【最新】白くま脱毛おすすめの医療脱毛ランキング!女性も男性も絶対チェック

【最新】白くま脱毛おすすめの医療脱毛ランキング!女性も男性も絶対チェック

aSydKooe.jpg

医療脱毛の人気クリニック「最新ランキング上位」を徹底調査しました!脱毛をするなら安心して高い効果を求めたいという人へ、医療脱毛を行う人気のクリニックを紹介します。料金から予約状況、レーザーの特徴など自分に合った脱毛方法を探していきましょう

シェアする

医療脱毛のおすすめランキングを大発表

脱毛は男女問わず悩みの一つです。特に肌の弱い人にとっては痕が残ったりしないか、炎症がひどくならないかと心配も多いはず。脱毛の効果が高く、安全と言われている「医療脱毛」の人気の理由を徹底調査しランキング方式で紹介します。どこで脱毛をしようか迷っている人は見逃せない情報です!

白くま脱毛編集部が独自に評価しました

アンケートや電話による大調査を実施

近年、エステも含め多くの脱毛広告やウェブサイトが出回っています。どこを見ても高評価でどこを選ぶか迷ってしまいます。確かに広告は人を呼ぶもの、いいところを並べて書くものです。では真実の評価はどこにあるのでしょう?

アンケートを実施

実際に医療脱毛を行った人の声を集めました。実際に脱毛を行った感想や、クリニックの印象など真実の声を聞き集めることで人気の秘密、施術者の対応など真の姿が見えてきました。

電話による調査

実はHPには載っていない情報等もあったりするものです。お得な情報は実際に足を運び始めて知ったという人も多いもの。口コミで広がるような情報を、電話で直接調査してみました。

医療脱毛選びで必ず確認すべきコト

コスパは良いか

医療脱毛はレーザー出力に制限がある脱毛サロンと違い、高い出力で照射ができ効果が出るのも早いものです。その分エステよりも料金も高いというのが一般的です。

全身脱毛の相場を調べてみると……

  • 医療脱毛の相場は全身5回で30万前後
  • エステでの相場は全身5回で15万前後

このように大きな差があります。最近は料金をぐっと抑えたクリニックもあるようですが、脱毛料金に加え「初診料(2,000円~5,000円程)」「再診料(1,000円程)」「麻酔代(一部位3,000円程)」「薬代」などがかかる場合があります。

分割手数料

脱毛料金を分割で支払う人も多いのではないでしょうか?ほとんどの医療クリニックではメディカルローンと呼ばれる医療ローンが組めます。審査を通過すれば分割の回数に応じ年率10%未満の手数料が発生します。

クレジットカードでの分割支払いの場合、カード会社によって分割手数料が変わってきます。年率10%を超える場合もあるので、事前に確認をしておきましょう。

あかり
脱毛料金を比較しがちだけど、医療脱毛の場合は初診料や薬代などもきちんと計算に入れて予算を立てるべきですね。

保証やサービスは充実しているか 

クリニックによって各保証やサービス内容が違ってきます。最近では「永久保証」を設けている場所が増えているようです。

永久保証とは

通常医療脱毛は1回の効果が高く、それゆえ5~6回前後の施術を1コースとして設定している所が多いようです。5~6回施術を受けるとほとんどの人が脱毛を終了する為です。

しかし中には5~6回では十分でない場合もあります。再度申し込みとなるとかなり高額な料金がかかってしまうので、それを防ぐために「永久保証」というものがあります。永久保証とは脱毛の効果を本人が実感するまで、脱毛施術を受けることができその分の追加料金はかからないものです。高額な医療脱毛なだけにあると嬉しい保証ですね。

途中解約・返金保証制度

脱毛は毛のサイクルに合わせ長いスタンスをもって通院するものです。契約の前に、何らかの理由で通院できなくなった場合の解約金、返金保証があるのか否かを確認しておきましょう。

