センスエピXの評価の真相を調査。体験者の本音の口コミ。人気の秘密に迫る

センスエピXの評価の真相を調査。体験者の本音の口コミ。人気の秘密に迫る

シェアする

センスエピXの評価の高さは本当?

インターネットで調べてみるとたくさんヒットする、家庭用脱毛器。たくさん種類があって、どれが良いのか分からないという人もいるはず!
  • 調べたサイトの数⇒10サイト以上
  • 調べた口コミの数⇒100以上
そこで今回は、コストパフォーマンスの高い家庭用マシンであるセンスエピについて紹介。このマシンはイスラエルで開発されたもの。日本やイスラエルに限らず様々な国で使われています。 このセンスエピというマシンについて徹底調査!メリット・デメリット・特徴からお得に購入するにはどうしたら良いか解説していきます。
undefined
あかりさん
美容大国イスラエルで開発された家庭用マシンです。ジェルが必要なくカードリッジ交換もしなくて良いというのが大きな魅力。
30カ国以上で販売されている高い実績を誇るマシンです!

悪い口コミからわかるデメリット

まずは悪い口コミから調査しました。ここから様々なデメリットを探っていきます。 センスエピXは2016年3月に発売されたばかりです。そのため、情報が少なくほとんど悪い口コミが見当たりませんでした。 そこで、Xより先に発売していたセンスエピGの悪い口コミを紹介していきます。Xに進化したことによりデメリットが解消された可能性があることに注意してください。

痛みを感じる

痛みに関する悪い口コミ

  • レベル4で当てていますが痛みを感じます。直毛・色白だからかレベル3でも痛いです。(20代 女性)
  • 太い毛は出力が高くないとイマイチ効果を発揮しません。だからといって、出力を上げすぎると痛みを感じます。(30代 女性)

高出力であると痛みを感じるという声も。口コミを見ていくと、痛くないという意見がほとんどです。そのため、ほとんどの人が痛みを感じることはないが、体質によっては感じる人もいるようです。また、ワキやデリケートゾーンはどうしても痛みを感じやすい部分。どの部位をケアしたかによって、痛みに関する意見は異なるかもしれません。

センスエピGの方には照射数が少ない(5万発)という意見もありましたが、Xは30万発も打てるのでその不満点は解消されています。

良い口コミからわかるメリット

次に良い口コミを調査しました。調べてみると、センスエピXには様々な良い口コミがあることが分かります。まだまだ発売したばかりの商品なのにすごいことです。こうした様々な口コミからメリットを探っていきます。

脱毛効果がある

脱毛効果に関する良い口コミ

  • ひと月ほど使い続けての意見です。たしかに生えてくる毛が薄くなってきました!(40代 女性)
  • テレビを観ながら気軽に脱毛できるのに、効果も優秀!(30代 女性)

実際に利用して、毛が薄くなったという声も。ひと月使い続けての声なので非常にタメになる情報です。たったひと月でこれほどの効果を実感できる脱毛器は珍しいかもしれません。

脱毛効果が高いことに加えて、かなり手軽にお手入れできるのもポイント。片手で光を当てることができ、コンパクトで軽いので手に負担もかかりにくいです。照射にかかる時間も短いので、テレビを見ながら楽々ケアを完了することもできます。照射スピードは他の家庭用マシンと比較しても速く1~3.5秒。

痛みを感じない

痛みに関する良い口コミ

  • 腕や足は出力MAXでも痛くありませんでした!Vラインは熱さをちょっとだけ感じましたが、痛みは感じません。(20代 女性)
  • びっくりするほど痛みがありません。サロンは痛くて途中でやめてしまったのですが、センスエピは問題ないみたいです。2週間に1回ケアを継続していたら、効果が確実に実感できました。(30代 女性)
  • 出力を自分で調整できるため、痛くないように出力を調整してケアすることができます。(20代 女性)

痛みを感じるという声もありましたが、ほとんどの人が痛みを感じないようです。やはり、体質・毛質によって痛みの感じ方にバラツキがあるのでしょう。痛みに敏感な自覚がある人は、低出力から試すことをおすすめします。出力は5段階あり、細かく調整することができます。

また、他の部位は問題なくてもデリケートゾーンは痛みを感じるという人も。そのため、痛みを感じやすい部位(デリケートゾーン・顔)も低出力から試すようにしましょう。1から徐々に様子を見て上げていくことが最も安全です。

