美容電気脱毛の効果&痛みを徹底検証!他の脱毛法との違いも分かりやすく解説

美容電気脱毛の効果&痛みを徹底検証!他の脱毛法との違いも分かりやすく解説

シェアする

美容電気脱毛の脱毛効果と痛みを調査!本当におすすめできる?

現在日本では主な脱毛方法として脱毛クリニックで受けられる「レーザー脱毛」と、脱毛サロンで受けられる「光脱毛」が人気です。脱毛関係のほとんどのサイトでは、この2つがおすすめされることが多いですよね。 しかし脱毛方法にはほかにもいくつかのものあります。そうした数ある脱毛方法のなかで「永久脱毛ができる!」ということで注目を浴びることがあるのが「美容電気脱毛」という方法です。 こちらはニードル脱毛や針脱毛と呼ばれることもある脱毛方法ですね。確かに、永久脱毛もできるとても効果的な脱毛方法の1つです。 しかし、それだけ効果的な脱毛方法であるのに、レーザー脱毛・光脱毛と比べるとあまりメジャーではないのはなぜかご存知でしょうか?一部のサイトなどではおすすめされることもありますが、その数は決して多くありません。 今回はそんな美容電気脱毛について徹底解説していくので、気になる方はチェックしてみてくださいね。
undefined
あかりさん
編集長のあかりです。
美容電気脱毛は同じく永久脱毛ができるレーザー脱毛と並んで人気が出てもいいはずなのに、永久脱毛をおすすめするサイトはほとんどレーザー脱毛について紹介していますよね。
なぜ美容電気脱毛はあまりおすすめされないのか、その理由を探っていきましょう!

こちらでは美容電気脱毛を受けることができるおすすめサロンを、男女別でご紹介していきます。興味がある方はそちらも押さえてみてはいかがでしょうか。

美容電気脱毛でできる永久脱毛

まずは美容電気脱毛について、基本的な部分について解説していこうと思います。 美容電気脱毛はアメリカのFDA(米国食品医薬品局)によって、安全で効果的に永久脱毛できることが認められている脱毛方法です。FDAは医薬品や化粧品に対して安全性があるか、効果があるかといった部分をしっかり審査したうえで、こうした認可を出しています。 人気のレーザー脱毛機器もこのFDAの認可を受けているものが多い(ライトシェアデュエットなど)ので、脱毛方法のなかでは信頼を寄せてもいい方法の1つと言ってもよさそうですね。FDA認可がないと危険!というわけではありませんが、こうした裏付けがあるのは嬉しい要素です。 それでは次に、美容電気脱毛の脱毛のメカニズムについてご紹介していきます。

発毛組織そのものを処理

同じく永久脱毛ができるレーザー脱毛は毛根の1部分である毛乳頭や毛母細胞を破壊して、永久脱毛を進めていきます。毛乳頭とはムダ毛の基となる栄養を毛母細胞に送る組織で、毛母細胞は毛乳頭からの栄養を受けてムダ毛となる細胞のことですね。 それに対して美容電気脱毛は、毛包と呼ばれる組織を破壊して永久脱毛を進めていきます。こちらは毛根全てを取り巻いている組織の総称です。つまり簡単に言えば、ムダ毛に関係するすべての細胞などを破壊する脱毛方法ということになります。 ムダ毛の基となる細胞、細胞に栄養を送る組織などを丸ごと破壊するので、ムダ毛がほとんど生えてこなくなる永久脱毛が可能というわけですね。レーザー脱毛はトータルで5回程度施術を受けないと完了できないのに対して、こちらはそれよりも少ない回数で完了できることもあるのも大きな特徴です。

皮膚を傷つけない脱毛方法

そんな美容電気脱毛は、毛包部分に毛と同じくらいの太さの細い電極の「プローブ」を挿入し、電気を流して進めていきます。この電気のパワーで毛包を破壊していくのです。 このプローブが細く、肌に刺すことができるので「針脱毛」「ニードル脱毛」と呼ばれることもあるわけですね。とはいえプローブはかなり細く、針とは違って先端が丸い形になっているので、肌自体を傷つけてしまうことはほとんどありません。 また、プローブは使い捨てとなっているので衛生面にも優れていることも特徴ですね。最近では金属アレルギーの方のためにチタン製やゴールド製のものも用意されているので、アレルギーが気になる方でも安心して施術を受けることができます。  

