デリケートゾーンの毛を処理する方法【入門編】

デリケートゾーンの毛を処理する方法【入門編】

シェアする

デリケートゾーンの自己処理方法をマスターしよう

デリケートゾーンのヘアの処理方法は、実はいくつもあってメリット・デメリットもさまざまです。自分で処理する方法から、サロンやクリニックで処理する方法まであるので、自分に合う・興味がある方法から始めてみるのがおすすめ。アンダーヘアをちゃんと処理している女性は、男性からきちんとしている女性だと判断されるので、マナーの1つとして積極的に取り組んでみましょう!

おすすめの自己処理方法

Vラインの処理方法

専用または顔用シェーバーで剃る

Vラインの処理方法で一番手軽なのがシェーバーです。顔用・アンダーヘア専用とありますが、できればアンダーヘア専用のシェーバーで剃ることをおすすめします。まずは蒸しタオルを5分ほどあてて毛を柔らかくすることから。蒸しタオルは、水で濡らして絞ったタオルを、電子レンジで1分チンするだけで出来ますよ。毛を柔らかくしたら、皮膚を軽く引っ張るようにしながら電気シェーバーで剃ってください。皮膚がたるんだ状態では剃りにくいですよ。処理した後の皮膚はダメージを受けているので、アフターケアとして保湿処理もお忘れなく。シェーバーはお手軽ではありますが、脱毛や除毛ではないので、毛が元通りに生えてくるまでの時間が短いのがデメリットです。

ブラジリアンワックスで脱毛する

ブラジリアンワックスとは、脱毛したい箇所に液体状のワックスを縫って、その上からペーパーを当ててくっつけます。そのペーパーを思いっきりはがすことで脱毛する方法のことです。ある程度きれいに脱毛することができることや、コスパが良いことがメリットです。しかし、その仕組み上痛みが発生します。はがす方向と反対に皮膚を引っ張る、思いっきり躊躇しないではがすなどのコツがいりますので、慣れるまですこし時間はかかるかも。

脱毛・除毛クリームでツルツルに処理

脱毛・除毛クリームはとてもきれいにヘアを処理できる方法です。クリームを塗ってしばらく放置すれば、洗い流すだけで毛がきれいに取れます。人によってはクリームを塗っている最中に痛みやピリピリ感を感じることがあります。使用する商品は、デリケートゾーンにも使用可としているもののみを利用しましょう。そうではない商品を使っている人もいますが、何か皮膚トラブルが発生しても、すべて自己責任です。最悪の場合は病院に行くことになるかもしれません。

家庭用脱毛器でしっかり脱毛する

自宅での脱毛といえば家庭用脱毛器を想像する人も多いのではないでしょうか。ケノン、トリア、エピレタなどが有名な商品ですね。自分の好きな時に好きな場所を脱毛することができて、一度購入してしまえばデリケートゾーン以外にも足や腕など色々な場所の脱毛が可能になります。ほかの方法よりもしっかり脱毛することができるので、毛が生えてくるまでの時間を比較的遅くすることができます。ただし家庭用とは言えやはり脱毛の際の痛みは発生します。取り扱い方法を間違えると火傷になってしまうこともあるので、注意しなくてはいけません。

ヒートカッターでカットする

長さのあるアンダーヘアの場合、短くカットすることが必要です。しかし、ハサミを使ってしまうと先端が尖るので、チクチクする感覚に悩まされることに!そこでおすすめなのが、ヒートカッターです。先端に熱線が入っていて、アンダーヘアを焼き切ることができます。焼き切ると先端が丸くなるので、チクチクしにくくなるのがメリット!長い陰毛を短くしたいときには、ヒートカッターをぜひ使ってみてください。ただし、ヒートカッターで一度に処理できる毛の数は多くありません。全体をくまなく処理したい場合は、ちょっと時間がかかるかも。

すきカミソリやバリカンで量を減らす

デリケートゾーンの毛の量が特に多い場合は、量をへらすためにすくことも必要です。デリケートゾーン専用のバリカンやすきカミソリを利用しましょう。普通のものを使うとチクチクするのでおすすめできません。またヒートカッターで兼用したい人もいるでしょうが、ヒートカッターは短くするためのものなので、すくことには向いていません。

抑毛グッズやトリートメントで毛を柔らかくする

Vラインの仕上げとしておすすめの方法がこちら。毛を柔らかくすることで、男性好みのフワフワの陰毛に仕上がり、可愛らしい印象になります。形や量を整えた後に、アンダーヘア専用のトリートメントなどを使いましょう。抑毛クリームを使うと、毛の成長スピードを遅らせることも期待できます。

Vラインのおすすめの形は?