中には無料で解約、返金を行っているクリニックもあるようです。

トラブル保証

脱毛によって「火傷」「色素沈着」などが起こってしまった場合に治療を行ってくれる保証です。多くの医療クリニックはトラブル保証を設けているようですが、事前に保証があるか否かを確認しておきましょう。

その他のサービス

  • 初診料無料
  • テスト照射無料
  • 再診料無料
  • 処置料金無料
  • 照射漏れ無料再照射 など

自分にあったレーザーの種類か 

各クリニックによって使用している医療レーザーが違ってきます。主なものを調査してみました!それぞれの特徴を比べ、自分に合ったレーザー機器はどれなのかを知っておく事も大切です。

ダイオードレーザー

現時点での最新の医療脱毛器と言われています。米国厚生省食品医療局(FDA)が永久脱毛の効果があると認めた医療レーザー機です。

国内で多く使用されているのは「ライトシェアデュエット」というもので痛みを感じにくく短時間で照射を行うことが可能な機器です。

ダイオードレーザーはなぜ永久脱毛と言われているのですか?

レーザーが毛母細胞を攻撃しダメージを与えるので、毛根が破壊された毛が再生することはないのです。

特徴

  1. 高い出力で照射を行うので脱毛の効果が高い
  2. 毛母細胞のみにダメージを与え、皮膚へのダメージは少ないのでデリケート部位やヒゲにも照射可能
  3. 四角の照射をするため照射漏れが起こりにくい
  4. 肌の色が黒い人も可能(クリニックによってはNGの場合もある)

向いている人

  • 毛深い人
  • シミなどを消したい人(色素に反応し薄くする)
  • 日焼けをしてしまった人

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトという宝石を使用した脱毛機器です。レーザーは毛根に瞬間的に高熱を当てるため、冷却しながら施術を行う必要があったようです。

近年導入されている「ジェントルレーズ」は冷却窒素ガスを照射前に噴射するので、時間の短縮にもなり、肌への刺激も弱くなったのです。

特徴

  1. 毛嚢炎になりにくい
  2. 敏感肌の人も使用可能
  3. 冷却窒素ガスを使用するので痛みが少ない
  4. 産毛や白髪には使用不可

向いている人

  • 敏感肌の人
  • 日焼けをしていない人
  • 女性(男性の毛根が深い毛は波長が長い方がいい)
  • 美肌効果を得たい人(毛穴を引き締めたりする施術に使用されることもある)
  • 少しでも低コストで施術を受けたい人(導入数が多いので低コストになりやすい)

YAGレーザー

他の脱毛機器と同じようにレーザーを照射し、毛根周辺を破壊することで脱毛を行うものです。波長が長いのが特徴で男性の深い毛根や、日焼けした肌にも使用可能です。ジェントルレーズ同様に冷却ガスを噴射しながら行うのが一般的です。

またヘッド部分が小さいので、細かな脱毛(眉毛など)に使用されます。

特徴

  1. 波長が長い(深い毛根に届く)
  2. 1回に照射される時間(パルス幅)が長いのでじっくりダメージを与える
  3. 他の機器にくらべて痛みを強く感じる
  4. ヘッドが小さいので施術時間が長い

向いている人

  • 男性(剛毛を脱毛したい場合)
  • 眉など細かな部分を脱毛したい人
  • 色素沈着や日焼けのある箇所を脱毛したい人
  • 黒ずみをなくしたい人
ダイオードレーザーアレキサンドライトレーザーYAGレーザー
肌トラブル少ない少ない少ない
効果、持続性高い低い低い
産毛に対応可能不可不可
色黒(日焼け)可能不可可能
痛み多少あり少ない多い
脱毛完了までの目安1年~1年半1年半から2年1年~1年半
波長810nm755nm1064nm