美容電気脱毛の方法は3種類

そんな美容電気脱毛には「電気分解法」「フラッシュ法(高周波法)」「ブレンド法」の3種類の方法があります。どれも先ほどのプローブを毛包に挿入するという基本のやり方は同じですが、それぞれで特徴が違います。次はこの3つの方法について解説していくのでチェックしてみてください。

(1)電気分解法

電気分解法は毛包にプローブを挿入したら、プローブから水酸化ナトリウムという物質を発生させる方法です。この水酸化ナトリウムには毛包の組織・細胞を分解する作用である「電気分解作用」というものがあり、その作用によって毛包を破壊するメカニズムですね。 どんなムダ毛のタイプにも高い効果を発揮しやすいことが電気分解法の大きなメリットで、個人の毛質に関係なく全身のムダ毛を脱毛することができると言われています。しかしその反面、1本1本の処理にかかる時間がかなり長く、1本当たり60秒ほどが必要とされています。 また、こちらはこの3種類のなかで一番テクニックが必要とされている方法で、クリニックや病院でないと施術が行えないという弱点も。この2つの弱点から、現在ではほとんど導入している施設がなく、受けることが難しいと言われています。

(2)フラッシュ法(高周波法)

フラッシュ法(高周波法)は毛包に挿入したプローブから、高周波を流して毛包を破壊していく方法です。高周波が持つ加熱作用で、毛包に熱のダメージを与えて脱毛を進めていく仕組みですね。高周波の加熱作用を利用した身近なアイテムだと電子レンジがありますが、それと似た仕組みで毛包を温めます。 フラッシュ法の大きな魅力は、処理にかかる時間がかなり短いこと。電気分解法が1本に60秒ほどかかるのに対して、フラッシュ法は1本1秒ほどの時間で処理をしていきます。そのため、全身脱毛などの広範囲の脱毛もこのなかでは難しくない方法ですね。 電気分解法はクリニックや病院でないと扱えない難しい方法でしたが、こちらはそれほど扱いが難しくないためサロンでも施術を受けることができます。そのため導入しているサロンもいくつかあり、施術を受けやすいこともメリットです。施術がスピーディで扱いが難しくないことから、現在の美容電気脱毛の主流と呼ばれることもあります。

(3)ブレンド法

ブレンド法は電気分解法とフラッシュ法のいいところを掛け合わせた方法です。電気分解法が持つ電気分解作用と、フラッシュ法の加熱作用の両方で毛包にダメージを与えて脱毛を進めていきます。この2つの作用には相乗効果があるとされていて、高い効果を期待できると言われている脱毛方法です。 電気分解法だけで施術を行うのはかなりの技量が必要なためクリニックなどでしか施術を受けられませんが、こちらは簡単なフラッシュ法が合わさっているおかげでそれほど扱いが難しくないとされています。そのため、サロンでも導入されている方法です。 施術時間は1本当たり3~20秒ほどとされています。フラッシュ法に比べると少し長めに感じられますが、電気分解法に比べればスピーディでそれほどストレスにならない施術時間と言えそうですね。
undefined
あかりさん
まとめると基本的には施術時間がスピーディなフラッシュ法がおすすめですね!全身脱毛などの広い範囲を脱毛したい方には、特にフラッシュ法をおすすめしたいところです。
ワキだけなどのピンポイントの脱毛なら、ブレンド法も選択肢に入れていいと思いますよ。

【比較】 レーザー脱毛&フラッシュ脱毛との違い

ここまでで美容電気脱毛について簡単に解説してきましたが、やはり気になるのは「レーザー脱毛・光脱毛と比べるとどうなの?」といった部分ですよね。そこで次に、美容電気脱毛とこの2つの脱毛方法の違いについて痛みや費用などのさまざまな部分を比較しながらご紹介していこうと思います。 ちなみに費用の総額などについては美容電気脱毛はエステティックTBC、レーザー脱毛はアリシアクリニック、光脱毛はキレイモと、それぞれの人気店舗を比較の基準としました。