逆三角形

一番ポピュラーで初心者でもやりやすい形です。日本人のアンダーヘアのもともとの形に近いため、ムダなところを剃って形を整えるだけでできます。ヘアの量が多い人、生えている範囲が広めの人に向いています。やりすぎ感を出したくない人にもおすすめ!

Uの字型

逆三角形よりも横幅がせまく、Uの字の形にするタイプ。すっきりとしていますが、ナチュラルに見えるのがおすすめの理由です。整えるのもそれほど難しくありません。逆三角形よりもうちょっと清潔感を出したい人、逆三角形の処理に慣れた人に向いています。

長方形

縦に長い長方形で、Iの字に近い形です。海外セレブが取り入れることが多く、セクシーな雰囲気で足が長く見える効果もあります。はじめは幅の長い長方形から初めて、段々と幅を短くしていくことがおすすめ。

逆卵型

卵をさかさまにした形で、上のほうが丸みを帯びて、下のほうが若干とがり気味になっている丸形です。女性らしく可愛らしい雰囲気を出せるのがメリットですが、整えるのにはちょっと手間がかかります。また、かなり「処理している」感が出る形でもあるので、ナチュラルさを重視する場合にはおすすめできません。

Iライン・Oラインの処理方法

専用または顔用シェーバーで剃る

Iライン・Oラインでもシェーバーを使うことはできますが、自分では見えにくい場所なので、鏡を利用することがポイント。椅子やベッドに腰かけた状態で股を開き、手鏡でよく映しながら剃りましょう。Iラインについては、全部の毛を剃ってしまうと割れ目が見えてしまうので、ある程度は残しておくほうが無難です。Oラインはすべて処理してしまう人がほとんどでしょうが、皮膚が薄くかなり敏感な場所です。ケガをしやすいので、力を入れすぎないように。

ブラジリアンワックスで脱毛する

ブラジリアンワックスも使えますが、シェーバーよりもさらに難しくなります。その理由は2つあり、まずワックスを均一に塗るのが大変だということ。平坦なところを均一に塗るのは簡単ですが、Iライン・Oラインは複雑なのでちょっと大変です。2つ目の理由は、毛の流れを把握しなければならないということ。ブラジリアンワックスを適切に使うには、毛の流れに沿ってペーパーを張り、流れとは逆にはがす必要があります。この2点を考えると両手が開いた状態が好ましいので、床に座った状態で自立式の鏡を使うと良いでしょう。
デリケートゾーンの毛ってどうやって処理すればいいかわからない人も多いけれど、こうやって整理すればそれほど難しくないことがわかるよね。ところで、ハル君はやっぱり女性には処理してほしいタイプ?
良い感じになった女子のデリケートゾーンがもし密林状態だったら…。もう悲しくなっちゃいますね。こんなに可愛くて清潔そうな子なのに、下のお手入れをしてないなんて…。鼻毛や耳毛を目撃してしまった時と同じぐらいショックかも。やっぱりある程度はお手入れをしていて欲しいなぁ。

エチケット・マナーとしても、アンダーヘアは処理しておかないとね。男子に清潔感を求めているのに自分はボーボーだと、説得力ゼロだもの。自分で処理するのはやっぱり面倒な人、もっときれいに仕上げてもらいたいという人は、サロンやクリニックに行く方法もありますよ!

脱毛サロン・クリニックが1番おすすめ

自分で処理できる方法を色々と解説しましたが、やはり仕上がりのきれいさにこだわる人にはサロン・クリニックをおすすめします。家庭用の脱毛器では出力が低く、十分な効果を発揮できないことがあります。それに比べてサロン・クリニックはプロ仕様の高水準な機械を使用するため、頑固なアンダーヘアもきれいにすることができます。痛みや赤みなどの肌トラブルが発生したときにもケアしてくれるので助かります。やはりプロフェッショナルの技術・知識は非常に頼もしいものですよ!