波長は長いほど奥に届きます。しかしその分毛嚢炎(もうのうえん)などのトラブルが高くなるとも言われています。また

脱毛完了までの目安は、脱毛部位、毛の量などによって個人差が出ます。

予約はとりやすいか

脱毛を行う上でおさえておきたいことは「毛周期(もうしゅうき)」です。毛が抜けて次に生えてくるまでの周期のことですが、脱毛はこの毛周期に沿って行っていくのです。

そのため自分の毛周期に沿って予約をとっていくということが、短期間で脱毛を完了させるポイントになってきます。あまりにも人気が集中し「半年先まで予約でいっぱい」となっては、脱毛のサイクルが乱れてしまうのです。

ハル
契約前のカウンセリングなどで、予約状況などもしっかり確認しておいた方がいいようです。

 毛周期とは

毛のサイクルのことで、毛の伸びる「成長期」成長が止まり毛根が小さくなる「退行期」、そして抜けて次の毛が生えるまでの「休止期」があります。

体の部位によってこの周期は違い、脇は4ヶ月ほど手脚は半年ほどと言われています。「休止期」の毛はレーザーでも脱毛することが出来ないので、再び成長期に入るのを待っての施術となるのです。

直前のキャンセルをする落とし穴

脱毛に行くと、たいていの人は次回の予約を入れてきます。毛周期に合わせて3ヶ月~半年くらいの先の予約になるはずです。確かに3ヶ月先に何が起こるかわかりませんが、1度キャンセルをしてしまうと「では明日、来週」と言った予約は取りにくくなるでしょう。

脱毛の予約はなるべくキャンセルせずに行くという事も重要です。

施術の痛みを緩和する対策はあるか

医療脱毛では麻酔の使用が認められています。その為、デリケートなVIOゾーンや男性のヒゲなど痛みの強い箇所には、麻酔を望む人も多いようです。どんな麻酔が使用できるのか、値段はいくらなのかなどもクリニックによって変わってきます。

また最新の機器では痛みが少ないと言われているものもあります。しかし感じる痛みは個人差があるというのが現実です。照射テストなどをおこなっている医院もあるので、不安な場合は受けてみるといいでしょう。

一般的に使用される麻酔にはどんなものがあるのですか?

歯医者などでも使用される、鼻から吸うタイプの「笑気ガス」やクリームタイプで局所麻酔に使用する「麻酔クリーム」などです

一般的な価格は笑気ガス10分1000円前後、麻酔クリーム1回3000円~5000円位です。

接客は丁寧か

医療脱毛を行っているクリニックや医院は、エステなどに比べて過剰な接客はないというのが普通です。しかし最低限度の接客マナーを持っている場所を選びたいものです。

施術者や受付など、粗悪な接客でうんざりしたという声も少なくありません。残念ながら同じ店舗でも人によって態度が違うという事もあるようです。

カウンセリング時の雰囲気、口コミなどを利用して通いやすい場所を選ぶようにしましょう。

【女性編】医療脱毛ランキングBEST5

【第1位】アリシアクリニック

アリシアクリニックは関東エリアでNO1 の店舗数を持つ医療脱毛専門のクリニックです。どの店舗でも照射可能で平日遅くまで営業しているので、自分の通いやすい場所で仕事帰りなどにいくことも可能です。

注目は安心価格

「初診料」「キャンセル料」「解約手数料」「再診料」「テスト照射」「薬代」が無料になっています。

あかり
コースの途中で脱毛の仕上がりに満足したら、余ったコース回数分を返金してくれるんです!これってすごい事ですよね

一押しは全身8回スピード完了プラン

VIO を含めた全身20カ所を脱毛できるプランとなっています。料金は421,616円。さらに脱毛を早く完了させたいという声に答え、2ヶ月に1回のペースで通うことができるようになっています。

勧誘がないので通いやすい

接客は無駄な勧誘がなく短時間で施術が終えられるとのことです。あっさりしていると思われる人もいるようですが、スタッフの対応を徹底しているクリニックなので、施術中に勧誘などの話がなくていいと言う意見が多いようです。