1回の施術の時間

美容電気脱毛 30分
レーザー脱毛 10分
光脱毛 10分
​1回の施術にかかる時間は表の通りになりました。こちらはそれぞれでワキ脱毛を1回分受けたときの時間の平均です。​ 見ての通り、美容電気脱毛はレーザー脱毛・光脱毛と比べると施術時間がかなり長いことが分かります。レーザー脱毛や光脱毛は1度の照射で何本もの毛根にダメージを与えることができるので、1本1本処理していく美容電気脱毛に比べるとかなりスピーディです。ワキ脱毛だけなら数十分の差ですが、これが全身脱毛などの広い範囲への施術になると、数時間ほどの違いが生まれることも。 時間をなるべく節約したい方や、平日の仕事帰りに施術を受けたい方には美容電気脱毛はあまりおすすめできないと言えるかもしれません。

痛みの程度

美容電気脱毛 ★★★★★
レーザー脱毛 ★★★
光脱毛
脱毛は毛根にダメージを与えることで進んでいきますが、その毛根へのダメージは肌にある痛覚にも伝わることがほとんど。そうしたダメージは痛みとなって現れてしまいます。​​ そんな痛みも脱毛方法によって大きくことなるのですが、美容電気脱毛の痛みはこの3つのなかで最強と言われています。プローブを毛包に挿入する際の痛みはそれほど大きくありませんが、電気や熱を発生させたときに大きな痛みを感じやすいようです。体験者のなかには「とても耐え切れずリタイアしました」という方も少なくありません。なかにはあまりの痛みに毎回涙を流しながら施術を受けている、といった方も。 レーザー脱毛は美容電気脱毛に次いで痛みが強いとされていますが、レーザー脱毛はクリニック・病院で行う脱毛なので麻酔を使うこともできます。そのため、痛みを抑えることはそれほど難しくありません。しかし美容電気脱毛はほとんどがサロンで行われる施術のため、麻酔を使うことができず痛みを抑えることは難しいとされています。 全員が耐え切れないほどの痛みを感じるわけではありませんが、痛みが不安な方にはレーザー脱毛や光脱毛の方がおすすめできるかもしれませんね。

脱毛効果

美容電気脱毛 ★★★★★
レーザー脱毛 ★★★★
光脱毛 ★★★
脱毛においてはやはり効果も気になるところですが、美容電気脱毛はこのなかでも特に高い効果を期待できると言われています。 毛包のなかの1部分を破壊するレーザー脱毛や光脱毛とは違い、毛包全てを破壊するのでその効果はかなりのもののようです。単純に永久脱毛ができるだけでなく、その効果が現れるのもスピーディだとされています。 とにかく早く脱毛を完了させてしまいたい!という方には嬉しいメリットと言えますね。

全身脱毛の総額

美容電気脱毛 *個人による
レーザー脱毛 330,000円
光脱毛 212,400円
美容電気脱毛はレーザー脱毛や光脱毛のように、月額制のプランや回数制のプランはほとんどなく「総額○円で全身脱毛できる」と言い切ることはできません。 というのも美容電気脱毛は1本1本に施術をしていくという性質上、施術にかかるコストが個人の毛量で大きく異なってしまうからです。料金は1本当たりの単価で計算していくこととなります。ちなみにエステティックTBCでは1本108~143円といった価格帯になっていますね。 とはいえ、人間のムダ毛の本数は100万本ほどあると言われています。そのため、全身のムダ毛をくまなく脱毛するとなると数百万円以上の資金は必要になることも。全身脱毛の総額についてはレーザー脱毛や光脱毛の10倍以上になることが見込めてしまいます。 広い範囲を脱毛しようとすると、かなりの費用が必要になってしまうことも美容電気脱毛の大きな弱点と言えそうですね。

口コミ評価

美容電気脱毛 ×
レーザー脱毛
光脱毛
それぞれの脱毛方法の口コミを調べてみると、美容電気脱毛は悪い口コミの数が最も多くなっていました。やはり施術にかかる費用がかなり高額なこと、施術における痛みの強さがずば抜けていることから不評を集めているようです。

美容電気脱毛はおすすめ?