脱毛範囲が広い・嬉しい効果に期待できる

脱毛範囲と美容効果に関する良い口コミ

  • 顔にも使えるという点に惹かれて購入。使ってみましたが、痛みもありませんでした。(40代 女性)
  • センスエピを使ったケアの後、毛穴が目立たなくなり、お肌がピンと張ったように感じました。(40代 女性)
  • サロンでデリケートゾーンのお手入れをしてもらうのが恥ずかしい!という人におすすめの商品。Vラインも楽々手入れ可能です。(20代 女性)

使える範囲が広いという声も。多くの家庭用脱毛器は顔やVIO不可です。しかし、センスエピXは顔やデリケートゾーンの一部(Vライン)にも利用可だとか。ただし、Vラインには使用しない方が良いという意見もあるため注意しましょう。

「VIO全体に使えないなら使用可能は狭いのではないか」と考えた人もいるかもしれませんが、実はほとんどの家庭用マシンではVIO・顔全てに使えません。そう考えると、このアイテムはかなり広い範囲に使用可能であると言えます。

美顔器と同じ効果が期待できるのも嬉しいポイント。脱毛しながら美肌ケアに期待できます。口コミを見ていくと、肌が引き締まった、キメが細かくなったといった声が良く見られます。

スピーディー・ながら脱毛できる

手軽さに関する良い口コミ

  • 照射スピードが早いので、あっという間にお手入れ完了!ワキなら30秒程度でケアできます。(20代 女性)
  • 簡単に次の場所に移動できて楽です。使いやすい!(30代 女性)
  • ジェルを塗らずにお手入れできるので楽ちん。シェービングさえしておけばすぐにお手入れできます。(20代 女性)

照射スピードが速いのも魅力。1回1回の照射がスピーディーなので、すぐにケアを済ますことができます。

ジェルを塗る必要もないので、テレビを観ながら空き時間を使ってケアすることも可能です。センスエピXはスイッチを入れてすぐにお手入れできます。何か塗る必要もないため、気になった場所をすぐにケアできるところも大きな魅力でしょう。

センスエピXのメリット

これらのことをまとめて以下のようなメリットがあると言えそうです。
  • 脱毛効果がある
  • コンパクトで軽い
  • スピーディーに照射できる
  • 美顔器と同じ効果に期待も
  • Vラインにも使える
  • 顔にも使える
  • ジェルを塗らなくて良い
  • 痛くない
公式サイトを見てみる

センスエピXの特徴

センスエピには特筆すべき特徴が3つあります。こういったポイントをさらに詳しく解説します。

美顔ケアもできる

この商品はエステの美容機器と同じ効果のある光を発生させます。そのため、美顔ケアの効果にも期待できます。 実際に「毛穴が目立たなくなる」「肌が引き締まる」と言った効果を実感したという声も。色白の人だと毛を剃った後、黒い後が残って嫌だとコンプレックスを抱えていることも多いでしょう。このアイテムなら、毛穴のブツブツが目立たなくなる効果に期待も! 美顔器を別に購入したり、美容エステでフォトフェイシャルを受けたりしようとすると、それなりの金額がかかることに。しかし、センスエピならおよそ3万円で脱毛も美顔ケアもできます。そう考えると、かなりコストパフォーマンスが高いと言えそうです。

肌色センサーを搭載

照射しても大丈夫な肌であるか脱毛器が色をチェックしてくれます。これにより、照射に適さない肌色であると打てなくなるので、火傷のリスクが少なくなるというメリットが。 実はセンスエピはケアに適さない肌色があります。日焼け肌といった色の濃い肌に光を当ててしまうと火傷の元に。そのため、こうした肌色であると、そもそも光が照射できないように設計されているのです。

1年間の保証あり

もしセンスエピを使用していて故障してしまったとしても、1年間は無料で修理・交換可能です。 保証を受けたい場合はカスタマーダイヤル(0120-110-469)に連絡するようにしましょう。保証をしっかり受けたい場合は公式サイトから購入することをおすすめします。
undefined
あかりさん
こういった魅力に加えて、センスエピGからXに進化して照射数が増えました!なんと6倍も増加して30万発に。これなら、家族や友達とシェアもできそうですね。

購入前に知っておくべき不安な点

センスエピXのデメリットもしっかりと理解しておくことは大事ですよね。不安な点はここでしっかり解決しておきましょう。

日焼け直後の使用はNG

センスエピXの光は黒い色(メラニン色素)に反応しやすい性質のため、日焼け後の使用はやけどやお肌のダメージを引き起こす恐れあります。日焼けの後は、最低でも1ヵ月は使用を控えましょう。 また、日焼けだけではなく、ほくろやしみ、タトゥーなどにも光を当てないように注意する必要があります。 でもうっかり黒い部分に光を当ててしまったらどうしよう!?と不安ですよね。 そんな時でもセンスエピなら安心!肌色センサーが肌の色を事前にチェックして、危険だと自動で判断した場合は安全装置が作動して光は照射されません。 ただ、肌色センサーに頼り過ぎずに、あらかじめ肌の黒い部分はしっかり避けて照射しましょうね。  

センスエピの会社は信頼できる?

