正しい耳毛の処理方法|一体何のためにある?不思議な役割を持つ毛

正しい耳毛の処理方法|一体何のためにある?不思議な役割を持つ毛

シェアする

濃い耳毛は処理すべき!意味のない耳毛

電車の中などで耳から毛が生えている男性をみかけたことがあるかもしれません。 なかなか処理しにくい場所とはいえ、清潔感が欠けて見えてしまうのが実際のところ。 若いうちは比較的生えない耳毛ですが、なぜ年齢とともに生えるのでしょうか? 体毛には必ず意味があるといわれますが、濃い耳毛ははっきり言ってムダ毛です。 そんな気になる耳毛の処理方法と、なぜ耳毛が生えるのか?気にせずにはいられない、耳毛のすべてをご紹介します。
undefined
ハルくん
耳毛ってちょっとどころが奇妙すぎてじっくり見ちゃいますよね(笑)耳毛って女性でも生えるから、ご注意ください!

耳毛について知っておくべき基礎知識

人間の体には、手のひら足の裏陰部の粘膜以外、全身に体毛が生えています。 そしてこの体毛は、2種類に分けられています。
  • 無性毛:子供の頃から生えている毛でまつ毛、眉毛、髪の毛などのことを指す。
  • 性毛 :性ホルモンの影響を受けて思春期(第二次性徴)から生えてくる毛。
さらに性毛は「両性毛」と「男性毛」の2つに分けることができます。   【性毛】
  • 両性毛:男女ともに生えている毛のこと。陰毛やわき毛など。
  • 男性毛:男性だけに生える毛で、胸毛、ヒゲ、背中の毛、ヘソから陰部を繋ぐように生える毛などです。
   

耳毛の役割とは?

人間の体毛は基本的に大事なところを守るために生えていると言われており、もちろん耳毛も同じです。
  • 異物侵入を防ぐ 
  • 冷たい外気から守る
  • 吸音材として
耳には、埃や塵がたまりやすく、異物の侵入を防ぐために耳毛が生えていると言われています。 さらに、寒い季節に冷気が耳の中に入らないようにブロックする役割もしています。 吸音材とはその名の通り音を吸収する役割です。 自然の音の中で暮らしていた昔は関係なかったようですが、ヘッドホンやイヤホンなどで音楽を聴いている現代、あまりに大きすぎる音を防ぐために耳毛が育つといった話もあるようです。 大音量を耳毛がクッションとなって吸収してくれて聴覚機能を守っているのです。 大きすぎる音を聞きすぎれば、聴覚を守るために耳毛が増えていくかもしれません。 しかし、これはすべて耳の中の産毛の話です。産毛でも十分機能を果たしているのです。 そのため耳の入り口付近に生える太く長い毛は、はっきり言ってムダ毛です。
undefined
ハルくん
ヘッドホンを常にしていて耳を圧迫していると、耳の入り口に太く濃い耳毛が増えてくるという説があるんです。ヘッドホンの圧迫から、耳毛が耳を守ろうとしているのかもしれないですね

なぜ耳毛が長い?老化と男性ホルモンが原因

耳毛の役割は産毛でも十分にはたせることが分かりました。 それでは、なぜ耳毛が太く、さらに長く伸びてきてしまうのでしょうか?    

老化が原因で毛周期が伸びる

耳毛が生えている人におじいさんが多いのは皆さんもご存知のはず。 それは、耳毛の原因の一つ老化があるからです。 体毛には全て毛周期というものがあります。毛が生えて生え変わっていく、生え変わりのサイクルのことです。
  1. 成長初期・・・成長し始めの時期
  2. 成長期・・・毛が伸びていく時期
  3. 退行期・・・成長が止まる時期
  4. 休止期・・・おやすみの時期
毛周期にはこの4つのサイクルがあります。 老化によってこのサイクルが少し狂うことが、長く太い耳毛が生えてしまう原因です。 老化によって成長期だけがほかの期間よりも長く続き、どんどんと耳毛が成長、太く長い耳毛が出来上がってしまうのです。 この老化、40代から徐々に始まると言われています。 しかし、70歳、80歳になっても耳毛が太く長くならない人はなりません。 この違いがもうひとつの耳毛の原因なのです。    