美容電気脱毛はレーザー脱毛・光脱毛と比較して考えてみると、残念ながら美容電気脱毛はあまりおすすめできないと言いたいところです。 確かに永久脱毛もできる高い効果は魅力的ではありますが、かなり強いとされる痛み、長い施術時間、ずば抜けて高額な費用といったデメリットがどうしてもネックとなってしまいます。効果にこの3つのデメリットが見合っているかと言われると、微妙なところではないでしょうか。 永久脱毛がしたい方には基本的にはレーザー脱毛、痛みや費用を抑えて気軽に脱毛したい方には光脱毛をおすすめしたいところです。
undefined
あかりさん
こうして比較してみると、他の脱毛方法に比べるといろんな部分で残念なことが分かりますね…。
こうしたデメリットの多さが、他よりもメジャーでない理由というわけなんです。

施術は3ステップで完了♪

プローブを毛包に挿入して電気や高周波を流して脱毛する、というのが美容電気脱毛の施術の簡単な流れですが、それだけでなく施術の前後にもやらなければならないことがあります。 次はそうした美容電気脱毛の施術の流れをご紹介していくので、こちらで施術をイメージしてみましょう。

(1)毛の観察

まずは施術を始める前に、施術する部位のムダ毛をよく観察して毛の流れ、毛量、毛質などをしっかりとチェックしていきます。 こうしたムダ毛の観察は他の脱毛方法でも行われますが、美容電気脱毛は1本1本に施術していくのでより丁寧なチェックとなります。そのため時間はかかりがちになってしまいますが、しっかりと毛質などをチェックすることで、効果的・効率的に施術していくことができるようです。 その後、施術部を消毒をしたら施術がスタートします。

(2):施術

施術は以下の流れで進められていきます。

毛の向きに沿って施術する

自分のムダ毛を見てみると分かると思うのですが、ムダ毛には部位ごとで生えていく向きがありますよね。(1)の毛の観察ではそうした毛の向きを見るのですが、まずは毛の向きに沿ってプローブを毛包に挿入していきます。 毛の向きに沿ってプローブを挿入していくことによって、毛包全体に電気や高周波が行き渡りやすくなるようです。

微弱な電気を流す

プローブを挿入したあと、微弱な電気や高周波を流して毛包にダメージを与えていきます。先ほどご紹介したように、ここが最も強い痛みを感じやすいタイミングとされています。

1本1本丁寧に施術していく

あとは毛の向きに沿ってプローブを挿入する→電気を流すの流れを丁寧に、1本1本繰り返していきます。

(3)アフターケア

対象の部位のムダ毛を全て施術できたら、アフターケアをします。 アフターケアの方法は店舗によって少し違うこともありますが、肌を消毒するのがベターとされています。肌の状態を安定させ、毛包炎などの感染症のリスクを下げるために消毒をして肌を衛生的な状態にしていきます。これで施術は完了です。 ムダ毛にはムダ毛が成長して肌表面に出てくる、成長が止まり抜け落ちる、新しいムダ毛が生まれる、といったサイクルである毛周期があります。そのため、肌表面にあるムダ毛は実は全体の1/3程度なのです。 そして美容電気脱毛で処理できるのは、このうちの表面にあるムダ毛のみとされています。1度施術を受けただけでは、また同じ場所にムダ毛が生えてくることも珍しくありません。何度か施術を受けることで永久脱毛が完了するので、根気強く続けていきましょうね。 ​

美容電気脱毛体験者に聞く!本音口コミ

何事も詳しくするためには口コミをチェックすることも大事なのですが、美容電気脱毛はあまり体験している人が多くないので、口コミが見つかりにくいかもしれません。 そこで今回、こちらで独自調査した口コミをいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。良くない口コミ、良い口コミの両方をご紹介するので、こちらから美容電気脱毛のメリットとデメリットをさらに掘り下げてみましょう。

良くない口コミから分かったデメリット

​良くない口コミで参考になったのはこういった口コミでした。​

良くない口コミ

  • 1本当たりの金額だから、公式サイト見ただけだとトータルの費用が分からなくて不安になりました。自分で本数を数えるわけにもいかないし…。お店で毛を見てもらうまで分からないのがちょっとね。(30代女性 ワキ)
  • めちゃくちゃ痛いって噂だったから心配でしたが、思ったより痛くなくてホッとしました。自分は耐えられましたね。ただ、施術後に毛穴がしばらく赤くなったのが残念。(30代女性 脚)
  • 店によって腕前が全然違いますよね。最初に通った店舗は全然合わなかったけど、次に通った店舗は痛みは少ないし効果もバッチリ。スタッフのテクニックで全然違うのが難しいところだなぁと思います。(30代女性 ワキ)
美容電気脱毛は先ほどもご紹介したように、個人の毛量によっててどれだけのプローブが必要なのかなどが変わるのでトータルの費用は人それぞれ。実際にスタッフに毛量をチェックしてもらうなどしないと予算が想像できない、というのが口コミで不評となっていました。 他の脱毛方法だと公式サイトの料金を見るだけでおおよその予算が想像できるので、こちらが美容電気脱毛特有のデメリットと言えそうですね。 痛みはそれほどではないものの、施術後に毛穴が赤くなってしまったという口コミも。こちらは毛包が強いダメージを受けたことによって起きる軽い炎症だとされています。しっかりとケアをすれば時間の経過とともに治まりますが、肌を露出する夏場だと少し気になってしまうかもしれません。 また、スタッフによって腕前が大きく違うといった口コミも。美容電気脱毛はかなりデリケートな施術となるので、スタッフのテクニックによって痛みや効果が左右されやすいとされています。通う店舗を決める前には、しっかりとその店舗の評判をチェックして問題ないか調べておきたいところですね。