痛みを最小限に抑える

ライトシェア デュエット(ダイオードレーザー)を使用した脱毛で冷却効果を使用し痛みを最小限に抑えるようにしているようです。

ハル
人気の秘密はその立地条件にもありそうです。各店舗はターミナル駅で展開されているので、通いやすいようです。

アリシアクリニックHPはこちら

【第2位】リゼクリニック

コスパがいい

リゼの基本は5回コースの脱毛です。VIO +全身脱毛で359,000円という価格設定です。さらに「初診料」「再診料無料」「カウンセリング無料」「処置料金無料」「予約キャンセル料無料」「剃毛料金無料」「持ち帰り用アフターケアクリーム無料」「打ち漏れによる追加照射無料」「薬の処方無料」という特典付きなのです。

笑気麻酔と麻酔クリーム

ライトシェア・デュエット、メディオスターNeXT、ジェントルYAGの3種類ダイオードレーザーを使用した脱毛となります。リゼでは30分3,240円の笑気麻酔と1回3,240円の麻酔クリームが用意されているので、痛みが心配な人は事前に申し込みが可能です。

リゼの取り組み

やはりランキング上位のクリニックは、予約が取れるか否か心配される人も多いのではないでしょうか?リゼではLINE@でキャンセル情報を配信しているようです。こまめにチェックしておけば、空いた場所にさっと予約を入れることも可能になりました。

あかり
リゼの人気は、追加料金が一切かからないので料金システムを把握しやすい点です。

リゼクリニックHPはこちら

【第3位】湘南美容外科

顔も含めた全身脱毛

顔やVIOを含めた全身脱毛が6回で435,370円と良心的な設定になっています。初診料、再診料、解約手数料、テスト照射、薬代が無料になっています。

あかり
注意しておきたいのが、照射漏れの保証です。
施術後5日以降の判定となり、2週間以内という期限があります。またVIOは毛が抜けにくい部位とのことで安心保証の対象外となっています。保証期間を過ぎると、1ショットで750円の追加料金となってしまうのです

 湘南美容外科では、アレキサンドロライトと様々な波長の組み合わせで、肌に優しく美肌の期待できるウルトラ美肌脱毛を使用しています。また総合美容を得意とするクリニックなのでエステに行くような感覚があるという意見もあるようです。

スタッフによって差がある

大手という事もあり、施術するスタッフによって差があるようです。中には新人さんらしき人にあたり照射漏れがあったという意見もあります。


湘南美容外科HPはこちら

【第4位】フェミークリニック

全身脱毛に顔やVIO は入っていない

全身(顔、うなじ、VIOはのぞく)が5回で350,000円で受けることができます。一見抵コストに感じますが、他のクリニックでは顔やVIOが入っているので、少し割高な設定と言えます。

どんな肌質でも大丈夫

アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザー、G-MAX、ベクタスと5種類の機器を使い分け、個人や部位に会った脱毛を行ってくれるので自分の肌に合ったものを選べます。

勧誘がしつこいという声も……

カウンセリングはとても親切で、納得できるまで丁寧に説明をしてくれるようですが、施術中に勧誘がしつこくて辛かったという声もちらほらあるようです。女性は特に勧誘されることで嫌悪感を感じてしまうものなので、大きなマイナスポイントになってしまうようです。

ハル
フェミークリニックでは、痛みが我慢できないという場合は「麻酔クリーム」を使用できるようです。

フェミークリニックのHPはこちら

【第5位】クレアクリニック

アーユルベーダーができる脱毛

完全個室の施術室はアロマの香りで満たされ、温かくなるベッドもあり、施術後にはKAMAオイル(天然成分オイル)でしっかり保湿をしてくれる。という至れりつくせりのクリニックですが、格安というわけではないようです。

