ストレスで脱毛…コレって大丈夫!?回復させる6つの秘策を伝授

ストレスで脱毛…コレって大丈夫!?回復させる6つの秘策を伝授

gWhAaKNy.jpg

ストレスで脱毛になると聞いたことがありますか?最近抜け毛が多いあなたの脱毛の原因ももしかしたらストレスかも!?きちんと対策をしてストレスを回復させれば通常の薄毛よりも治ることが多いという特徴もあります。そんな対策について解説します。

シェアする

​ストレスによる脱毛は治るってホント?

こんにちは編集長の鈴木あかりです。

髪が抜けるのってショックですよね。しかし加齢や男性型脱毛など人間の髪はいつかは抜け落ちて行ってしまうものだとあきらめている方も多いかもしれません。しかし、その原因がストレスによるものだとしたら…。ストレスによる脱毛は一時的なものと言われているため改善が期待出来ます。

undefined
ハルくん
ストレスって怖いんですね。最近僕も抜け毛がひどくなってきたかも…
undefined
あかりちゃん
ストレスによる脱毛は回復することが多いのよ。ただしストレスがかかり過ぎたり抜け毛対策を怠っているとどんどん進行してしまい治すことが難しくなってしまうの。そんなストレス性脱毛の原因や対策、疑問に答えていくからハルくんもしっかり勉強してね!

  • 調べた薄毛関連の書籍⇒​15冊
  • 調べたストレス関連のサイト⇒20サイト
  • ストレスで抜けた髪が改善できる確率⇒約80%以上

​このような結果になっているものの、ストレスによる脱毛回復対策は一日も早く始めることが大切なんです!

脱毛を回復させる6つの方法

​脱毛を回復させるにはストレスの発散を始め、栄養、生活習慣、ヘアケアとそれぞれを改善していく必要があります。

趣味や休息でストレスを発散させる

誰にでも少なからず付きまとうストレスですが、抜け毛を回復させるためには意識してストレスを発散させる必要があります。日々仕事と家の往復という人はついつい過度のアルコールや食べる事でストレス発散しがち。そうすると体全体に負担がかかり髪の毛にまで栄養が行き渡らず抜け毛を促進してしまいます。

仕事やしがらみに関係ない趣味や休息を取れる時間を設けることでストレスを健康的に発散すればストレスが原因の抜け毛は回復に向かう可能性が大きいのです。​気の置けない好きな友達とのお酒ならばストレス解消につながる場合も多いので一概にすべてを禁止する必要はないでしょう。

●ストレス解消効果が期待できること

  • 夢中になれる趣味
  • 眠ること
  • 好きな音楽を聴く
  • 美味しい食べ物を食べる
  • アロマなど好きな香りを嗅ぐ
  • 愚痴を聞いてもらう
  • 感動できる映画などを見て泣く

ストレスの発散・解消方法は人それぞれに違いますが、このようなストレス発散の時間を意識的に作ることでオン・オフの切り替えが出来るようになり頭皮がいつも固く緊張状態だった人も抜け毛が減って来る可能性があります。

栄養バランスの良い食事を心がける

​抜けにくいしっかりとした土台である地肌と健康な強い髪をつくるためには毎日の食事内容にも気を付ける必要があります。ストレスが多いと食欲も低下しやすいものですが栄養素が足りていないとますます食事に気をつけようという意欲さえも失ってしまうという悪循環も起こりうるのです。そのためには、

  • たんぱく質⇒肉・魚・大豆製品
  • 亜鉛などのミネラル⇒海藻・牡蛎などの魚介類
  • ビタミン類⇒野菜・果物など

これら​3台栄養素は特に意識して摂りましょう。ダイエットなどの影響でカロリーを気にしすぎるあまりにたんぱく質不足に陥っている人が増えています。またファストフードやジャンクフード、インスタント品や揚げ物など皮脂分泌を促進する食品はさけるようにしましょう。

質の良い睡眠をとる

髪は寝ている間に成長します。睡眠は出来れば​22時から午前2時の間にはしっかりと取りたいもの。この時間には特に成長ホルモンが分泌されると言われており頭皮環境を健全に保って元気な髪の正常なヘアサイクルづくりには欠かせないからです。そうは言ってもなかなか睡眠時間を長く確保するのは難しいのが現代人。せめて睡眠の質を上げる工夫をしましょう。

●質の良い睡眠のためにできること

  • 寝る​3時間前には食事を済ませる
  • PCやスマホを見ながら布団に入らない
  • 寝酒は控える
  • ストレッチなど適度な運動

入浴や運動で血行を促進する

​頭皮の血行促進のためには全身の血流を良くすることが大切です。普段シャワーで済ませているという方も湯船に浸かる入浴の習慣を取り入れましょう。また適度な運動もかかせません。特に有酸素運動は心地よい汗をかくためにも20分以上は行いたいもの。どちらも血行促進効果だけでなく心と体の両方にリラックス効果があり、ストレスの解消にもつながります。

●どんな運動がおすすめ?

