はあまりいないと思うけど、どれくらい残すか迷っていると効率が悪くなってしまうわ。

ハルくん
毛の流れに沿って剃るのも大切です。逆剃りは毛穴を傷つけてしまうことがあるので、特に肌が弱い人は気をつけてくださいね!

あかりさん
最後は保湿でフィニッシュ!剃ったあとは肌が無防備になっているから、保湿剤でしっかりケアしてね。

2)家庭用脱毛器なら「レイボーテ」がおすすめ

アットコスメの脱毛・除毛部門のクチコミランキングで1位に輝いたレイボーテグランデ。デリケートゾーンはもちろん、顔・ボディにも使えて美肌効果も期待できる人気の家庭用脱毛器です。 ⇒詳しく見てみる

おすすめの理由

  • 安心の日本製
  • 10発連射可能
  • 最大60万発照射可能(コスパがよい)
  • 本体据え置きなので軽い
  • 細かいパーツ用のスモールランプあり
  • 出力の調整可能
  • 痛み対策あり(SOFTモード、クールヘッド(別売り))

レイボーテグランデの特徴

ヤーマンのレイボーテシリーズの中でも最高峰と言われているのが、この「グランデ」です。他のレイボーテよりも照射面積が広く、パワーも強力なので、スピーディーに施術可能。 さらに、本体が据え置きタイプなので、長時間使用しても手が疲れにくいのもメリットです。  
脱毛対象部位 全身 (顔、脇、腕、足、ビキニラインなど)
脱毛方式 フラッシュ式
カートリッジ ラージランプ スモールランプ フェイスランプ
オプション クールヘッド レーザーブローグ プラチナエステRBパールスキンボディジェル
重量(使用時) 300g
価格 108,000円(税抜)
あかりさん
では、人気のレイボーテグランデの体験者の声を聞いてみましょう♪

 ⇒詳しく見てみる

  • 期待以上
    期待以上に 効果有りです。 定期的に使用すると やっぱりスベスベです。 エステ行く時間 浮くのが嬉しいです

    ヤーマン公式ショップYahoo!店

  • 効果を実感
    ムダ毛の生えてくるサイクルが遅くなる ムダ毛の生えてくる本数が減る など自分の肌で変化を実感することができています。 特にワキの下は今まで処理が大変だったので 効果を実感でき、素肌もきれいになり大満足です。

    アットコスメ

ハルくん
家庭用脱毛器で10万円越えにビックリしました!ケノンも高いなぁと思ったけど、それ以上ですね!
あかりさん
うん、確かにね。でも口コミでもなかなかの高評価で、買ってよかったっていう人が多いの!脱毛効果もだけど、スピーディーに脱毛できるようになったところが人気の秘密よね~!私も欲しくなっちゃった♪

ハルくん
ところで、レイボーテグランデはデリケートゾーン全体を脱毛できるんですか?
あかりさん
うん、そこのところが微妙なのよね……。ビキニライン(ショーツからはみ出る部分)はOKとのことだけど、基本的にフラッシュ脱毛は粘膜は脱毛できなかったはず。説明書にはビキニライン以外は✖って書いてあるという口コミもあったの。VIO全体に使っている人も中にはいるけど、基本的にVライン以外はおすすめできないかな?

レイボーテ

キレイに仕上げたいならサロンやクリニックがおすすめ

脱毛するならプロにおまかせするのが一番肌を傷つけない方法。プロ仕様だから美肌になれちゃうという声も!脱毛サロンとクリニックの一押しをピックアップしました。

おすすめエステサロン「プリート」

プリートは、デリケートゾーン専用の脱毛サロン。15年もの実績とノウハウがあるから安心! ⇒詳しく見てみる

プリートのおすすめポイント

  • 脱毛実績15年15万人という安心感
  • 脱毛範囲が広い
  • デザインが豊富
  • 無料体験あり
  • 運営グループは調剤薬局の実績あり
  • 洗浄は医療機関で使用される強酸性電解水
  • 店舗移動OK
あかりさん
プリートのVIO脱毛のいいところは、脱毛範囲がとても広いところ!特にVラインはボクサーショーツを穿いた時(正面)の範囲が対象なの!ムダ毛があちこちに散らばってるっていう人も安心よ!
ハルくん
デリケートゾーンは肌の黒ずみが気になる人も多いそうですが、プリートは美白ケアがついたコースもありますね。試しやすいキャンペーンも魅力的な値段です。
あかりさん
ちなみに、初めてプリートを利用する人は今がチャンスよ♪創業16周年キャンペーンをやっていて、かなりお得にデリケートゾーンを脱毛できちゃうの!