このアイテムを販売している会社は信頼できるのでしょうか?また、届いて使ってみたら不良品なのか動かなかったという可能性もあります。そうした際に保証されているのでしょうか?

ホーム・スキノベーションズ・ジャパン株式会社

センスエピを販売している会社はホーム・スキノベーションズ・ジャパン株式会社です。 日本製のマシンであると、製造している会社がそのまま販売も行っていることもあります。逆に販売と製造が異なるケースも。センスエピはHome Skinovations Ltd.というイスラエルの会社(製造元)の日本法人であるようです。 この会社はこのアイテムの他に、リジュ―というケアアイテムやケア化粧品の販売を行っています。 海外製ではありますが、美容大国イスラエルで人気なだけあって、非常に日本での評判も良いです。日本やイスラエル以外でも販売されており、好評を博しています。 カスタマーダイヤル(0120-110-469)は月~金曜日の10:00~18:00まで受け付けています。

不良品であった場合は返品可能

商品の交換・返品は受け付けていません。しかし、不良品であった場合は交換・返品が可能になっています。 交換・返品を希望の場合は、カスタマーダイヤル(0120-110-469)に連絡するようにしましょう。この際、商品の到着後7日目以内までに連絡するようにします。 その際、手順について説明されるので、その通りに商品を送り返すようにしましょう。  

最安値ショップをチェックしよう

通販で購入すると自分の足でお店を訪れることなく商品を購入することができて便利です。しかし、通販とは一口に言っても、Amazon・公式通販・楽天市場など様々なネットショップで買うことができます。 このアイテムはこの中のどこで買うのが安いのでしょうか?また、安全なのはどこなのでしょうか?

公式・Amazon・楽天の3つで比較

実際に公式通販・Amazon・楽天市場といった3つの通販サイトの価格を比較してみます。
  • 公式通販⇒29,800円(税抜)
  • Amazon⇒32,184円(税込)税抜で29,800円
  • 楽天市場⇒32,184円(税込)税抜で29,800円
こうして見てみると、(2017年12月21日調べ)公式通販・Amazon・楽天市場全てで同じ金額で出品されていることが分かります。全ての金額が同じというのはかなり珍しいことです。 公式・Amazon・楽天市場のどれでも同じ価格で出されているなら、断然公式から購入することをおすすめします。というのも、公式通販でないと保証がきかないことがあるからです。 これに加えて公式通販では様々なキャンペーンを行っています。 例えば、2017年12月21日の時点だと「年末年始キャンペーン」を開催していました。抽選で全国百貨店共通商品券先着100名に角質リムーバー・シートマスクといった嬉しいアイテムがプレゼント! こういったメリットを考えると、やはり公式通販から購入したほうが良いでしょう。 公式サイトを見てみる

センスエピXの使い方

この脱毛器を実際使用する際に気を付けたい点をレクチャーしていきます。購入した際はぜひ参考にしてください。

事前に毛を剃っておく

脱毛したい部位に光を当てる前に、毛を処理するようにしましょう。この際、毛抜きを使わないように気を付けてください。 センスエピに限った話ではありませんが、多くの脱毛器は黒い色素に反応して脱毛するタイプのものです。そのため、毛抜きを使って毛が根本から抜けてしまうと、反応できる黒い色素=毛がなくなってしまい、脱毛効果が発揮されないことに。 また、毛抜きを使って毛を処理すると、毛根から無理やり引っこ抜くことになるため、毛穴を傷つけやすくなっています。傷ついた毛穴に雑菌が入り、いらぬ肌トラブルの原因になってしまうことも。 こうした理由からシェーバー・カミソリ・電動シェーバーといった剃るタイプのケア用品を使うことをおすすめします。特に電動シェーバーがおすすめです。なぜなら、この3つの中で最も電動シェーバーがカミソリ負けしにくく、肌に負担をかけにくいからです。 ただし、電動シェーバーであっても、古い刃をずっと使っているとカミソリ負けのリスクを上げることに。しっかり新しい刃でお手入れしましょう。 「毛を剃るのは面倒くさいな」と感じる人もいるかもしれませんが、これはセンスエピに限った話ではありません。多くの家庭用脱毛器が毛の自己処理を必要とします。また、脱毛エステ・医療脱毛であってもほぼ必須です。