痛みを減らすには追加料金が必要

通常はライトシェアデュエットダイオードレーザー)を使用した脱毛になります。痛みがほぼ感じないと言われるメディオスターNeXT PROを選択するとオプション料金がかかるようです。

あかり
新規の予約を月の初めに限定しているようで、新規で通うにはスケジュールの調整が必要です

クレアクリニックHPはこちら

【男性編】医療脱毛ランキングBEST4

【第1位】メンズリゼクリニック

営業時間が23時まで

メンズリゼは23時まで空いているので、お仕事をしている男性にとって大きなポイントとなるようです。休日にわざわざ行かなくていいという便利さが人気を集めています。

全身(ひげ、VIOをのぞく)が298,000円 

「ライトシェア・デュエット」「メディオスターNeXT」「ジェントルヤグ」の3種類のレーザー脱毛機を使い分け部位や肌質に合った脱毛を行います。

オススメのコースは5回で298,000円の全身脱毛です。この価格はかなりの低価格と言えるのではないでしょうか。体のムダ毛をスッキリさせたいという人はメンズリゼが一押しです。

ハル
確かにコスパはいいようですが、よく見るとヒゲは割高になっています。ヒゲ以外の脱毛を行いたいという人にはオススメのクリニックと言えそうです。

 保証制度

医療レーザーのトラブルである「赤みヒリヒリ感」「毛嚢炎」「増毛」「硬毛化」「うち漏れ」「火傷」を完全無料で保証します。その内容は診察、薬、追加照射となっています。

実は、レーザー脱毛を行うことで、硬毛や増毛化が発生する場合も少なくないのです。そんな副作用が出てしまった場合も、終了から1年間は無料保証(照射)するというのは他のクリニックでは見られない保証となっています。

予約が取れやすい

メンズリゼでは、あえて「初診専用枠」の予約時間を設けないことで、2回目以降の予約枠をとりやすくしています。

また仕事の都合などで、先の予定がはっきりしないという人のために、当日でも予約を受け付けるという体制をとっています。電話で申し込めばスタッフが予約状況を確認してくれるのです。LINE@にて予約状況の配信をしているので自分で確認することも可能です。

メンズリゼクリニックHPはこちら

【第2位】ゴリラクリニック

ヒゲ脱毛が安い

ゴリラクリニックではひげ3部位(鼻下、あご、あご下)が4年間無制限で68,800円ととてもお得になっています。ひげを完全になくしたい、薄くしたいという人に向いているようです。

またひげ3部位を申し込むと、笑気ガス(麻酔)が4年間無制限で34,800円で受けることも出来ます。痛みが少ないと言われているメディオスターNeXTPROを導入していますが男性の太い毛は痛みを強く感じるので、麻酔があると助かりますね。

通常の麻酔

  • 笑気ガス30分で3,000円
  • 高濃度表面麻酔クリーム10ℊで3,000円
  • 局所麻酔注射 範囲によって異なる(要相談)

導入脱毛機器

  • メディオスターNeXTPRO
  • YAGレーザー
ハル
ゴリラ脱毛は全身脱毛に関しては少々割高と言えます。自分がどの部位の脱毛を希望しているかで、通うクリニックも変わってきそうですね