プレミアムハイジニーナ脱毛 (脱毛+美白)50%OFF

3回コース 57,000円→28,500円
6回コース 108,000円→54,000円
12回コース 201,000円→100,500円

 スタンダードハイジニーナ脱毛(脱毛のみ)40%OFF

3回コース 45,000円→27,000円
6回コース 86,000円→51,600円
12回コース 158,000円→94,800円
あかりさん
これは口コミが気になるわね~。
  • 痛くない
    oラインは、エピアスでやってもらいましたが、全く痛くない! チクチクたまにするかな?程度です。 それでも効果は変わりないとのこと! (中略) vラインの上だけはルネサンスを当ててもらいましたが、こちらは、ちょっとチクッと細い針のような痛みがあります。Iラインもエピアスを使ってもらいましたが、全く痛くない!

    e-脱毛エステ.com

  • つるつる
    他の脱毛サロンに通っている友達は、3回やってなんとなく減ったかな?っていう感じだってガールズトークしていましたが、私の通っているプリートでは、1回1回効果感じます。 最初の1回目を終えて、1週間して抜けてきたので、最初の時から効果を感じました。1回1回、脱毛してから1週間くらいで抜けるので、そのあとしばらくはツルツルな時期が続きます。もちろん完全なツルツルではありませんが、地肌が見えてなんだか嬉しい気持ちになります。

    脱毛サロンch.com

あかりさん
痛みについては、痛かったっていう人もいれば平気だったという人も。痛みは個人差が大きいから、実際に受けてみないとわからないかもね~。効果についても同じ。効果を感じる人は、1回目から効き目があったのだとか。気になるなら、安いキャンペーンがあるうちに受けておいた方がいいかも♪

プリート

 おすすめ医療脱毛アリシアクリニック

脱毛クリニックの中で知名度と人気があるのがアリシアクリニック。料金がリーズナブルなのはもちろん、VIO脱毛は2つのコースがあるので好みに合わせて選べるところも好評です。 ⇒詳しく見てみる

アリシアクリニックのおすすめポイント

  • 粘膜にも照射可能
  • 「ビューティーコース」と「スムースコース」から選べる
  • 痛みの少ない脱毛マシン「ライトシェア・デュエット」
  • キャンペーンが充実

あかりさん
アリシアクリニックで私がいいなって思うのは、粘膜部分も脱毛可能なところ。粘膜部分って、脱毛サロンはほとんど対応していないところなの。ムダ毛が多い人は、粘膜の毛もキレイにしないと見た目がちょっと……になりやすいからね。

 「ビューティーコース」と「スムースコース」とは?

アリシアクリニックでは、VIOの脱毛範囲が異なる2つのコースがあります。「ビューティーコース」は範囲がやや狭くリーズナブル。「スムースコース」はたっぷり広い範囲が照射範囲です。Oラインのみ範囲は同じ。
ビューティーコース スムースコース
Vライン 上辺7.5センチ 下辺3.5センチ 高さ8センチの範囲は照射できない Vラインの中央も照射可能 ハイジニーナも可
Iライン 足のつけ根から粘膜ギリギリまで 足のつけ根から粘膜まで
Oライン 肛門周り 肛門周り
料金(5回) 61,900円 85,900円
あかりさん
実際に通っている人の口コミを紹介しますね♪

 ⇒詳しく見てみる

  • 早速効果が
    まだ1回しか照射していないのですが、早速効果を実感しています。 照射した初日は痛みや痒みは全くありませんでした。 (中略) 1週間くらい経ったころから、ショーツに抜け落ちた毛が着くようになり、これはレーザーを照射したことによって、毛根が死滅して抜け落ちた毛だと思い、嬉しくなりました。