女性にも?男性ホルモンが多いと耳毛が成長

体毛には性毛と無性毛があり、さらにその性毛の中には「男性毛」と「両性毛」があります。 「男性毛」とは、つまり男性ホルモンが多いことで生える毛という意味です。 男性毛である耳毛は、男性ホルモンが多い人の方が生えやすいと言えます。 これが年を取って、耳毛が生える人と生えない人の違いです。 男性ホルモンの分泌量が多い人、つまりそれは
  • ヒゲが濃い 
  • 胸毛が多い 
  • 髪の毛が薄い
人のことです。 薄毛のメカニズムは男性ホルモンだけではありません。 そのため、髪が薄いからといって必ず耳毛が生える、とは言い難いかもしれませんが、 男性ホルモンが多ければ多いほど、薄毛ホルモンの影響を受けやすいのは事実です。 ヒゲが濃い、胸毛が多い、髪の毛が薄い男性は、耳毛が生えやすい傾向にあると言えるでしょう。 さらに、女性でも耳毛が生える可能性はあります老化とともに毛周期が崩れるのは 男女ともに同じことです。 女性は年齢とともに髪が痩せてきますが、この原因は毛周期が早くなること、と言われています。 また閉経を迎え、女性ホルモンの分泌量が低下する男性ホルモンが優位になりがちです。 体内で男性ホルモンが占める量が多ければ当然、体毛が増え、耳毛が生えてくる可能性だってあるのです。 こういったホルモンが原因で若い女性でも耳が入る可能性があります。いわゆるホルモンバランスの崩れです。  
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 偏った食生活
  • 運動不足
  • 喫煙
など様々な原因によってホルモンバランスが崩れると、年齢の若い女性でも耳毛が生えることもあるのです。

undefined
あかり
えー!ショック!!たまに顎周りニキビができてホルモンバランスが崩れてるんだなって感じる時があるのよね。
そのうち耳毛も生えるのかも……!
undefined
ハルくん
耳毛は「若い女性にとってはホルモンバランスが崩れてるバロメーター」「男性にとっては老化の始まり」と認識しておいた方がいいのかもしれませんね。

耳毛によるトラブル

耳毛は何も見た目だけの問題ではありません。 太く長い毛が生えることで実生活にも支障が出てくることがあるのです。    

かゆい!耳毛でチクチク夜も眠れない

本来、誰にでも生えていた耳毛、今まで産毛のように細くふわふわした毛だったのが、太く長くなってくると当然チクチクと耳の中に当たるようになってきます。 このかゆみは経験した人にしかわからないようですが、夜も眠れないほど痒くなってしまうんだとか。 さらに、外で風の強い日は耳の中でユラユラと耳毛が揺れ、映画館など大音量で音を聞く場所では、その音量の振動によって耳が揺れ、常に耳がかゆいと言った状態になるようです。    

ガサガサと音がする

綿棒などで耳掃除をした時、綿棒と皮膚が擦れるガサガサと音が聞こえるはずです。 鼓膜に非常に近いので、耳の中の小さな音もかなり大きな音として聞こえます。 このように毛が皮膚が擦れる音が、耳毛が伸びることで常に聞こえてしまうのです。 綿棒で耳掃除している音が常に聞こえると想像してみてください。かなりイライラしますし、人の声すら聞こえなくなってしまうでしょう。    

自分でできるオススメの処理方法

見た目だけではなく、ガサガサという音が聞こえたり、常に耳がかゆいなどトラブルに見舞われたら、やはり耳毛を処理しないわけにはいきません。 まずは手軽に自分でできる処理方法からご紹介しましょう。    

