毛深い原因って何?実は遺伝以外にもちゃんとした理由があった

毛深い原因って何?実は遺伝以外にもちゃんとした理由があった

シェアする

毛深いことにお悩みの人が意外と多い

特に何をしたわけでもないのに毛深い肌を持って悩んでいる方はいますでしょうか?特に女性はムダ毛が多いと引かれてしまうのに毛深いと処理にも時間が掛かるし困ってしまう方が多いかと思います。
毛深いことは自分ではどうしようもないと思っている人も多いかもしれませんが、実はやり方によって毛深い体質を改善できる可能性があるんです!今回はそんな毛深い体質の方に向けてその改善法や正しいムダ毛処理の方法などをご紹介します♪毛深い体質を改善して綺麗な素肌を見せられるよう頑張りましょう☆

毛深くなってしまう原因

そもそもなぜ肌が毛深くなってしまうことがあるのでしょうか?対策法や処理法を知る前にまずは毛深くなってしまう理由を知って未然に毛深くなることを防ぐとともに自分が知らないうちに毛深い理由を作ってしまっていないかを振り返ってみましょう。

遺伝

自分の両親のどちらかもしくは両方が毛深い場合は伝によってアナタが毛深い可能性が高いです。だからと言って毛深いムダ毛を抑えたり処理することができなくなるわけではないので諦めないでください。また両親が毛深くなくても隔世遺伝によって祖父母やそれより前の世代からの遺伝である可能性があることも考慮しておきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

人間の体の中には男性ホルモンと女性ホルモンが一定のバランスを保ちながら存在しています。その中でホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが女性ホルモンに比べて多くなってしまうと毛深くなってしまうと言われています。 逆に女性ホルモンを増やすことができれば男性でも体毛を細くしたりすることが可能なのでホルモンバランスを考慮した生活を送るようにしてください。

外部からの刺激

日常生活では感じることがあまりないかもしれませんが肌は様々な刺激に敏感に反応しています。こういった外部の刺激から肌や体を守るために毛深くなってしまうこともあるのです。

間違ったムダ毛処理

ムダ毛処理をするときはカミソリを肌に当てたり肌に刺激を与えながら一緒に脱毛をするなど肌にダメージを与えてしまいがちです。間違ったムダ毛処理のやり方をしていると必要以上のダメージから肌を守るためにより毛深くなってしまう可能性があります。 また正しいムダ毛処理をするだけではなくムダ毛処理後のアフターケアを怠らないようにするのも対策の一つです。ムダ毛処理後の肌は目には見えないダメージ受けているので肌が傷ついていないように見えても保湿や肌の傷が治るケアを忘れず行うようにしてください。

紫外線

紫外線を浴びれば日焼けによってムダ毛も目立たなくなるイメージを持っている方も多いのではないのでしょうか。 しかし紫外線も肌に対する刺激ですし、日焼けしているということはそれだけ肌がダメージを受けているということであるためあまりにも浴びすぎていると肌を守るために体毛が増えていってしまいます。
ちなみに髪の毛だけは紫外線を浴びすぎると逆に毛量が少なくなってしまうんです……(泣)だから薄毛対策をする時も頭皮を紫外線から守ってハゲてしまわないように注意しましょうね☆

多毛症という病気

人間の体には髪の毛や陰毛のような硬くて濃い硬毛と産毛のように細い軟毛の2種類があります。この軟毛が硬毛に変化していく症状を多毛症と言います。 男性ホルモンの増加などが原因とされていますがハッキリとした原因が解明されていないので、産毛が硬くなってきたと思ったら自分で無理せず医療機関に言って症状を改善してもらえるよう相談するようにしてください。

体質を改善するのに必要なこと

なぜ毛深い体質になってしまうのかその理由が把握できたかと思います。では次はそんな毛深い体質を治すためにはどういったことをするのが良いのかを把握していきましょう。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが乱れて毛深くなるということは基本的に男性ホルモンの方が優位に立っていることになります。ですので生活習慣を見直して女性ホルモンを増やす生活を送り、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。