ジョギングや水泳、サイクリングやウォーキングなどが良いでしょう。自分にとって行いやすいものを選び継続していくことが大切です。これらの運動を行うことによって脳内麻薬とも呼ばれているβエンドルフィンと呼ばれる快感物質が分泌されるのです。今一つ元気のなかった人が運動した後は何となくすがすがしく前向きに変化したりするのはこのβエンドルフィンの影響によるものだと言われています。このような運動による血行促進はストレスの解消にもつながるのです。

育毛剤をつかう

抜け毛の原因に頭皮の血行不良があります。ならば外的刺激を頭皮に与えて血行促進を図れば良いのです。質の良いブラシでブラッシングをしたり、シャンプーの時に指の腹で優しく頭皮をマッサージしましょう。

しかし最も効果的なのは育毛剤を使用したマッサージです。何も使用しないマッサージに比べ有効成分が頭皮に直接染み渡ることによって頭皮マッサージの効果が何倍にもアップします。育毛剤を使用することによって頭皮の血行促進はもちろん、皮脂をコントロールし、AGAの原因である5αリダクターゼを阻害する成分が配合されている優れものも存在するのです。男性用、女性用とがありその香りや使用感も製品によって違います。気持ちよく頭皮マッサージを行える育毛剤でお手入れを楽しく行ないたいものですね。

髪・頭皮に良いシャンプーを使う

​毎日使っているシャンプーを髪や頭皮に良いものに変えましょう。ドラッグストアやスーパーなどで多く販売させている高級アルコール系シャンプーは界面活性剤の宝庫。使用感はすっきりと汚れを洗い上げる清涼感や強めの香料が特徴です。値段は安価でCMなどでも見かけることが多いため親しみを持ちやすいのですが、強い洗浄力から見ても頭皮や髪に大きな負担をかけてしまいます。

●高級アルコールシャンプーの成分名

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ​ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム

​が主な成分ですが硫酸●●とついた成分は避けましょう。

●どんなシャンプーがいいのか

アミノ酸系のシャンプー、ノンシリコンシャンプーを選びましょう。値段は高級アルコール系シャンプーに比べて高価になりますが髪の毛の将来を考えると大きな出費ではありません。未来の髪の毛をしっかり守るためにはシャンプーの見直しを1日も早く始めましょう。

低刺激や自然派というシャンプーも良いのですが、石鹸系シャンプーは思っている以上に洗浄力が高いので扱いが難しいと感じる方も少なくありません。アミノ酸系シャンプーの方が使い勝手も良く、抜け毛に悩む方にはおすすめです。

●アミノ酸系シャンプーの特徴

頭皮や髪の余分な油分だけを洗い流します。そして必要な油分やうるおいは残した状態で洗い上げるのが特徴です。

アミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーと一口に言ってもたくさんの種類と洗い上がりの違いがあります。自分の好みの香りや洗い上がりで髪と頭皮に優しいシャンプーを見つけたいものですね。

●アミノ酸系シャンプーの成分

  • メチルアラニン系
  • ココイル系
  • ベタイン系

と呼ばれる成分を配合しているものがアミノ酸系シャンプーです。迷ったらこの系統の成分かどうかを確認してみましょう。シャンプーの原材料はまず水ですがその次に来る成分がアミノ酸系の成分であることを確認して購入しましょう。

なぜストレスで抜け毛になるの?

ストレスが体に悪いことは多くの方がご存知かと思います。ストレスは体全体の免疫力、健康維持機能を低下させてしまうからです。でもストレスが髪にまで関係しているとは思っていない人も多く、つい無理をしたり必要なケアを怠りがちです。またストレスを解消するために行っている行動も抜け毛に大きく関係しているのです。

男性ホルモンが増える

​薄毛には男性ホルモンが深くかかわっています。AGAを始めとする男性型脱毛症も男性ホルモンが増えることによって起こりますが、実はストレスがかかることによって男性ホルモンが増えることがわかっています。男性ホルモンが増えると皮脂の分泌量が増加。頭皮環境が悪化して抜け毛が起こります。