良い口コミから分かったメリット

​良い口コミではこうしたものが目立っていました。​

良い口コミ

  • 脱毛が完了してから10年以上経ちましたが、未だに全然ヒゲが生えてこないです!レーザー脱毛で永久脱毛した人の話を聞くと、10年したらちょっと生えてきたという方もいるのでちょっと優越感を感じますね。(40代男性 ヒゲ)
  • 私はハーフで生まれつき金髪で、ムダ毛も金髪です。ムダ毛が金髪だとレーザー脱毛や光脱毛がお断りされてしまうことばかりだったのですが、ニードル脱毛なら問題なく脱毛できるのがすごいなぁと思いました。(20代女性 脚)
美容電気脱毛は毛包の一部を破壊するレーザー脱毛とは違い、毛包全体を破壊します。そのためか、レーザー脱毛での永久脱毛に比べるとかなりの長期間効果をキープしている方も多いようです。完了後にまた通い直す不安が少ないことは美容電気脱毛のメリットと言えるかもしれませんね。 また、レーザー脱毛や光脱毛は毛根の黒い色素(メラニン色素)に反応してレーザーや光を毛根へと集めています。そのため、黒い色素が薄い金髪の方や白髪の方だと高い効果が見込めないので、施術を断られてしまうケースも少なくありません。 一方美容電気脱毛は毛根の色素に関係なく施術することができるので、こういった方でも問題なく永久脱毛を目指すことができます。こちらも美容電気脱毛を語るうえで外せないメリットですね。

まとめ

永久脱毛の効果をキープしやすく、ムダ毛が金髪や白髪でも問題なく脱毛できることに喜んでいる方の口コミもいくつかありました。 とはいえ良くない口コミから分かるように、トータルの費用が高額なうえに計算しにくい、スタッフのテクニックによって痛みや効果が左右されてしまうといったデメリットはやはり気になります。 ムダ毛の色素が薄くレーザー脱毛や光脱毛を断られてしまった方などの、一部の方を除くとやはりレーザー脱毛や光脱毛をおすすめしたいところです。
undefined
あかりさん
レーザー脱毛で永久脱毛しきれなかった部分だけを美容電気脱毛で脱毛した、という方の声もありました。
確かにこの方法なら費用も必要最低限にできますし、時間も節約できますよね。どうしても美容電気脱毛が気になる!という方はこのやり方を参考にしてみるといいかも。
​  

美容電気脱毛が受けられるサロン紹介

次に、美容電気脱毛を脱毛を受けるなら優先的に選んでみてほしいおすすめのサロンをご紹介します。女性・男性におすすめの店舗をピックアップしていくので、ぜひ参考にしてみてください。

【レディース】エステティックTBC

\店舗数が100を超える大手脱毛サロン!/

エステティックTBC
  • 編集部評価:★★★★★総合94点
  • 初回価格:1本108円~
  • 施術器:美容電気脱毛機器
  • 設備:完全個室
女性の方におすすめしたいのはエステティックTBCという脱毛サロンです。タレントのローラさんを起用したTVCMをよく放送しているので、名前だけでも知っている方も多いのではないでしょうか。 エステティックTBCは全国に店舗を続々と展開していて、その店舗数は100を超えています。サロンのなかでもかなりの最大手と言える存在なのですが、そんな大手サロンのなかで唯一美容電気脱毛を導入しているサロンです。 店舗数が多いというだけあってユーザーも多く、その分口コミでの評価も見つかりやすいことがポイント。自分が通いたい店舗のスタッフのテクニックなどを調べやすいので、通ってから後悔する、というケースを抑えやすいと言えそうです。 エステティックTBCの料金はプレーンゾーン(両ワキや両肘下、両膝下など)が1本130円デリケートゾーン(顔やえりあし、首、両手足の甲・指など)が1本143円という料金設定となっています。 とはいえこれはビジター料金で、入会金を支払ってメンバーとなることでプレーンゾーンが108円、デリケートゾーンが1本119円となります。ビジターとメンバーでは200本ほど施術を受けるだけでも数千円の違いが生まれるので、広範囲に美容電気脱毛を受けたい方はメンバーになるのがおすすめですね。 入会金は12,960円で入会事務手数料が3,240円、合わせて16,200円で2年間有効となっています。 公式サイトを見てみる