食生活に気をつける

女性ホルモンは日々の食生活で摂取する栄養素によって多く分泌されるようになります。まず大切なのは大豆にのみ含まれている大豆イソフラボンでこれはなんと摂取するだけで女性ホルモンとほぼ同じ働きをしてくれると言われています。毛深さを感じてきたらまずは大豆を食べてみるようにしましょう。 他にも女性ホルモンの分泌を促すビタミンB6やホルモンバランスの調整と抗酸化作用によって強く美しい肌を作るビタミンE、エストロゲンの分泌とバストアップを促す効果があると言われているボロンなど様々な栄養素がホルモンバランスに効果があると言われています。 それを表にまとめてみましたので今後の食生活の参考にしてみてください。
栄養素 主に含まれている食品
大豆イソフラボン 大豆製品全般
ビタミンB6 カツオやマグロなど
ビタミンE ナッツ類、かぼちゃ
ボロン キャベツ、プルーンなど
逆にホルモンバランスを乱してしまう食べ物として化学調味料が使われたインスタント食品や冷たい飲食物などが挙げられます。化学調味料は体内からミネラルを奪って成長ホルモンを減らし、冷たい飲食物で体が冷えると自律神経の働きが悪くなる影響でホルモンバランスが崩れると言われているのです。 そのため、体毛の濃さが気になってきたらこれらの食品を食べるのは控えるようにしましょう。

質の高い睡眠をとる

ホルモン分泌は常に体の中で行われていると言われていますが、特にホルモン分泌が活発になるのは睡眠中とされています。夜更かしなどで睡眠不足になっている方が多い現代ですが健康のためにも睡眠は欠かせません。
その睡眠時間もただ長くとればいいというのではなく質の高い睡眠をとるのが理想的です!深い睡眠がとれれば女性ホルモンもより多く分泌されるので、枕や布団を良質のものにしたり寝る前のケアを行うなど質の高い睡眠をする環境もしっかりと作りましょうね♪

適度に身体を動かす

ある程度の女性ホルモンを生み出すためには適度な運動も必要です。運動は女性ホルモンを適切な量に調整してくれるためホルモンバランスを整えて体毛を薄くする効果が期待できます。 運動をして筋肉をつけることは健康のためにも必要なことですが、あまりにも筋肉をつけすぎると今度は男性ホルモンが増えてきてしまいます。そうなると逆に毛深さが増してしまうのである程度運動量も調節しながら身体を動かすようにしましょう。

ストレスを溜め込まない

ストレス社会と言われるほど様々なことでストレスを受けがちな昨今ですが、このストレスもホルモンバランスを崩す大きな原因の1つと言われています。そもそも女性ホルモンは脳から分泌されているのですが、ストレスを受けると脳もその影響でホルモンを適切に分泌できなくなってしまうのです。 ストレスを無くすためにはとにかく自分なりのリフレッシュ法で解消するほか、睡眠中はストレスを解消するのに必要な時間です。やはり睡眠時間はしっかりと確保して徐々にホルモンバランスを整えるよう心がけましょう。

禁煙する

タバコには数多くの化学物質を使用して作られていますがその中には200種類以上の有害物質が含まれているとされています。これらの有害物質の中にはホルモンバランスを乱す成分も含まれているので吸えば吸うだけ毛深くなるリスクも増えてしまうのです。 中にはストレス発散のためにタバコを吸っている方もいるかもしれませんがストレス解消法は他にもたくさんありますし、タバコはホルモンバランスを乱す以外にも身体に様々な健康被害を与える危険性があるので、美しく健康な人生を送るなら今すぐに禁煙することをおすすめします。

紫外線対策を行う

紫外線対策をすることによって肌への刺激を減らせば体毛が濃くなることも無くなるのでしっかりと肌を紫外線から守ってあげるようにしましょう。 UVカットのクリームを顔に塗るときは眉間、頬、鼻、あごにクリームを置いてから顔に馴染むように優しく塗っていきましょう。腕や足に塗るときは肌の上に一直線にクリームを置いてそこを中心に円を描くように肌に塗ってください。
紫外線対策をするために日傘を差す方もいますが、地面に反射して下からくる紫外線から肌を守ることができません。
また太陽が出ていなくても紫外線は空から降り注いでいます(泣)直射日光が無いからと言って油断していると紫外線からのダメージを受けてしまうので注意してくださいね!