また更年期に女性ホルモンが減少して男性ホルモンが優位になることでも抜け毛は多くなり、更年期時期には体調不良や精神不安定などからストレスも増えることから特に注意が必要なのです。

●男性ホルモン増加による抜け毛

・ストレス性⇒後頭部・側頭部の毛が抜けやすい。

・AGA⇒遺伝や生活習慣、ストレスが原因。ホルモンバランスが崩れることによって起こる。頭頂部・前頭部・剃りこみ部分が薄くなる

・FAGA※や、びまん性脱毛⇒ストレスが原因と言われている。全体的に薄くなっていく。

※女性男性型脱毛症

●男性ホルモンが増えるだけではハゲない

AGAになるには男性ホルモンが増えただけではなりません。男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつき、DHT(ジヒドロテストステロン)という脱毛因子を持った男性ホルモンに変異して初めてAGAを発症するのです。

髪に栄養が行き届かなくなる

​●血行不良

ストレスがあると体は緊張状態になります。体全体が固くなるため頭皮も当然固くなります。血行不良になると自律神経の働きが乱れてしまうため、血管は収縮して血流が悪化します。つまり栄養分が頭皮に行き渡らなくなります。すると頭皮には脂分が多くなり髪の毛の根本である母細胞が育たなくなり髪の毛が細くなって抜けやすくなるため抜け毛が増えるのです。固い頭皮には健康な髪の毛は生えることが出来ません。

●亜鉛不足

ストレスは体内の亜鉛を大量に消費する性質も。この亜鉛髪の99%を占めるケラチンの成分であるたんぱく質の合成に欠かせない栄養素。ストレスによって亜鉛が消費されすぎてしまうと髪の成長が妨げられ髪質が悪くなるばかりでなく、抜け毛の原因になります。

●内臓機能の不調

ストレスによる自律神経の乱れは内臓の働きも低下させます。消化器系が上手く働かなくなるため髪の成長に必要な成分であるたんぱく質が髪に行き届かなくなってしまいます。ストレスにより食欲が低下して思うように栄養を摂れないことも大きな原因です。

​髪のダメージケアができない

​髪は必要な栄養素が行き渡り、頭皮が柔らかく健康な状態であれば一定のリズムの中で抜けては生えて来るというヘアサイクルで保たれています。

しかしストレスが多くかかった生活を送っていると体と心のバランスが大きく乱れてしまうため体が本来持っている髪のダメージケア能力が衰えてしまいます。

●睡眠障害

ストレスで自律神経が乱れて眠れないことが多くなり交感神経優位になります。すると緊張状態が続き頭皮環境が悪化。体と同様髪も夜育つため、睡眠障害になると成長ホルモンが出なくなり抜け毛が増えて薄くなってしまいます。また眠れないからと言って夜遅くまでPCやスマホをいじっていたりすることもさらに睡眠障害を悪化させてしまいます(睡眠の質の低下)

●ストレスによる生活習慣の乱れ

・飲酒:お酒の飲みすぎは肝臓を酷使し、髪の元になる成分がエネルギーとして使われます。システインやメチオニンと言ったアミノ酸です。その他にも髪に必要なビタミン類の大切な栄養素もアルコール分解のために使われたり、利尿作用で排出されることによって栄養が行き渡りません。

・喫煙:タバコに含まれるニコチン・タールは血管を収縮させてしまいます。頭皮の血流も妨げるので髪にダメージを与えてしまいます。それだけでなくAGAの原因となるDHTを増加させてしまうこともわかっています。

undefined
あかりちゃん
飲酒も喫煙もストレス解消のために行っている人は多いけど、過剰摂取すると頭皮環境に悪影響を与えてしまうので出来るだけ控えるようにしましょうね。
このようにストレスがあると生活に支障が出ることも多く、髪のダメージをケアすることが出来ない環境に陥りがちです。次にストレスによる脱毛の特徴を見て行きましょう。

【セルフチェック】ストレス脱毛の特徴

ストレスによる脱毛には特徴があります。まずはセルフチェックをしてみませんか?

ストレス薄毛かも!?と思ったらチェック!