照射の前後にしっかり冷却

光を当てる前後に冷却するようにしましょう。ただし、冷やしすぎも要注意です。照射後の冷却は、しすぎると脱毛効果が半減するという声もあります。 冷却する際には保冷剤をタオルで包んだものを利用すると楽ちんです。

重複や漏れに注意して照射

光を同じ個所に何度も当てないように注意しましょう。ダメージが抑えられているとはいえ、肌へのダメージが全くないということはありません。同じ場所に何度も照射すると、ダメージが積み重なってしまいます。 だからといって、光が当たらない箇所を作るのも問題です。当ててはいけないところを避けるのは別として、足や腕といった広い範囲の中に、一部だけ毛が処理できていないとなると不格好になってしまいます。 光が当たらない箇所ができてしまう(照射漏れ)とこうした問題が起こります。そのため、こういった漏れが起こらないように注意しましょう。

保湿ケアも怠らないようにする

脱毛器でのケアが終わった後は、ボディクリームや化粧水・乳液といったアイテムを使って保湿ケアをすることも重要です。 脱毛器を使った後の肌は乾燥するため、しっかりとしたケアをしないと、さらに肌にダメージを与えることになってしまいます。 また、保湿ケアに使うボディクリームや乳液・化粧水は肌になるべく優しいものを選ぶようにしましょう。脱毛器を使った後の肌は傷ついているためです。普段は問題ないケア用品であっても、絶対に問題が出ないとは言えません。  

後続機「センスエピJ」も人気

センスエピXはセンスエピGからパワーアップした商品です。さらにこの後続機にあたるのがセンスエピJになります。 当シリーズの最新機種であるこのアイテム。センスエピと比較してどのような魅力やメリットがあるのでしょうか?その魅力に迫ります。

センスエピJ

\自動照射システムが便利!広い範囲をケア/

Source: シルキン公式サイト

センスエピJ
  • 会社:ホーム・スキノベーションズ・ジャパン株式会社
  • 価格:24,800円(税抜)
  • 脱毛方式:IPL光脱毛
  • 形状:シンプルかつスタイリッシュ
  • 最大照射数:15万発
  • カートリッジの交換:なし
シンプルで真っ白なカラー、先代のシリーズよりスリムな体躯が人気の最新機種です。 広い範囲を処理したいという時に自分で毎回ショットするのは面倒くさいという人もいるでしょう。そういった人におすすめできるのがこちらのバージョンです。肌に接触させて脱毛したい部分に滑らせていくだけで勝手に光を照射(自動照射システム)してくれます。 公式サイトを見てみる

センスエピXとJの違いは何?

左はセンスエピX、右はJのスペックです。
  • 価格⇒センスエピX29,800円(税抜)/センスエピJ24,800円(税抜)
  • 最大照射数⇒30万発/15万発
  • 1発あたりの単価⇒0.09円/0.16円
  • 照射範囲⇒2.7㎤/2.7㎤
センスエピXは29,800円(税抜)でした。それに対し、この商品は24,800円(税抜)です。5,000円もお得ということになります。これは非常にお得に感じます。 「5,000円もお得ならセンスエピJの方が良いな」と文章を読んで考えた人もいるかもしれません。しかし、1ショットあたりの単価で言えば、センスエピXの方が断然お得となっています。 実は最大照射数が倍違う(Xの方が多い)のに対し、5,000円しか価格が違わないのです。照射数の情報を加えて吟味すると5,000円安いというのはさほどお得ではないのかもしれません。そのため、1発あたりなるべく安い方が良い、コストパフォーマンスは高い方が良いという人はXの方がおすすめです。 センスエピシリーズと言えば丸いフォルムで可愛らしい、どちらかと言えば女性向けのデザインでした。しかし、センスエピJはどちらかというとスタイリッシュな印象を受けますしカラーも白一色です。そのため、男女問わず使いやすいデザインであると言えるでしょう。 ここまで、センスエピXの画像を紹介してこなかったため、ここで掲載します。以下のようなどちらかというとキュートな印象を受けるデザインです。

Source: シルキン公式サイト

脱毛機能は歴代のセンスエピと同様となっています。つまり、JとXでは差がありません。しかし、照射スピードはXの方が速いようです。照射できる広さは同じなので、よりスピーディーである方が良い人はXの方がおすすめです。 センスエピXとJを比較してどういった人にそれぞれ向くのか以下にまとめてみます。