正しいムダ毛の自己処理方法

ムダ毛の処理のやり方にも様々な方法があります。体毛の濃さや自分の肌の状況によって最適な処理法が変わってきますので自分に合ったムダ毛の処理法で毛深い肌とお別れしましょう。

素早くツルツルにするなら「脱毛・除毛クリーム」

脱毛、除毛クリームは足や手などのクリームに塗りやすく見られることの多い部分に最適な脱毛アイテムです。体毛が濃い方はカミソリでムダ毛を処理すると根元まで剃り切れなくて黒いブツブツができてしまうことが多いですが、こういったクリームは根元まで浸透して綺麗にムダ毛を処理してくれるのが嬉しいポイントとなっています。

ヘアーリデューシングクリーム

女性にはヘアーリデューシングクリームがおすすめです。これは脱毛する文化が根強いトルコで高い人気を誇る除毛クリームで、ムダ毛を処理することはもちろん、ムダ毛が生えてくるスピードも遅くしてくれるので長い間ムダ毛の無い肌を維持することができるアイテムとなっています。 使用後1ヶ月で毛深さが58%もダウンし、ムダ毛処理の頻度が明らかに減った!という声が相次いでいます。顔からデリケートゾーンまで全身どこでも使用できるのが魅力です。 公式サイトを見てみる

メンズNULLリムーバークリーム

男性はメンズ専用NULLリムーバークリームを使ってみると良いでしょう。肌に負担がかからない除毛クリームでありながら剛毛の方にも効果があり、時間も掛からず面倒くさい手順を踏まなくても簡単にムダ毛を処理することができる便利な一品です。 カミソリや毛抜きを使用するよりも肌の負担が少なく、5~10分程度放置するだけでスピーディに脱毛できます。メンズ向けに開発された商品ですが、極力肌への負担を軽減しているので女性も使用可能です。 公式サイトを見てみる

一時的な脱毛なら「ブラジリアンワックス」

ブラジリアンワックスとは主にアメリカでアンダーヘアを脱毛するために使われていたアイテムです。専用のワックスを塗り乾いたら剥がすだけなので、使い方はとっても簡単。 根元からムダ毛を引き抜いてくれるので、続けると徐々に生えてくるムダ毛が細くなったり成長するスピードが遅くなるといった効果も期待できる脱毛法となっています。

シェリークリア

女性の方は簡単な手順でVIOのムダ毛を処理できるシェリークリアを使ってみてください。女性誌でも数多く特集された注目度の高いブラジリアンワックスで、脱毛効果はもちろん、ワックスを剥がすときも痛くないように作られています。 天然成分だけを配合しているので肌にも優しく、使用するユーザーのことを第一に考えて開発されているのが嬉しいですね。公式サイトの「スペシャルキャンペーン」が適用されると、初回480円(税込)の特別価格でお試しできるのでチェックしてみてください。 公式サイトを見てみる

メンズ専用NULLブラジリアンワックス

男性にはメンズ専用NULLブラジリアンワックスがおすすめです。こちらも自然由来の原料だけを使って作られたブラジリアンワックスで、使用後に肌トラブルを起こすリスクが低いにも関わらず、男性の剛毛を根こそぎ脱毛してくれる便利なアイテムとなっています。 主成分がハチミツから作られているのでデリケートな部分にも使用でき、日本人男性の肌質に合った成分を厳選配合しているのもポイント。使用する際に温めなくてもそのまま使用可能なので短時間での脱毛を実現しています。 公式サイトを見てみる