【メンズ】メンズTBC

\ヒゲのデザインもできる男性専用サロン!/

メンズTBC
  • 編集部評価:★★★★★総合94点
  • 初回価格:1本108円~
  • 施術器:美容電気脱毛機器
  • 設備:完全個室
男性の方におすすめしたいのは、メンズTBCです。こちらはエステティックTBCから派生して生まれた男性専用のサロンです。全国に43店舗を展開している、男性専用サロンとしては大手と言えます。 店舗数が多いのでエステティックTBCと同じように口コミが見つかりやすい、という特徴もありますが、それ以上に大きな特徴と言えるのが「美容電気脱毛でのヒゲのデザインも請け負っている」というポイントです。 メンズTBCでは髭全体を脱毛する美容電気脱毛はもちろんのこと、個人の好みに合わせた美容電気脱毛を使ったデザインもお願いすることができます。ヒゲを使ったおしゃれを楽しんでいる方にとって、いらない部分のヒゲの処理は面倒なものですよね。そんないらない部分のヒゲはこちらで脱毛して、理想のデザインをキープしてみてはいかがでしょうか。 こうしたデザインを請け負っているサロンやクリニックは他にもありますが、1本1本丁寧に脱毛していく美容電気脱毛の方が理想のデザインに近づけやすいのでおすすめです。 料金はヒゲが1本143円、身体が1本130円です。入会金を支払うことでヒゲが1本119円、身体が1本108円となるので、広範囲を脱毛したい方は入会してみてはいかがでしょうか。入会金はエステティックTBCと同じで12,960円で入会事務手数料が3,240円、合わせて16,200円です。こちらも有効期限は2年間となっています。 公式サイトを見てみる

美容電気脱毛に関するQ&A

最後に、美容電気脱毛に関するよくある質問に答えていこうと思います。美容電気脱毛についてまだまだ不安や疑問点が尽きない方は、こちらも参考にして解消させてみましょう。

痛みはどの程度ありますか?

やけどをするときの痛みに例えられることが多いです。
美容電気脱毛の痛みの感じ方には個人差がありますが「やけどをしたときの痛みに似ている」と言われることが多いです。冷や汗や涙が出たり、グッと息を止めて我慢しないと耐えられないという意見も聞きます。

通うペースはどれくらいですか?

2カ月に1回ほどとされています。

美容電気脱毛は何度か施術を受けないといけないことはご紹介しましたが、その施術を受けるのに通うペースは2カ月に1回ほどが平均とされています。 それほど頻繁なペースではないので、有給を使って空いている平日の昼間などに通うのもいいかもしれませんね。

VIOや顔の施術もできますか?

VIOや顔も施術可能なサロンが多いです。
一部サロンでは施術が受けられないことがあるので、しっかりと公式サイトをチェックしましょう。
VIOや顔も施術できるサロンが多いですが、一部サロンでは施術を受けられないこともあります。 例えば先ほどご紹介したメンズTBCではVIOへの美容電気脱毛の施術を受けることができません。施術ができない部位については各サロンの公式サイトに記載されていることがほとんどなので、くまなくチェックしておきましょう。  

興味があるならカウンセリングを受けてみよう

高額な費用、強い痛みなどのデメリットが大きいので基本的におすすめはできない美容電気脱毛ですが、その高い効果は確かです。レーザー脱毛や光脱毛では脱毛しにくい金髪や白髪にも効果があるというメリットもあり、適正と言える方も少なくないと思います。 受けてみたい!という方も、不安だけど興味もある、という方もまずはサロンの無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。無料カウンセリングへの申し込みは公式サイトから簡単に申し込むことができるので、無料カウンセリングを受けて契約するかどうかを検討してみるのもおすすめですよ。
img footer post layout

TOP