センスエピJに向く人

  • 自動照射してほしい
  • できるだけ価格が安い方が良い
  • 照射回数が少なくても良い
  • そこまで毛深くない
  • なるべく簡単にケアしたい
  • スタイリッシュなデザインが良い
  • 男性である

センスエピXに向く人

  • コスパ重視
  • スピーディーさを求める
  • たくさん照射できる方が良い
  • 可愛いデザインの方が良い
  • 普段のケアにも使いたい
  • 家族や友達とシェアしたい(もちろん1人でもOK)

旧型とセンスエピXとの比較

最新型であるセンスエピXとJの違いについては比較しました。それでは、センスエピXと旧型であるセンスエピGとの違いはあるのでしょうか?基本的なスペックを下に掲載します。
  • 価格⇒センスエピX29,800円(税抜)/センスエピG19,800円(税抜)
  • 最大照射数⇒30万発/5万発
  • 1発あたりの単価⇒0.09円/0.4円
  • 照射間隔⇒1~3.5秒/0.9秒
こうして比較してみると、その違いは一目瞭然です。新型になった際に大きくパワーアップしていることが分かります。特に照射スピードが速くなり、最大照射量も6倍に増えています。 センスエピGはXと比較して1万円も安かったのですが、照射数が6分の1しかありませんでした。そのため、1発あたりのコストになおすと、なんと4倍以上かかることに。つまり、逆に言うと、Xにパワーアップした際にコストが4分の1以下になったということ。1発0.1円しません。センスエピXは非常にコストパフォーマンスが高いです。 ちなみにセンスエピGとXで全身脱毛1回をしようすると、それぞれどれくらいのコストがかかるでしょうか?その人の身長や体形にもよるでしょうが、全身脱毛には通常600ショットが必要とされています。そう考えると、それぞれ以下のように言えそうです。
  • センスエピX⇒約54円
  • センスエピG⇒約240円
こうして見てみると、かなりの価格差があります。もし、1ヶ月に2回ずつ1年ケアし続けると1,296円と5,760円となり、4,464円の差となります。  

センスエピXでよくある質問

センスエピを購入する前に気になることもいくつかあるはず。そこで、ここではよく疑問に思われる事柄について答えていきます。

永久脱毛は可能ですか?

永久脱毛は可能ではありません。
家庭用脱毛器に限らず、脱毛というと永久脱毛を思い浮かべる人も多いです。しかし、脱毛サロン・ブラジリアンワックス・家庭用脱毛器といった手段では、脱毛こそできますが、永久脱毛はできません。 永久脱毛というと、ある程度継続して処理し続けると、それ以降毛が生えてこなくなるものです。しかし、どうしても脱毛サロン・ブラジリアンワックス・家庭用脱毛器といった方法では、お手入れをやめてしまうと毛が復活してしまいます。 脱毛サロンでは数年で復活してしまうケースが多いとされていますが、家庭用脱毛器だとさらに期間が短くなる可能性が高いです。というのも、家庭用のマシンの方がさらに出力が抑えられているためです。 そのため、あくまで永久脱毛を求めている場合は、美容皮膚科や美容外科で行える医療脱毛をおすすめします。こちらは永久脱毛です。脱毛効果は高いですし、医療機関なので肌トラブルが起こった時も安心できます。ただし、費用が高めであることに注意しましょう。

カートリッジはどこで購入できますか?

センスエピXはカートリッジ式ではありません。
センスエピXはカートリッジタイプの脱毛器ではありません。さらにセンスエピGやJもXと同様です。そのため、そもそもカートリッジの交換が必要ないため、購入するショップもありません。 過去のセンスエピ、センスエピFG DXといった機種ではランプカートリッジ付け替え式でした。こうした機種を使用していて、カートリッジを再度購入したいという場合は公式通販に問い合わせるか、Amazonや楽天市場で取り扱いがあるため、そちらを利用すると良いでしょう。 公式サイトを見てみる

センスエピXの総合評価まとめ

センスエピXを総合的に評価すると非常におすすめできると言えそうです。その脱毛効果はさることながら、デザインも良く、便利な機能も満載、それでいてリーズナブル!本体価格が安いのに使える回数も多いため、コストパフォーマンスも非常に高いです。 さらに顔やVラインにも使えるのも大きなポイント。これだけ良いところだらけなら、確かに総合評価が高いことが頷けます。 センスエピXよりもさらに手軽にケアしたい、という人はセンスエピJもおすすめです。
img footer post layout

TOP