ミュゼプラチナム

脱毛サロンといえばまずミュゼプラチナムを思い浮かべる女子も多いのでは?美容脱毛サロンとして、No.1の売上・店舗数を誇るチェーンです。300万人近くの会員数がありながら、顧客満足度で3年連続No.1を獲得しているのも人気の理由!多くの女子の支持を集め続けている美容脱毛サロンです。   ミュゼプラチナムでおすすめなのは「ハイジニーナ7 VIO脱毛コース」です。VIOラインに加え、へそ下やトライアングル上など、アンダーヘア全般をまとめて処理してもらえます。毛をすべてなくすことも、形を整えることも可能なので、部位ごとに自分の好みの通りに処理してもらうことが可能です。ジェルとライトを併用した「S.S.C.方式」で脱毛するので、痛みが少ないのも嬉しいですね。 ミュゼプラチナム 公式サイト

アリシアクリニック

アリシアクリニックは医療脱毛の専用クリニックで、関東で12院を運営しています。クリニックというとなんだかお堅くて、ハードルが高くて入りにくいというイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、アリシアクリニックはエステに近い雰囲気があり、店内は居心地がいいので気軽に通える魅力があります。明朗会計なのも特徴で、支払うのは施術料金だけでOK!初診・再診・処置費用などは一切かかりません。   アリシアクリニックのデリケートゾーンの処理は「VIO脱毛セット」です。さらに、「ビューティー」と「スムース」の2つのコースに分かれます。きれいに整えることを目的にするならビューティー、ハイジニーナなどしっかり脱毛してツルツルにしたいならスムースを選びましょう。 アリシアクリニック 公式サイト  こちらの記事もおすすめ!
2018年版最新の全身脱毛のランキングを大発表♪自信を持ってオススメできる脱毛サロンと医療脱毛クリニックを、男女別に紹介します。全身脱毛にかかる費用や回数、お店の選び方のポイントもあわせて紹介するので、脱毛店選びに悩んでいる人は必見です!

デリケートゾーンの毛の処理はマナー?

処理している女性の割合

日本国内でどれくらいの割合の女性が処理しているかについては、さまざまなデータがあります。結果を見ていくと、どうやら6割~8割ぐらいの女性は何かしらアンダーヘアを処理しているようです。欧米では処理していない方が圧倒的に少なく、デリケートゾーンのヘアの処理はもはや常識になっています。また、女性に処理してほしいと希望する男性も6割以上いて、男性自身もアンダーヘア処理をする人が徐々に増えています。日本でもアンダーヘア処理のニーズは高まっていると言えますね。   忙しい女性も多いですから、毎日常に処理をするというのは現実的ではないでしょう。しかし、デート、マリンレジャー、温泉旅行に出かけるなど、大事なイベントがあるときにだけお手入れをするだけでも全然違いますよ。たとえ男性がいない、女子友達だけのお出かけだとしても、もし自分だけ処理していないことがわかったりするとかなり恥ずかしいですよね。

未処理だと男性から引かれる

  デリケートゾーンの毛を処理していない女性に対して、マイナスイメージを抱いている男性はかなり多い模様。自分自身のお手入れをきちんとできていない人と思われてしまいます。愛される女性になるには、やはり清潔にお手入れしておかないとマズいようですね。  

自分の毛をチェックしてみよう

デリケートゾーンの毛を処理するのは、もはや女性として当たり前のマナーです。まったくの初心者の方は、まず自分の毛の状態を確認しつつ、適した方法を考えてみてください。それぞれの処理方法のメリット・デメリットも把握しておきましょう。自分の満足のいく処理にするには、ある程度の試行錯誤も必要です。色々と試してみましょう。仕上がりのきれいさや専門技術の点からは、やはりサロンやクリニックがおすすめです。もっときれいに処理してもらいたい方は、一度相談してみてくださいね。  
img footer post layout

TOP