    ※編集部独自調べ

  • 自己処理が楽に
    はじめの一回目施術後、1、2週間経つと伸びてきた毛がおもしろいくらいにするっと抜けてきます。そこから1ヶ月くらいは驚くくらいに自己処理が楽です。私は毛量が多いため、毎日自己処理をしていましたが、1週間しなくても気にならないくらいになりました。

    ※編集部独自調べ

ハルくん
医療脱毛は痛みがツキモノですが、その分効果も高いのが特徴です。アリシアクリニックは、痛みの少ない「ライトシェア・デュエット」というダイオードレーザーを使用しているので、痛いのが怖い人も受けやすいと思います!
アリシアクリニック  こちらの記事もおすすめ!
2018年版最新の全身脱毛のランキングを大発表♪自信を持ってオススメできる脱毛サロンと医療脱毛クリニックを、男女別に紹介します。全身脱毛にかかる費用や回数、お店の選び方のポイントもあわせて紹介するので、脱毛店選びに悩んでいる人は必見です!

 【知識】脱毛以外にも自宅でできるデリケートゾーンのケア方法

脱毛以外にできるデリケートゾーンの悩みを解消する方法は、やはり清潔に保つことが大切!しっかりケアしていると思っていても、案外やり方を間違って逆効果になっている人も!

デリケートゾーンは正しい方法で洗うこと

デリケートゾーンを清潔にするには、まずきちんと汚れを落としニオイの元となる雑菌を取り除くことを目指します。でも、デリケートゾーンの正しい洗い方は、意外と知らない人が多いのが実情。

デリケートゾーン専用の石鹸がおすすめ

通常の石鹸は、アルカリ性で強力に汚れを取り去る力があります。反面、デリケートな場所に使うのは強すぎることも。できれば、デリケートゾーン専用の肌にやさしいタイプの石鹸を使った方がベター。ない場合は、弱酸性の石鹸でも可。

デリケートゾーンの洗い方の手順

では、デリケートゾーンを洗う時の手順について説明します。 用意するもの専用の石鹸やボディソープ、泡立てネット
  1. 股を少し開き、デリケートゾーン全体をぬるま湯でざっと洗う
  2. 石鹸を泡立てネットを使って泡立てる
  3. こすらずに泡を乗せる(できれば2分程度そのまま)
  4. ぬるま湯で洗い流す
ハルくん
ぬるま湯を使うのはなぜですか?熱いお湯の方が汚れが落ちそうですけど。

あかりさん
熱いお湯は肌を刺激してしまうの。あとね、シャワーで洗い流すのはやめた方がいいんですって。シャワーって意外と水圧があるそうよ。どうしてもシャワーを使いたいなら、弱めのシャワーを心がけて!

ハルくん
泡を乗せておくのはどんな効果があるんですか?

あかりさん
ニオイや痒みがあると、ついゴシゴシ洗ってしまいがち。でも、そういう症状がある時は肌や粘膜が敏感になっているのよ。泡を乗せておくだけでも汚れが落ちるので、肌が弱い人もこの方法を試してみてほしいな!