耳毛カッターで安全に処理

「耳毛カッターなんてあるの?」と思うかもしれませんが、それくらい「耳毛が生えている人が多い」ということです。 身だしなみとして準備しておくべきアイテムと言えるかもしれません。 様々な耳毛カッターがありますが、お勧めは耳毛だけでなく、鼻毛など他のムダ毛の処理できるものがベストです。 耳毛は毎日カットするものではありませんし、身だしなみとして耳毛だけでなく眉毛や鼻毛などもお手入れも大切です。 全て一本で間に合えば、旅行や出張などでも便利でしょう。    

耳毛・鼻毛・眉毛もOK「パナソニック エチケットカッターER-GN10」

やはり耳毛のお手入れに求めるものは安全性。 見えない部分だからこそ、絶対に肌に傷がつかないアイテムが必要です。 パナソニックのエチケットカッターER-GN10は円柱型の回転刃、デュアルエッジ刃を採用、肌に当てても傷つかず、綺麗に耳毛をカットしてくれます。 さらに、円柱型の刃なので、鼻毛ケアにも最適。 円柱型の側面だけでなく、上からの毛もカットできるため、ちょっとしたデザイン性の高いオシャレなヒゲや、眉毛を整えるときにも使えます。 刃が洗えるので衛生面でも安心、何よりもお値段がとってもリーズナブル。 これなら自宅の洗面所だけでなく、書斎や出張用など、何本か用意できます。 【パナソニック エチケットカッターER-GN10】 ¥684(送料別)

ハサミでお手入れ

耳毛の処理はしたいけど、エチケットカッターを買うほどでもないかな、という人にはハサミでお手入れする方法が手っ取り早くて簡単です。 鼻毛用ハサミのように、小さめで先端が丸くなっているものが安全でお勧めです。 しかし耳毛という場所柄、なかなか自分で見えにくいのも事実。 見えるところは自分でカットして、見えない所は家族にお願いするようにしましょう。 いくら刃先が丸くなっていても、刃物は刃物、扱いは十分に気をつけましょう。    

耳毛が少ないなら毛抜きで抜く

まだまだ耳毛がたまに、しかも数本しか見つからない、という程度なら毛抜きで抜くことができるでしょう。 しかし、これこそ自分でお手入れするにはかなり難しいといえます。 毛抜きの場合は誰かに抜いてもらうことが大前提ですが、この先耳毛が増えてくることを見越して、カッターを用意したほうが無難かもしれません。    

【要注意】NGな耳毛処理方法

耳毛カッターで剃る、ハサミで切る、毛抜きで抜くなどの自己処理方法がありますが、危険な自己処理方法もあります。 それが除毛クリームとワックス脱毛です。    

【NG1】除毛クリーム

除毛クリームとは気になる部位にクリームを塗り、5分から10分放置、その後洗い流すもしくは拭き取ると毛がなくなっているというクリームです。 毛を溶かす成分が入っており、皮膚から出ているムダ毛が溶けてなくなるという処理方法。 そのため、皮膚内部にはまだ無駄毛が残っていますが、チクチク生えてこないため一定数ファンのいるムダ毛ケア方法です。 しかし、毛を溶かしているため肌にダメージが強く、皮膚トラブルを起こす人も少なくないようです。 逆に肌に優しい除毛クリームでは毛が溶けにくく、除毛効果も少なくなります。 さらに耳の場合、形が複雑で奥に流れ込みやすいため、除毛クリームが耳の中に残ってしまう危険性が非常に高くなります。 ただでさえ肌荒れを起こしやすい強い成分が入っているにもかかわらず、耳の中に残ってしまうのは危険すぎます。 除毛クリームでの耳毛の処理はやめましょう。    