完全個室で通いやすい

HPが示すように多くの有名人が通うクリニックとしても有名です。中は高級感を感じる完全個室になっているようです。男性専用という事もあり通いやすいと言われています。

ゴリラクリニックHPはこちら

【第3位】メンズサポートクリニック

納得ができなければ返金OK

メンズサポートクリニックでは「初診料」「再診料」「カウンセリング」「薬」「うち漏れ」そして「コースの変更」も無料でおこなえます。

さらに脱毛に満足できずにコースを途中解約した場合も、残りの回数分の料金は戻ってくるようです。

徹底した個室体制

施術室やカウンセリングルーム、さらには待合室も個室となっているので、仕事場の近くで知り合いにばったり会うといったことがありません。

メンズサポートクリニックでは、アレキサンドライトレーザーを使用していますが、痛みが強い場合は麻酔も使用可能です。

定休日がなく土日祝日も営業

営業時間が10時から22時までとなっていて、土日休日も営業しています。自分の都合のいい時間に合わせて予約が取れるのはポイントが高いのではないでしょうか。

メンズサポートクリニックHPはこちら

【第4位】湘南美容外科


料金を抑えたい人にオススメ

「初診料」「再診料」「テスト照射」「薬代」「解約手続き」すべてが無料となっています。さらに追加料金がなく、4年間回数無制限で下記の価格設定はかなり格安と言えるのではないでしょうか。

  • ヒゲ(上口ヒゲ、あご、あご下)が69,800円
  • 頬、もみあげが63,180円
  • 首が48,600円
あかり
これ、女性にも言えることなんですけど、湘南美容外科クリニックは院によっては男女共通になっているので、異性と顔を合わせる可能性もあります。男性専用がいいという人は事前に確認しましょう

 アレキサンドロライトウルトラ美肌脱毛を使用している湘南美容外科ですが、男性の剛毛、痛みを感じるのが苦手な人にはメディオスターを使用し、痛みを減らすことも可能です。

知名度も高く予約が取りにくい

湘南美容外科クリニックは、低コストで人気が高く予約がなかなか取れないというのが現状のようです。

湘南美容外科HPはこちら

エステでの光脱毛と何が違うの?

そもそも脱毛方式が異なる

脱毛を行っている所は医療クリニックばかりではありません。エステは医療脱毛よりも安く気軽に始めることができるのも特徴です。

実際にどちらがいいのか悩む人も多いようなので……エステの脱毛との違いを比べてみましょう。何が違うかと言えばエステと医療機関では脱毛の方式が異なっているのです。

エステの場合

エステの脱毛は光脱毛(フラッシュ脱毛)と呼ばれ、いくつかの違った波長をもつ光を広範囲であてていきます。

出力が一定以上には上がらず、医師の資格を持っていないものでも使用することが可能なのです。弱い照射となるので肌への刺激は弱くなり痛みも少ないと言われています。

医療クリニックの場合

いわゆる医療用レーザーを用いた脱毛になります。単一波長のレザーを使用し出力も高く設定可能です。医療に従事しているもののみが扱うことができるものです。その分値段の設定も高く、高い出力で行うので痛みを感じやすい脱毛となっています。

ハル
痛みも弱くて安値なら、エステの光脱毛の方がいいと思う人もいるんじゃないですか?
あかり
確かにいるかもしれないわね、でもね医療脱毛にはエステにないメリットがたくさんあるのよ

医療脱毛のほうが効果が高い 

医療レーザーの方が出力が高いと上記しましたが、出力が高いという事はイコール効果が高いという事です。エステの光脱毛の場合は平均10回~12回は照射を行わなければ効果を実感できないようです。

一方医療レーザーの方は、5回~6回で効果を実感する人が多いと言われています。

現在主流はダイオードレーザーやアレキサンドライトの機器です。これらは効果も高く導入しているクリニックが多いようです。

しかし中には古い機器を使用している所もあるようなので、契約をする前にきちんと確認しておきましょう。

エステよりも脱毛料金が高い

なぜ医療脱毛は値段が高くなってしまうのでしょう?

理由その1、脱毛機器が高額である

エステの使用している光脱毛に比べると、医療脱毛で使用しているレーザー機器はどれも高額になります。効果も高く脱毛にとっては好条件なのですが、その分値段設定も高くなってしまうのです。

理由その2、医療従事者の人件費

医療脱毛は誰でも行えるものではありません。医師免許、看護師免許などを取得している人材が必要になってくるために、人件費がかかり設定金額が高くなります。

あかり
ちょっと待って!確かに高額なイメージが強いけれど「効果が高く通う回数が少なくて済むので、エステの脱毛コース(効果が弱い)を追加で申しこむなら、医療脱毛の方がお得」という意見もあるのです。