 内側からのケアも大事

意外かもしれませんが、デリケートゾーンのニオイの原因は食べたものが関係することもあります。食べ物は体をつくるので、ニオイの原因も同様につくってしまうのです。

こんな食事がニオイや痒みの原因に

普段よく食べるこんな身近な食材も、デリケートゾーンの悩みを増長させています。
デリケートゾーンの悩みを増やす食材
  • 肉類
  • 魚類
  • 乳製品
  • 卵類
  • ニオイの強い野菜
  • スイーツ類
  • スナック菓子
消化に時間がかかる食材(脂肪の多い肉類など)や、添加物の多いお菓子類、ニオイのきつい野菜はニオイの原因に。 とはいえ、スイーツ類やスナック菓子は体に悪いのはわかるものの、他の食材は体に必要な栄養素をたっぷり含んでいます。これらを食べないというわけにはいきませんよね。 そこで、デリケートゾーンに影響しない(またはニオイなどを解消する)食材を組み合わせていきましょう。
デリケートゾーンの悩みを助ける食材
  • 食物繊維の豊富な野菜(ごぼうなど)
  • 海藻類(わかめ、めかぶなど)
  •  緑茶類
  •  ベータカロテンを含む野菜(にんじん、モロヘイヤなど)
  • 柑橘系のフルーツ
  • ヨーグルト
食物繊維は腸内環境を改善し、便秘(ニオイの元になってしまう)を防ぐ効果が。ポリフェノールの多い緑茶類にはニオイを抑える効果が期待できます。 皮脂分泌を抑制するベータカロテンもニオイの発生を防ぎ、柑橘系のフルーツや、腸内環境によいとされるヨーグルトも積極的に食べたい食材です。

ニオイやかゆみがひどい場合は、「膣内洗浄」もアリ

膣内洗浄とは、名前の通り膣の中を洗うこと。汚れや雑菌が残っていることでニオイや痒みがある場合、「奥までキレイに洗いたい!」と思うもの。そんな時に利用されることがほとんど。 また、婦人科を受診した時に膣内洗浄を行うこともあります。 しかし、膣内を洗う=清潔にするというと一見よさそうに思えますが、膣内環境を守る常在菌まで洗い流してしまうことになります。さらに、雑菌を侵入させてしまうリスクも。 膣内洗浄をする際は、余計な雑菌を膣内に入れないことが大切。そのためには、次のことに気をつけましょう。

膣内洗浄で気をつけること

  • ウォシュレットのビデは使わない
  • 手と陰部はあらかじめ石鹸で洗っておく
  • 清浄剤にじかに触れないようにする
  • 習慣的に使わない
あかりさん
膣内洗浄っていうと、トイレのビデを思い浮かべる人が多いけど、雑菌が膣内に入ってしまうリスクがあるのでやめてね。膣内の抵抗力が下がってしまうので、どうしても!という時だけにしましょう。

ハルくん
ウォシュレットのビデがダメなら、何を使えばいいんですか?
あかりさん
使い切りタイプの洗浄剤(使い捨てビデ)がドラッグストアなどで売っています。最初はいろんな成分が入ったものより、滅菌蒸留水だけの清浄剤を使ってみるといいようよ。

 アンダーヘアの長さにも気をつける

 痒みの原因になるのは雑菌が原因だけではありません。そこに存在しているアンダーヘアが痒みの原因になることがあります。あまりムダ毛が多くないからそのままにしているという女子も多いですが、目立たなくても長かったら肌を刺激して痒みの原因になったり、汚れが付着して雑菌が繁殖する可能性も。

また、適当なムダ毛処理をすることで、チクチクした刺激を感じるケースも少なくありません。

ベストな長さは3センチ前後

見た目やバランスを考えると、アンダーヘアは3センチ前後に整えるとスッキリしつつデリケートゾーンをうまく隠してくれます。 好みの脱毛方法で長さを整えたら、毛がチクチクしないようにヒートカッターを仕上げに使うと完璧ですね。
ハルくん
うわぁ、アンダーヘアの長さやお手入れってやっぱりめんどくさそうですよね。それに、自分じゃうまくできないって人も多そう。女子は大変だなぁ。
あかりさん
他の部位は毛を全部処理すればいいだけだけど、アンダーヘアはそうもいかないもんね。自分でキレイな形をキープするのって結構大変だよ~!ムリかな~って人は、サロンやクリニックで脱毛した方が安全だし、チクチク感とバイバイできるからおすすめよ。

デリケートゾーンを清潔に保つ事がキレイへの近道♪

 デリケートゾーンの悩みの原因は、アンダーヘアが左右しているといっても過言ではありません。毛があるせいで蒸れや痒みがおきるなら、思い切って脱毛してしまうのが近道です。

「脱毛はちょっと……」という人は、セルフ脱毛で乗り切りましょう。また、清潔に保つためにキレイにするのは当然だけれど、やりすぎは逆効果! デリケートな場所だからこそ、きちんとしたケアをしてあらゆる悩みを解消し、よりキレイを目指しましょう♪
img footer post layout

TOP