  • 髪の特定の場所が急に抜け落ちたことがある
  • ごっそりと髪の毛が抜けた
  • 精神的に追い詰められている
  • 仕事・勉強に極度に集中している
  • 15歳以下である
  • 頭皮の温度が低い
  • 3ヵ月ほど前に特にストレスがかかった記憶がある

特定の場所の髪の毛が多く抜け落ちる脱毛症として円形脱毛症が挙げられます。また、精神的に追い詰められるような状況や環境に身を置いている人もストレス性の抜け毛になりやすく、一見前向きな行動である仕事や勉強への集中も逆にストレス過多になり抜け毛を引き起こす場合もあります。

15歳以下でストレス性脱毛を発症した場合、大人になっても繰り返しやすくなるため特に注意が必要です。

抜けた髪の毛根チェックでわかる!

  • 毛根部分が小さい⇒AGAの可能性
  • 毛根部分が尖っている⇒AGAの可能性
  • 毛根部分がひょろひょろしている⇒ストレス・AGA
  • 毛根部分が丸いがいびつな形をしている⇒ストレス性脱毛
  • 毛根部分が黒い⇒AGAの可能性

 健康な抜け毛はマッチ棒のような丸い球状の毛根をしています。しかしこちらで紹介したような小さい・ひょろひょろ・いびつ・尖る・黒い毛根は髪の毛が成長しきる前に抜け落ちてしまっていたり頭皮が硬くなってまともに生えることの出来なかった髪であった証拠。毛根をチェックして自分の抜け毛の原因を確かめましょう!

●注意!こんな人がストレス脱毛に陥りやすい

ストレスを受けた体は常に緊張状態。当然髪を支えている頭皮も固く冷えてしまい、健康なヘアサイクルを乱してしまいます。しかし同じストレス下にあってもそれが抜け毛につながるには個人差があるため、ストレス脱毛に陥りやすい人の特徴を最後に述べておきましょう。

  1. 責任感が強く完璧主義者
  2. 環境の変化に弱い
  3. 真面目に突き詰めて考えすぎると眠れなくなる
  4. ストレスがかかると睡眠・食事が取れない
  5. 両親や兄弟などに薄毛の人がいる
  6. 運動の習慣がない
  7. 湯船に浸かる入浴の習慣がない

やはり性格的なものとストレスは大きく関係しています。やらなければならない仕事や勉強に対して自分を追い詰めすぎたり、自分を責めてマイナス方向に考えすぎると頭皮環境はストレスモードに。体を動かして血流を良くしたり悩み事から解放される時間を設けましょう。 

また5はAGAが遺伝によるものが多いことから書かれていますが、もともと薄毛の遺伝子を持っているところにストレスが多くかかれば当然薄毛の進行が早まるためストレス性脱毛の因子として挙げさせていただきました。

ストレスと髪に関するよくある質問

​ストレスが髪に良くないことがおわかりいただけましたか?さらにみなさんが抱いている疑問にお答えします♪

ストレスで白髪増えるって本当ですか?

白髪の一番の原因は加齢によるもので、次に遺伝、その次が後天的要素であるストレスなどと言われています。
ストレスが多くかかると髪の毛の色素成分であるメラノサイトという色素幹細胞の機能が低下してしまうため、髪の色が抜けて白くなる白髪が増えると言われています。

さすがに一夜にして髪全体が真っ白になるということはありませんが、日々のストレスによって頭皮環境が悪化することによりメラノサイトにまで影響をあたえてしまうのです。ストレスおそるべしですね。

病院で治療することはできますか?

男性型脱毛症(AGA)や女性男性型脱毛症(FAGA)はAGA外来と呼ばれる専門の科が存在しているほか、女性専用の毛髪クリニックなども存在しています。病院で専門医の診察を受け、薬の処方やケア方法の指導などが行われます。
また、ストレスによる脱毛には円形脱毛症や抜毛症などがあります。どちらも病院での治療が可能です。

AGAは病院での治療が必要です。女性の(FAGA)は比較的進行はゆっくりではあるものの、AGAである限り治療を開始しなければ自然に治るということはありません。病院で医師の診察を受けることにより、薄毛の原因がストレスによるものなのかAGAによるものなのかがはっきりとすれば対策に迷うこともありません。抜け毛の原因が特定できなくて心配…という方は一度病院を受診してみることもおすすめです。

ストレス発散と規則正しい生活が重要

毎日忙しく仕事に勉強に家事にと動き回っているわたしたち。ストレスはあって当たり前なのかもしれません。ついつい頭皮の健康のことまでは行き届かないこともしばしばです。しかしストレスを甘く見ていると抜け毛は進行し、取り返しのつかない状態になってしまうかもしれません。ストレスを発散する方法を見つけ基本的な規則正しい生活を見直しましょう。そうすればストレスが原因の抜け毛は次第に治まっていき、心も体も健康を取り戻せるのです。


img footer post layout

TOP