 医療脱毛のほうが早く完了する

レーザー脱毛の効果が高いので、通常5回~6回で満足した結果を得られます(個人によって違います)期間で言うと約1年~1年半ほどで完了する人が多いようです。

これに比べエステの光脱毛は、平均2年~2年半ほどはかかると言われています。急ぎで脱毛を完了したい人は医療脱毛を選択した方がいいようです。

医師の診断やケアがあるので安心

これが一番のメリットであり、選ぶポイントではないでしょうか?脱毛は昔に比べより安全に、トラブルも少なくなっています。とは言え、まだまだ肌トラブルが多いのが現状です。

医師の常在する医療クリニックの場合、もしもの時に迅速に対応してくれます。中には診療費、薬代無料をかかげている所も少なくありません。多くのエステの場合は提携している皮膚科があるようで、個別にそちらに通うことになるようです。

医療脱毛エステ(光脱毛)
脱毛機器医療レーザー脱毛光脱毛
痛み多い少ない
効果高い低い
完了までの期間1年~1年半2年~2年半
料金設定高いやすい
トラブル時医師の診断を受けられる提携している皮膚科

医療脱毛を受ける際に注意すべきこと

日焼けをしない

メディオスターNeXT PROという機器は日焼けをした後でも脱毛は可能となっています。しかし、基本的に脱毛を受けるのであれば日焼けはNGです。レザーは黒色に反応するものなので、日焼けした肌は反応が強くトラブルになりやすいのです。

このため日焼けの肌には照射不可という場所も多いのです。さらに脱毛後のトラブル回避にも日焼けはNGとなっています。

  • レーザー脱毛後、ダメージを受けた状態の肌に日焼けをすることで火傷や赤みなどの炎症が起こりやすくなる
  • ダメージを受けた肌は紫外線によってシミやそばかすを作り出す
  • 日焼けをするとメラニンに反応するので、照射の出力を上げることが出来ない(効果が低い)

保湿ケアを怠らない

レーザー脱毛で熱をダメージを受けた毛根などは、水分も奪われてしまった状態にあります。出力が高いので受けるダメージも大きく奪われる水分も多いと言えるのです。

肌の水分が奪われることで、当然のことながらバリア機能も低下した状態になっています。脱毛後はしっかりと保湿をして肌へ栄養を補給してあげましょう。

施術後は刺激を与えない

肌が弱った状態の脱毛後は、なるべく刺激を与えないことが重要です。自分は敏感肌になっているんだという認識を持つようにしましょう。

  • 脱毛当日の服はなるべく患部が擦れないものを選ぶ
  • 日焼けクリームは使用可能ですが、刺激の弱いものを選ぶ
  • 肌を露出しない(日焼け防止)の服を選ぶ
  • 自分でのケアは冷却パックなどではなく、清潔なタオルを濡らして行う
あかり
脱毛後に冷やし続ける人もいるようですが、実はその行為はNGです。冷やし過ぎて毛根に与えた熱ダメージをとってしまうと、脱毛の効果が下がると言われています。熱をとるのはあくまでも肌表面にとどめておきましょう。

医療脱毛で起こりうるトラブル 

やけどによる赤みやブツブツ

レーザー脱毛で、最も多い肌トラブルが火傷です。レーザー脱毛は毛の黒色(メラニン)色素に反応し熱が毛根を破壊する仕組みになっています。当然のことながら、施術後は毛根周辺は火傷の状態になり赤みを帯びます。

通常、施術後すぐに冷却することで徐々に赤みは消えていきますが、中には火傷の状態がひどく赤みやブツブツが出るケースがあるようです。

施術者の技術が原因

主な原因は、施術を行医師や看護師の技術の未熟さが引き起こすものと言われています。個人の肌に合ったジュール数(熱量)をうまく設定できないと火傷を引き起こしてしまいます。