【NG2】ワックス脱毛

ワックス脱毛とは、はちみつ状のどろっとしたテクスチャーのワックスを気になる部位に塗り、専用のシートを貼り付け、シートとワックスを一緒に剥がすことでムダ毛を抜く、という脱毛方法です。 毛を抜いているため、皮膚に埋もれた毛まで完全に抜くことができ、つるつるの状態が長めに維持できる人気の脱毛方法です。 ワックス脱毛専用サロンまであり、脱毛方法としてはかなり確立されている方法と言えます。 しかし、こちらも耳となると話は別で、形が複雑な耳に綺麗にシートを貼ることはなかなか難しいでしょう。 そのためワックスが塗れても、毛が抜けないといった状況になりやすいといえます。 また耳の中にワックスが流れ込んでしまうと炎症やトラブルの原因にもなります。
undefined
あかりさん
耳掃除でさえ、奥まで耳かきや綿棒を入れるのは危険と言われているのだから、ワックスや除毛クリームを耳に塗るのはとっても危ない事!
絶対にやめましょうね。
undefined
ハルくん
耳は粘膜がすぐそこにあるんです。粘膜に化学薬品がつくと炎症起こすだけでなく、耳の機能をそのものにトラブルが出てしまうかもしれませんよ。

自己処理が難しいならプロに任せる!

自分で見えない耳毛のケアはなかなか難しいものです。 「トラブルが怖い」「でもうまく処理できないのは困る」と思う方は、是非プロにケアをお願いしましょう。    

シェービングサロンで綺麗に剃る

男性の中には床屋で耳毛を剃ってもらった経験がある人もいるはずです。 理髪師は顔や体毛のシェービングができるプロ。床屋で耳毛を剃ってもらうのも一つの方法です。 しかし男性でも美容院に通っている人も多くいます。 また、女性でも耳毛が気になる人も多いでしょう。その場合は、是非ともシェービングサロンに行ってみてはいかがでしょうか。 プロのシェービングは肌を痛めることなく、綺麗にムダ毛のお手入れができます。 また、シェービングサロンの耳毛ケアは耳の入り口だけでなく、耳たぶや耳周りを剃ってくれることも多く、耳が全体的に綺麗に美しくなるはずです。 一緒に顔のシェービングもしてもらえば、肌のトーンがワントーン上がり、化粧水やクリームの吸い込みが良くなるでしょう。
undefined
あかりさん
今は、床屋さんが経営している女性向けシェービングサロンなんかもあるから、男女ともにプロに耳毛のようなムダ毛を剃ってもらうことができるわ。

クリニックで永久脱毛

ムダ毛処理と聞いて永久脱毛をすぐに思い浮かべる人も多いでしょう。 実は耳毛も永久脱毛ができるのです。    

男性専用永久脱毛「ゴリラクリニック」

男性芸人やスポーツ選手などが多く脱毛するゴリラクリニックは、男性専門の永久脱毛クリニックです 。 男性も美意識が高く、永久脱毛が珍しくなくなったと言っても、やはり女性と同じ待合室やクリニックに通うのは抵抗がある人も多いでしょう。 ゴリラクリニックは、クリニックでしか使えない医療用レーザー脱毛を採用しています。 黒いメラニン色素に反応する特殊なレザーを使い照射することで、ムダ毛そのものと毛根にアプローチ。細胞を弱らせることでムダ毛を処理していく方法です。 肌質や毛質に合わせて脱毛マシーンも数種類用意、レーザー脱毛には痛みが絶対と言われていますが、痛みも軽減されたマシンを使っています。 それでも痛みに耐えられない人にはクリニックならではの麻酔を使うことも可能で、医師が常駐しているため万が一の肌トラブルにも万全の対応をしています。 熟練されたスタッフの施術により、男性脱毛業界ダントツの症例数を誇っています。 男性が安心して通える脱毛クリニックと言えるでしょう。  
  • 耳毛脱毛:5回コース¥23,000、1回コース¥6,000