子供と一緒に使える「抑毛ローション」

抑毛ローションは全身に使うことができる肌に優しい脱毛アイテムです。遺伝によって子供の頃から身体が毛深いと友達に指摘されてしまい、それがコンプレックスとなってしまっている子供が近年増えてきています。 抑毛ローションはとにかく肌に優しい作りとなっているものが多いので、大人に比べて刺激に弱い子供の肌でも安心して使うことができるアイテムなのです。

パイナップル豆乳ローション

数ある抑毛ローションの中でもおすすめなのがパイナップル豆乳ローションです。1日に1分身体に塗るだけで徐々にムダ毛が細くなっていき、毛深い体毛を目立たなくしていってくれます。さらに美容成分も多く含まれているのでムダ毛処理と一緒に美肌ケアができるのも魅力の一つです。 普段使用している化粧水代わりにもなり、肌に優しく作られているため子供にも使用できるのが嬉しいポイントです。抑毛効果&気になる黒ずみにも効果を発揮し、スキンケア用品としても大活躍しますよ。 公式サイトを見てみる

本格的に脱毛したいなら「家庭用脱毛器」

腕や足、デリケートゾーン以外の手が届く範囲でしっかりと脱毛をしたいのであれば家庭用脱毛器を使いましょう。クリニックに行くことなく自宅で手軽に本格的な脱毛をを体験することができるので、1度の脱毛で長くムダ毛の無いを維持したいなら使ってみてください。

ケノン

家庭用脱毛器のおすすめは「ケノン」。全身に使えるプレミアム、照射範囲に優れたエクストラ、美顔器として使える美顔スキンケア、強力パワーで剛毛にもおすすめのストロングの4種類のカートリッジが魅力です。 プレミアムカートリッジだけでも約100万発照射でき、エステサロンに劣らないほどキレイに脱毛できると人気急上昇中。公式サイトから購入すると、メーカー保証が1年ついた特別価格で購入できるので、気になる人は要チェック! 公式サイトを見てみる

毛深いことに関するよくある質問

毛深いことについてよく聞く質問とその答えをご紹介致します。

赤ちゃんはなぜ毛深いのですか?

赤ちゃんは産まれてくるときに白い脂のようなものを付けて母親の身体から産まれてきます。これは胎脂と呼ばれるもので赤ちゃんが母親の胎内にいるときに外部の刺激から赤ちゃんを守るために作られたものです。この胎脂が簡単に剝がれないようにするためにあるのが胎毛と呼ばれるもので、これが赤ちゃんが毛深く見える原因であることがほとんどです。胎毛は成長していけば自然と抜け落ちていくものなのであまり気にせず赤ちゃんを育ててあげましょう。

妊娠中に毛深くなることはありますか?

毛深くなる理由の一つとしてホルモンバランスの乱れが挙げられますが妊娠時はどうしてもホルモンバランスが崩れてしまうので毛深くなってしまう可能性があることがほとんどです。
また妊娠時にはプロゲステロンというホルモンが多く分泌されるようになります。このプロゲステロンは肌が日焼けしたりシミができる原因になるメラニンの生成を促してしまうのですが、メラニンが増加すると体毛の色も濃くなってしまいます。このことからムダ毛の本数が増えていなくても体毛の色が濃くなることで毛深く見えてしまうこともあるようです。

毛深い肌をしっかり対策してムダ毛一つない美しい肌へ

一口に毛深いと言っても様々な原因によってどんな女性でも男性でも毛深くなってしまう可能性があります。今までの食生活や生活リズムを見直して自分から毛深くなる原因を作ってしまっていないかを振り返って対処するようにしてください。 ムダ毛一つない肌を作って毛深い過去の自分としっかりと決別できるよう頑張りましょう。
img footer post layout

TOP