対処方法

火傷による症状がひどい場合は、通常20分ほどの冷却を行うようです。その後医師の診断のもと内服薬や塗り薬を使って治療を行っていきます。

ハル
実は近年5年間で964件の脱毛による火傷の被害が報告されています。うち30%は医療脱毛による被害のようです。施術中に熱が強すぎる、痛みが強すぎると感じた場合はすぐに声をかけ、出力を調節してもらった方がいいようです。

 照射漏れ

脱毛を行う上で、知っておきたいことに「照射漏れ」というものがあります。無料で照射漏れを再照射するとうたっているクリニックもあるほど、照射漏れは特別なことではないのです。

照射口の大きさが原因

レーザー脱毛で使用している機器の照射口は1.5センチ~5センチほどです。どんなに慣れた医師でも照射漏れを起こすことがあると言われています。

照射口と実際に照射される範囲の形にズレがあるために、照射時に間が空いてしまうのです。

照射漏れにどう対応してくれるのか事前に確認

クリニックを選ぶ際に、照射漏れの際にどのように対応してくれるのかを事前に聞いておきましょう。通常照射漏れに気が付くのは施術後2週間程立ってからです。しかしクリニックによっては照射後の期間を限定している所もあるので、もしかして照射漏れかも……と思った場合は早めに連絡をしたほうがいいようです。

毛嚢炎

毛嚢炎(もうのうえん)は毛包(もうほう)という毛穴の奥で毛根を包む場所に炎症をおこした状態です。

症状

  • 赤いプツプツが出来る
  • 中に膿がたまる
  • ヒリヒリする
  • かゆみがある
  • 発熱を伴うこともある

原因と対処方法

脱毛によって刺激を受けたことで肌の常在菌(ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌)が繁殖し感染症を起こしてしまうものです。アクネ菌によってできるニキビ同様に、患部は清潔に保っておきましょう。

軽いものならば、自然と治っていくようです。しかし痛みが強い場合などは医師の指導の下、ステロイドの軟膏を使用したり抗生物質の飲み薬を飲んだりするようです。

硬質化現象

脱毛後の毛の「硬毛化」と「多毛化」は脱毛を行う上での副作用とも呼べる現象です。原因はハッキリと解明されておらず、一説では、細い毛へ弱いレーザー熱が届くことで毛が活発化するためと言われています。

硬毛化

脱毛した箇所の毛が太く硬くなる現象です。もともと産毛だった毛がしっかりとした太い毛になってしまったりするようです。

多毛化

毛穴の数が増えたわけではないのですが、脱毛前より毛が増えたように感じるものです。硬毛化したことで増えたと感じる人が多いと言われています。

産毛が生えている個所を脱毛した場合に多く発生するようなので、背中や首などの産毛の多い場所を脱毛希望の人は注意が必要です。

対処方法

脱毛の熱が原因で起こっていることなので、いったん脱毛をやめる事で元に戻る場合もあるようです。

クリニックでは「硬毛化」と「多毛化」に保証ついている場合もあり、脱毛機器の出力や波長を変え照射してくれます。産毛の多い箇所を脱毛する場合には、追加料金になるのか否か事前に確認しておいた方がいいでしょう。

あかり
これらのトラブルは医療脱毛に限ったことではなく、エステの光脱毛でも起こります。しかし医療クリニックでのトラブルは迅速に医師が対応してくれるので安心感が大きいのです。
トラブルが心配な人は医療脱毛が向いているのではないでしょうか

 あなたに合った医療脱毛を見つけてみよう

医療脱毛は効果も高く、医療従事者が常在するので安心して受けられるものです。最近は色々な特徴やサービスを打ち出しているクリニックが多く、自分が何を求めどの箇所を脱毛したいのか明確にしてから探す方が得策と言えそうです。自分にあった医療脱毛を見つけ快適に綺麗な肌を手に入れたいものです。

img footer post layout

TOP