脱毛部門満足度NO.1クリニック「フェミークリニック」

フェミークリニックは脱毛専門のクリニックではなく、美容皮膚科クリニックです。しかし、脱毛部門の満足度は美容医療口コミサイトでダントツの1位。 多くの女性の評価を得ているクリニックです。 フェミークリニックの脱毛方法は、クリニックでしかできないレーザー脱毛。脱毛マシーンは5種類用意しており、肌質や毛質に合わせて施術してくれます。 さらに、女性特有の季節によって変化する肌の状態に合わせて、その時一番効率のいいマシンを選んで施術してくれます。 通常、自分で行わなければいけない剃毛も脱毛施術前に無料です。 プライバシーを重視した清潔な院内でリラックスして永久脱毛が受けられるでしょう。  
  • 耳毛脱毛:5回コース¥32,400、6回目以降¥6,480

undefined
ハルくん
大手の脱毛サロンではほとんど耳毛の永久脱毛を扱っていないようです。
耳毛脱毛を扱ってくれるクリニックはかなり貴重な存在ですね。

【部位別】耳毛のオススメ処理方法

耳には内側の毛と外側の毛があることがわかりましたが、パーツ別のオススメ処理方法がありますのでご紹介します。    

耳の内側は耳毛カッターがおすすめ

耳の内側を処理するには、専用の耳毛カッターがおすすめです。 手軽で簡単に安全かつ清潔にしっかりと処理できるのが特徴。 ハサミや毛抜きは出血を伴う恐れがあるため、目視が難しい耳の内側の処理には向きません。 その点耳毛カッターだと定期的に処理する必要はあるものの、最もストレスなく処理ができる方法と言えるでしょう。    

見られやすい耳の外側はクリニックでキレイにしよう

耳の外側は、どうしても他人の目に触れる位置でもあります。 ムダ毛をそのままにしておくと不潔に見えることもあるので、特にキレイに処理したい部分です。 自己処理だと肌に負担を掛ける恐れや失敗する恐れもあるので、できればクリニックでキレイにしましょう。 男性・女性共に耳毛処理を行なっている脱毛クリニックがあり、そこまでお金をかけずに永久脱毛することができます。 今後一切耳毛の心配をしなくても済むので、クリニックで脱毛してしまうのが長期的に見て最も良い方法かもしれません。    

耳毛に関するよくある質問

鼻毛カッターでも処理できますか?

基本的にはできます。

鼻毛カッターは比較的安全で皮膚が切れないようになっています。そのため耳毛に使っても安全性が高く、お勧めです。 しかし、カッターによってはギリギリまでカットできない、数ミリ残ってしまうものもあります。 耳毛の場合は数ミリでも残っていると少しみっともないので、鼻毛カッターを使う場合はよく考えて選んだ方がいいでしょう。  

新生児でも耳毛は生えますか?

かなり生えています。成長とともに抜けてなくなっていきます。

生まれたての赤ちゃんは耳毛に限らず、かなり体毛がたくさん生えています。 大人の産毛よりもよりも少し濃い毛です。しかし大人のような剛毛ではありません。 この体毛は胎児の時に羊水のなかにいるために生えており、羊水の中で肌がふやけてしまわないように、毛が濃くなっているのです。 そのため空気に触れ、成長とともに少しずつ抜けていきます。  

耳かきで耳毛は抜けますか?

抜こうと思っても抜けません。しかし、毛周期の退行期を迎えた毛が抜けることはあります。

耳かきだけで耳毛を引っ張ることはできません。 そのため、耳かきで毛を抜こうと思っても耳毛を脱毛することは不可能です。 しかし、毛周期である成長期を終え、そろそろ毛が抜ける退行期に差し掛かっている耳毛は、綿棒や耳かきの刺激などで抜けることがあります。 とはいえ、強い刺激を与えてしまっては耳に良くありません。刺激を与えないようにやさしく耳掃除をしましょう 。  

耳毛の処理後、気をつけることはありますか?

耳毛処理のあとは、必ず保湿ケアを行なってください。

カミソリやカッターなどを使った後の肌は、どうしてもデリケートな状態です。 耳毛処理後は、必ず保湿ケアアイテムを使用して保湿してください。    

耳毛を処理して清潔感アップ!

耳毛は生えてきてもおかしいことはありませんが、見た目のよくない毛です。 なかなか自分で見にくい個所でもあり、自己処理も難しいかもしれません。 エチケットカッターやクリニックなどで安全で適切なお手入れを心がけ、身だしなみのひとつとして習慣化していきましょう!  
img footer post layout

TOP